2つの「アイヒマン」映画からひも解く、ナチスの大罪を追及&探究した2人の男とは?

2017.01.17
洋画

気づいたら映画ファンになっていた

松平光冬

終戦70年を過ぎても、さまざまな形で製作されるナチス・ドイツやホロコーストを題材にした映画。

日本でも昨年から、『サウルの息子』や『栄光のランナー 1936ベルリン』、『手紙は憶えている』といった作品が多数公開された(『手紙は憶えている』の詳細についてはこちらを)。

そして2017年にも、1月から2月にかけて2本の映画が公開される。

両方ともタイトルに「アイヒマン」を冠しており、アイヒマンとはユダヤ人らを虐殺したホロコーストの中心的人物となったナチス親衛隊中佐、アドルフ・アイヒマンを指す。

2本はそれぞれ異なるアプローチでナチスの大罪を描いた史実ものとなっている。

アドルフ・アイヒマンとはどんな人物?

イェルサレム

出典 : 「イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告 」 : ハンナ・アーレント : 本 : Amazon.co.jp

1906年生まれのアイヒマンは、ヒトラーの演説に感銘を受けて32年にナチス親衛隊入隊後、35年にユダヤ人担当課に配属され、ユダヤ人迫害のプロとして、ホロコーストにおけるユダヤ人列車移送の最高責任者を務めた。
終戦後に偽名を使ってイタリアに逃れたのち、50年にアルゼンチンに移って潜伏生活を送るも、60年にイスラエル諜報部(モサド)により捕らえられ、翌年エルサレムにて裁判(通称、アイヒマン裁判)にかけられた。

62年絞首刑に処されるも、虐殺については「大変遺憾には思うが、自分は命令に従ったまで」と、自身の罪を認めることはなかった。

なおアイヒマン裁判についての映画としては、『ハンナ・アーレント』や『アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち』などがある。

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』:ナチス戦犯を追う孤高な男の執念

アイヒマンを追え

(C)2015 zero one film / TERZ Film

最初に取り上げるアイヒマン映画は、1月7日より公開が始まっている『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』。

1960年に、アルゼンチンに潜伏しているアイヒマンの拘束に動いたドイツ人検事のフリッツ・バウアーだが、ドイツ政府や捜査機関にはナチスの残党がいるため十分な協力が得られない。そこで彼は単身イスラエルに渡り、現地の情報機関モサドの協力を仰ごうとする。下手すれば国家反逆罪に問われる恐れもありながらも、バウアーは戦争犯罪者追及に執念を燃やす(この作品の原題は「国家(人民)vsフリッツ・バウアー」)。

ドイツ本国でもあまり認知度が高くないというバウアーの、決して清廉潔白とは言い切れなかった人間性にもクローズアップしつつ(『グッバイ、レーニン!』の主人公の父親役などで知られるブルクハルト・クラウスナーが熱演)、ナチス残党の影響力がまだ色濃かった西ドイツの情勢も反映したサスペンスドラマにもなっている。

ちなみに本作の後日談としては、63年のアウシュビッツ裁判までの道程を描く『顔のないヒトラーたち』がある。

(c)2015 zero one film / TERZ Film

『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』:人は誰しもアイヒマンになりうるのか?

ミルグラム

(C)2014 Experimenter Productions, LLC. All rights reserved.

そして2月25日から公開のもう一本のアイヒマン映画は、『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』。

1961年8月、大量のユダヤ人を死に追いやったのに、風貌からは残虐性が感じられない凡庸な中年男というアイヒマンを不思議に思ったアメリカ・エール大学の心理学者スタンレー・ミルグラムは、ある仮説の下で実験を開始する。

のちに「アイヒマン(ミルグラム)実験」と呼ばれることとなるそれは、2人の被験者が先生と生徒役となり(実は本当の被験者は先生役の人物のみ)、生徒が誤答をした際に、先生は試験官の指示通りに生徒に電気発生器(当然ニセモノ)でショックを与えなければならない、というもの。

つまりこの実験は、ためらいながらも試験官の言う通り電気ショックを与える被験者を通して、「一定の条件下(試験官)で命令されれば、人(被験者)は誰でもアイヒマンのような残虐行為をするのか」を検証するものである。

この作品では、モラルを逸脱した実験だと周囲の非難を浴びるも、学者としてナチスによるホロコーストのメカニズムを明らかにしようとするミルグラムに迫る。重いテーマだからといってシリアス一辺倒な作りではなく、カメラを通して観客に語りかける、いわゆる“第四の壁”を破る演出も取り入れるなど、ジワジワとにじみ出るユーモア要素もあるのがポイント。

冷静ながら強い情熱を持つミルグラム役のピーター・サースガード(『マグニフィセント・セブン』での非道な敵役も必見)を筆頭に、彼を支える妻サシャ役のウィノナ・ライダーや、昨年惜しくも夭折してしまった被験者役のアントン・イェルチンといったキャスト陣にも注目してほしい。

 

アイヒマンを「追及」した男と「探究」した男

アイヒマンという人物に異なる形で関わったフリッツ・バウアーとスタンレー・ミルグラムだが、晩年の両者は不遇だった。

バウアーはアウシュヴィッツ裁判以降、匿名電話や手紙で脅迫や中傷を受け続けており、そのせいか睡眠薬とアルコールが欠かせなかった。ついには68年にバスタブで溺死体で発見されたが、自殺によるものという見方もされている。

一方のミルグラムも、20代の若さで行ったアイヒマン実験のインパクトが強すぎてまともな評価が得られず、教鞭の場もエール大から徐々に規模が小さいニューヨーク市立大に移らざるを得なくなり、84年に51歳の若さで亡くなっている。

恵まれた余生を送れなかったという点でも共通してしまったというのは皮肉と言えるかもしれない。

しかし最大の共通点は、バウアーもミルグラムもユダヤ系の血筋の持ち主だったということ。

ドイツを真の民主国家にすべくアイヒマンを追及したバウアーと、アイヒマンの探究から人間が残虐行為に至る深層心理を突き詰めたミルグラム。ユダヤ系としての意地とプライドが、2人の行動の根底にあったのは間違いないだろう。

図らずも同時期公開となったのも何かの縁。「日本人だからあんまり興味が沸かない」なんて思わずに、戦争の記憶を風化させないという意味でも、この2本のアイヒマン映画をセットで触れてみてはいかがだろうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • transfilm
    3.8
    人はなぜ”服従”してしまうのか? 人間の「服従」の心理を実験して、アメリカ国内から賛否両論を浴びた社会人類学者、ミルグラム博士の伝記映画です。 映画のテーマはものすごく好きで、映画の作り自体もかなり好きだったけど、微妙に同じような話を繰り返している気がしたのが少し気になったかな。そのためか、中盤が少し退屈に感じてしまった。実際に起こった出来事に基づいてるのだろうけど、ミルグラム博士の一生を100分に縮めた伝記映画として、本当にこれは重要なことなのかな?この映画で触れなきゃいけないのかな?と思うような内容も。 それより、もっと「服従の心理」についていろいろと深い答えがほしかったような気もした。 例えば・・「なぜ、被験者は好かれようとするのか?」など。 で、個人的には、人間の「服従」の心理がどこから生まれてくるかというと、そもそも人間が本来、群れを成す生物だから。というところに深く関係しているのだろうなと思う。 人が他人に同情したり、共感したりする能力を備えてるのも、人間が群れを成す生き物だからで、もし人間が群れを形成せずに生きる動物だったら、そんな能力は不要なのできっと備わっていないと思う。 集団社会を形成する生き物だからこそ、集団をまとめる長が生まれ、そして「服従」の心理は生まれてくるのだと思う。 ・・だけど、そんな「服従」の心こそ、第二次世界大戦時でホロコーストが起こった最大の原因であり、ドイツだけでなくすべての社会で生きる人間たちにそれがあることを警鐘したミルグラム博士の実験はとても面白いものだと思う。博士の実験から感じ取れたことは、 「服従」は人間の原始的な本質であるが、その原始的な本質に従う人間社会は知的とはいえない。ただ食欲や性欲に身を任せて動く人間が知的にみえないのと同じように。 社会人になったら、どこにも集団の長がいて、優秀な長ほど下の人間に「服従」の心理を迫るのが上手いと思う。この映画を見て、偉い人たちに服従するのは辞めようという気持ちになれたことがとてもよかったこと。 特別に面白かったわけじゃないけど、自分のためにはなった映画だった。
  • ふじ汰
    1.5
    予想以上の教材ビデオ感
  • のひ
    2.9
    邦題しか知らずに観たらめちゃくちゃに裏切られた…詐欺だ… 人は権力に屈するものだし偉い人はみんな知ってるから倫理だなんだって言って隠そうとする 内容はなんだか物足りないしミルグラム博士はフランシスみたいに喋り出すしなんかよくわかんない映画でした🤷🏻‍♀️
  • いわき
    3.6
    「人は非人道的な命令を受けたときにそれを遂行するか」を実験したミルグラム博士の半生。ショッキングな内容でありながら、映画自体は淡々と進みます。ミルグラム博士の学究的態度をそのまま映したようです。 というと褒めてるようですが、非倫理的との批判の中でも博士の態度の間に、妻サーシャとの日常生活が挟まることで、言いようのない不気味さを感じさせる作品でした。 あとこれは言いたい。邦題のアイヒマンは余計です。 2017.3.23 (17)
  • Falcon
    3.0
    実験内容や事柄はめちゃくちゃ面白いのだが、映画としては眠く、凡庸。もっと極端にひとつの角度から描ききって癖のある作品にしてもいいのに。
  • mnyan37
    2.5
    予想以上に伝記映画、むしろ学習教材ビデオ。 実験結果と絡めた人間の薄暗い部分にフォーカスを当てたものを期待していたけれど、ちょっと違ったなあ。 独特でつかみどころのないシュールな雰囲気は嫌いじゃないけれど、ユーモア重視なのかリアル路線なのか、目指すところがボヤけている。どちらかに振るなら振るでハッキリした色が欲しかった。 人間みなが本来持っている残虐性、普段は良心のもとに自制しているけれど、いとも簡単にその枷を外すのは、"仕事だから"のたった一言。 誰もが代理人であり、誰もが悪魔になりうる可能性を秘めている。
  • 2.5
    昨日ギリギリ鑑賞。ドラマというより伝記映画、なイメージ。もう少しアーレントとつなげて云々あるのかと思ってたがミルグラムの視点で終始描かれてたからまったく。 刺激の話でちらっとコフカって言ってたはずなのに邦訳されず。日本人なめられてるぞ??
  • はりぼー
    3.2
    記録
  • きたむら
    3.0
    観やすい心理学教材ビデオ
  • -
    2017.3.21鑑賞。
  • mimitakoyaki
    3.4
    かつてナチスがユダヤ人を絶滅させるべく、収容所に送り大量に虐殺した時の責任者として大きな役割を果たしたアドルフ・アイヒマンは、どこにでもいるようなごく普通の小心者で取るに足らない役人だったことから、アイヒマン裁判を傍聴し続けたハンナ・アーレントは、「悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作る」と言いました。 ごく平凡な人間であるアイヒマンが権威に服従し、恐ろしい大虐殺を行った心理を解明するべく、1961年に電気ショックを用いた実験を行った、スタンレー・ミルグラムの伝記映画です。 あまり作品のことを知らずに見たので、アイヒマンに関係する話かと思ってたら、アイヒマンは直接関係なかったです。 ミルグラムが行ったアイヒマンテストとはどういうものだったのか、またそれが社会に与えた影響や、それ以外の実験について解説した、まるで手の込んだ副教材みたいな感じの作品で、この学者のことは薄っすらとしか聞いたことがなかったので、なかなか興味深い実験の数々に楽しく見れたし、勉強になりました。 このアイヒマンテストというのは、実験の協力者に先生役をさせ、隣の部屋にいる生徒役に問題を出し、生徒役が不正解なら先生役が電気ショックを与え、不正解の回数が増えるごとに電流も強くなっていくという、かなりハードな それあかんやつやん と思われる実験なんですね。 でも実際は生徒役はサクラであり、電流は流れないし、録音した悲鳴やうめき声を隣の部屋の先生役に聞こえるように流してるだけなので、危険なことなどはなく、その時々の先生役の反応を観察する実験なのです。 はじめのうちは、電気ショックを与えた時に、生徒役の痛がる声や叫びを聞いて、先生役の被験者は、やめた方が良いとか、心配だとかって研究者に言うのですが、「続けて下さい」と冷静に言われ、自分が責任を負うことはないという確認があると、65%の人は最高の450ボルト(危険で苛烈な衝撃)まで電気ショックを与えてしまうという結果となりました。 この事から、普通の平凡な一般人が、一定の閉鎖的条件下では、権威に服従し冷酷で非人道的な行為もやってしまうという証明がされてたということで、アイヒマンは特殊で残酷な人間ではなく、誰もがなり得るということなんですね。 他にも「スモールワールド」という実験では、「この人にこの手紙を届けて下さい」と無作為の人に送ると、受け取った人が知人に送り、それを知人が別の知人に送り…と続けると6回目くらいにはちゃんと宛先の人に手紙が届くということで、こんなのもなんか不思議で面白いですよね。 こういうのを「六次の隔たり」と言って、全ての物事や人は6段階以内で繋がるんですって。 そんなこんなのミルグラム博士が行った実験と社会的影響について知ることができました。 で、この作品、ちょっと変わった演出がされてて、ミルグラム博士がカメラ目線でナレーションをしたり、背景が1960〜70年代当時の白黒写真の書き割りだったりして、なんだか演劇っぽい感じもあり個性的ではありましたが、それがこの作品に合った演出かというと、うーん、どうでしょう?という感じはありました。 ミルグラム博士を演じたのはピーター・サスガードで、どっかで見たと思ったらマグニフィセント・セブンの極悪な略奪野郎でした。 あと、ものすごいチョイ役なんですが、去年不慮の事故で若くして亡くなったアントン・イェルチンがハゲかけた被験者役で出てて、これからいっぱい映画も出られただろうに、これからという時に亡くなって本当に残念です… ウィノナ・ライダーはミルグラム博士の妻役でしたが、ちょっと老けててはじめわかりませんでしたよ。 ミルグラムの実験で、ごく普通の人間でも残酷非道な事をやってしまうというのがわかって、なんだか恐ろしくなりました。 優しくて常識人で良い人でも、権威に服従してしまう心理はあるわけなので、人間の持つ性質を理解した上で、そうならないような歯止めをどうやっていけばいいのかなと頭がグルグルしてしまいました。 49
  • いずみたつや
    -
    アイヒマン実験については広く知られるところですが、どんな人でも簡単に残酷な行為に加担してしまうことについて、改めて考えさせられました。 自分があの実験に参加していたら、アントン・イェルチン(まるで別人!)のようにカッコ良くいられるだろうか…と自問自答しました。 ジョン・レグイザモもチョイ役で出るなど、贅沢なキャスティングも見所です。 ところどころに挟まれる舞台劇的な映像表現が面白かったんですが、監督は『ハムレット』『アナーキー』などシェイクスピア劇の映画化を2本撮ったマイケル・アルメレイダということで納得しました。 この監督、デヴィッド・リンチ製作総指揮の実験的ホラー映画でデビューしてるらしく、その作品も観たいんですがVHSしか手に入らないようです。ビデオデッキ買わないと〜。。
  • MAENOLI
    3.4
    2017 44 109 我々は知覚する人形である
  • lp
    3.2
    服従実験の再現シーンなど、かなり興味深かったシーンも多かったけど、その後のミルグラム博士の伝記パートは少し退屈。ただ、服従実験の結果を全て肯定する訳ではなく、バランスの良い着地をするラストが好印象。
  • おかもと
    3.0
    「アイヒマン実験」で有名な、ミルグラム博士の半生を描いた作品。 映画というより、学校の視聴覚室で見る教材を思い出す雰囲気。途中たびたび睡魔が…(笑) あと、博士が第四の壁を超えてこちらに語りかけるなど、演出が舞台劇っぽい。全然説明のない象とか緑色の顔した子供は何なんだー! 端役でアントン・イェルチンが出てましたが、20代とは思えない驚異の役作り。個人的にはあそこがハイライトでした。
  • ライルゴーチン
    2.8
    う~ん、思ってたような内容の映画とは全然違いましたね。 もっと人間のずるいとこや汚ないとこを見せる映画だと思ってました。 自分は偏屈で反抗心が強いせいか、なんでやめられないのかちょっと不思議でした( ´-ω-) 実験の結果でも10人に3人以上の人がやめられてるんですよね。 ミルグラム博士の実験では、そちらの方々の感想も集めたのでしょうか?
  • まりん
    3.6
    この、後継者って言うのは、ミルグラム博士の事ではなく、私たち、一般市民の事ね。 仕事だから。命令されたから。と、酷いと思いながらも行使し続けた大多数の人間ね。 綺麗ごとで自分だったらやらない・・って言うのは簡単。 でも実際その場で断れない人が大多数って結果なの。 バイト先でクレーム客の無茶な申し出を断れずに・・って問題が以前話題にもなっていたし、○○君がやれって言ったから・・何ていじめの問題も。 人間の意志は、思っているほど強くないのです。 そんな中で、個人的意見ですけど、研究者側が息をのんだ、勇断をした被験者役にantonyelchin をキャスティングした、監督?キャステキングディレクター?に拍手を送るわ。 20歳になっても若く見られて高校生役やってた彼を、よくM字がすすんだ頭髪晒して老けて冴えない、でも誠実な労働者に選んだわね。 でも、自信なさそうに控えめな発言で、それでも周囲に流されずに生きる不器用な役、彼にピッタリです。 彼の決断を職業的理由と言っていましたが、そうじゃ無い。分かるから止める。分かるからこそやってみたい。どちらの人もいる。やはり、人間性だと思う。 そして、昨年見たアイヒマン物の映画の知識が生きてきます。 誰もが、あの男になり得るのだと。
  • tommy
    2.1
    寝落ち。
  • 238
    3.0
    内容はまぁまぁ 邦題がクソすぎて逆に好き
  • 三次元からきたブロンディ
    3.4
    記録 この映画の予告を観た時は随分と重たい作品なのかなと思っていたが、本編を観るとそうでは無かった。物語としては心理学者であるミルグラムがある実験で人間の心理を調査する話。この実験は世界では有名らしく僕は知らなかった。 だけど、急に話が主人公ミルグラムの人生に方向転換するという何とも物語の軸がよく分からなかった。邦題には''アイヒマンの後継者''と書かれているが、そこまでアイヒマンに拘っていない。これも邦題の悪いタイトルかなと。面白いのか面白くないのか曖昧な作品だった。
  • えいちゃん
    3.3
    邦題はともかくとして、最近、アイヒマンやナチスを扱った映画多いよなー。 こちら側に語りかける演出があって、わかりやすかった。
  • rt
    2.0
    クライマックスが近づくに連れて眠くなる映画。
  • 叡福寺清子
    3.0
    実は上映開始時間を勘違いしてて最初の15分くらいを観逃してしまった.痛恨の極みである. ので,冒頭ミルグラム先生がハウス・オブ・カード方式で画面に向かって説明したのかもしれんが,なんで象! 予告だと実験の被験者とアイヒマンの行った事を絡めて戦争犯罪を云々する感じだけど,実際はそんなことない.確かにミルグラム先生の大きな功績であり,これがあったればこそ今でも評価されてるんだろうけど,それだけでない伝記色が強い作品だった. 興味深かったのはアイヒマン実験を基にしたドラマで製作されたって話が劇中あって,その主役をウィリアム・シャトナーが担当したこと.そのシャトナーが「テレビで初めて異人種間キスしたオレすげぇ」的発言があったが,実際シャトナー本人がどう思ってたか読んだ事ある気がするが忘れた. 個人的にはアイヒマン実験よか「知り合いの知り合いの知り合いの・・・」実験の方が今を語る上では重要なんじゃないかとも思ったりした.でもまぁ一番重要なのは上映開始時間を間違えない事だけどな (ゝω・)テヘペロ なお邦題改悪裁判に関しては懲役13年の実刑判決です.
  • みうさん
    -
    記録もれしてた…。 難しい話を第四の壁を越える、象を無視する、舞台のような演出などによって説明してくれる映画です。 案外ヒゲの似合うサースガードさん、安定のレグイザモ、いしだあゆみのウィノナ、言われてなかったらえっ?と見逃してしまうかもしれないイェルチンくんなど。 この邦題は酷いよね…。
  • summer
    4.0
    淡々としていて途中寝落ちしちゃったけど、私は最後までボタンを押す普通人だと思うからアントン・イェルチンさんが演じたRensaleerの言葉にちょっとした感動を覚えました。
  • ai
    3.5
    重い話かと思ったらそうでもなく、ミルグラム博士がカメラ目線で話しかけたり歌い出したり、背景が書き割りになったり、演劇のような演出だった。実験が倫理的ではないと責められるけれど、私はこの実験を受けてみたいと思う。きっと最後までボタンを押してしまうと思う。そういう自分を認識すること、そしてそれはよくあることなのだと知っておきたい。
  • ryosushi
    1.8
    実験の内容と人間の潜在的恐ろしさを描きたかったのか、実験を行った博士を描きたかったのか、なんとも軸がはっきりしなかった。 かといって真新しい内容もなく、有名な実験の内容と結果を描いたあと、急に博士の人生に重きが置かれてて、どちらも内容的に薄くなってしまっていたように感じた。 実験を知らない人がタイトルをみるとマッドサイエンティスト系の映画と勘違いさせられてしまいそう。 実験を知っている人はその実験や人間の恐ろしさを深掘りしてくれるのかと思いきや博士の伝記的映画になっていることも期待はずれになってしまった。
  • hiromi
    5.0
    最近、「クラウド 増殖する悪意」森達也 著を読んでいて、アイヒマン実験の事が書かれていて、気になっていた。 そして、たまたまこの映画が上映中なので鑑賞。 私がこの実験の被験者だったら、映画の先生役の被験者達のように、権威に従って生徒役の被験者に電気ショックを与え続けてしまうかも。 しかも、自分の責任ではなくて、上に命令されたから、私の意思ではないんだよ、しかたないんだよっていう態度を取ってしまうかもな〜。 私達には自由意志なんてない。 環境や状況で、残虐なこともできる。 他人を傷つけたいと思わない人でも、特定の状況下では、罪悪感を感じながらも傷つける。 相手を傷つけないという選択をするには、自分の感情から距離を取ることが必要である。 私達は操り人形ってことを忘れない。 ウィノナ・ライダーが美しかった。 お互いを支え合っている夫婦だと思った。
  • いわを
    2.2
    テレビサイズの映画で、今一つフォーカスポイントがはっきりせず、何がいいたいかわからない。 正直退屈。 実験的な映画ととらえればありっちゃありかな。
  • mmmm
    3.0
    まぁー、そんなデータになるだろうという予想のまま鑑賞してたけど、映画としてみるには、ドキュメンタリーでもなく、ドラマでもない中途半端な感じだった
「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」
のレビュー(103件)