笑いと緊張の調和!ヘタくそだけど感動しちゃう音楽映画『東京ウィンドオーケストラ』

2017.01.23
邦画

映画系文筆/映画館勤め/映画祭好き

大久保渉

――このまま本物ってことでいきましょう。――

“作家主義”ד俳優発掘”を掲げて立ち上がった、松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクトの第3弾『東京ウィンドオーケストラ』が、2016年1月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国の劇場にて公開中である。

監督に抜擢されたのは、東京藝術大学大学院在学中に手掛けた『神奈川芸術大学映像学科研究室』が内外で高く評価された新鋭・坂下雄一郎

e

第1弾の沖田修一監督『滝を見にいく』(14)は、東京国際映画祭でスペシャルメンションを受賞し、全国50館以上の劇場でロングランを記録。

第2弾の橋口亮輔監督『恋人たち』(15)は、第89回キネマ旬報日本映画ベスト・テン第1位を始め、数々の映画賞を受賞し、2015年の邦画を代表する作品となった。

“監督のやりたいこと”を最大限尊重した制作スタイルが貫く快作。勢いに乗る日本映画の注目作を、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。

“勘違い”が巻き起こす笑いと緊張のハーモニー

<STORY>屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催される。役場の担当職員・樋口は彼らを港まで出迎えに行くが、そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たちだった。

sub5

いぶかしく思いつつも淡々と彼らをアテンドする樋口。その一方で、島をあげての大歓迎にだんだんと不審さを募らせていく楽団員たち。

実は彼らは有名楽団の名前と一字違いのアマチュア奏者たちであり、自分たちが手配ミスで島に招待されたということに気付き始める――。

sub8

――正直に話すか?しかしギャラはすでに使ってしまったし、島の人たちには期待させ過ぎてしまったし……、こっそりと島を逃げ出すことを決意する一同。

同じころ、ひょんなことから彼らが本物ではないと気付いた樋口は、会場の控室から忽然と姿を消した楽団員たちを追いかけ、すんでのところで引きとめる。

そして一言。「このまま本物ってことで行きましょう」。

自分のミスを隠蔽するためにも、未だ何も知らない周囲をだまし通そうと決意するのだが……彼らの演奏は地元中学校の吹奏楽部よりもへたくそで……。

注目の若手女優が“笑わない”主人公を好演

中西美帆

sub2

1988年12月5日神戸市生まれ。2009年「奇跡の人」で初舞台を踏む。2011年、NHKドラマ「神様の女房」で本格デビュー後、NHK大河ドラマ「八重の桜」(13)、映画『永遠の0』(13)等の話題作に出演。その他、2014年『喰女―クイメ―』、そして2017年公開予定『惑う After the Rain』では主演を務める。

本作では、ぶっきらぼうで笑わない役場の職員・樋口を好演。台詞の間を詰めた性急な喋り方で楽団員達を振り回し、演奏会の成功を画策する。

ワークショップから選抜された個性豊かな俳優達が、「プロのふりをするアマチュア」を熱演

sub1

“俳優発掘”というプロジェクトのテーマ通り、第一弾、第二弾と同様に、本作でもワークショップ経由で選抜された個性豊かな俳優達が商業映画デビューを飾る。

「物語は、なるべくそのときに置かれている状況とリンクさせた方が良い」という坂下監督の着想から生まれた配役―「プロのフリをするアマチュア楽団員」―を、緊張と興奮をにじませながら演じていく。

「いずれは本物みたいになれるように」――彼らが発する台詞の一つひとつが、まるで俳優達自身の言葉であるかのように語られるため、一生懸命な、なんとかやりおおそうとする姿に胸が熱くなってしまう。

sub4

とにかくセリフに「え?」が多い。登場人物達の詰まりがちで噛み合わない会話が、彼らの緊張と滑稽さをより一層引き立てる。

顔から顔へと細かく切り替わるショット。被写体にグイと詰めよるカメラの動き等、「え?」「え!」と様々な声音で喘ぐ登場人物達のすがたを小気味よく映しだすことで、彼らの煩悶から漏れ出る微かな一語が旋律となり、可笑しな調べが奏でられていく。

main

明日に向かって、一歩が踏み出せる。行進曲「キング・コットン」の豊かな音色

ふと仕事でミスをしてしまった瞬間の慌てる気持ち等、観ているものの日常にも巻き起こりがちな感情をキャラクター達が自然に代弁して演じてくれるため、彼らの一喜一憂につい自分を重ねてみてしまう。

日々の仕事以外にすることもない主人公。小言ばかりの上司。夢見がちな先輩社員。カルチャースクールに通って演奏の練習を続けてきた楽団員たち。

何かもの足りない日々を生きる彼らに訪れた、ほんのささいな人生の転機。彼らが奏でる行進曲「キング・コットン」の音色は、映画館を出る観客の足取りも軽くすることだろう。

■公式HP:『東京ウィンドオーケストラ』公式HP

(C)松竹ブロードキャスティング

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 斉ちゃん
    2.0
    本物と偽ってまでコンサートを決行する理由があまりにも弱すぎて、ぜーんぜんのれなかった。ただ中西美帆は超絶好み。
  • ヨッシャー
    3.4
    超オーソドックスで想像以上の事はほぼ起こらないけど、無駄な毒もなくて楽しめた。 いちいちセリフで状況説明したり、みんな順番待ちして事の感想を述べるのが一周回って逆に面白かった。 演奏は確かにいくらなんでも下手すぎる。
  • coco0123
    1.0
    お金の無駄だった。。 見る価値の無い映画。。
  • おなる
    2.9
    滝を見にいく、恋人たちに続く松竹のプロジェクト映画第3弾 無名のキャストが中心ののんびりとした映画です 滝を見にいく寄り
  • お母さん
    2.8
    やり逃げ(笑) オチも無く…
  • かとう
    -
    さすがに田舎者バカにしすぎだろ
  • たいてぃー
    2.5
    松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト第3彈。その1・2彈が「滝を見にいく」「恋人たち」ってことであれば、いいに違いない。監督は、初商業映画だけど、将来を嘱望されている、坂下監督が起用されているし。 うーん、イマイチかなぁ。シチュエーション・コメディで面白いことは面白いが、やっぱりコントって感じで。 75分って短さから内容が凝縮されいるんでは?と期待したが、演奏する、しないの繰返しが延々に続いて、間延び感が大。 役者は小市慢太郎ぐらいしか、知らなかった。このプロジェクトのポリシーから、ワークショップでの募集だったようだが、この楽団員がもっと達者な役者だったら、面白かったんでは? でも、オーソドックスだけど、笑いのツボはおさえている。最初のセリフがラストでシークエンスされるってのもいい。 松竹のプロジェクトってことで、無難なとこに収まっている、って気がして実に惜しい。制約がなければ、もっといい感じになりそう。今後に期待。
  • オパビニア
    4.0
    最後どうなるんだろー と割と楽しく観ることが出来ました。 オチもまぁこんなもんだろうなと。 確かにツッコミどころは満載なんやけど 設定と物語、雰囲気はすごく好きな感じでした。 登場人物のキャラも分かりやすいし ほのぼのできる作品です。
  • たーぼーん
    -
    まあまあ面白かったけどなぁ、、、。話に無駄なところがないし、映像もそんなには悪くない。主役の女子もユニークだったし。 前回の神奈川藝術大学映像学科より劣る作品だったらどうしようかと心配だったけどそんな事もなかった。 似た様な作品なので今後も同じ様な作風なのかこの次から変わってくるのかはまだ予想つかない。 この監督の次回作については観てもいいと思う。
  • オレンジ
    2.9
    テアトル梅田
  • ハイパラ
    3.4
    設定はどこかで見たような、聞いたような。(^^;;ま、でもこの作品はこじんまりと終わるのが実はふさわしいかも。知ってる俳優、誰も居ないし。(笑)下手すぎてビックリ!劇中のセリフが全てかな。ほんわりしてて嫌いではないです。(^^;;
  • モコモッコ
    3.1
    カルチャーセンターアマチュアオーケストラとプロオーケストラが間違われ演奏会に招待され、逃げるドタバタコメディ映画。
  • MOE
    3.0
    試写会が当たったので観覧。舞台挨拶も観てきました。 屋久島の観光課職員がプロ楽団だと勘違いして呼んだのはアマチュア集団だった。登場人物たちの会話や行動のズレがさらなるズレを生み出して行く様相は舞台劇の面白さがあったが、オーケストラや屋久島の大自然といった要素は映画でしか臨場感を味わえないもので、「映画だからこそできること」を思い切りやっているような感じがしました。主演女優の中西美穂さん、デビュー直後のNMBの山本彩を彷彿とさせるような切れ長美女で、とっても好みな容姿の方でした。
  • ココノカ
    3.0
    2017新宿武蔵野館 あっこれ…アンジャッシュのコントで見たやつだ!
  • りょんりょん
    2.6
    テアトル梅田にて鑑賞 映画がわかってる風を嘯きたい人向けの映画。って書いたら元も子もないか。誰に向けて作ってるのかわからないし、プロになりたいのなら、それは致命傷。その傷を拗らせている映画を作りたいっていうだけの人が世界中にいるでしょ。作家性とかさ、そういうのを追求する前に、面白い映画を作ることを追求してほしい。結局、この程度の出来でしょ。自分で答え作っちゃってるじゃん。 と、いつも以上に辛口のコメントになってしまいましたが、役者の演技が均質化していなくて、意図的ではないチグハグさが出ているし、短い時間の割にテンポが悪いし、淡々と描き切るのはいいけど、観客に淡々とした気持ちで帰らせてどうすんねん、とか。 あ、また辛口コメントを(笑)。
  • JunjiTakane
    3.8
    んな訳あるかいと思いつつ、愛すべき良作。
  • 3.7
    「下手過ぎてビックリしました」 とにかくその一言に尽きる(笑) すごく面白いとか、音楽が凄いとか、決してそんなことは無いんだけど、なんか好きな映画。 音楽は人を笑顔にする。それでいーのだ。
  • ぶんぶん
    4.0
    洗いたての白シャツに袖を通すような、小ざっぱりと気持ちが良いコメディです。 世界的に有名なオーケストラを、地元の島に招くはずが、当日やってきたのは、そのオケと、一文字違いの素人楽団・・・。 ”人違いが巻き起こす騒動”という、古今東西、繰り返し使われてきた定番のプロットを、奇をてらうでも、大袈裟にするでもなく。素直な展開を、起承転結、順に丁寧に積み重ねていく。 演出にしても、洒脱さや目新しさはありません。それでいて、まったく退屈しないのは、一つにさっぱりとした脚本。人間関係や感情についての余計な説明、語りが無い。物語が、突っかかりなく、綺麗に流れていく。 そして、役者。まず主役の女優さんがとてもいい、中西美帆さん。よく言えばクール、悪く言えば無気力。小役人的な事なかれ主義者で、少し身勝手な主人公を演じていますが、本人の人柄が出ているのか、細い針金が一本通っているような芯が感じられ、観ていて心地良い。 それは他の俳優さんも同様。皆が皆、小さなエゴを持った、大なり小なり自分勝手なキャラクターなのですが、演技に”ぶれ”も”だれ”ない。 何とか今日一日を誤魔化したい主人公。 島民にプロの吹奏楽を見せつけたい企画担当。 下手でも、またと無い機会。偽物とは言え、大舞台で演奏がしてみたくなる楽団。 そんなエゴの小競り合いも、嫌味が無く、小気味よいテンポがある。 物語の舞台でありロケ地は屋久島ですが、スクリーンに映されるのは、豊かな自然ではなく、役場や地方ホール、または中学校。それでも、湿った森の匂いのような”土地の空気”が、屋内でも漂っている、それが感じられる気がします。 絶賛を触れ回るような映画ではありませんが、稀に見る、休日の心地よいひと時を演出してくれる映画だと思います。
  • morita
    3.5
    予告を観てこれは、、、と気になっていたけど、いい意味で期待通りの、面白すぎない、愛すべき小作でした。 沖田監督とか、矢口監督とか、日本映画のあるラインのウェルメイド感というか、オフビート感というか、そういうものが受け継がれている映画。 主人公の女の子のそこら辺にいそうな普通さがよいな、と思ったけど、修了後のトークに登場した姿は全然普通ではなくて、女優さんのオーラであったことを記しておきたいと思います。
  • たたた
    3.5
    途中まで腹が立ってどうしようかと思ったけど、最終的に、いい映画でした!
  • tomi
    3.0
    なかなか面白かった。 おそらく、本来はこういう事は起きないと思うが。 主人公のふてぶてしさがなんか爽快 演奏家たちの開き直りはなんか腹立つ笑 ちょうどいい短さ
  • ryo
    2.9
    ゆるい。滝を見に行く、に似た空気感。 ちょっとしたアクシデントと日常。 ヒグチさんに見事、苛つかされました笑。 ああいうひとは嫌い…。 課長はどこかでみた俳優さんのような…。イヤミキャラが頻出の某番組かなぁ…?
  • いもきん
    4.7
    見ていてほっこりする映画。屋久島のきれいな景色もよかった。主演の中西美帆さんはご本人と180度逆のキャラを演じ、敵役となる課長も何処か憎めないキャラで全体的な雰囲気が落ち着き、笑いどころも散りばめられていました。楽団員のメンバーはワークショップでの即興劇のキャラで当て振りされたとの事で演技と思えない感じでした。
  • ぶなっしー
    3.0
    音楽的には『オケ老人』を感じさせるような作品でしたが、こちらのオケは最後まで素敵な音を聞かせてくれる事はなく 下手なまま(^-^; いつまで勘違いが続いて、演奏するのか?しないのか? ばれたらかどうなるのか? を思いながら観ていました。 キャスト誰一人知らず、こじんまりしていました。
  • マツダ
    -
    中西美帆さんクソ可愛い、タメ口になったとこヤバかった 水曜じゃない平日の武蔵野館快適
  • HAL2000
    3.5
    こんなライトコメディ大好きなんですよ。私自身、勘違い野郎なもので、このシチュエーションやもがき苦しむ様は物凄く理解出来るのです。雨の多い屋久島での撮影は相当大変だったと聞きましたが、役者さんが楽しみながら演じていらっしゃるのが伝わってきてとても心地よかったです。個人的には課長さんのキャラと演技がとても素晴らしくツボにはまりました。このときの機嫌悪い樋口さんより今の本物の笑顔がとても素敵な中西さんとのギャップに萌えました(笑)。
  • RYUYA
    3.0
    良くも悪くも無味無臭。 「やる」「やらない」のひたすらの往復と、そこに挟まれる中間管理職の葛藤をゆる〜やかに笑うコメディ映画。 言ってしまえば監督の前作『神奈川芸術大学映像学科研究室』と全く同じ構造。 果たしてこれが「劇場映画デビュー」と銘打っていいものなのか?というくらい同じ。 島とか田舎でオケる映画も、役場でゴタる映画も他にたくさんある訳だし、なぜ今それを?感が最後まで払拭できず無念。 70分という短尺でまとめたのは凄いけど、その分省略されたものは数知れず。 ただ。 主演の人、クソかわいい。 それだけは事実。
  • ピーポ
    3.3
    小市さんの演技ありきではありますが 休みの日にのんびーり観たい映画 サービスデーならさらに優しい気持ちで観れますよ!
  • いわき
    3.2
    屋久島でのコンサートに間違って呼ばれてしまったアマチュアオーケストラと、間違って呼んでしまった役場の人達のドタバタ劇。 招致の推進役だった橘こと小市慢太郎の演技が印象に残りました。小市慢太郎はニヒルなイメージを持っていたのですが、この映画の中では笑顔がとにかくいいんですよ。主演の中西美帆も(こっちは笑いませんが)かわいかったです。 映画は74分と短めですが、上映後に出演者によるトークショーもあり(もう何回もやってるそうな)、充実した時間を過ごせました。 2017.2.19 (9)
  • failtemovie
    4.0
    @ 新宿武蔵野館 いわゆる取り違えのコメディ。 ドタバタではなく、なんとなく緩くすすんでいくのが心地よい。 結果、良いテンポになってる。 主演の中西美帆さんの存在が良い。 今後の活躍を期待!
「東京ウィンドオーケストラ」
のレビュー(148件)