知れば知るほど解らなくなる映画の話(3)~モンタージュでゴリラは何を思うか?~

2017.01.30
雑学

Why So Serious ?

侍功夫

どうも、侍功夫です。

まずはこの動画を……

 

チーム★アメリカ ワールドポリス劇中。北朝鮮に囚われたメンバーを救出すべく、新米のゲイリーが所長の猛特訓を受ける場面。ノリの良い音楽に合わせ、細かなカットを重ねることで「長くて辛い特訓に耐えて成長した」ことを短く効率的に表している。のだが、実はロッキーシリーズやスポーツものなどで便利に多様され過ぎている手法を茶化したパロディでもある。この曲名が、その手法の名前ズバリそのまま「モンタージュ」だ。

一般的に「モンタージュ」で思い起こされるのは、最近はあまり見かけないが犯罪事件で目撃証言を元に継ぎ接ぎに作られた「モンタージュ写真」だろうか。

映画における「モンタージュ」とは「色々な場面を繋ぎ合わせて1つの印象を作る」という、ほぼ「映画編集」そのものの意味があり、「特訓場面」だけを指しているワケではない。

今回は映画編集全般の中から特に、「編集/モンタージュで出来る表現」について取り上げる。

 

時間の短縮

これは上の動画に代表されるように、編集の役割における代表格になるだろう。ほとんどの映画は上映時間ぴったりの出来事が描かれていない。ある出来事にまつわる、重要な部分が編集により抜粋され,、2時間ほどにまとめられている。

最も顕著な例は2001年宇宙の旅であろう。モノリスに触ったサルが骨を放り投げた次のカットで、人類は宇宙時代へ突入している。

また、リチャード・リンクレイター6才のボクが、大人になるまで。では6才の少年が18才になるまでの12年間を、実際に12年間かけて撮影している。膨大な映像素材は編集によって166分の作品にまとめられている。

 

時間の引き延ばし

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説終盤。インディは採掘場で働かされている子供たちを助けるため、屈強な男たちと対決していく。しかし、呪い人形によって動きを封じられてしまい、石を粉砕するローラーに押し込まれそうになる。この場面は「モンタージュ」の視点で見ていくと面白いだろう。

迫るローラー! 押し込むターバン野郎! 人形にナイフを突き立てる王子! がんばれショートラウンド! 悲鳴を上げるウィリー!

というカットの連続が何度も何度も繰り返され、インディのピンチの瞬間が引き延ばされる。観ているコッチはジリジリとした瞬間を繰り返し見せられ、ハラハラとした瞬間が長く楽しめるワケだ。

 

ゴリラ+X=???

今度はこの2枚の写真を見て、どんな印象を持つか考えてほしい。

mon01mon02

「おいしい」「食事」「幸せ」といった印象ではないだろうか?

 

では、この2枚ではどうだろう?

mon01mon03

「環境破壊」「住処を追われる」「悲しさ」といった印象であろう。これら写真1枚々には感情を表す記号は無いが、組み合わせ次第で違った感情が立ち上がってくる。この現象は「クレショフ効果」と呼ばれる、映画編集が生み出す効果の中でも重要なものだ。

難解な作品だといわれる映画でも、この「クレショフ効果」を念頭に置いて観てみれば、実は「観て、感じたままの印象」こそが、表現しようとした印象そのものだという、当たり前な解釈が浮かび上がってくる。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督の新作ネオン・デーモン。田舎から出てきたばかりの新人モデル、ジェシー(エル・ファニング)が大抜擢で大物デザイナーのショーに出演する場面。暗闇の中、煌めき瞬くネオンの光彩の中にジェシーが登場する。ここにネオンで出来た三角形がインサートされる。前後の場面に三角形にまつわる何かが語られたワケでもないし、後に三角形が何なのか説明もない。

しかし、三角形にはピラミッドに代表されるミステリーや「ピラミッド・パワー」といった人知を超えた超常的なイメージがある。また、レフンの過去作ドライブケネス・アンガー監督のスコーピオ・ライジングからイメージの引用をしていることを鑑みれば、同監督のルシファー・ライジングを思い起こすのも正しそうだ。

このように、ジェシーの艶かしい姿に三角形を合わせるだけで、ジェシーの魅力に「超常的」かつ「悪魔的」であるといった複合的な意味を思い起こさせるのだ。

 

まだまだいっぱいある役割

映画において編集が担う役割は上記に留まらない。

スターウォーズ ジェダイの帰還ではデス・スターでのルークとベイダーの戦い、エンドアでのハンソロやイウォークたちの戦い、宇宙でのランドの戦い、といった異なる場所で同時に起こっている出来事を交互に見せることでサスペンスを高めている。

かつてはタブー視されていたジャンプ・カットも「同じ場所で長い時間ヒマをつぶしている」といった怠惰さを表現するのによく用いられている。

オリヴィエ・メガトン監督作では、アクション場面で1秒以下のカットを矢継ぎ早につなぎ「なんかよくわからないけどスピーディー」といった印象を与えている。

 

編集に注目してみよう!

映画の感想を言い合うときに「あのスペクタクルが良かった!」「あの情念が良かった!」とはよく出るが「あの編集がよかった!」とは滅多にでない。しかし、「スペクタクル」も「情念」も編集/モンタージュによって形作られたものだ。面白いと思ったスペクタクルも、編集の力なしでは盛り上がりに欠ける場面だったかもしれない。強い情念を感じる場面も編集いかでボンヤリした場面だったかもしれない。

これから映画を観るときには「どんなタイミングでどんな場面へカットが変わっていったか」を気にいてみると良いかもしれない。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 血まみれ犬
    3.7
    シナリオを読もうとしてはいけない プッシャーを観ればそれは理解できるだろう レフンの中の1人、研ぎ澄まされた、 オンリーゴッドとは別の人格 コルクやコルクスクリュー、ワインそのものでもなく、 瓶に映るワインの色を見せている
  • Kana
    2.9
    「ドライヴを超える衝撃」にまんまと踊らされ、鑑賞。 衝撃的な映画を作るぞ!と意気込んで作られた作品のように思えて、どうにも好きにはなれなかった。 映像・音・女の子たちの可愛さは、とても良い。
  • ?
    3.0
    チカチカとラストシーンで具合が悪くなった。エルファニングの可愛さを愛でるならアリな映画
  • ちひろ
    3.7
    ちやほやされるだけ内面が腐っていくと感じていたけれど、腐っていると思った内面が本当だったりする。意外と簡単に可愛い可愛いと言われるのがどうせ若いからだから、それなら若いうちに精一杯生き急いでやる。と思っている。生き急いだ後は多分なんとかなります笑 エルファニング目当てで観たけれど、モデルとしては綺麗目でスタイル良くて大人っぽい女の子の方が売れるでしょう。それにしても本当に可愛い。ずっと見てられる。 あと映像とテクノがオシャレ。
  • 水の街
    4.8
    涎垂らすほどに美しく、ものにするほど狂おしい。 ネオン好きのモデル好きの悪魔憑き、貪欲に最前列で鑑賞してしまう単純な頭が、イカれちまった…。
  • ちよめ
    3.8
    奇妙で不気味でぶっとんでる なんといっても映像が素晴らしい 光と色の使い方が美しくてひたすらかっこいい エレクトロな音楽も世界観に合ってた 『ヘルタースケルター』とも『ブラック・スワン』ともまた違う、"美"に対する異常な執着心とそれが生み出す狂気 消化中だけど消化し切ることはできなさそう しばらく引きずる作品だ、、
  • 恵雅樹MowHenry
    3.6
    ●'17 3/11〜24単館公開 (首都圏等: '17 1/13〜公開) 配給: ギャガ ワイド((シネスコ) DOLBY DIGITAL 3/20 15:00〜 メトロ劇場にて観賞 DCP上映 LPCM パンフ未購入 ※映写設定が悪い為、画面上下左右に黒味有り。 耀度設定が悪い為、真っ暗なシーンはざらつきが滲んだようになり、明るいシーンは飛び気味。 骸骨人間(またはノスフェラトゥ)、 全身改造人間(フランケンシュタインの怪物)、死化粧するメイクアップアーティスト(魔法使い)、素性不明の美女が戦うモデル業界の東宝チャンピオンまつり。
  • 小林沙和子SAWACO
    4.5
    衝撃的 麻薬のような映画だった 映画が終わってから家に着くまで、細胞がギュルギュルした 承認欲求、虚栄心、醜い気持ちが正当化されて出すのを厭わなくなり、それがパワーになる。そんな感じ 映像も美しく、音楽効果も心臓が壊れるほどマッチしてた。 言葉が少ない映画だったからか、世界に陶酔していく感覚がなんとも心地よかった
  • Ryuto
    4.3
    表層的。悪い意味で無く。いつも通り人物の描写は最低限。その内容は仮面を被った作り物の美女たちを描いている。 クラブで吊り下げられていたのは、日本的な緊縛というよりベルメールの「人形」。 山猫、ネオン、柔らかい壁など、象徴的なシーンが多い。 あと、曲がとてもかっこいい。
  • mg
    2.8
    2017.03.25@UPLINK
  • 8さん
    3.5
    厳しいファッション業界の、美と官能と裏切りを描いたサスペンススリラー作品。 誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶える為に、田舎町からロスへとやってくる。 既に一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスを掴むジェシーを、ライバル達が異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。 やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美の為なら悪魔に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていくのだが… 『無垢な夢が邪悪な毒に染まる』 正直ドライヴ程のインパクトは無かったと思います(溺愛)。しかし序盤、中盤、終盤にかけてキャラクターの美しさが増していく色彩表現と変態ぶり、そして自我を蝕んでいく妖艶な奇麗さなど目を見張るシーンが沢山ありましたね。 命懸けで挑む夢への挑戦。一流モデルを夢見てやって来た若者は多く、並大抵の努力をもってしても掴む事は困難極まりない。初々しい頃の自分は何処へやらと思わんばかりのあの手この手を駆使して、悪魔の光がストロボや奇抜なカラーリングによって奇麗に放たれる物語。驚愕の展開と静かな気持ちの中にある幻想的でエキセントリックな映像美に魅入ってしまう作品でした。
  • りたお
    4.0
    好き嫌い分かれそう。レフンまだドライブしかみたことないけど、めちゃ「作家性!!!!」て感じだね。癖が強すぎて途中笑いそうになっちゃったw 綺麗な女の子たち2時間も眺められて幸せでした。( ‘▿’ 三 ‘▿’ 三‘▿’ ) でも絶対にエルファニングよりもアビーリーの方がモデルとしてはできてるでしょうよ!!! あんなん観たら鏡みるの辛くなる。
  • さはら
    -
    エルファニングになりたい。 途中から現代美術のインスタレーションみたいになってきて、あれれ?→その後の展開にも多少戸惑ったが、音楽と色は終始かっこよさげ。
  • j
    4.0
    ストーリーを楽しんでもらうというよりも映像美が監督の観てほしいところなのかなあ〜 だけど気味悪い映画でした。
  • KatsukiHirota
    4.7
    好きか嫌いかがハッキリ分かれるのがレフン作品。スプラッターシーンも大丈夫な方はぜひトライですね。クリフ・マルティネスの音楽がかっこいいです。
  • Emily
    5.0
    究極の美の追求。 「真の美しさはガラスのなかのダイヤ」 なるほど〜 グロオシャレ。エルファニングは妖精みたいに可愛い。美への執着を描いた映画大好き。
  • ぴーわた
    3.4
    なかなか狂気に満ちた話。 まぁまぁグロいラストシーンでは結構きます。 全体的に映像の撮り方や、BGMが好みでした! グロ耐性のない人や、エルファニングー、キアヌがでてるーみたいな感じで見た人にはきついんじゃないでしょうか!笑 とにかくエルファニングがとても美しくかわいかったです。
  • habatapan
    4.0
    この映画が面白かったのか面白くなかったのか、好きなのか嫌いなのか、未だによくわからない。 けどDVD出たらもう一度観てしまうだろうな。 とりあえずサントラはあの日から毎日聴いてます
  • aneragas
    -
    途中からなんとなく予想はしていたけれど、ラストの衝撃にもはや笑うしかない。吐き気を催す気持ち悪さと臭気がそこら中に漂っているが、観終わって思い返してみると何故かニヤついてしまう。これこそレフンマジック。彼が生み出す特有の色味が視覚から、音が聴覚から脳を直接刺激して、侵食される感覚。エル・ファニングの七変化感も凄い。ショーの自己陶酔シーンは目が離せない。 この映画を一つのジャンルに括るのはあまりにも難しい。コメディ要素もあり、ホラーっぽさもあり、更にはSF的な匂いもする。監督の理想は、全てが混在するカオスの世界なのだそうで、カオス世界を創る天才かな、と思う。ホドロフスキーと仲が良いっていうのは初めて知りましたが、そう言われてみれば、似たような匂いがする。 美悪女三人組が終わりには宇宙人に見えた。
  • miosium2
    2.0
    やっと観れた。 いや、観なくてよかった。観なくてよかったという感想は、観ないと言えないから、とりあえず観てよかった。 後半に行くにつれて、スクリーンからの光と血飛沫が強すぎて、薄眼で見てました。どうしても、私は受け入れられないタイプのもの…うぅ…
  • eternal
    -
    オカルトすぎん? 笑ってしまった
  • Aya
    3.4
    私はいったい何を見せられているんだろう・・・な2時間! いや、好きか嫌いかで言ったら断然好き!! もうレフン色が炸裂してますよね。 ポスタービジュアルもオープニングも音楽もセットも衣装も役者の身体でさえレフン!て感じでした。 ラメが凄い・・・一瞬レフンて女?と思ってしまった。 エル・ファニング身長が伸びてほんとよかった! 確かに可愛いけど・・・まだ幼くてモデルっぽい顔じゃないよなーと思っていたらまあメイクや服でバケるバケる! 他の女優さん、モデル仲間の二人も顔が説得力あるというか・・・整形の人とかほんと整形してるようにしか見えない(笑) ジェナ・マローンがまた凄いですよね! 思い切った! そこに華を添える男性陣。 変態写真家、好事家のデザイナー、アコギなロリコンフォビアキアヌ・リーヴスに私が好きだったのは最初に写真を撮ってくれた彼。 可愛いじゃない! 良いじゃない! アイツにしときなさいよ! アメリカってロリコンに対してめちゃくちゃ風当たり冷たいですよね。 日本がロリコン多いだけって感じもするけど。 あの山猫?ていうか虎じゃん!どうやって追い払ったのー?! えー?! 追い払えるもんなわけー?! とかほんとえー?!って箇所がめちゃくちゃ多くてほんと楽しかったです。 田舎から出てきた天涯孤独のかわい子ちゃんエル・ファニングがモデルとして業界に慣れてゆき、先輩モデルに嫉妬されて大変なことに・・・ってちゃんとお話もあるし、ラストの展開なんかもう全然ついていけてないしそれ自体どうでもいいんだけど、見やすいと思った。
  • 結城
    3.4
    主演のエル・ファニングがとても美しい。 映像もとても綺麗で、引き込まれました。後半の展開は気持ち悪かった…
  • わに
    3.4
    登場人物たちの心情が全然理解できないっす
  • すえ
    4.0
    私この映画めちゃくちゃ好き 映像美がどんぴしゃやった 白い肌の女の子がうっすいワンピースきたり、血だらけなったり、ラメラメなったりすんねんで どんだけ美しいねんな キアヌがもったいないのと、 途中のマークが意味わからんのと、 突然のゴア表現が、びみょかったね
  • watac.
    3.9
    グリム童話のような教訓があります.
  • Theよこやま
    3.4
    ウロボロスみたかった
  • fumwater
    3.7
    「腐った牛乳より新鮮な肉」 若さと美しさへの嫉妬や羨望と、それを受けて美の自覚を増長させるエル・ファニングの退廃的な変貌に引き込まれる。 耽美主義的な作品。トランスでサイケでエログロな映像も良かった。 あんなフォトジェニックなモデル使いたい
  • YukoToriyama
    3.0
    エルファニングがカワイイ♡
  • ぐっすり
    3.6
    全力で走るモデルは心底怖いということがわかった。
「ネオン・デーモン」
のレビュー(3822件)