2017年はSF映画に注目!~新作から待望の続編まで~

2017.01.29
まとめ

映画系文筆/映画館勤め/映画祭好き

大久保渉

昨年12月16日に公開されて以来、絶大な人気を集めている「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ大作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。1977年に公開された第一作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から数えて40年の時を経て尚、観客を魅了し続けるシリーズ作品となっている。

そんな「スター・ウォーズ」シリーズの最新作『スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題)』が、2017年12月に公開予定である。

しかし、今年は「スター・ウォーズ」以外にも期待のSF映画が盛りだくさんであり、新作やリメイク、大ヒットを記録した作品の続編等の公開が多数控えている。

2017年はズバリ、SF映画大躍進の年になるかもしれない。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

main

(C) 2016 LIONSGATE ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

≪1月6日~全国公開中≫

ロサンゼルス・タイムズ誌が2012年に「今読むべきYA小説TOP10」に上げた「NERVE」を原作に、『ハンガー・ゲーム』の生みの親であるアリソン・シェアマーがプロデュースした一作。

「知らない人と5秒間キスをしろ」「街中で裸になれ」「バイク目隠しを したまま時速96キロ出せ」

指定された度胸試しをスマホで生配信しながらクリアすると「報奨金」と「アクセス数」がランキングされる多人数参加型ゲーム「ナーヴ」。視聴者数を最も集めた「挑戦者」2人が最終的に決戦へ進み、大金を手に入れることができるのだが、指令は徐々にエスカレートしていき……。インスタグラム・セレブやユーチューバー等、現代のネット社会の病理がスタイリッシュに描かれる。

臆病ながらも勢いで「ナーヴ」に挑戦し、変貌していく女子大生ヴィーを、ジュリア・ロバーツの姪っ子であり、子役時代からハリウッドで順調なキャリアを築くエマ・ロバーツが演じる。

■公式HP:http://www.start-nerve.jp/

『アサシン クリード』

あさたん

(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

≪3月3日~全国順次公開≫

「ユービーアイソフト」の人気ゲーム「アサシン クリード」を原案とした初の長編実写映画。ゲームは2008年にシリーズ第一作が発売され、現在までに本編が9作品、スピンオフが10作品以上と、世界中で絶大な人気を誇っている。

劇中では、オリジナルゲームの世界観と縦横無尽に繰り広げられるスピーディーなアクションが踏襲されつつ、新しい主人公とストーリーが展開されていく。

記憶をなくした死刑囚が遺伝子操作によってDNAに眠る記憶を呼び覚まされ、アサシン(暗殺者)として暗躍した祖先の記憶を追体験させられる。ルネサンス期におけるテンプル騎士団との因縁、“エデンの果実”をめぐる攻防、そして現在に引き継がれる歴史の闇が主人公に襲い来る。

驚異的な身体能力で街中を駆けめぐるアサシンを、『X-MEN:アポカリプス』のマイケル・ファスベンダーが演じる。共演に、グザビエ・ドランの新作『たかが世界の終わり』でも輝きを放つオスカー女優マリオン・コティヤール

■公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

『パッセンジャー』

ぱっせんj-あ

≪3月24日~全国順次公開≫

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥム監督がメガホンをとり、『プロメテウス』のジョン・スペイツが脚本を手がけたSF超大作。

20××年――地球から120年の距離にある惑星に、およそ5千人にも及ぶ人達が新たな居住地を目指して移動する宇宙船内が舞台。長大な時間を冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。到着予定よりも、90年も早く――。

再び眠りに就くことができない絶望的状況の中で、なんとか生きるのびる術を見つけようとする2人。やがてお互いを意識し合うようになるが、予期せぬ出来事が彼らの運命を狂わせていく。

世界にひとつのプレイブック』のオスカー女優ジェニファー・ローレンスと、『ジュラシック・ワールド』のクリス・プラットが主演を務める。

■公式HP:http://www.passenger-movie.jp/

『GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル』

ごーすと

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

≪4月7日~全国順次公開≫

士郎正宗のSF漫画を原作とし、劇場版やテレビシリーズでアニメ化され、国内外で絶大な人気を誇ってきた「攻殻機動隊」シリーズをハリウッドで実写化された一作。

きどうたい

オリジナル作品の草薙素子に相当する主人公の少佐を『アベンジャーズ』のスカーレット・ヨハンソン、少佐の上司・荒巻を北野武が演じる。

その他、『ファニーゲーム U.S.A.』で特異な存在感を放ったマイケル・ピット、フランスを代表する名女優ジュリエット・ビノシュら、国際的に活躍する俳優陣が脇を固める。

本作のメガホンをとったルパート・サンダーズ監督(『スノーホワイト」』)は、自身の作品を「リメイクではなく、リイマジン(再考)」と語る。独創的な世界観、衣装、ガジェットをはじめ、オリジナル原作がどのように新しく創造されたのか、原作ファン達から大きな注目が集まっている。

■公式HP:http://ghostshell.jp/

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
(C) 2016 Marvel

≪5月23日~全国順次公開≫

2014年に第一作が公開されるやいなや大ヒットを記録したマーベル・コミックス原作のSFアドベンチャー大作。70年代を中心としたヒット曲の軽快なビートにのせて、およそヒーローとは言い難い宇宙のはみ出し者たちが銀河を救うため強大な敵に立ち向かう。

監督は前作に引き続き、『スーパー!』『スリザー』等でグロと笑いと感動を織り混ぜて特異な評価を得てきたジェームズ・ガンが務める。

メインキャストも前作同様に、リーダーで「スター・ロード」を自称するピーターをクリス・プラット、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラをゾーイ・サルダナが演じ、宇宙一凶暴な毒舌家のアライグマ“ロケット”や破壊王ドラッグス、動く木!のベビー・グルートと共にド派手なバトルを繰り広げる。

■公式HP:http://www.disney.co.jp/movie/news/20161214_01.html

『エイリアン コヴェナント』

≪9月~全国順次公開予定≫

ハリウッド映画界の巨匠リドリー・スコットが、1979年に監督した『エイリアン』から続く同人気シリーズの最新作を製作。本作は2012年に公開された『プロメテウス』の続編であり、『エイリアン』の前日譚シリーズの2作目にあたるSF超大作である。

キャストには、『プロメテウス』に登場したアンドロイド・デヴィッドの再登場が発表されており、演じたマイケル・ファスベンダーが続投。新たなヒロインに、『インヒアレント・ヴァイス』のキャサリン・ウォーターストーンが抜擢される。監督は御年79歳のリドリー・スコット。

ぷろめ

人類の植民地を探していた宇宙船コヴェナント号の乗組員たちが辿り着いた、とある理想的な惑星。しかしそこには、かつて宇宙船プロメテウス号での調査に同行し、ただ一人の生存者となったアンドロイドのデヴィッドが一人で暮らしていた。

■公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/alien/

ブレードランナー 2049

≪11月~全国順次公開予定≫

その近未来的なイメージが後世の映画史、ならびに実社会にも絶大な影響を及ぼしたSF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編が、30年の時を経て公開される。

らんなー

出演は、『ラ・ラ・ランド』でも注目を集めるライアン・ゴズリング。そして前作から引き続き、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のハン・ソロ役でも往年のキャラクターのその後を見事に演じきったハリソン・フォードが、リック・デッカード役を演じる。

監督は、『灼熱の魂』『複製された男』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮に据わる。

そして、今年のSF映画の締めは…『スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題)

≪12月~全国公開予定≫

詳細については不明な点が多いが、インターネット上で盛り上がる<予想>合戦だけでもワクワクしてしまう。2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』からどのような物語が続いていくのか。

映画ファンにとって、2017年のベスト映画は何になるのか?今年は「SF映画」に注目していきたい。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • じゃむお
    3.6
    昨今の身近な人との関係よりネットの反応を優先してしまうという価値観に対しての警鐘を鳴らすようなテーマの映画。しかしハラハラドキドキで楽しかった。
  • KensukeMasai
    3.5
    そこまで期待をしていなかっただけに 予想外に楽しめた*\(^o^)/* 映画全体を通して 若者っぽい 浮ついた、チープ感のある ワイワイ、ガヤガヤ感も ちょうど良い雰囲気になっていた気がする。 ハラハラドキドキも 十分に味わえる☆ 主人公のエマ・ロバーツがすごく良い!! イケてないやつから人気者に。 なんか雰囲気がぴったりだった☆ ネット普及などによる危険性を描いていると思うのだが 大勢に紛れて、自分だと誰にも知られないからと、エスカレートする視聴者に 良い意味で イライラ、腹立たしさを感じつつも 目隠しバイクやはしご渡りのシーンでは いけいけー!!! と、完全に視聴者になってしまっていた。
  • Eva
    3.5
    特にこういうの好きだからか見てて 楽しめた! 参加者や視聴者に限らず匿名で してるからという多少の安心感と 「みんなやってるから」という理由 で悪い事をしてるという自覚はある もののやっぱり感覚が麻痺してしまってる。その上にお金もかかってくるから 一歩間違えると危険、だけど癖にも なるリアル裏サイトのオンラインゲーム。アメリカでこんなゲームアプリが実際 に流行ってるとは思わなかったけど逆 に流石は海外!って思った。日本で 実際に誰かがやってたら逮捕者続出 間違い無いよね笑 特にバイクに乗って目隠しで93kmも 出すあのシーンは手汗が半端なかった! 本当によくできるなあー。 まさに若者向けで現代って感じ。 おしゃれなネオンの映像が綺麗で結構 すき! ラストは良い意味で騙されたよね。 みんな案外まともなんじゃんとか おもっちゃったよ笑
  • Mina:)
    2.5
    英語で見たからちゃんと意味わかってるかわからんけど、まあまあ! とりあえずエマロバーツかわいい!!! 現代っぽいのとネオンっぽいのが良かったし、最初の方は楽しかった!
  • KMD
    3.4
    テンポよくて面白いけどちょっと長い。ツッコミどころ満載なのもご愛嬌、そこは美男美女の画で乗り切れる。ラストはもっと切れ味良く仕上げて欲しかったな。
  • ゆー
    3.5
    映像が、きらびやかで観ていて飽きなかった!!視聴者の私はドキドキしながら観てました…最後なんかいい意味で騙された!!ストレス解消出来た映画でした♪
  • えむりん
    3.5
    ネットでも責任持った行動を。 わくわく/スリル/スカっとする
  • きっき
    3.0
    現代向けのテーマの映画!
  • Sho
    3.5
    映像の見せ方が新しい。テクノロジーの趨勢に対する問題提起的な要素を含んでいるが、いまいち現実問題として捉えらには至らなかった。作品全体としては面白く良い出来。
  • かねださんは女子大生
    3.2
    タイトルがちゃっちくてあれ?って思ったというのが最初の印象。なにも考えなければ普通におもしろい。キャラクターも魅力的!だけど設定がガバガバ。
  • みさみさ
    3.4
    現代で起こりうるようなゲーム 飽きなかった。友達とわーわー言いながら観れるようなティーン娯楽映画
  • まい
    4.1
    今の世界だと本当にありえそうでこわい。けどおもしろいーーー!
  • t
    2.5
    ティーン向けで今の時代にぴったりな映画。 内容は『ハンガー・ゲーム』と『パージ』を足して割ってそこにちょっっっと『SAW』を足した感じ。 スマートフォン×SNSってところ以外は既視感の塊だった。 全体的にカラフルでビビットなトーンだったのもティーン受けはいいのかな〜と思った。 本編では音楽と演出がくどかったけど、エンドロールは良かった。 キャラクターはもう少し掘り下げればもっと魅力的になっただろうからそこも残念。タイisカワイイ。
  • オスカルフランソワドジャルジェ
    3.0
    主人公がチョットした事から勇気を試すゲームに挑戦し次第に逃れられなくなってしまうお話。段々過激になっていく視聴者の要求に抜け出せなくなり追い込まれてしまう。主役が美男美女なので飽きずに観ていられたがクライマックスは物足りなかったのが残念
  • 戦場太郎
    1.6
    視聴者からお題をもらって動画配信、というゲームの話なのに、お題そのものがどうにもお高くとまっている感じで、なんとも違和感がぬぐえなかった。 他人にお題を与えてそれを実行するところを拝もうとする視聴者が、あんな生ぬるい挑戦を与えるはずがない。ホームレスに灯油をぶっかけて燃やしたり、道行く一般人を10人殴り倒したり、そういったメチャクチャなお題がガンガン出てきてよかったはずだ。 なのにこの映画は、変なところで倫理観を効かせてくれて、どうにもはじけ切れないまま終わってしまった。 「人が死ぬところが見たいか!」という問いに、賛成一色に染まる視聴者はよかったんだけど、そこだけだったしなあ。
  • ショーンタケウチ
    3.2
    若者の間で流行ってるというわりにナーヴのサイトがだいぶチープで怪しさしかなかったが…映画はまさに現代っぽい内容。SNSで手軽に有名人になれる、匿名の仮面があれば無責任に囃し立てられる、個人が特定されてしまえばそんなつもりは無かったとログアウト。友達にハッカーはお決まり。まとまってて観やすいが、これといったインパクトは無い映画かな〜
  • じゃがいもおじさん
    3.1
    中身は非常に軽いです!ただ、現代のネット社会に警鐘を鳴らすという意味ではありな映画でした。 今の若者はネット上に普通に顔や個人情報を晒すし、注目を集めるために炎上してもおかしくないことを簡単にしますよね、まあそれです。 ストーリーはあってないようなものなので、映画を見ているというよりは劇中で行われる度胸試しゲームをそのまま見ている感覚に近かったです。なのでナーブの運営組織のこととか、トーナメントのこととか、NY以外でのゲームのこととか、掘り下げれば面白くなりそうなところを掘り下げていません。そこが少し残念ですね。 YouTubeで動画を見ている感覚に近いです。ロシアとかのYouTuberは実際にこの映画みたいなことしてるのでそこから着想得たのかも。 一番良かったのはトーナメント参加者のファンキーなやつ。神様メールで飛び降りまくってたあいつに見た目を重ねたから何かぶっ飛んだことし続けてくれるんじゃないかと思って見てました。何もなかったけど。
  • QRP
    3.0
    おつむの弱いティーンエイジャーが気軽に情報発信できる時代になり、アホな行いを自ら晒して問題になる様がもはや日常と化した感のあるこの頃、インターネットは怖いんやでと改めて懇切丁寧に教えてくれる優しさに溢れる物語。 劇中にある高所での懸垂は実際に動画で見たことあるけど、海外のアホは異次元やなぁ。日本じゃせいぜい冷蔵庫に入るのが関の山やからね。何がオモロいねんという話やけども、内輪じゃ面白いのだろうね。けれどインターネットは外にも通じている。 ただこの映画はちっさい街の中でしかゲームが行われていないかのようにしかスケール感が感じられないのが残念ではあった。裏切るとゲームから抜けられないという設定も無理がありすぎる。参加者がこんな一枚岩なわけがない。 下着姿で逃げるエマ・ロバーツがとってもかわゆい。 17.1.24 劇場字幕
  • ぷーさんのおしり2017
    3.5
    思い出し記録
  • p
    3.6
    飛行機で。おもしろかった!!
  • tower1209
    3.5
    主要なメディアがテレビからネットに移行して、誰でも中継発信できる今、ビジネスモデルとして成立しそう。人に迷惑をかけることを厭わない人もいるし。妙なリアリティあり。スリルあって面白かった。高所恐怖症の人は観ない方がいい。チビる。
  • Namnam
    2.9
    バイクの後ろ乗ってみたい!尺がぴったりだね。
  • あおい
    3.1
    若者を中心に人気を集める実体験型アゲーム“NERVE”。レベルが上がるごとに過激さが増すこのゲーム、君はプレイする?ウォッチする? テヘラン行きの機内で鑑賞。英語やけど、映像で魅せる映画だったので大体の話は掴めた、と思います( ^ω^ ) バカッターみたいに誰もしないような危険でアホなことを動画にとって、視聴者であるウォッチャーの人気を集めることで、ゲーム内での順位がついていく。しかし、そのやることの内容はゲーム側が指定してきて、時間制限などもある。その中でいかにこなせるか競うというのが大まかなストーリー。 そして、主人公は着々と順位を上げていき、ついにファイナリストとなる。そこで待ち受ける最高に過激なゲームとは!? いまも世界のどこかで行われてるんじゃないかっていうリアルさが面白いところ。あり得なくもないギリギリのラインを攻めてます( ^ω^ )ハラハラするシーンも多くて、短い割りに見応えはあります。 でも、やっぱりティーン向けの軽い内容であることには変わりなく、それで?っていう感じになっちゃいます( ^ω^ )人間関係もそんな深くはない。 若手の有望なキャストが揃い踏みで、とにかく映像でドキドキしたい人や、POV好きな人なんかも楽しめると思いました。
  • miyu09
    4.1
    The main actress and the actor are so hot!!! The plot is very much fun too!
  • S
    4.0
    ハイスピードなティーンムービー 加速する展開も、一気にテンションダウンするのも、今の時代を反映していて面白いなと思った。 トミーもイアンもかっこよかった〜〜!!
  • Yoku
    2.0
    このゲームに参加してる人達は頭いってるのかと思ったら、普通の倫理観で最後終わってつまらなかった。
  • なかし
    3.5
    最初から最後まで心地よいテンポ
  • dondake_ikkou
    3.7
    テンポが良く今時の映画って感じでした。
  • ピザ
    4.3
    綺麗にまとまっていて飽きない
  • がくと
    3.7
    長編世にも奇妙な物語みたいな感じ エンディングの映像センスあって好き
「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」
のレビュー(1113件)