【プレゼントあり】フランスのリアル金八先生に感動! 問題児たちの奇跡の物語がDVDに

2017.02.02
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

カンヌ国際映画祭への正式出品やELLEシネマ大賞ノミネートなど数々の映画祭で話題となり、公開後、Filmarksでは★3.8と高い評価を得ているのが『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』。観れば心を打たれること必至の感動作が2/8、DVDになってリリースされます!

kiseki_kyo1

“人は変われる”と希望がわいてくるストーリー

パリ郊外にある高校。落ちこぼれクラスの担任になった歴史教師のアンヌ・ゲゲンは、生徒たちに学ぶ楽しさを教えるため全国歴史コンクールへの参加を促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに生徒たちは反発。しかし、強制収容所の生存者の話を聞いてから変わっていき……。

人種や宗教などフランスにある問題点を浮き彫りにしながら、まるで金八先生のように生徒に寄り添うアンヌ先生の授業から人は変われることを気付かされます。観れば希望がわいてくる映画です。

kiseki_kyo2

■どんなに落ちこぼれでも、人との出会いでこんなにも変われるんだと思い出すだけで泣ける。(nutsさん)
■時に優しく見守り、時に叱咤激励し生徒たちを信じる先生が素晴らしい(tohkoさん)
■多種多様な人種・宗教を乗り越えて深めていく絆が心地良く心を静かに揺さぶられる良作。(mokomokoさん)

実話&ドキュメンタリーのような描写に心が震える!

問題児たちが全国歴史コンクールに入賞するまでのサクセスストーリーを描いた本作は、なんと実話! また強制収容所の生存者レオン・ズィゲルが登場するシーンは役者ではなく本人が体験談を語っています。このように時折入るドキュメンタリーのような描写と生徒たちの成長がリンクして、さらに感動する物語になっています。

kiseki_kyo3

■最後、じーんときました。色々考えさせられましたし、これが実話なのだからすごい。(きみさん)
■撮り方が上手く、ドキュメンタリーを見ているようだったし、老人が語るシーンでは生徒の一人になって涙している感覚になった。(ちぃさん)
■映画というよりも上質のドキュメンタリーを見ている感じだった。(れおれさん)

アンヌ先生に教わった張本人も映画に登場!?

中心人物のひとりとして登場するマリック役を演じているアハメッド・ドゥラメは、この話の基になるストーリーを実体験し、マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール監督にその企画を持ち込んだ人物。出演だけでなく脚本も担当。アンヌ先生によって変わった張本人が本作にも深く関わっていることもお見逃しなく!

kiseki_kyo4

■マリックって男の子は実際に表彰を受けたメンバーの1人で、彼が企画を持ち込んだらしい。これにはビックリ!(TAKAさん)
■多くの人々に見て欲しいまさに「受け継ぐ事」の映画(Garuさん)
■本でも映画でも、こういった作品はせめて子供には積極的に見せていきたい。(ぴなさん)

非売品! オリジナルトートバッグ&プレスシートをプレゼント!

DVDリリースを記念して、シンプルでかわいいオリジナルトートバッグと、関係者にしか配られない撮影秘話などが掲載されたプレスシートセットで5名様にプレゼント

ちなみにDVDにはレオン・ズィゲルの体験談がノーカットで収録されています。またアンヌ先生を演じるフランスを代表する名女優アリアンヌ・アスカリッドの演技にも胸打たれる本作。このトートバッグにDVDを入れて、友達などみんなで鑑賞するのにもオススメの作品です!

※応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
 
※応募期間:2月2日(木)〜2月21日(火)まで
※当選者には2月24日(金)までにメールにてご連絡いたします
※注意事項をよくお読みになってご応募ください
※賞品発送時の紛失につきましては対応いたしかねますのでご注意ください

◆映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』information

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

kiseki_kyo6

あらすじ:貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。 ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく――。

DVD発売日:2017年2月8日
価格:4,104円(税込)

【特典映像】
●レオン・ズィゲル氏の講話シーン(ノーカット完全版)
<レオン・ズィゲル氏:1927年、ポーランド系ユダヤ人移民の子としてパリに生まれる。1942年にドイツ警察に連行されてアアウシュヴィッツの強制収容所に収容されるが、奇跡的に生き延びる。2015年1月に逝去。>
●劇場オリジナル予告編

【仕様】
ディスク枚数:ディスク1枚
収録時間:本編105分+特典映像
仕様:片面二層/カラー/16:9シネスコ/音声:1.フランス語ドルビーデジタル5.1ch、2.フランス語ドルビーデジタル2.0ch 、3.日本語ドルビーデジタル2.0ch /字幕:1.日本語字幕、2.吹替字幕
発売元・販売元:バップ
提供:シンカ、NHKエンタープライズ

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』DVDスペシャルサイト:http://www.vap.co.jp/category/1478502487908/
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』公式サイト:http://kisekinokyoshitsu.jp/

(c) 2014 LOMA NASHA FILMS - VENDREDI FILM - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - UGC IMAGES -FRANCE 2 CINÉMA - ORANGE STUDIO

※ 本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年1月23日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 夏海
    3.8
    グッときた!知ったり学んだりすることって本当すてきなことだなと思える。空気とかそれまでの関係性とかを超えて互いの話を聞いたり、認め合うってのもとてもすてきだった。強くて、柔軟な人になりたい!
  • EI
    4.1
    アウジュビッツ生存者の壮絶な話が問題児たちの心を変えてゆく。 強制収容所送りの人達の無念さを感じ「生きることの素晴らしさ」を思う。先生の生徒を信じる気持ちも素敵だ。 実話の重みで心に沁みるいい作品です。
  • 雪洞
    3.5
    十数ヶ国の多人種が集まるクラスは、主義主張もバラバラ。お互いを皮肉りあい、強調性など皆無。 そんなだから、当たり前のように授業なんて、まともに聞いていないわけで。 そんな卒業どころか進級すら怪しいクラスに新しい先生がやってくる。 先生はクラスみんなが一つになれるように、コンクールに応募する。 初めはぶつかり合う生徒たちばかりだったが、協力して調べていくうちに、仲間意識が芽生えていく。 生徒たちの心情が少しずつ変わっていくのを感じ取ることはできたけど、もう少し丁寧に描いても良かったのかなぁと節々で感じました。 ところどころ、「あれ?これどうなってるの?」と気になる。 もう少し一人ひとりの人生を掘り下げたほうが共感できたような… ゲゲン先生が赴任してきたことすらもさら〜っと流されて、色々と雑に感じました。
  • cocacolone
    -
    記録
  • Naz
    -
    ずっと観たかったものをやっと観れました。 アウシュヴィッツという、歴史的に深くて重いテーマと対峙させられた生徒たちが変わっていく様が自然で良かったです。 私達の世界にはまだ人種や宗教によって差別がある。その中でどのように生きていくかを私自身考えさせられました。
  • 白雪プリンセス
    5.0
    ふらっとDVDレンタル屋さんに寄った時に、見出しが気になり借りたかったのですが、行くたびずっとレンタル中だったものをようやく観ることができました。 とても面白い、深い、私自身も心の奥にドーンとくるものがある内容でした。 久しぶりに心に刺さる映画を見た気がします。また観たいです。
  • sugar708
    4.0
    この感覚は日本人には持ち合わせていない部分もあり、海外はやはり凄いなと思いました。 作品内で29の部族がと出てきましたが、それだけの人種、宗教の違いがあるとどんな不良でも「人種差別」にあったことがあり、だからこそこのテーマにしっかりと向き合うことが出来たんだろうなと。 でも、それは何も人種や宗教だけに限った話ではなく、日本の教室にだってスクールカーストをはじめ価値観などの相違で軋轢があったりするわけだから、我々もしっかりと向き合わないといけない部分だと思いました。 何よりあのテーマに目をつけ、最後まで導いた先生が人格者で尊敬できます。
  • あかね
    3.2
    自分達ですら自分を諦めてしまった落ちこぼれクラス。担任の先生はあえて優秀な子達ではなく、普通の授業にも遅れているこのクラスをコンクールに出すことを決める。 最初はクラスで一致団結し、コンクールに参加することが目標だったが、この活動を通して生徒ひとりひとりが自分を変えていく。 いわば現実から迫害された彼らが、ヨーロッパから迫害されてきたユダヤ人の歴史と向き合う事で、人種差別に屈しないことや友情、団結することの真の価値を学ぶ。そんな話でした。展開的には洋画版ごくせんとも言えるかも。笑 大人の話なんか聞きもしなかった子達が、「本や映画を通していろんな人と出会った。その人達に感謝の意を込めて風船を贈りたい。」なんて言い出して、風船を飛ばすシーンとか良かったなぁ。 クラスと世界の構図は変わらない。 いつも同じメンバーで固まり、周りの意見なんか聞きもしない。同じ目標を持っていたとしても、別々に調べ共有せず、優劣をつけたがる。唯一話すとしたらけなし合い罵り合うだけ…そんなんじゃだめだよね。 強制収容所の生存者の言葉が印象的だったな〜。 「神は信じていないが、人間は信じる。 声を失えば人は滅びる。若者は声に耳を傾け、過去の教訓を自らの生活に生かし、自らがおう責任を深く考えるのだ。」 過去や周りの人から学ぼうって意識があるのとないのでは、生活の質がぜんぜん違うと思う。インパクトはないけど、その代わり大切なことを思い出させてくれる1作。
  • miyu
    4.0
    貧困層が多く、様々な民族が暮らしているフランスのパリ郊外のレオン ブルム高校で、教師歴20年のアンヌ ゲゲン先生→マダム ゲゲン が、その中でも、落ちこぼれの生徒達が集まったクラスを受け持つお話。 最初は、人種も、宗教も異なり、おまけに、気持ちまでもが、バラバラで、他の教師達からも、クレームをうける様な生徒達を束ねなければならないマダム ゲゲン。 争いごとが絶えず起こり、精神的にまだ、子どもぽい生徒達と辛抱強く向き合っていかねばならない。。。 そこで、彼女は、アウシュビッツをテーマにした、歴史コンクールに参加する事を生徒達に提案。。。 校長先生からは、彼らではムリだと…と言われたが💦 はじめは、バラバラだったクラスがある事をきっかけにアウシュビッツで行われた事と真面目に向き合う様になる! それは、フランス人でありながら、アウシュビッツで生存したヒトのナマの声を聞いたからだった。 アウシュビッツ生存者の彼の言葉は、ワタシも涙が止まらなかった。。。 歴史の中で知らなければならない事を柔らかい柔軟なココロの時に、教えていく大切さ。。。 彼らは、ナチスが行った残虐な事や、命の大切さをココロから感じる! また、過去の悲劇を学ぶ事によって、新しい平和な世界を考えて生きていくことの大切さ、命の尊厳、人種差別のない平等な世界の構築… それらを学んでいくという実話をもとにした素晴らしい映画でした🎬
  • takywalker
    3.0
    フランスの女性版金八先生のようなものを期待していたが、やや想像とは違った。 生徒達が、出来損ないから真面目に勉強するようになる過程に、あまりリアルさが感じられなかったし、途中で出てくる人種差別的なほのめかしだったりも、うまく消化出来ていなかった気がする。 生徒の一人としての体験者が脚本を書いているため、あくまで彼の視点からの物語という事なんだろうが、やはり、もう少し教師の葛藤等も描いてほしかった。 前半は食いついて観れたが、後半はあまり内容も無かった印象。
  • 馬子
    3.3
    貧困層が多く通うパリ郊外のレオン・ブルム高校 そこには今のフランスを表す他民族、他宗教の生徒たちが集まっていた 問題児クラスが一丸となりコンクールに参加をするが、テーマは“アウシュビッツ” 重く難しいテーマに、生徒たちの多種多様な意見で心を動かされたが、ジーン。くらいで奇跡とまでは…。 ゲゲン先生が鼻メガネをかけてるみたいと思った。これも人種差別なんでしょうか 私も映画でアウシュビッツについてお勉強します
  • ヤシの木
    3.3
    ゲゲン先生の存在感、笑顔、キャラの良さなど良かったです。魅力的な感じが溢れ出てました。 バラバラだった生徒たちが過去の人類の悲劇を学び成長するといういい話だと思いました。 ただ、実話を元に作られた映画とのことだけどリアリティがあまり感じられなかったです。
  • べべ
    3.0
    なんか実話だからか、時間が短いからか……話の展開がスピーディーすぎて、おいてけぼり感を感じちゃう。 アウシュビッツの話に皆んなが向き合っていく所も、生き証人のおじいちゃんの話もドキュメント見てるみたいでとても良かった。。。 しかし、盛り上がってきたと思うとサッと暗くなって次に行っちゃうんだよなぁ……。 へ?😳 みたいになる(笑) コンクールは? ここまできてそんなアッサリしちゃう?? みたいな気分だったが、まぁいいや。 日本語吹き替えで見てたからか、最後のところ何故か『金八先生〜!!』って聞こえた(笑)
  • Anna
    3.2
    あー、実話ね。 そんな感じ 面白くないわけじゃない。むしろ面白いけどなんだか物足りなく感じてしまう。
  • まこ
    3.8
    ありがちな話ではあったけど、実話なので仕方ない。 途中ごちゃごちゃしたけど最後スッキリして良かった。
  • johnny
    3.9
    生徒達ナチュラルだし実話なんだから凄いよ! 様々な人種と信仰があるからこそなんだろう
  • TN
    4.1
    記録
  • swan9
    3.8
    面白かったけど、1人アカン子ハミってるやん?ゲゲンさん
  • 裸の王様じゃねぇしからの寸評
    3.9
    実話がベースとのことで、分かりやすい定石のストーリー展開で収まってましたけど、収容所の経験談にはやはり胸を打たれましたね。 語り部の方々も稀有な存在な今。 歴史の授業は、近代史を中心にやった方がいいでしょ 紀元前とか、何百年前のことは興味ある方々だけが大学で専攻して学べば十分。 日本も学級崩壊してるようですが、他民族他宗教が絡んでないだけ、まだまだマシなのか 全員個性的な生徒ばかりが登場するので、それぞれを掘り下げられないのは致し方ない。 要の先生のバックボーンが気になるも、それも描かれず。 まぁ、でも良い作品だったかな
  • a46
    4.5
    教職に戻るときにまた見たい。印刷機に怒ったり、ヒステリックな一面もある人間味ある先生。完璧な人じゃないけど、譲らないところは譲らない。少しずつ変わっていく生徒たちの姿に勇気づけられる。
  • 縞ほっけ定食
    3.0
    ゲゲン先生、バスケがしたいです...! だいたいこんな内容。 歴史を学ぶ事。自分が生を受ける前、世界では何が起きたのか、知るきっかけになれば。
  • オビワン
    3.9
    移民が多いフランスでは多くの神教が存在するが故の問題が多いのかなぁ、、 アウシュヴィッツの歴史を掘り下げて、深く理解していくにつれて心が痛くなる。 またそれにつれ、生徒たちの表情も引き締まっていき、チームワークも生まれていった。 とてもいい教訓になりました。
  • ソウタ
    4.5
    様々な人種、宗教の方がいるクラスは戸惑いや不安のせいかクラスの雰囲気悪く一人一人がいろいろな考えを持ち意見をのべる、バラバラになってしまっているクラスを、一人の先生の行動が少しずつよい方向へと傾き始めさせていく。そこで先生はある提案をする歴史コンクールへの出場だ。この提案で大きくクラスの雰囲気が変わっていくさまはとても見ていて楽しく授業風景はこちら側にも訴えてくるかのようで心に響いた。
  • HikaruTaguchi
    4.5
    29もの人種がそろう問題児のクラスが、「アウシュビッツの若者と子ども」というテーマで歴史コンクールに参加することになる。 収容所から生き残った当事者の話を聞くシーンがあるが、事実の重さに観ているこちらも絶句するほどだった。 このクラスは世界の縮図のようなもので、様々な人種が平和に共存するには、過去の凄惨な事実や人類の過ちからは目を逸らさずに理解する必要があるということを強く感じた。 こんな良い映画なのに最悪な邦題。 フランス語はよく分からないが原題は「Les Héritiers」で、後継者、継承者というような意味があるらしい。 「奇跡の教室」とかいう陳腐なタイトルのせいで、ただの学園もの感動ムービーみたいな印象になってしまう。 もう邦題はつけなくてよろしい。
  • 松井の天井直撃ホームラン
    3.0
    2016年8月11日 恵比寿ガーデンシネマ/シアター1
  • shibainu
    3.6
    ヤンキー学校のリアル
  • あきこ
    3.5
    一緒に授業を受けている気分になる。何回か見たら、また見方が変わってくるだろうなと思った。
  • アル
    3.9
    学級崩壊してるクラスが、コンクールに挑むために、ナチスの虐殺について調べる内に変わっていく…というベタな話でしたが、良かったです。 どんどん変わっていく生徒達を見て、すごい胸が熱くなります。 あとは、ゲゲン先生がとてもいい先生。 特に、生存者の方の話と、ブーヘンヴァルトの誓いがとても印象的でした。
  • mikanagase
    3.7
    自分も生徒になって授業を受けているような感覚になる作品。 生存者のおじいさんのお話がとくに興味深く、誰もが知るべき事実なのだと思った。
  • AkN
    4.0
    記録
「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」
のレビュー(1254件)