【プレゼントあり】フランスのリアル金八先生に感動! 問題児たちの奇跡の物語がDVDに

2017.02.02
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

カンヌ国際映画祭への正式出品やELLEシネマ大賞ノミネートなど数々の映画祭で話題となり、公開後、Filmarksでは★3.8と高い評価を得ているのが『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』。観れば心を打たれること必至の感動作が2/8、DVDになってリリースされます!

kiseki_kyo1

“人は変われる”と希望がわいてくるストーリー

パリ郊外にある高校。落ちこぼれクラスの担任になった歴史教師のアンヌ・ゲゲンは、生徒たちに学ぶ楽しさを教えるため全国歴史コンクールへの参加を促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに生徒たちは反発。しかし、強制収容所の生存者の話を聞いてから変わっていき……。

人種や宗教などフランスにある問題点を浮き彫りにしながら、まるで金八先生のように生徒に寄り添うアンヌ先生の授業から人は変われることを気付かされます。観れば希望がわいてくる映画です。

kiseki_kyo2

■どんなに落ちこぼれでも、人との出会いでこんなにも変われるんだと思い出すだけで泣ける。(nutsさん)
■時に優しく見守り、時に叱咤激励し生徒たちを信じる先生が素晴らしい(tohkoさん)
■多種多様な人種・宗教を乗り越えて深めていく絆が心地良く心を静かに揺さぶられる良作。(mokomokoさん)

実話&ドキュメンタリーのような描写に心が震える!

問題児たちが全国歴史コンクールに入賞するまでのサクセスストーリーを描いた本作は、なんと実話! また強制収容所の生存者レオン・ズィゲルが登場するシーンは役者ではなく本人が体験談を語っています。このように時折入るドキュメンタリーのような描写と生徒たちの成長がリンクして、さらに感動する物語になっています。

kiseki_kyo3

■最後、じーんときました。色々考えさせられましたし、これが実話なのだからすごい。(きみさん)
■撮り方が上手く、ドキュメンタリーを見ているようだったし、老人が語るシーンでは生徒の一人になって涙している感覚になった。(ちぃさん)
■映画というよりも上質のドキュメンタリーを見ている感じだった。(れおれさん)

アンヌ先生に教わった張本人も映画に登場!?

中心人物のひとりとして登場するマリック役を演じているアハメッド・ドゥラメは、この話の基になるストーリーを実体験し、マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール監督にその企画を持ち込んだ人物。出演だけでなく脚本も担当。アンヌ先生によって変わった張本人が本作にも深く関わっていることもお見逃しなく!

kiseki_kyo4

■マリックって男の子は実際に表彰を受けたメンバーの1人で、彼が企画を持ち込んだらしい。これにはビックリ!(TAKAさん)
■多くの人々に見て欲しいまさに「受け継ぐ事」の映画(Garuさん)
■本でも映画でも、こういった作品はせめて子供には積極的に見せていきたい。(ぴなさん)

非売品! オリジナルトートバッグ&プレスシートをプレゼント!

DVDリリースを記念して、シンプルでかわいいオリジナルトートバッグと、関係者にしか配られない撮影秘話などが掲載されたプレスシートセットで5名様にプレゼント

ちなみにDVDにはレオン・ズィゲルの体験談がノーカットで収録されています。またアンヌ先生を演じるフランスを代表する名女優アリアンヌ・アスカリッドの演技にも胸打たれる本作。このトートバッグにDVDを入れて、友達などみんなで鑑賞するのにもオススメの作品です!

※応募期間:2月2日(木)〜2月21日(火)まで
※当選者には2月24日(金)までにメールにてご連絡いたします
※注意事項をよくお読みになってご応募ください
※賞品発送時の紛失につきましては対応いたしかねますのでご注意ください

◆映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』information

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

kiseki_kyo6

あらすじ:貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。 ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく――。

DVD発売日:2017年2月8日
価格:4,104円(税込)

【特典映像】
●レオン・ズィゲル氏の講話シーン(ノーカット完全版)
<レオン・ズィゲル氏:1927年、ポーランド系ユダヤ人移民の子としてパリに生まれる。1942年にドイツ警察に連行されてアアウシュヴィッツの強制収容所に収容されるが、奇跡的に生き延びる。2015年1月に逝去。>
●劇場オリジナル予告編

【仕様】
ディスク枚数:ディスク1枚
収録時間:本編105分+特典映像
仕様:片面二層/カラー/16:9シネスコ/音声:1.フランス語ドルビーデジタル5.1ch、2.フランス語ドルビーデジタル2.0ch 、3.日本語ドルビーデジタル2.0ch /字幕:1.日本語字幕、2.吹替字幕
発売元・販売元:バップ
提供:シンカ、NHKエンタープライズ

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』DVDスペシャルサイト:http://www.vap.co.jp/category/1478502487908/
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』公式サイト:http://kisekinokyoshitsu.jp/

(c) 2014 LOMA NASHA FILMS - VENDREDI FILM - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - UGC IMAGES -FRANCE 2 CINÉMA - ORANGE STUDIO

※ 本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年1月23日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Emma
    4.3
    学生たちの成長過程にイライラしながらもエンディングに感動が待っています。
  • とおる
    4.2
    先生1人でこんなに変わるんだな〜と。 まぁここまで変われるのは先生だけの力じゃなくて、生徒も凄いからなんだけどね(笑) それにしてもやっぱり生涯で関わる先生って本当に大事だよね。 先生の熱量や信頼だけで学生生活変わるし、それによって将来だって変わってくる。 それほど先生っていうのは責任が大きな職業なんだな〜と。 教員志望の自分にはかなりプレッシャーが、、笑 前置きはこの辺で(笑) すごい世界の歴史的背景とかも勉強できて、「やればできるんだ!!」っていうのも感じられて良かった! たぶん自分がナチス強制収容所に関係する国の人なら尚更良く感じれた気がする。 逆に日本人だけど、そういった事も知っておかないとな〜と感じました。 本物の語り部さんが出てらしたので、説得力があり良かったです! また世界史を勉強し直してから見たいかな👀
  • ようじろう
    3.8
    問題児だらけのクラスが コンクール通して団結する アウシュビッツのことを取り上げてて 歴史を学ぶこともできるし、 ある程度知っていたらより理解できる たまにはこういう映画もいいね
  • rairai
    5.0
    ポーランドのアウシュビッツ収容所とビルケナウに勉強しに行った時のことを思い出した。時代背景を知って居た方が、見応えがある映画だと思う。ユダヤ人虐殺の背景、事実は人生で知っておいた方がいいことだと思う。見ることをオススメします!虐殺の内容もだけど、生徒たちが何かを得ていく姿も描かれて居て、サクセスストーリーになっている。とても、後味のいい映画。
  • 毛利優介
    3.4
    ちょっと単調やったけど、よかった。
  • コウジ
    3.2
    人種や宗教が違くても同じ人間。同じ目標を持ち、同じ志を持てば1つになれる。 個々が自分で考えることで成長していって、そのキッカケを与えた先生がなにより素晴らしい。 諦めず向き合ったから変われたのかなと思います。
  • 3Dメガネ
    3.6
    ⚫︎あらすじ あるパリ郊外の様々な宗教、民族が混じった問題学級が担任の一声で歴史コンクールを目指すように… ⚫︎好きだったところ みんなが仲良くなって笑っているところ その時の先生の笑顔 経験者が語る場面 ⚫︎うーんなところ 仲良くなるまでの過程が結構急だった気がします。なんでそんなに仲良くなるのかよくわからないし、先生が慕われている理由も十分な描写がなかった ⚫︎最高な瞬間(5億点ポイント) 特になし ⚫︎まとめ スポ根と社会性が融合した今作。避けては通れない醜い歴史を真正面から取り組むのは若いからこそできるのだろう。 日本でもこう言った取り組みを通じて何か一つのことをやって見てはどうかと思った
  • 映録助
    3.5
    この映画で最も重要なのは本物の語り部が登場してくれているところにある。 個人的にはアウシュビッツを見てきたばかりなのでよくわかった。 少し詳しく書くと、この映画はナチにユダヤ人虐殺を知ることと現在の移民問題とをうまく照らし合わせているように思えます。そこを押しつけがましくもなく、嫌味なく、さらっと見せているのがいい。
  • KeitaTakahashi
    3.6
    一般的に、学生は授業で新しく知識を得ることが多い。しかし、この映画では、従来の授業の進め方ではなく、授業前が肝心であった。それは、インプットを授業を行う前にしておく感じだ。授業中は、アウトプットを中心として展開することで、より深い学びになっている気がした。知的好奇心のくすぐり方、逆転の発想を考えさせれた作品。
  • TSUBASA
    3.6
    【とある課題で一つになっていく生徒達】76点 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 監督:マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール 製作国:フランス ジャンル:ドラマ 収録時間:105分 ーーーーーーーーーーーーーーーーー タイトル通り、学級崩壊していたクラスがとある課題をクリアするために一つになっていくという実話です。そのとある課題とは、ホロコーストに関すること。ホロコーストどころかそのあたりの歴史もほとんど知らない生徒たちが一体どうやって変わっていくのか?学級運営をする立場の人が見たらより興味深く感じると思われます。 パリ郊外のレオン・ブルム高校には貧困層の生徒が多く通っている。様々な人種がいて、学級崩壊していたクラスに歴史の教師であるアンヌ・ゲゲン先生が担任をすることになるのだが。。 授業をしても生徒はろくに話も聞いていないし、先生をからかうばかり。これらを乗り越えることも教師という職業の宿命と思いますが、この状況において重要なのはいかに生徒達を振り向かせるかです。ゲゲン先生は彼らのそれぞれの事情や不満を読み取り、とんでもない提案をします。それはホロコーストに関する自由研究というものです。無論生徒達は最初猛反対します。自分達がそんなことをできるはずがないと。生徒達は内心、自分に全く自信がなく、それをおふざけで誤魔化してるのです。研究だけでなく、それを人前に発表するまでしないといけないですから生徒達は何度も瓦解します。 しかし、月日が経つに連れてホロコーストに関心を持ってくる生徒が増えてきて、ついには強制収容所の生還者をゲストスピーカーとして招き、熱心に話を聞くまでになります。そのあたりから生徒達の目が変わったような気がします。やはり誰でもそうですが、何か関心を持つと目が変わります。最初の時と比べると見違えるように変わったクラス。誰にだって可能性はある。教師は語る職業ですが、生徒に可能性を与える職業でもあると思います。このゲゲン先生のひょんな提案からクラスの生徒達は変わりました。それは小さな一歩かもしれませんが、生徒達からすると大きな一歩です。最初反抗的であった生徒達が、最後にはゲゲン先生を慕っていたシーンは特に印象的でした。 ただ、十分素晴らしい内容なのですが、教師が生徒を変える。という題材は結構日本では多いような気もしますので新鮮さはあまり感じれずスコアはこれくらい。それでもホロコーストという重い内容を扱うことにより、ホロコーストの愚かさ、恐ろしさを間接的に伝えていた点は良かったと思いました。
  • ヨタ
    3.6
    授業シーンは魅力的だが、若干物語が単調かな…
  • ぽちゃネコ
    3.5
    実話なので生徒と一緒に勉強しました📖 所々のBGMもよかった
  • kentaro
    -
    ただアウシュビッツの話をしたから成功したのではなく、 この生徒たちに共通する問題意識にこの教師が気づいたことが成功だった。 能動的に学ぶことの強さ
  • ずーみん
    4.4
    涙なしには見られない映画。 ドイツのナチスも絡めて作られてます。 問題のあるクラスを、 優しい先生がまとめる一生懸命な姿。 そんな先生の授業をきいて、 心変わる生徒たち。 最後の字幕には震えました。 子供の可能性は無限大だと教えてくれる映画です。
  • いたばくし
    3.0
    学級崩壊を起こしかけていたクラスが、担任の先生の一声でホロコーストの歴史研究のプレゼン大会に出ることになり、発表までの過程で結束していく話。 最初は嫌々やらされていた生徒たちが凄惨な歴史に触れて、事実を学び語り継ぐ使命感をおびていく過程、その顔つきが変わっていく瞬間に胸を打たれた。 不良たちが熱血先生の下で何かに取り組んで更生する、っていうのはベタなプロットだけど、学習の中で結束していくっていうのは新鮮です。 ただし題材が重い上に展開が単調でやや息苦しくもなりました。
  • saitounagi
    3.0
    歴史を教える、教育する、っていうのはこういうことを言うんだろうなと思った。 教科書をただ読んで、太字を暗記したかどうかを問うようなテストなんかじゃなくてね(もちろん、それも必要なことだとは思うけど)。 最初のワンカットがかなり効いてますね。 「過去を学びながら成長していく」というだけではなく、現代のフランス社会をも描いているんですね。 扱っている内容はすごく興味あったし、実際素晴らしかったんだけど、どうも描き方、テイストが合わなかった。
  • のくさび
    4.1
    落ちこぼれの生徒が寄せ集まったクラスをどうまとめるかってのはよくある話。 で、実話。 落ちこぼれの生徒が何故落ちこぼれてるのかってのが少ないカットで、くどくならずちゃんと描かれている。 重く大きなテーマを広げそれを掘り下げ発表するのは主体性がないと上手くいかないものだと思う。 それを引き出せたのは素晴らしい。 ゲゲン先生のキャラクターも良かったのと、生徒同士よくぶつかり合うところ魅力的。
  • Haruna
    3.5
    良かった。淡々としてて、途中までは少し長く感じたけど、これが実話だと考えると、最後ほんと泣ける。そんなん無理やわ!って思ってるところからここまでの結果にもって行ったことはほんまにすごいことやと思う。信じる力って、すごい大きな力をもつんやな、って改めて思った。
  • みやしゅん
    4.0
    細かい指導法はとてつもなく嫌いで絶対に真似したくないのに、教科の指導法はとても参考になる。 海外と違って日本では、そんなに多くの人種や民族、宗教がないだけに縁遠い話だけど、人権教育ってこういう方向性にまとめていくべきものなんだろうな。 歴史は覚えるんじゃなくて、理解するもの。全くその通りです!
  • Taカhiロ
    3.7
    ナチスの件もそうだが我々日本では広島、長崎の悲劇を後世に引き継いでいかねばならない。 落ちこぼれの生徒たちが成長していく姿は感動するものがある。 重いテーマではあるが、爽やかで綺麗な映画
  • いつみ
    3.5
    同じく実話ベースの傑作フリーダム・ライターズと構成もなにもかもびっくりするくらいほぼほぼ同じなお話で、どうしても比べてしまいちょっと物足りない印象を受けてしまいました。 観たのが後だったから余計にそう感じるのかもしれないけど、フリーダム・ライターズを観た時の感動には全然及ばなかったし、あっちのほうが断然好き。
  • sada
    3.4
    2017年 15
  • yun
    3.0
    記録。
  • すね
    3.6
    おおぅ…よかったよ。泣いた…。後半の方が泣けるのかもしれないけど、わたしは前半の方が泣けた…!実話を基にした映画。淡々としているのでドキュメンタリーのようだった。生徒を映すカメラがぎゅっとアップになったり面白い。特に涙を誘おうという演出もなくていい。 落ちこぼれと呼ばれる生徒たちがいて彼らを信じるおばあちゃん先生がいる。先生はみんなでコンクール出よう!って言うのね。みんなやだよ~って言うの。面倒だし、テーマなんて重すぎだし!それに俺たちじゃ無理っしょ~って…。でも先生は彼らが出来るって信じて向き合う。感動する! 勉強になることが多かった。丁寧でとてもいい映画だった。人生!じゃ大袈裟かな、誰かに変えられるってこともあるんだな、誰かに変えてもらうのを待っているのかもしれないな。後半、もっと感動的に出来るでしょ!って思うところもあるのに、かなりあっさりしている。
  • yamaco
    3.0
    自慢でも何でもいい ほんの些細なことが 生き抜くための力になるのだよ
  • tosh
    4.1
    ええ話! 人は何か誰かの影響で変われる。
  • KeBabuun
    3.9
    人種や宗教が違うからって、排他していくのではなく、同じ地球に住む人間として互いに知ることでこんなにも世界が変わるのかと。感じたんよね。 自分も世界の歴史はほんの少ししか知らなくて、無知を思い知らされた。もっと知らなくてはという義務感と、もっと知りたいという意欲が、自然とでてきた。
  • エリカ
    -
    本当に実話?ってくらい ドラマティックな話。
  • Filmarks公式
    -
    カンヌ国際映画祭への正式出品やELLEシネマ大賞ノミネートなど数々の映画祭で話題となった、パリ郊外の高校で問題児たちが見せる奇跡の物語。いよいよDVDリリース!
「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」
のレビュー(936件)