【会見レポ】デイミアン・チャゼル監督初来日!「ライアンとの出会い」が実現のカギ

2017.01.28
記者会見・プレミア

Filmarks編集部

フィルマーくま

第74回ゴールデン・グローブ賞史上最多の7部門受賞、そして2017年2月26日(日本時間27日)開催される第89回アカデミー賞では最多14ノミネートと、数々の記録を打ち立て映画史をも変えてしまう勢いのある映画ラ・ラ・ランド

lalaland

そんなアカデミー賞ノミネーション発表直後の1月27日に、なんと本作の監督デイミアン・チャゼルと主演のライアン・ゴズリングが来日し、都内にて記者会見を行いました。

lalalandpress_02

2人はモノトーンのカジュアルスタイルな装いで揃って入場。デイミアン監督は初めて、ライアンは2度目の来日となります。2人とも日本に特別な思いを持っていて、特にライアンは「日本の方はとてもロマンチックでミュージカル好きと聞いているので、この作品のプロモーションで日本に来れて嬉しいです」と喜びの表情。

lalalandpress_05

アカデミー賞ノミネーション発表時にもライアンと一緒にいたというデイミアン監督は最多14ノミネートについて「まだ驚きが抜けきれていません」と、笑顔で答えました。

また「この映画はチームで作り上げたもので、それぞれの限界を突破して挑みました。たくさんの関係者がノミネートされ、個人ではなくチームとして認められたのです。」と感無量の様子でした。

lalalandpress_03

たくさんの人たちが夢中になっている『ラ・ラ・ランド』の世界観について、どのようにビジョンを作り上げたのかという質問に対し、デイミアン監督は「長い時間をかけてこの映画を作るにあたり、カギとなったのはライアンに出会ったこと」だと感謝を告げました。

さらにライアンに対し「なんでもできる人!映画の知識もあれば、ミュージカルや音楽についても情熱を持っています。この映画に必要な素質は全部持ち合わせている素晴らしい役者です。」とベタ褒め!

lalalandpress_04

映画が大ヒットしたことに対して、デイミアン監督はその要因を「ミュージカルならではの楽観的さや高揚感を感じたと同時に、叶う夢もあれば叶わない夢もあるんだという、現実的なストーリーがあったからこそ、それが多くの人々の胸を打ったののではないのか。ミュージカルとしての幻想的な部分とリアルな部分の組み合わせに対して、私たちが思っていた以上に観客の方は楽しんでくれたのでは?」とコメント。

あまりノスタルジックにしすぎず、皆が共感できるようにどこまで現実的にするのか。そこにさらにファンタジーの世界をプラスして、全てをどうやってバランスよく取るのか? とっても挑戦的なことだった」とこの作品を生み出すまでの想いと奮闘について語りました。

lalalandpress_06

作品の中には、様々な映画のオマージュが散りばめられ、映画・ミュージカルファンの間で話題になっていることに対してデイミアン監督は「もしかしたら気づかないうちに、鈴木清順監督の東京流れ者のワイドで撮影するシーンやポップアート風の色使いなどからも影響を受けているかもしれない」と答えました。

また、『ラ・ラ・ランド』のレコーディングはオズの魔法使雨に唄えばで実際に使用された場所と同じところで行ったとのことで、「ハリウッドの素晴らしいミュージカルのレコーディングをされたところで、自分たちもレコーディングできたことは素晴らしい贈り物だと思っています」と述べました。

lalalandpress_09

デイミアン監督が「愛を込めて作った!」という『ラ・ラ・ランド』は、2月24日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほかロードショー。公開直後のアカデミー賞結果発表でも、きっと世界中を驚かせてくれることでしょう!

lalaland_p

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

配給:ギャガ/ポニーキャニオン

(取材・文 ・撮影 / もい)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • toshi
    3.0
    違和感はあるけど、楽しく観れた。 音楽がめちゃくちゃ心地よくてずっと聞いていたかった! ストーリーも無理やりだけど、まあまあでした。
  • yuik
    4.9
    何度も心が動かされた ジャズを勉強したいと思った
  • たぬ
    4.5
    もしもの世界、本当に幸せになれた
  • ヨコヤマ
    3.8
    劇中で登場人物が口にする ちょっとした狂気が必要、というのは 感情の高揚を歌い踊ることで 表現するミュージカルそのものを指し示しているのだろう。 ライアン・ゴズリングの立派な体格は一目で彼とわかる。 エマ・ストーンのセレブ過ぎない親しみを覚える雰囲気。 上手すぎずやり過ぎずなミュージカル演出にぴたりハマってる。 盲目的なまでにジャズ音楽を愛し志す人物が前作に続き登場するが (J・K・シモンズ先生の登場に ついビクッとなったのは俺だけ?) 監督は熱血タイプなんだろうか、 然程深みのないストーリーを 鮮やかな色合いと ジャズ愛、ミュージカル愛を持ってして やや力技気味に突き進み 観客の心も終始踊らせてくれる。 あの日、あの時、あの場所で。 人生にタラレバはねぇよな。 再会の後に寂しさと 互いの成就への祝福が混じった 無言の笑み。 夢を叶えるってそんな綺麗なもんじゃないのよ...。
「ラ・ラ・ランド」
のレビュー(72334件)