【会見レポ】デイミアン・チャゼル監督初来日!「ライアンとの出会い」が実現のカギ

2017.01.28
記者会見・プレミア

Filmarks編集部

フィルマーくま

第74回ゴールデン・グローブ賞史上最多の7部門受賞、そして2017年2月26日(日本時間27日)開催される第89回アカデミー賞では最多14ノミネートと、数々の記録を打ち立て映画史をも変えてしまう勢いのある映画ラ・ラ・ランド

lalaland

そんなアカデミー賞ノミネーション発表直後の1月27日に、なんと本作の監督デイミアン・チャゼルと主演のライアン・ゴズリングが来日し、都内にて記者会見を行いました。

lalalandpress_02

2人はモノトーンのカジュアルスタイルな装いで揃って入場。デイミアン監督は初めて、ライアンは2度目の来日となります。2人とも日本に特別な思いを持っていて、特にライアンは「日本の方はとてもロマンチックでミュージカル好きと聞いているので、この作品のプロモーションで日本に来れて嬉しいです」と喜びの表情。

lalalandpress_05

アカデミー賞ノミネーション発表時にもライアンと一緒にいたというデイミアン監督は最多14ノミネートについて「まだ驚きが抜けきれていません」と、笑顔で答えました。

また「この映画はチームで作り上げたもので、それぞれの限界を突破して挑みました。たくさんの関係者がノミネートされ、個人ではなくチームとして認められたのです。」と感無量の様子でした。

lalalandpress_03

たくさんの人たちが夢中になっている『ラ・ラ・ランド』の世界観について、どのようにビジョンを作り上げたのかという質問に対し、デイミアン監督は「長い時間をかけてこの映画を作るにあたり、カギとなったのはライアンに出会ったこと」だと感謝を告げました。

さらにライアンに対し「なんでもできる人!映画の知識もあれば、ミュージカルや音楽についても情熱を持っています。この映画に必要な素質は全部持ち合わせている素晴らしい役者です。」とベタ褒め!

lalalandpress_04

映画が大ヒットしたことに対して、デイミアン監督はその要因を「ミュージカルならではの楽観的さや高揚感を感じたと同時に、叶う夢もあれば叶わない夢もあるんだという、現実的なストーリーがあったからこそ、それが多くの人々の胸を打ったののではないのか。ミュージカルとしての幻想的な部分とリアルな部分の組み合わせに対して、私たちが思っていた以上に観客の方は楽しんでくれたのでは?」とコメント。

あまりノスタルジックにしすぎず、皆が共感できるようにどこまで現実的にするのか。そこにさらにファンタジーの世界をプラスして、全てをどうやってバランスよく取るのか? とっても挑戦的なことだった」とこの作品を生み出すまでの想いと奮闘について語りました。

lalalandpress_06

作品の中には、様々な映画のオマージュが散りばめられ、映画・ミュージカルファンの間で話題になっていることに対してデイミアン監督は「もしかしたら気づかないうちに、鈴木清順監督の東京流れ者のワイドで撮影するシーンやポップアート風の色使いなどからも影響を受けているかもしれない」と答えました。

また、『ラ・ラ・ランド』のレコーディングはオズの魔法使雨に唄えばで実際に使用された場所と同じところで行ったとのことで、「ハリウッドの素晴らしいミュージカルのレコーディングをされたところで、自分たちもレコーディングできたことは素晴らしい贈り物だと思っています」と述べました。

lalalandpress_09

デイミアン監督が「愛を込めて作った!」という『ラ・ラ・ランド』は、2月24日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほかロードショー。公開直後のアカデミー賞結果発表でも、きっと世界中を驚かせてくれることでしょう!

lalaland_p

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

配給:ギャガ/ポニーキャニオン

(取材・文 ・撮影 / もい)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • けいこ
    4.0
    17.3.30 なんばパークスシネマ
  • may
    4.0
    凝った手法がたくさん盛り込まれてる、おしゃれな映画。 ストーリーに期待し過ぎてたから、ラストはちょっと拍子抜け。 ミュージカルの歌とダンスを楽しむ分には最高だと思う。
  • moet27randon
    3.9
    出だしちょっと置いてかれた感じしたけど、久しぶりの良いミュージカル!!雨に唄えばを彷彿とさせる。エマストーンめっちゃかわいい。ハッピーだけで終わらない、哀愁漂うラストで、色々考えさせられます。。
  • ikas
    3.0
    うぃっす!お疲れ様でした。 ラストカットは最高!
  • よしたか
    4.3
    ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン主演 デイミアン・チャゼル監督作品 [ラ・ラ・ランド] もはやボクごときヘッポコ、 語るのも憚られる名作の領域、 劇場観賞出来て良かったです。 実は、ミュージカル映画、 けっこう苦手でした笑 でも、こちら楽しめました。 なんなんでしょうか…? 唄って踊るのが当たり前な、 インド映画、大好きです。 ディズニーなんかの、 ミュージカル要素ありなアニメ作品、 無条件に楽しめちゃいます。 なんなんでしょうか? ハリウッド、アメリカ映画の、 ミュージカル作品…、 苦手でした。。。 多分、テレビや他の作品で、 そこそこ観慣れているので、 現実、日常なのに、 急にみんな歌い出しちゃう、 なんで⁉ってなってたのかも。。 今作は、そんな現実、日常を、 すっかり忘れさせてくれて、 夢のような、映画の世界に、 どっぷりと浸ることが出来て、 ハマれたんだと思います…、 あ、勝手な考証です。。。 やっぱり主演のふたり、 ライアンゴ・ズリング、エマ・ストーンの力、 演技力で、相当に惹き込まれました。 唄って踊れるおふたり、 本当にビビりました、 名だたるスターが挙って希望する、 ボリウッド作品への出演、 可能なのでは⁉なんて、 ひとり妄想しちゃいました笑 ゴズゴズは大好きな役者さんですが、 今回もなんとも絶妙な表情、 来たよコレ、コレが観たかった♪ って、(もちろん心の中で) 膝をパシッとやりながら、 歓喜していました笑 予告編でも何度となく観ましたが、 本編で観るあのシーン、 プラネタリウムのところ、 やっぱり酔いしれました。 みなさん絶賛、監督の前作、 [セッション]、公開当時、 劇場観賞しました。 面白かったんですが、 大絶賛!まではハマれなかったので、 もう一度観賞したくなりました。 あ、よろしければ、 [セッション]楽しむツボ、 教えてくださいませm(__)m こちら[ラ・ラ・ランド]、もちろん、 劇場観賞出来て良かったです、 楽しめました♪ [ラ・ラ・ランド] 2017 ユナイテッドシネマ豊橋18にて。
  • 666
    3.8
    ジャズが良くラストが良い
  • あさの
    4.0
    どうやって撮ったの!?!? 前半の映像が凄い。取り敢えずみて欲しい。 中盤は『take on me』というMVのパロディなど小ネタで笑わせてくれるシーンもあり、話やミュージカルの映像以外でも観客を盛り上げてくれる。 話自体はありきたりだけれど、 ミュージカルの表現と映画の表現、互いが足りないところを補完しつつ、綺麗に融合している。その切り口が新しくて全く話を飽きさせない。 物語重視の人は薄味と感じるかも知れないが、それを補いきる映像と音の祭典。
  • ぐろりん
    3.9
    曲がすてき。
  • つくお
    4.0
    面白いです。 でも、虚無感もあります。 あの時のあの楽しさはもう記憶にしかありません。 取り戻せません。 でもそれでいいと思います。 すごく楽しそうな映画と聞いて、みて、楽しいのだけれど、後半に行くにつれ、どうしようもない気持ちが漂いました。 ゴズリングがかっこいいです。 エンターテインメントな映画です。 すっごいハッピーな映画ではない気がしました。
  • TEN
    3.9
    今回でライアン・ゴズリングが左利きってことと、声があまり好きでないことがわかった。でもすき。
  • さわ
    4.1
    夢を追いかける2人のラブストーリー。 女優になりたいエマとジャズバーを開きたいピアニストのセブ。2人が互いに夢を追いかけ、互いに好きだけどそれぞれの道に進むことを応援する大人の恋愛映画。 ミュージカル映画ど真ん中で、とにかく歌と映像が素晴らしい!!!!!私は映画館でIMAXで見たけど音の迫力が凄くてミュージカルの魅力を更に引き出してもらえました!IMAXオススメ✨曲も最高すぎサントラ欲しい。 オープニングから青空の中にカラフルな車とドレスが映えて、歌もダンスも圧巻。 女の子4人でパーティに向かうところのドレスをフリフリさせながら歩くシーンもかわいい。 エマとセブが夕焼けの中踊るところもステキ。 どのシーンをとっても最高に絵になる映画でした! 個人的に好きなシーンはセブがコピーバンドでちょっとダサかわなファッションでキーボード弾いてたところかな笑 最後の(こうだったらいいのに…みたいな)シーンはこっちもドキッとさせられ、夢と恋愛どちらもうまくいけばな〜〜と胸が締め付けられました。そう最後に思わせる撮り方がうまい!
  • もぐもぐせりな
    3.6
    ミュージカル初心者です。 「ミュージカルと映画って全然違うんだな」って思いました。 映画見るときって、このシーンってどういう意味があるんだろって考えながら見てるけど、ミュージカルはそういうことも考えなくていいのかもしれない。考えるより感じろ的な。 もっとほぼ常に歌ったり踊ったりしてるのかと思ったけど、あまりそうじゃなかった時点で、先入観によってよくわからなくなってた可能性はある… 「お前はジャズを救ってない」って言葉が印象的でした。周りに影響を与えて変えることは難しい。正攻法でうまくいくことなんてほとんど無いし、回り道が必須っていう状況も多々あるから、いろいろやってみるのもいいかもねって教訓。
  • すみき
    4.0
    期待値低めだったけど良かった!タイでジャズバー行く前に見たかった
  • YukiTanak
    -
    ミュージカル好きにはたまらんかったーっ 歌いたくなる踊りたくなる💁🏼‍♂️
  • akane
    4.0
    映画館で観るべき映画。 カメラワークと色使いがハイセンス。
  • あめりんご
    -
    2017/03/29
  • マオ茶
    3.8
    ミュージカル映画を見たのは久しぶりでした。 ミアとセブの出会いのシーンやその後の歌とダンスがとても素敵で、見ていてわくわくした! ジャズのことはあまりよく知らなかったが、興味がわいてきました☻ ライアン・ゴズリングの優しい目がとてもとてもかっこよかったー。 映画後にすぐジャズバーデビューしました。笑
  • HirokiTakeshita
    4.0
    原色の王道に更に原色を重ねる感じで、気持ち良い
  • Fumi
    3.7
    ストーリーは思っていたより単純。 音楽とファッションと色使いが素敵! そしてエマストーン可愛すぎる♡
  • Chiii3g26
    -
    もぅ1回観たい🙆♥️
  • Kyoshin
    4.3
    いい感じ
  • MioHamada
    -
    飛行機の中で字幕なし。 そうじゃないと最後まで見れなかったかも。
  • ねこバス
    4.0
    評判あんまりよくなかったけど、全体通してみて良かった ラストは考えるけど、あの監督だしなーみたいな感じww エマストーンの演技の幅は凄いと思う
  • Fujiro
    4.5
    感情を揺さぶられるミュージカル映画。
  • ミル
    4.0
    せつない。 人生とはこういうものなのかな…。
  • 3.5
    記録
  • わたなへ
    4.1
    初めて見たミュージカル映画。 まだまだ楽しみ方を知らないからかすごい楽しめた感じはあまりない。 色彩や音楽が後を引いていて、もう一度見たいと思います。
  • Yuna
    3.6
    ジャズを、ミュージカルを、色を、楽しんだ。 構成とかに凝っている作品なので、観た人と色々話したいな。
  • ダイスキ工房のりこ
    3.0
    終わりは好き。途中男性にイラっとくる。イラっとくるけど気持ちはわかる。わかるけどイラっとくるので手放しに大絶賛するほどではない
  • s0pia
    4.2
    度々生まれる時代遅かった感に苛まれる中、2017年に映画観てて良かったなーって思った。セッションからの流れにほっこり 歌唱中室内セットのシーンスクリーンで観れて感動。マルホランド思い返す。
「ラ・ラ・ランド」
のレビュー(54543件)