【レポート】辛酸なめ子が明かす衝撃的な幼少期とは? フィガロジャポン×TSUTAYAの映画トークイベント

2017.02.07
映画祭・イベント

Filmarks編集部

フィルマーくま

絶賛発売中の「フィガロジャポン」3月号にて、さまざまな切り口から映画作品にせまった「ドラマティックな映画が観たい♡」特集が展開。去る2月3日、これと連動したスペシャルトークイベント「いま観たいのは、強い女たちの映画! ~女のドラマティックシネマナイト~」 がTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催され、漫画家の辛酸なめ子さんをはじめとする業界の“強い女”たちが登壇しました。

フィガロ

午後7時、約50人の女性たちに埋め尽くされた会場に登場したのは、映画に関するコラムを数多く執筆している漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、洋邦問わず良質な映画作品を配給しているキノフィルムズの代表取締役社長・武部由実子さん、そしてフィガロ編集部イチの映画マニアとして知られる“編集KIM”こと副編集長・森田聖美さん。

リアルに強そうな女性3人が選ぶ“強い女たちが登場する映画”とは?

フィガロジャポンがイチオシするのは、3月31日公開のアカデミー賞ノミネート作『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』。ジョン・F・ケネディ暗殺事件をファーストレディであったジャクリーン・ケネディの視点から描いた作品ですが、本作を一足先に観た辛酸さんは「夫が隣で亡くなってしまったなかで、あれだけの冷静さと気力を保っていたジャッキーの強さと、ホワイトハウスを先導した彼女の手腕は本当にすごいなと思った」と驚きと感嘆をあらわに。

また、配給元であるキノフィルムズの武部さんは、「女性こそ楽しめる作品」と絶賛しました。

続いて、すでにレンタルを開始している旧作のなかから、それぞれがピックアップした作品を紹介。武部さんは『テルマ&ルイーズ』『ピアニスト』『ニキータ』『グロリア』の4作品をチョイス。女同士のかたい友情を描いた『テルマ&ルイーズ』には、森田さんや会場の女性たちの多くが共感の声を上げていました。

フィガロ

辛酸さんが選んだのは、『マイ・インターン』『神様メール』『裸足の季節』の3作品。特に『裸足の季節』は、自分自身と重なるところがあると辛酸さんは言います。

フィガロ

両親を事故で亡くし、祖母と叔父たちと暮らしている5人姉妹。古い習慣と封建的な思想のもと、貞操観念を抑圧された生活を送ります。そんななか、末っ子のラーレは、自由を取り戻すべくある計画を立てますー。

劇中では、騎馬戦で男子の上にまたがっただけで「ふしだらだ」と叱責されるシーンがありますが、辛酸さんは「私の家庭もなかなか厳しかった」と明かします。「一家団らん中、テレビでラブシーンがはじまると両親が立ち上がり、そのシーンが終わるまでテレビの前に立ちはだかっていたり、雑誌に性的な模写があると、そのページがホッチキスで止められているか、墨で塗り尽くされていました。日本にも抑圧されている人はいます…」と語ると、会場から笑いがおこっていました。

森田さんはマーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『ダイアナ』『彼女を見ればわかること』『ジュリー&ジュリア』をピックアップ。マーガレット・サッチャーを演じたメリル・ストリープについて「本当にエレガントで素敵な人」と羨望の的であることを明かしました。

フィガロ

三者三様の目線でお気に入りの作品を語り合ったトークイベントは、1時間があっという間に感じられるほどの盛り上がりのなか終焉。ちなみにTSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、森田さんが厳選したおすすめの作品を紹介するコーナーを展開中なので、足を運んでみては?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • KeisukeKashimra
    3.5
    光に満ちた優しい映像美と、 逃れられない宿命の厳しさのギャップ 終わり方もよかった
  • yuri
    3.0
    光の描写が美しい。
  • chisa
    3.5
    @目黒シネマ なかなか衝撃的な内容だった。 光の差し込む部屋で、姉妹たち5人じゃれあう姿が、すごく、綺麗だった。 両親が亡くなった件、おばあちゃんが育ててきた経緯もっと知りたかったかな…ちょっとそこらへんはなぁなぁな感じで笑 こんなに自由が似合う子達が、古い慣習に縛られていく様子は見ていて苦しかった。 最後なんとかあの家を抜け出せて、移動中寝ていたシーンで、本当に安堵させられた。
  • りーちゃん
    2.8
    単純な青春映画とは一線を画し、5人の美しい姉妹が多くの旧い慣習の制約の中で輝きながら成長していく物語で、光の下で戯れるいくつかのシーンはかなり美しい。そして最後‥やっと自由になれるか?という映画。 呪縛された世界のキーワードは、”良妻育成工場”、”クソ色の服”、”視線だけで赤くなる乙女”。 5人の少女達が自由に憧れる姿は共感はあっても、同時に、まぁ〜旧い慣習が100%ダメ、自由は良いというものでもないし、少し違うくね?ていう思いもあります。 トルコの田舎に住むイスラム教徒の色々と、イスラムの家庭はこんな感じなのかなと驚かされる部分もあるけど、そもそも彼女達がやんちゃ過ぎるので、どこにでもある家庭の親が子どもにうるさく言う様にどんどん縛りが厳しくなったっていう節もある。 ばあちゃんの用意した服をクソ色の服と言って裾をびりびり破いてみたり、保護者の目を盗んでチンピラみたいな男と車でいちゃついたり、でも最終的にはお見合いさせられ長女次女と嫁に行く。末娘は飛び抜けて頭が良い様でアイデアを次々と炸裂させ、プチ家出したり、車の運転を近所のお兄ちゃんにこっそり教えてもらって覚えたり、お金をちょろまかして頭の中で構想している自分の未来に繋がる脱走の日?(これは私が勝手に想像)に備えて刻々と準備している。 旧い慣習から逃れ自由を求める人とは、ものすごいエネルギーと知恵をフル回転させる。いや、しかし、ここまで厳しいからこそ必死に発露させたい欲求からアイデアも出てくるのであって、初めから自由で豊かだったらこんなに才能は開発されないんじゃ?というパラドクスもある。 姉達がやんちゃはするものの、最後は嫁に行く様に、殆どの女性は慣習に従う。誰も彼も家の中で裸で踊ったり、思春期には性欲の塊みたいになったりするものでもなく、ばあちゃんが教えてくれる伝統文化を継承したり、礼儀正しく厳格な家庭で心穏やかに神様について学び心から神様に身を捧げたいと、内省的に生きる美徳もある。 読書するのが好き、刺繍が好き、慎ましやかに生きる人もいるんじゃ?小さい頃からそれが当然とされているのだから受け入れるのが自然な気がする。不自由さは自由な国を知っているから、不自由だと感じるのであって、厳しいのが普通ならそれに従う。この描き方はアメリカ、西洋側の価値観からの視点が過ぎると思った。日本人でも少し前の世代はこっち側。 しかし処女かどうかいちいち病院で確認し、初夜の後ドアの向こう側でシーツに血がついているか親が確認に来たり、父親が女を物扱いをする男尊女卑の酷い面は十分に描かれてたけど。 5人姉妹の置かれた環境は、私が鈍いのか映画の説明が足りないのか、彼女達の関係がどうもわかりにくく感じたし、ばあちゃんと父親なのか、母親は死んだのか家出したのか、父親でなく叔父さんだったらしいなど、そういう背景は早めにクリアに分からなかった自分が悪いのだが気になると集中力が削がれるのが常。 100分も無いのに、私は少し冗長で退屈に感じました。
  • こう
    3.9
    女性の性や結婚観は国によって様々だが、何が正解で何が間違いということはない。 今作ではトルコのそういう事情をあらわしている。 結婚するまで処女を守ることや、勝手に決められる結婚。 『シリアの花嫁』のように一度嫁に出たら二度と自宅には帰れないという、日本人の「常識」からしたら考えられない世界。 しかしそれは僕らの「常識」で見ているだけで、世界の「常識」は違う。 この作品では伝統のあり方に一石を投じているが、少女たちが反抗する姿、特に一番若い少女の姿を見たらトルコの「常識」も変わるべきなのかもと思った。 日本でも一昔前までは「できちゃった婚」は批判されていたが、今では認められている。 その世代によって変わっていかなければならないものもあるんだと感じた。
  • Yoshimune
    3.5
    ほのかな灯の中、5人がじゃれて絡み合っている姿が、美しかった。 あの部屋は姉妹の聖域みたいで、姉妹が減るごとに不安定になり侵されていく過程が、より一層さっきのシーンの儚さを強めていて、何度も思い出して切なくなる。 やっぱり 「美しさ=kawaii➕死」なんかな。 きれいでした
  • pachi
    3.5
    美女5人姉妹vsシガラミや昔ながらの慣習・硬い価値観から抜け出せない時代遅れな大人たち(主に親族) 誰もが子の幸せを願うものだが、大人の価値観が現代にアップデートされてなさすぎて、その悪しき慣習とも呼べる価値観で逆に苦しめ、自分たちの考えは正しいと無意識にyesと言わせてしまう、そしてそのことを気付かず『この子もyesと言っている』と無理やりでも推し進めようとする。 いつか自分も古くなるし、古くなりかかってるから、こーゆー関係に娘となりたくないなーと思った。 想像より少し重い內容の映畫。 5人姉妹をただただ応援したくなる映畫。 ..... トルコの田舎町に住む5人姉妹は、祖母&叔父の『古くからの価値観』のせいでじゆうを謳歌できない。そして慣例通り、一人、また一人とお見合い婚することとなるが、、、
  • シュウヘイ
    3.0
    トルコ版、ヴァージンスーサイズ! 内容といい、映像といい、思い出しまた。 ちょっと眠いなぁって時間帯に見たので、さらっと見てました。もっと気合い入れて見たらよかったです。
  • Yura
    -
    評価付けられないいいい 少女たちはむちゃくちゃ美しいけど、内容重い。思った以上に重かった。見た後にハァってなる、ハッピーエンドなのかそうではないのか。トルコ映画って初めて見たなぁ
  • m
    3.5
    がんばれラーレ!!
  • バルティゴ
    3.5
    こういう作品にこういうタイトル付けたがるよなぁ〜って邦題。
  • Luna
    5.0
  • SerinaNii
    3.5
    トルコのヴァージンスイサイド
  • NoL
    4.5
    幼い無邪気さを残しつつも自分の芯を強く持って現状にもがく少女達の姿にひたすら引き込まれました。守るべき伝統と、時代にそぐわなくなっていく風習。何が正解なのかが一概には判断できないからこそ、切なくてやるせない。 テーマはずっしりと重いけど、少女達の純粋な感情を表現するような淡い色合いの映像がじんわりと心に残って、見た後も余韻に浸れる素敵な作品でした。
  • みさき
    4.0
    5人姉妹が美しかった。 世界観が難しかったけど、何か引き込まれるものがある映画だった。
  • taka
    4.0
    素敵な映画。拘束された生活の中でも自由を求め逞しく、生きようとする姉妹の姿は、裸足で駆け抜けられる時期ならではの美しさがあった。そして、姉妹の想い、親の想い、祖母の想いが交錯し葛藤する所にも、この映画の味が出ていた。
  • TakamaruSuzuki
    4.0
    原題はMustang(野生馬)。この原題が最高に良い。(それに比べると邦題がイマイチ…) 題の通り生き生きした自然の中で育った5人姉妹が封建的な慣習に縛られ、いつしか文字通り檻の中へ。慣習の是非は置いておいて、自由を求めて葛藤し、がむしゃらに生きようとした姉妹は「自分の人生を生きる」ことへのエネルギーに満ち溢れてて、切なくもパワーをもらいました。
  • シアワセ
    4.0
    "愛のない結婚なんて絶対いや"両親がいないことから5人姉妹は叔母さんの家で自由を奪われた監獄のような生活を送る。。末に順々に見ず知らずの男性の元へ強制的に嫁がさせるから心苦しい部分がありますが、必死に反抗する姿が逞しく美しかったです。5人姉妹が美女なので美しい風景とこれがまた合います。日本という自由な国に生まれたからかこの古い風習がとても残酷に感じました風習を受け継ぐこと自体はとても良いことだと思いますが人の気持ちも考えて欲しいもんですねー
  • のん
    4.6
    これは。癖になるな。登場人物全員ががむしゃらに、なにが幸せなのか見失ってて。そんでとりあえず五人姉妹がかわいい。ヤーレかわいい。ヤシンともだちになりたい。
  • yamakata
    4.0
    少女は美しく儚く、どこへも行けず、どこへでも行ける
  • 道産子マサ
    2.6
    №44 ちょっと日本には無い文化なのかな。 処女検査までするんだね(笑) それにしても、みんな髪が長くて綺麗キレイ!
  • masatan
    3.8
    世界には、様々な文化があって、その中では理解し難いようなものもあります。この映画では、幼いうちから嫁がされたり、女性の力が圧倒的になかったりする文化のある地域の話です。その地域の中では、この文化を受け入れる人もそうでない人もいます。でも、他の地域含め、こういう文化というものを守っていくことによって、その地域や国が繁栄したり、持続可能になるわけです。これは他人が干渉してはいけません。お互いを滅ぼすことになるからです。 劇中では、自分の地域の文化に抵抗していましたが、結局少女たちがどうなったのか気になります。 5人の姉妹が非常に美しかったです。
  • haaaaa17
    3.3
    ヴァージンスーサイズぽいかんじ。 ラストがハッピーエンドになりきれてなくて、切なかった
  • O
    3.7
    美しい5人姉妹たちの瑞々しさを 前面に押し出した眩しく輝かしい 映画なのだと思って観始めましたが、 それとはかけ離れている作品でした。 厳格で宗教を重んじる土地、家に生まれた 運命に背くことは許されず淑女として 抑圧的な花嫁修行生活を強いられる日々。 お婆ちゃんもきっと、彼女たちの 幸せを願って最大限自由を与えてきたの でしょうが、思春期と若さがありあまる 彼女たちはそれすら受け入れがたい、 呼吸の詰まるものだったのでしょう。 処女でなければ許されないと、 肌を見せること、男性と共に 過ごすことすら許されず、 厭らしいの一言で家を要塞のように 改築してまで、彼女たちの"純潔"を 守ろうと閉じ込めてしまうなど、 現代社会でこんなことが本当に あるのかと思うほど徹底的でした。 また、女性にとって屈辱的な婦人科での "検査"を強いられるシーンは、宗教 というものが彼らにとってどれ程 重要で何よりも優先すべきものだと いうことをより印象付けられました。 長女と次女の結婚であまりに 違いすぎる幸福度、最期まで 精一杯抵抗して逝った三女。 自らの力でこの要塞から抜け出し 自由を手にしようともがく末娘。 それぞれの心情が彼女たちのリアルな 表情から強く伝わってきました。 逃走する時の緊張感といったら... 婚約破棄どころか相手を侮辱して お金を盗んでこれまで育てて貰った 恩を仇で返すという、捕まったら 間違いなく殺されてしまうであろう 緊迫感の後、ヤシンさんの無償の 優しさが心に染みました。 (彼が誘拐罪に問われない ことを祈るばかりです...) 今回の映画では計画通り上手く 逃げることが出来、その後も 恩師の元に辿り着くなど ハッピーエンドを迎えることが 出来ましたが、現実では学もなく お金もない女性たちに逃げた先で 待っていることと言えば決して 幸せとは言えない自由の代償でしょう。 女性の人権保護団体などに 上手く巡り会えたら良いのですが 現実問題それも難しいと思います。 個人的に印象に残っているのは サッカースタジアムで見えた国も人種も 宗教も関係なくはしゃぐ年齢相応の 彼女たちの笑顔と、お婆ちゃん達が行った 必死の隠蔽工作...そして家を飛び出した後 バスから見えた朝焼けの眩しさです。 大変美しく、そして繊細な 映像と構成でしたが宗教観が大きく 絡む分評価は分かれると思います。 お婆ちゃんのことを想うと 心が痛みますが、あの姉妹が 新しい人生、自由の下で幸せに 暮らしていくことを願うばかりです。
  • Shoei
    4.0
    海街diary観た時も思ったけど、美人姉妹って画になるな〜。
  • akari
    3.8
    前半部のキラキラと美しく輝く五人姉妹と、長女の結婚を機に閉塞感に包まれる空気の対比に緊張させられる。間のとり方が自然で、かすかな物音に姉妹たちと一緒に耳をすませられた。
  • 日傘
    4.0
    トルコ版ヴァージン・スーサイズ
  • Kanako7259
    -
    2017/03/25 目黒シネマ
  • miyu
    3.9
    凄く古い因習が残ったトルコの町で、叔父や祖母に育てられる美しい5人姉妹。。。 はじめの海岸場面… 5人で、部屋で寝そべる場面など、本当に美しくて、キラキラしている。。。 抑圧された環境のもと、結婚する事しか残されてない生き方を変えようとする5女 ラーレにエールを贈りたくなるような映画でした。。。 【チョット ネタバレかも〜】 しかし、あの叔父さんは、最悪だと思いまた。 4女が結婚式の日に籠城した時に、 「お前がした事をみんなに言ってやる!」 みたいな発言と… 3女にも、なんか してる感じの表現ありましたね〜💦 祖母も、その事実を知り、神に祈ってる場面あったし… ムスメらを罵る前に、自分が恥を知って欲しい…
「裸足の季節」
のレビュー(3475件)