【レポート】辛酸なめ子が明かす衝撃的な幼少期とは? フィガロジャポン×TSUTAYAの映画トークイベント

2017.02.07
映画祭・イベント

Filmarks編集部

フィルマーくま

絶賛発売中の「フィガロジャポン」3月号にて、さまざまな切り口から映画作品にせまった「ドラマティックな映画が観たい♡」特集が展開。去る2月3日、これと連動したスペシャルトークイベント「いま観たいのは、強い女たちの映画! ~女のドラマティックシネマナイト~」 がTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催され、漫画家の辛酸なめ子さんをはじめとする業界の“強い女”たちが登壇しました。

フィガロ

午後7時、約50人の女性たちに埋め尽くされた会場に登場したのは、映画に関するコラムを数多く執筆している漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、洋邦問わず良質な映画作品を配給しているキノフィルムズの代表取締役社長・武部由実子さん、そしてフィガロ編集部イチの映画マニアとして知られる“編集KIM”こと副編集長・森田聖美さん。

リアルに強そうな女性3人が選ぶ“強い女たちが登場する映画”とは?

フィガロジャポンがイチオシするのは、3月31日公開のアカデミー賞ノミネート作『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』。ジョン・F・ケネディ暗殺事件をファーストレディであったジャクリーン・ケネディの視点から描いた作品ですが、本作を一足先に観た辛酸さんは「夫が隣で亡くなってしまったなかで、あれだけの冷静さと気力を保っていたジャッキーの強さと、ホワイトハウスを先導した彼女の手腕は本当にすごいなと思った」と驚きと感嘆をあらわに。

また、配給元であるキノフィルムズの武部さんは、「女性こそ楽しめる作品」と絶賛しました。

続いて、すでにレンタルを開始している旧作のなかから、それぞれがピックアップした作品を紹介。武部さんは『テルマ&ルイーズ』『ピアニスト』『ニキータ』『グロリア』の4作品をチョイス。女同士のかたい友情を描いた『テルマ&ルイーズ』には、森田さんや会場の女性たちの多くが共感の声を上げていました。

フィガロ

辛酸さんが選んだのは、『マイ・インターン』『神様メール』『裸足の季節』の3作品。特に『裸足の季節』は、自分自身と重なるところがあると辛酸さんは言います。

フィガロ

両親を事故で亡くし、祖母と叔父たちと暮らしている5人姉妹。古い習慣と封建的な思想のもと、貞操観念を抑圧された生活を送ります。そんななか、末っ子のラーレは、自由を取り戻すべくある計画を立てますー。

劇中では、騎馬戦で男子の上にまたがっただけで「ふしだらだ」と叱責されるシーンがありますが、辛酸さんは「私の家庭もなかなか厳しかった」と明かします。「一家団らん中、テレビでラブシーンがはじまると両親が立ち上がり、そのシーンが終わるまでテレビの前に立ちはだかっていたり、雑誌に性的な模写があると、そのページがホッチキスで止められているか、墨で塗り尽くされていました。日本にも抑圧されている人はいます…」と語ると、会場から笑いがおこっていました。

森田さんはマーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『ダイアナ』『彼女を見ればわかること』『ジュリー&ジュリア』をピックアップ。マーガレット・サッチャーを演じたメリル・ストリープについて「本当にエレガントで素敵な人」と羨望の的であることを明かしました。

フィガロ

三者三様の目線でお気に入りの作品を語り合ったトークイベントは、1時間があっという間に感じられるほどの盛り上がりのなか終焉。ちなみにTSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、森田さんが厳選したおすすめの作品を紹介するコーナーを展開中なので、足を運んでみては?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • LouisSato
    4.1
    映画「裸足の季節」。 はあ、美しかったなあ。 5人姉妹が両親を亡くし、おばあちゃんも家に。 でもそこは古い風習があり、処女じゃないと結婚してもらえなかったり、見ず知らずと男と結婚したり。 とにかくトルコの美しい景色と美しい5人姉妹。壁の水色となんと美しいことだろう。 でもそれがコントラストとなり、より一層牢獄感を演出しているのである。 美しい風景、なのに牢獄。 田舎とはいえ、古い風習が残っているとはいえ、あまりに勝手すぎる男たちや老婆たち。 男たちはまあ置いておいても、老婆たちは自分もそういう目にあったのに、なんで風習を継ぐことに一生懸命なんだろう。 監督がトルコからフランスに渡ったから、若いトルコ人の女性の自由を背負ってきたんだろうなあ。
  • カツマ
    4.2
    壁に閉ざされた家、決められた未来、自由たったはずの日常が突如終わりを告げる。保守的な北トルコの村を舞台にした5人姉妹達による自由への渇望と戦いを描いた物語。 5人それぞれの選択肢があり、違う葛藤を抱えながらも彼女達は新しい舞台へと身を投げていく。女性が自由な人生を選ぶことが当たり前ではない国が悲しいことにまだ存在しているということを伝えていると共に、実際にトルコからフランスへと渡った監督による、女性達に自由な人生を謳歌してほしいというエールでもあったと思う。 監督自身の想いが溢れ出しそうなラストシーンに煌めく未来と希望を託して。輝くイスタンブールの風景のように、彼女達に永遠に続く裸足の季節が訪れますように。
  • wataru
    3.7
    嫌な慣習が多い村。同性の友達とすら遊ばせて貰えず自由がなく窮屈過ぎる。ラーレみたいに不満をもって行動起こせる子がもっと増えて慣習を変えていって欲しい。そのラーレを口では厄介ごとに関わりたくないと言いながら、最後まで助けてくれたヤシンがイケメンだった。
  • 瑞穂
    -
    別に「ヴァージンスーサイズ」じゃない。 結婚初夜の翌日にほれシーツを見せてってうるさいババア達は、自分が若い頃に嫌だなって思った事を忘れたはずないのに、覚えてるからこそ継承してる気がして。こんな悪習が、女の業とか通過儀礼とかいう言葉で片付けられるのが、こんなのおかしい!って女同士が結束できないところが、とても悔しかった。
  • やまおか
    3.3
     孫がちょっと育ったら「隙あらば縁組」バッバ怖過ぎィ!   序盤、息子から「マッマが甘やかしたからあいつら(※主人公5人姉妹)」がつけ上がるんや! と詰められて泣いてたのに、中盤からお見合いの鬼と化して怒涛の婚活攻勢で映画の主導権を握っており、不謹慎と思いつつ草不可避でした。
  • こにゃ
    5.0
    よさを言葉では説明できない ラーレは本当はずっと変わらずにいたかったんだろうな…
  • gille
    3.9
    最終的に救いの手を差し伸べてくれるのは血縁者でない大人たち。 ラストのヤシンの表情とボスフォラス海峡の景色が本当に印象的だった。グッときました。 かつてイスタンブールに旅行したときに素朴な街だなーと思っていたけど、物語の彼女たちにとっては大都会で自由の場所だった。 ちなみに3女のエジェは10代のころの一色紗英さんに似ているなーと思いながら観ていました。
  • kaz
    3.9
    劇場で見逃して以来、DVD化を心待ちにしていた作品。なんでかって言うと、設定が非常に好みだったのです… 5人姉妹が、とある事情から家に閉じ込められてしまうという設定なのですが(実際は監禁と言うべきか…)、なんかこういう限定的な空間のシチュエーションが無性に好きなのです! 小さい、狭い場所に1人スッポリ収まってるみたいなのが子どものころから好きでして…コイツ何言ってんの?って感じですけど(笑) まあ実際のところ、そういう感じの映画ではないです。(笑) とにかくこの天真爛漫な5姉妹が、キラキラとしていて、観てるだけで眩しかったです。(そういう瑞々しい撮り方が上手い!) しかし実際は自由を奪われた〝カゴの中の鳥〟なのです… 後半は徐々に暗いトーンになっていき、物語に影を落とします。 舞台はトルコの小さな村、昔からの慣習が根強く、封建的… 未だにこんな時代遅れなことが為されているのかと驚愕してました! 胸が詰まる展開…終盤はハラハラしながらも妹たちを応援してましたね。 あまり多くを語るタイプの映画ではないですが、またいずれもう一度観たい!そう思わせる魅力のある映画でした!
  • もにょ
    3.9
    彼女たちはみんな美しくて強い。ただ、行動に差が出たのはやっぱり年齢の差だなぁ。これがトルコ(イスラム社会)の話って捉えられるのは違うんじゃないかという気がする。色んな社会で女の子の価値がどこに置かれてるかを考えると、普遍的な話なのかな。
  • LISA
    3.0
    前から気になっていたけどミニシアターでしか公開していかなかったからレンタルまで待った映画。 トルコに住む5人姉妹の「あがき」がテーマかな。独特の描写と「すべて」を見せない不思議な雰囲気が好きでした。
  • teng
    3.8
    今自分が乗っているレールは、自分を幸福へと導いてくれるのだろうか。 誰かに委ねるレールより、自分で選ぶレールに乗りたい。
  • mochiz
    3.0
    このあとが心配...
  • 茄子
    3.6
    エジェの時点で父親や祖母はこの習慣この思想が甚だイかれてることに気づくべきだけどそうならないのは大人が皆んな病気だからかな。 父親を宥めるくせに結局彼女らを諭そうとする祖母もクソ クソ色の服って言い方好き
  • shun
    3.0
    異常な貞操観念にひいた。カルチャーショックをうけた。 エモさは少なくテンポもゆっくりでストーリーがいつ加速するのかと眠くなった。
  • Wakana
    3.5
    トルコ版ヴァージン・スーサイズ。
  • erinko122
    3.8
    学校の男の子たちと騎馬戦をして遊んでいただけで、男の肩に下半身を触れさせた罪で、自由を奪われ軟禁され小さな村の古いしきたりに従って知らない男の元に次々と嫁がせられる五人姉妹の話。外出するたび家の周りの塀や囲いを強固にされるわ、初対面で縁談は決まるわ、純潔でないと身の破滅と何度も処女検査されるわ、人権もあったもんじゃない…こんな狭い世界がどこかに実在するなんて…。女性監督の実体験が基になっているらしい。 運命を受け入れて嫁ぐも純潔を疑われる長女、好きな人と強行結婚した次女、可哀想に脆く儚かった三女、結婚を破談にした四女、そして命懸けでイスタンブールへ逃げる計画を立てる13歳の末っ子。唯一、自分の人生を自分で歩もうと強い意思をもったラーレに希望を託して観てしまう。 姉妹が揃って部屋でじゃれ合って笑ったり、可愛い水着やカラフルなリネン、柔らかい光をまとった部屋でのシーンは特に美しかった。透明感のある美しい五人姉妹には本当に見惚れてしまう。 この映画を面白いと思うかは別として、とても価値のある映画だったと思う。
  • HarukaTsushima
    3.7
    映像が綺麗だった。美しい姉妹。
  • sei
    3.0
    光と影の使い方が秀逸で、繊細な映像は見応えがあった。 物語は一辺倒な感じがして、尚且つ詳細を省いているように感じ、もっと彼女達を悲嘆させている悪習を実感できるように見せてもらいたかった。 しかし、こういった現実があること、それを具体的に秀逸な映像で表現されたことは、深く価値ある作品だと感じた。
  • sakux2
    3.2
    こんな封建的な村があるのかと思いました。5人姉妹はとにかく綺麗。5人が部屋の中で戯れているところはなんだかバージンスーサイズを思い出した。それにしても叔父は最低だな。
  • ジョニー
    4.0
    古い慣習によって籠の鳥となった五人姉妹が自由のため奮闘する話。好奇心旺盛で綺麗な心を持つ彼女達の将来は知らない男との結婚。好きなことも出来ず外へも出れずただその時を待つのみ。彼女達は本当に純粋で、頼むから幸せになってくれ!と思いながら観ていた。美しい作品でした。
  • chika
    3.0
    記録
  • banana
    4.3
    ヴァージンスーサイズ感はあるけど こっちの方が好き
  • まる
    -
    この世界のどこかでは、きっと今もこういうことが当たり前に行われているんだと思う。 5人が5人とも同じように嫌がるのではないところが、よりリアルさを感じさせた。 下着や水着やベッドシーツ等の どちらかといえば閉ざされた空間のものたちがかわいらしく誂えてあることが、表立って華やかにきらびやかに着飾ることを良しとしない彼女たちの暮らし・宗教を物語っているようで切なかった。 結婚の習わしだけじゃなくて、叔父さんが四女にしたこともよくあることなんだろうか。顔が市村正親に見えた。
  • キャベ太
    3.4
    誰かの勝手な価値観の集合体である宗教、それ自体はまだ問題の引き金でしかないが、そこに権力者や村社会、家長の飛躍した解釈と行使があれば、それは個人の尊厳を踏みにじるものでありながら、その社会では正しいものとされる。 人類にとって一番大事なのはみんなかやることやってガキこさえ続ける仕組みなのがもしれないが、人間にとって一番大切なことは自由だよ。と再確認。
  • お雛
    4.1
    何だか、痛々しかった。そゆ意味じゃなく、胸が苦しくなるようなあれ
  • ヨリコ
    3.8
    ヴァージンスーサイズを彷彿とさせる儚げな五人の美人姉妹。
  • kentaro
    -
    女の子たち、かわいそ〜、っていうそれだけだから映画が全く駆動しない
  • moku
    3.5
    2017・18 終わり方がフランス映画的 光と建物に落ちる影がとにかく綺麗 乾燥した空気と眩しい日差し 女の子たち美しかった
  • cocoa
    4.0
    女性として、考えさせられる映画。
「裸足の季節」
のレビュー(3172件)