【美しき天才!】進化を遂げたグザヴィエ・ドランが描きだす〈ある家族〉の〈愛の物語〉

2017.02.08
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

たかが世界の終わり1

2月11日(土)グザヴィエ・ドランの最新作、『たかが世界の終わり』が公開されます。2016年、ついにカンヌ国際映画祭のグランプリを獲得し、27歳という若さで全世界にその才能を見せつけた今作。

自らの死を告げるために12年ぶりに帰郷した男性と、彼を迎え入れる家族の〈ある1日〉をドランならではの映像表現とともに描かれています。

 

映画界の話題を席巻する美しき天才、グザヴィエ・ドラン

2009年、19歳での初監督作品『マイ・マザー』でのデビュー以降、美しき天才と呼ばれ、次々と人々を魅了する新作を生み出し続けるグザヴィエ・ドラン。

2010年『胸騒ぎの恋人』、2012年『わたしはロランス』、2013年『トム・アット・ザ・ファーム』と発表の度に国内外様々な映画祭で上映され、彼自身の経験や信念を反映したセンセーショナルなテーマや、アーティスティックな映像表現で瞬く間に映画界の注目の的となりました。

2014年には『Mommy/マミー』にて、巨匠ジャン=リュック・ゴダールと並んでカンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝き、その受賞スピーチで彼が語った「夢を捨てなければ、世界は変えられる」というメッセージは世界中のメディアが取り上げ、人々に深い感銘を与えました。

たかが世界の終わり2

  • ■心があたたかくなるわけでもない、悲しくなるわけでもない、切ないわけでもない、でも、観てよかった。観なかったわたしの人生はどうなってたんだろうという気持ちになった。グザヴィエ・ドラン!27歳!すごいよ!!(みわさん)

  • ■光をうまく取り込んだシーンを挟むことで重くなりすぎないで見続けることができました。今作ではピントと前後にずらすシーンが多く、またカメラで遊んでる!?と思って楽しく観れました(コマさん)

  • ■ピントとボケの使い方があまりにも巧妙で、音楽の入るタイミングから色味から、全てドランの作り出す唯一無二の世界観!(り さん)

《新たな挑戦!》グザヴィエ・ドランが本作で描いた愛の形とは?

これまで自身の作品において様々な愛の形を描いてきたグザヴィエ・ドランですが、その形は何かしら自分自身を投影した〈主人公〉と〈母親、恋人、友人、兄妹〉などの、二者の間での愛でした。

しかし、今回彼がテーマにしたのは〈家族の愛〉。主人公の男性を含め、彼を迎え入れる家族それぞれが不完全で、自身の在り方や家族への複雑な思い、様々な迷いや悩みを持ちながら生きています。

12年ぶりに集まった家族の、核心を避ける意味の無い会話や、ためらい、沈黙の時間、そして家族だからこそ起きてしまう激しい衝突。

現代の多様化する家族関係に於いて、誰もがどこか共感できるであろう複雑な家族の形がスクリーンに映し出されます

これまでの作品とは異なる、家族だからこそより複雑な愛の形をドランはどう描くのか彼の新しい挑戦を目撃することが出来る作品なのです。

たかが世界の終わり3

  • ■切っても切れない存在。とても寂しくて、冷たいやりとりの中で、各々がぶつけ合う感情だったり言葉だったりがすごく重かった。大きな事件なんか、何一つ起きてないのに、見離していい瞬間が一度もない(ChihiroTarumii さん)

  • ■沈黙と発話、兄と弟、情熱と冷静、様々な二つの間にある物なんて本来何も大したものではないはずなのに、何がそんな狭間を広げているんだろう。100分がとても短かった。感情のやりとりがここまで密だったからかな(和出善大朗 さん)

  • ■それぞれの嘘、秘密、葛藤、表情、沈黙は、全部愛だと理解できているのに、時に嫌悪感さえ抱いてしまった。けど同時にその人間らしさが愛おしくも感じるという奇妙な感覚に陥った。至近距離での撮影だからこそ捉えられ、映し出されたものだったから、本当に呼吸、まばたきすらも見逃せない(ヤマヒツジさん)

《今最注目の一流俳優が集結!》再び観たくなるほどの濃密あるやりとり

今作では様々な大作で主役を務める一流の俳優たちがドランの新作のために集まっています。

有名な作家として活躍しながらも家族に心を閉ざす主人公ルイを演じるのは『SAINT LAURENT/サンローラン』でセザール賞にノミネートされたギャスパー・ウリエル

兄に憧れる妹のシュザンヌに『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたレア・セドゥ。短気で暴力的な兄アントワーヌには『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル

口下手だが誠実なアントワーヌの妻カトリーヌには『エディット・ピアフ愛の讃歌』でアカデミー賞受賞のマリオン・コティヤール。そして家族を深く愛する故に過干渉気味の母マルティーヌには『わたしはロランス』に続いて二度目のドランとのタッグとなるナタリー・バイ

一流の俳優それぞれが演じる家族の中の一人としての演技は瞬きひとつにまで想いが込められ、言葉に出来ない感情がそれぞれの表情、動作から溢れ出し、どのシーンからも目が離せません

代わる代わる映し出される緊張感のあるやりとりは一度の鑑賞では全てを汲み取れない程の濃密さで観るたびに新しい感覚を感じる事が出来るかもしれません。

たかが世界の終わり4

  • ■映像美、音楽、演技力、どれもすごかった!表情や汗にフォーカスされていてこちらまで歯痒さと緊張感が伝わってくる。ドランのほこりを舞わせる演出が好き(mdayaka さん)

  • ■感情のぶつかり合い見事でした。思わず息を呑みます。楽曲のセンスも相変わらずで、とても心地良かったです(しょーた さん)

  • ■自分が後何年生きたらこんな感情を表現できるのだろうか。ドラン映画は絶対に名シーンってのを残してくれるよね。キャスト全員有名で演技最高だった(おち さん)

《90年代の懐かしい楽曲》偉大な音楽家との融合、印象的な音楽の効果

今作もこれまでのドランの作品同様、物語の進行において90年代の懐かしい楽曲と併せ、挿入される音楽が効果的に使われています

『トム・アット・ザ・ファーム』に続き二回目のタッグとなるガブリエル・ヤレドが作曲したワルツを聞いたドランは、すぐさまこの曲を最後のシーンで使いたいと思い、曲について以下のように述べています。

「すべての描きたい感情が見えたんだ。他人の言葉に耳を傾けることが出来ない人や、将来に起こることが予測できない人の無力さ、そして本来当たり前のようにある足下の地盤が思いもよらず崩れ落ちた時の気持ちだ」

たかが世界の終わり5

ドラン作品ではおなじみの色彩の効果や光の印象を駆使した独特の映像。そこに挿入された音楽、楽曲の効果によって言葉で説明するのは難しい人間の感覚や心情の揺らぎが見事に表現されています。

作中に流れる音楽がこの物語の中で何を語っているのかに注目して鑑賞しても面白いかもしれません。

◆映画『たかが世界の終わり』information

たかが世界の終わり

あらすじ:「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

上映時間:99分

〈2017年2月11日(土)全国ロードショー〉

▽公式サイト
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/[リンク
配給:ギャガ
(C)Shayne Laverdière, Sons of Manua

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • asuka
    3.9
    愛が埋もれてしまうくらいに互いを傷つけてしまうこの関係、わかる気がする。たぶんわたしも数十年後にはルイみたいになってしまうんだろうか。タイトルの”たかが”という言い回しが納得。 相変わらず絵の作り方や編集、音の入れ方が繊細で美しいよね。
  • yu
    3.3
    家族というものを美化せず、リアルをリアルに描いていて良かった。 公式サイトには「愛し合っているのに傷つけ合う」と書いてあったけどわたしは「傷つけ合うのに愛し合う」だなあと思いました。家族なのに何故…ではなく他人だったら仲良くならなかっただろうな〜と思うことが多いので。受け入れが基盤にある気がします。 かなり感情むき出しなシーンが多いですがあんまり感情は揺さぶられず淡々と見ました。 日常まわし撮り風の映画かと思ったら要所要所音楽がズンチズンチいっててcool。冒頭の曲好きです。
  • あいちん
    1.9
    なんか部分的に理解できる部分あったけど、結局最後に何を伝えたいのかとか、なんも分かんなかった。この物語に答えを求めても多分無意味なんだと思う。とりあえずネタバレをめっちゃ読む。
  • 舞台の中
    -
    映画のお母さんが、私のおばあちゃんに似ていた。キィキィ会話、なつかしい…
  • ゆうほ
    3.5
    窮屈で閉鎖的で苦しかった。 初めて見た光景ではなく経験と重なる部分があり、アントワーヌとシュザンヌのやりとりには唇が震えた。家族は一番近い存在だからこそ、長い間離れた心の距離を近づけるのは難しい。無理に抑制された愛は、抑制されたままどうにもならない。観ていて辛かった。
  • ChihiroM
    3.3
    なんだか重くて辛かった。観終わったすぐはもやもやというかエネルギー使った感じ。でも家族とか実家てあんなかも。 ひとつの場所での会話劇て濃い。 恵比寿ガーデンシネマ 初めて行ったけどおしゃだった。座るとこもゆったりでよかった。
  • arisa
    3.3
    家族だけど分かり合えない、遠い存在 言い合いや喧嘩のシーンが多くて悲しく、胸が痛くなる。
  • あかり
    3.9
    荒くて穏やかで 淡いと思ったら鮮やかで 音と色とボケの強弱が絶妙で。 選曲と曲の使い方にセンスしか感じない 流石ドランさんて感じでした どんどん豪華な俳優陣になってる ストーリーは 前情報何もなくて最初の10分見逃したら何も分からなくないですかこれ どうなんだろう、字幕を見る事さえ忘れる程の映像が原因かな 見終わってレビューみてあっと驚かされた悔しいもう一度見たい それにしてもストレスの溜まる会話劇、表情劇、アップ多め リアルだった
  • りの
    3.3
    @立川シネマシティ 17'04
  • よみ
    4.5
    見終わった後に胸が締め付けられるような感じがした。 家族っていちばん近い存在でもあるのに、遠い存在でもあるのだと思った。
  • ちやはら
    3.5
    相変わらず選曲が上手い。とはいえ、わたしはあまりグッとくることのない話で、どちらかというと映画より舞台のほうが映える話だろうなと思いながら見た
  • れいな
    3.9
    mommyは一昨年のベストだったので楽しみだったドランの新作〜 今回は家族の話。というより家かな… ドランはそのときそのときのドランにしか撮れない作品を撮るのですごい。 12年は長過ぎたと思う。 ギャスパーウリエルとってもかっこいいしマリオンコティヤールもレアセドゥも大好きだしヴァンサンカッセルまで出てる豪華さだけどドランはそこまで有名じゃない俳優使った方が作品が輝くタイプな気がする〜(ちょっと寂しさもある) 音楽は相変わらずいい。ノマノマイエイ
  • あっこ
    3.5
    このキャストにしてこの作品あり。 何ら変わりのない幸せそうな家族の日常風景。会話中心、話し手のドアップで展開されていく。 これといって何も起こらないのに、それぞれの内に秘める感情は醜いぐらいににエネルギッシュ。 近すぎるからこそ肝心なことが言えない微妙な距離感。でもこれが自分だし、自分を知る唯一の家族なんですよね。そんな不器用を受け止めてくれるのも家族でしょう。 ちょっとクサイくらいのありがとうを伝えたくなりました。
  • MARIN
    4.0
    500本目の作品は、こちらも大好きな監督、グザヴィエ・ドランの映画にしました。(公開日が誕生日で嬉しさ倍増でした) キャストも豪華で、音楽の使い方も選曲もすごく良かったし好き、、特に、始まりの音楽は、すごいビビッとなった。そして、またも前のバイト先で流れて聞き飽きてた音楽が使われていた。でも、歌詞がわかったら、なかなか良き歌なんだと思い始めた。 ストーリーは、ちょっと私には難しかった、、、というか、家族の生々しい口喧嘩が苦手なので、ちょっと心苦しい気持ちになった。 ルイが家族の元を離れた12年間、家族との 長い空白期間…「別に攻めているわけではない…」というこの言葉がとても胸に刺さった。相手(ルイ)から逃げている言葉だ。相手を好きならば、もっと、直球に思いをぶつけないと…でもそれってなかなか難しい。愛を受け取ることも、愛を伝えることも、難しい。永遠の課題だな~。 すごい悲しい気持ちになったけど、今の自分と本当に重なる部分もあったから、ルイを愛してるからこその暴言で、思っている方向と真逆になってしまう兄やラストの帰り際のルイに自分を投影していた。でも、こうやって映画で客観視できたことは自分にとって大きいことだと思う、見て良かった。
  • mk
    3.5
    ドランの作品の中で一番ヘビーかも。家族やからこそ過ぎた時間を取り戻すのはより一層難しいのかもしれない。つらい
  • 浅見和友
    2.0
    好きな表現ではない
  • shima56
    3.9
    @恵比寿ガーデンシネマ 17.02.23 17'劇場鑑賞22本目
  • pipe
    3.8
    愛されていることは分かっていて、愛することができない自分を責める気持ちも持っている。時間が解決してくれないのは、時間を止めている自分がいるから。願わくば、打破できないわたしへの希望も込めて、踏み込んでいってほしかった。
  • まちだ
    2.5
    恥ずかしながら全然良く分からなかった。
  • 小山真由
    -
    きろく
  • おまつ
    2.5
    ま〜たずっと喧嘩してるし、顔のアップショットばかりの映像で退屈(表情から読み取らせようとする表現だとしても)。 怒鳴り声がめちゃくちゃ苦手なのでずっと耳塞ぎたかった
  • 殺し屋をしている主婦
    -
    ドラン本人は今作の出来に納得してないみたいな話聞いたけど、十分すぎるくらい面白いんだよなあ…… 僕はこれサザエさんじゃん、と思いながら観てました
  • 竹内アラン
    5.0
    彼の可能性が無限大に広がった。 アピチャッポンでいう、トロピカルマラディに位置する。 窮屈だけれど、全て思い出なんだ。 不快だけれど居心地が良いんだ。 だけど僕はもうこの傷を修復できない。 求めてたものはは一瞬掴めた気がする。 あとはあなたに託す。
  • こけっこ
    3.0
    アントワーヌを見て父親を思い出す。 呼吸音。
  • 典子
    3.9
    無自覚が如何に残酷なものであるか。 そこに絶望し諦めになると、主人公のように心を閉ざすことしか出来なくなるのではないだろうか。 愛は絶対に存在しているが、愛だけの理由を乱暴に振りかざすことは人を追い詰める。 悪気のない母親、やり場の行き詰まった兄、自暴自棄でもがく妹、それらをシャットアウトすることにより自衛する主人公。 家族のぶつかりよう、感情の高まりよう、主人公が人の言葉をシャットアウトしていく描写もリアル過ぎて息苦しい。 主人公の選択は後に家族を傷つけるものになるだろうが、そうさせたのは無自覚な家族のせいでもあるということをその後家族が気付くことを願いたい。 語られてはいないが、もっと複雑であろう事情が散りばめられているのでそこの説明はもう少し欲しかったかな。 一番可哀想なのは妹だと思う… 会話劇を楽しめない人にはつまらないかもしれないが、ぐさぐさ刺さるセリフが山ほどある。人は誰しもが各々持っているであろう恐れもヒシヒシ描かれている。それらを助長させる演出、音楽も良い。 ドランはきっと自らの家族を責めているのだろうが、その精神を映画という場で表現するのは良いと思う。それこそが表現かと。賛否両論あろうがドランが魅力的なのは事実。 居心地がいい実家などこの世に存在するのだろうか 閉塞的な環境であるが故の衝突は誰しもが避けられないだろう 血ほど乱暴であり強力な呪縛はない
  • アダチユキ
    5.0
    例によって素晴らしい
  • みぃ
    3.2
    久々の実家の空気感。ぎくしゃくする会話。うまく伝わらない言葉と気持ち。そしてラストカットの強烈さ。その後のこされた家族の会話が容易に想像できる。凄まじかったです
  • YukoTabira
    -
    あとに色々と考えるなぁ。 家族のこと。 どの家族も色々あるよなぁ。 1番近くにいるはずだけど、だから言えないこと話せないこと きっとある、
  • chinatsu
    2.8
    観てる人を故意に苛つかせることが目的なら、すごくよく出来た映画やとおもう 突然のノマノマイェイで一旦アガる
  • green
    2.1
    初ドラン
「たかが世界の終わり」
のレビュー(3622件)