【美しき天才!】進化を遂げたグザヴィエ・ドランが描きだす〈ある家族〉の〈愛の物語〉

2017.02.08
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

たかが世界の終わり1

2月11日(土)グザヴィエ・ドランの最新作、『たかが世界の終わり』が公開されます。2016年、ついにカンヌ国際映画祭のグランプリを獲得し、27歳という若さで全世界にその才能を見せつけた今作。

自らの死を告げるために12年ぶりに帰郷した男性と、彼を迎え入れる家族の〈ある1日〉をドランならではの映像表現とともに描かれています。

 

映画界の話題を席巻する美しき天才、グザヴィエ・ドラン

2009年、19歳での初監督作品『マイ・マザー』でのデビュー以降、美しき天才と呼ばれ、次々と人々を魅了する新作を生み出し続けるグザヴィエ・ドラン。

2010年『胸騒ぎの恋人』、2012年『わたしはロランス』、2013年『トム・アット・ザ・ファーム』と発表の度に国内外様々な映画祭で上映され、彼自身の経験や信念を反映したセンセーショナルなテーマや、アーティスティックな映像表現で瞬く間に映画界の注目の的となりました。

2014年には『Mommy/マミー』にて、巨匠ジャン=リュック・ゴダールと並んでカンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝き、その受賞スピーチで彼が語った「夢を捨てなければ、世界は変えられる」というメッセージは世界中のメディアが取り上げ、人々に深い感銘を与えました。

たかが世界の終わり2

  • ■心があたたかくなるわけでもない、悲しくなるわけでもない、切ないわけでもない、でも、観てよかった。観なかったわたしの人生はどうなってたんだろうという気持ちになった。グザヴィエ・ドラン!27歳!すごいよ!!(みわさん)

  • ■光をうまく取り込んだシーンを挟むことで重くなりすぎないで見続けることができました。今作ではピントと前後にずらすシーンが多く、またカメラで遊んでる!?と思って楽しく観れました(コマさん)

  • ■ピントとボケの使い方があまりにも巧妙で、音楽の入るタイミングから色味から、全てドランの作り出す唯一無二の世界観!(り さん)

《新たな挑戦!》グザヴィエ・ドランが本作で描いた愛の形とは?

これまで自身の作品において様々な愛の形を描いてきたグザヴィエ・ドランですが、その形は何かしら自分自身を投影した〈主人公〉と〈母親、恋人、友人、兄妹〉などの、二者の間での愛でした。

しかし、今回彼がテーマにしたのは〈家族の愛〉。主人公の男性を含め、彼を迎え入れる家族それぞれが不完全で、自身の在り方や家族への複雑な思い、様々な迷いや悩みを持ちながら生きています。

12年ぶりに集まった家族の、核心を避ける意味の無い会話や、ためらい、沈黙の時間、そして家族だからこそ起きてしまう激しい衝突。

現代の多様化する家族関係に於いて、誰もがどこか共感できるであろう複雑な家族の形がスクリーンに映し出されます

これまでの作品とは異なる、家族だからこそより複雑な愛の形をドランはどう描くのか彼の新しい挑戦を目撃することが出来る作品なのです。

たかが世界の終わり3

  • ■切っても切れない存在。とても寂しくて、冷たいやりとりの中で、各々がぶつけ合う感情だったり言葉だったりがすごく重かった。大きな事件なんか、何一つ起きてないのに、見離していい瞬間が一度もない(ChihiroTarumii さん)

  • ■沈黙と発話、兄と弟、情熱と冷静、様々な二つの間にある物なんて本来何も大したものではないはずなのに、何がそんな狭間を広げているんだろう。100分がとても短かった。感情のやりとりがここまで密だったからかな(和出善大朗 さん)

  • ■それぞれの嘘、秘密、葛藤、表情、沈黙は、全部愛だと理解できているのに、時に嫌悪感さえ抱いてしまった。けど同時にその人間らしさが愛おしくも感じるという奇妙な感覚に陥った。至近距離での撮影だからこそ捉えられ、映し出されたものだったから、本当に呼吸、まばたきすらも見逃せない(ヤマヒツジさん)

《今最注目の一流俳優が集結!》再び観たくなるほどの濃密あるやりとり

今作では様々な大作で主役を務める一流の俳優たちがドランの新作のために集まっています。

有名な作家として活躍しながらも家族に心を閉ざす主人公ルイを演じるのは『SAINT LAURENT/サンローラン』でセザール賞にノミネートされたギャスパー・ウリエル

兄に憧れる妹のシュザンヌに『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたレア・セドゥ。短気で暴力的な兄アントワーヌには『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル

口下手だが誠実なアントワーヌの妻カトリーヌには『エディット・ピアフ愛の讃歌』でアカデミー賞受賞のマリオン・コティヤール。そして家族を深く愛する故に過干渉気味の母マルティーヌには『わたしはロランス』に続いて二度目のドランとのタッグとなるナタリー・バイ

一流の俳優それぞれが演じる家族の中の一人としての演技は瞬きひとつにまで想いが込められ、言葉に出来ない感情がそれぞれの表情、動作から溢れ出し、どのシーンからも目が離せません

代わる代わる映し出される緊張感のあるやりとりは一度の鑑賞では全てを汲み取れない程の濃密さで観るたびに新しい感覚を感じる事が出来るかもしれません。

たかが世界の終わり4

  • ■映像美、音楽、演技力、どれもすごかった!表情や汗にフォーカスされていてこちらまで歯痒さと緊張感が伝わってくる。ドランのほこりを舞わせる演出が好き(mdayaka さん)

  • ■感情のぶつかり合い見事でした。思わず息を呑みます。楽曲のセンスも相変わらずで、とても心地良かったです(しょーた さん)

  • ■自分が後何年生きたらこんな感情を表現できるのだろうか。ドラン映画は絶対に名シーンってのを残してくれるよね。キャスト全員有名で演技最高だった(おち さん)

《90年代の懐かしい楽曲》偉大な音楽家との融合、印象的な音楽の効果

今作もこれまでのドランの作品同様、物語の進行において90年代の懐かしい楽曲と併せ、挿入される音楽が効果的に使われています

『トム・アット・ザ・ファーム』に続き二回目のタッグとなるガブリエル・ヤレドが作曲したワルツを聞いたドランは、すぐさまこの曲を最後のシーンで使いたいと思い、曲について以下のように述べています。

「すべての描きたい感情が見えたんだ。他人の言葉に耳を傾けることが出来ない人や、将来に起こることが予測できない人の無力さ、そして本来当たり前のようにある足下の地盤が思いもよらず崩れ落ちた時の気持ちだ」

たかが世界の終わり5

ドラン作品ではおなじみの色彩の効果や光の印象を駆使した独特の映像。そこに挿入された音楽、楽曲の効果によって言葉で説明するのは難しい人間の感覚や心情の揺らぎが見事に表現されています。

作中に流れる音楽がこの物語の中で何を語っているのかに注目して鑑賞しても面白いかもしれません。

◆映画『たかが世界の終わり』information

たかが世界の終わり

あらすじ:「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

上映時間:99分

〈2017年2月11日(土)全国ロードショー〉

▽公式サイト
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/[リンク
配給:ギャガ
(C)Shayne Laverdière, Sons of Manua

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あーる
    2.9
    独特な撮り方はそれぞれの場面で美しいと思うのですが、ストーリーの展開においては、不器用過ぎる家族間のもっと隠れていそうな闇を探したり、見方が素直になれず、でした。
  • みかん
    4.5
    ただただ演技力がすごい。
  • imapon
    4.0
    生ぬるくない。随分意地悪な家族愛作品。執拗なアップの絵で綴られる会話劇で背景など観客の脳内補完に委ねられる部分か多いためミステリー的に楽しめる。 ヴァンサン・カッスルの極端なキャラにドン引くが、終盤は圧倒される。 本題を言い出しかねてる主人公だが、実は家族全員、察していると仮定すると、また別の見えかたも。 若い才能の監督で初めて見たが他もチェックしたい。 ただ、音楽の選曲、使い方はあまり好みじゃない。「恋のマイアヒ」懐かしかったけど2チャンフラッシュが浮かんじゃって、集中削がれたわ。
  • HirokiTakeshita
    3.0
    MOBYのエンドロールはCOOL
  • ri7ri318
    3.3
    妹の健康が心配。
  • ライアンゴズリング2世
    4.1
    〝 家は救いの港じゃない 〟 ずっと楽しみにしていた本作。(やっと田舎公開…) 観終わった後に脳裏に霞むあの顔が忘れられない… グザヴィエドランの作品を毎回観る時って、美術館に慣れない絵画を観に行くような感覚。 彼は〝彼にしか無い感性の造形美〟の表現が上手いなって思ってます。 僕の浅はかな映画の知識の中で現代における、 撮り方(製作)が斬新な人がドランと3人いて、 ▷テレンスマリック ▷ニコラスウィンディングレフン ▷アレハンドロゴンザレスイニャリトゥ こう見るとエニュエルルベツキ在りきな感じですが、 この4人の感性というのは異彩を放ってるし、 万人受けされないんですが誰にも真似出来ない 個としての感性に長けてると思ってます。 自分の中に無い感性を見出して高めたいとか 思って映画にハマった意識高い系の自分にとって、 上記の4人は教科書のようなお手本の教材というより、 教科書などのマニュアルに囚われない先駆者のような存在◎ 話が外れたけど今回でドランが理解されにくい作品を作った事によって その独創性が失われるような万人受けを考えた作品に転換しないで これからもドランにしか作れない〝愛に繊細な作品〟を作って欲しいです◎ 「 家族といえど自分以外〝他人〟でしか無い 」 やっぱり観る人を選ぶ作品なんだろうな〜〜 って構えてたんですが、そうでも無さそうで 誰にでもある【言えない】を題材に 物語の真髄は台詞から多くは語られない、 役者の表情・仕草・行動から伝わる 〝語らずの美学〟言わば演技力に魅せられた作品かなと。 今まで画角に特徴があったドランが一切手を加えて無かったのは驚きと勝負に出た感じがする。 本作で登場人物の全身が映るシーンがほぼ皆無に近い。その人の顔に絞って表情をきめ細かにこちらに伝えようとしてる。闇雲になっている関係性を表すかのようなわざとピンボケさせてるシーンが多々見受けられた。 あと役者が本国語(フランス)を話してるのは良い✰ 戯曲題材の作品なので日本人は尚更理解し難いんだろうなこれ𓅼𓅼𓅼 まあ褒めたような事書いてますけど、この世にたったひとつしか無いかけがえのない〝家族〟を大切にできない作品に好感なんて満更持てないので、家族は大切にしようって思いました𓂂𓏸
  • TakaoOikawa
    4.5
    フランス映画オールスターとも言える陣容で先制パンチ。ハマりすぎのオープニング・エンディングの選曲は書き下ろしかと思うほど。"家族"という免罪符と共にある、素直であるべしという押し付けや抗えない距離感の近さを端的に示すクロースアップの多さで、家族だからこそ語りづらい所がある圧迫感を的確に表現。そんな感情を煽るカット割と音達で仕上げたホームドラマへのアンチテーゼに喝采。
  • こてぴりあん
    3.7
    全てそれぞれの愛のかたち。 優しかったり、暖かかったり、尖ってたり。 彼の決断もきっと愛のかたち。 期待しすぎた感あったかな、 共感できる日がくるのかな。
  • KeitoSuzuki
    4.0
    12年ぶりに帰郷したルイと彼を待っていた家族との会話(対話)が軸にしてなってる。帰ってきてから、日が暮れるまでの僅か数時間の話。 色んな角度から人物を撮ったり、音響効果をフルに駆使したり、照明やアイテムを舞台演劇のごとく活用したり。意味ありげな描写が多い。 会話が主になる映画ってテンポが軽快だったりサスペンス要素があって観客を引き付けたりコメディ要素があったりするんだけど、この映画はそのどれでもなかった。かといってシリアスでもない…。一つ一つの話の流れはごく自然で、説教臭くもなくスッと入ってくるけど、でも考え直してみるとこれはなんの話なんだ…?となる事が多い。 色々言ったけど、振り返るとすごく質の高い良い映画だった様な気がしてくる。音楽とキャストと監督が素晴らしいからかな…。
  • ググ
    3.5
    キャストの演技力がすごすぎる。 「たかが世界の終わり」のタイトルが個人的に好き。 曲は良すぎた。
  • がらん
    4.2
    オープニングから引き込まれて、続く俳優陣の光る迫力にまるで座席に押し付けられたかのような感覚に…。これこそ日常のリアルだよなあと思わせる会話劇に感激。
  • とっぴぃ
    3.0
    感情のぶつかり合いがすごい。会話劇。
  • tomoko
    3.5
    家族の話。こんな家族の形もある。(ありかなしかで言ったら無しだけど、実際にある。) 家族=愛というのは正しいのか?ただの切っても切れない縁じゃないかと思う。 でも感情的になってしまうのは愛があるからなのか…私にはムズカシス。 とにかく、カンヌが好きそうな映画でした。 奇をてらわない。 繊細に表現されております。 恐怖を感じさせる音楽、暗い影像、不安を感じさせる外の音。瞳に映る世界、涙。陰影。 原作?は演劇の、まさに世界の終わり。 使われている音楽が素敵で、全部好きでした。影像もとても素敵。
  • RYUYA
    3.5
    全編クローズアップでお送りする『家族はつらいよ(マジメに)』 まず批判すると、このカメラのアイデアは『フェイシズ』で散々観たから新鮮さはさほど感じなかったし、会話劇にしては表現がいちいち暗くて回りくどくてまるで湿ったシメジみたいで鬱陶しかったし、登場人物全員もどかしいし、「こいつ、またゲイかよ…」って思ったし、タイトル気に食わないし、何よりヴァンサンカッセルのアップはキツいし…。 でも飛行機内のファーストシーンの子どもっちと、クライマックスの修羅場のオレンジと、最後の”小鳥”が彼の未来を暗示する演出は飛び抜けてクッソ素晴らしかった。 マリオン・コティヤール大好き。
  • くりっきー
    2.5
    ひたすら重たくメンタルブレイク。 実際に言いたいことと言いたくないことを上手く相手に伝えきれないもどかしさがひたすら苦しい。 レア・セドゥがめちゃくちゃもったいなく感じたけども、フランス映画的にはありなんですよね。 と、思ったけど、家族とは言えど自分の人生は自分の人生と言う辛さを目の当たりにすること「あくまでも自分の人生の終わり=あくまでも自分の世界の終わり」という現実は現代的な考え方かもしれないとちょっと思った。
  • なっき
    2.0
    ナーシ! 99分も要らない 10分短編でいい
  • Nao
    3.6
    記録
  • s
    3.5
    50
  • すのう
    3.5
    何か小さな棘が刺さったままな感じ 音楽と映像美、言葉の言い合いはこの監督ならではだと思う 一番印象的なのは最後鳥が部屋中を物にぶつかりながら飛んで最後床に倒れているところ まるで自分がいる事で家族を乱したルイを重ねられるシーンだった
  • HAL
    4.0
    登場人物も場面もあまり変わらない。 終始ヒリヒリした濃密な会話劇と不器用な愛の話。 家族だから愛したいし自分の事を理解してもらいたい。でも家族とはいえ他人。全ては理解は出来ないしコンプレックスも感じる。ふとしたきっかけで、かけ違えたボタンはそのままちぐはぐなまま戻せない。そしてそういった事が家族だからこそ余計に辛いし諦めきれない。 でも母親がルイに言った「理解は出来ない。でも愛している。」と言った言葉に全てが集約されていると思う。 過去にあった事など余計な説明や演出が無いからこそ自然で生々しくて見てて辛い。 でもその生々しい感じがドラン作品だし私はそこに惹かれる。今回も気づいたら泣いてた。 ドランまだ28歳なんだよね。 本当に凄い。私はずっとドラン作品を見続けるんだろうな。 そしてもちろん今回も映像と音楽が最高! どのキャストも素晴らしかった。オーディションしていないらしいから、あて書きしたのかな? 主人公のルイを演じたギャスパー・ウリエルはとてもセリフが少なかったけど仕草や表情で語り、そしてとても美しかった。 レア・セドゥはやっぱり好き!
  • wabisuke
    3.5
    鑑賞記録
  • 山口康成
    2.0
    denkikanにて。 やっぱりこの監督の作品は苦手です。。。
  • コウ
    3.8
    公開初日、劇場視聴。 家族と言えども他人で、決して理解は出来ないけれども、しかし誰にも奪えない程に愛しているという悲しさにやるせなさ、優しさ‬ ‪ルイの告げようとした事に誰か気付いていたのかと考えるとまた…‬ ‪抉られました‬
  • necoco
    2.8
    感想もかけなければ、点数さえつけられない。こんなことってない。整理できたら書きます
  • ひなこ
    3.0
    言い出せないルイと聞きたくない兄とそれに気がつかない母と妹。本当にこれが家族との最後になってしまうんだろうな。過去の話は語られないままで、行間を読ませる映画だった。
  • 花とうめ
    -
    家族といいながら、結局はそれぞれ他人であって、お互いに分かり合うことができないという現実がつらかった。 1つ1つのカットがとっても美しくて見惚れてしまったのと、音楽の選曲が抜群。
  • むねとしふうや
    -
    物語が長くて構造的というだけで面白いと言ってしまう蓮實重彦に敬意を表して、ただ長いだけのこの映画を面白かったとは言わない。しかし、この映画信じられないくらい短い…
  • えんどう
    4.0
    登場人物も場面もあまり変化が無くて、起承転結がはっきりしてない。家族の会話(言い合い)がメイン。しかも全員情緒不安定だし怒ってるから見てて疲れた。 でも、余計な説明が最大限省いてあるから全てが自然だった。こんな映画今まで見たことない。大衆受けする作品では無いと思うけど、グザヴィエドランが好きな人にはたまらなくゾワゾワする作品だと思う。
  • -
    OPとEDの歌詞があまりにもマッチし過ぎてる。『家は希望の港じゃない』。ドラン作品の中でもぶっちぎりの閉塞感、窒息しそうだった。だからこそ合間合間の音楽が爆音で流れるMVみたいなシーンがより一層いとおしい。
「たかが世界の終わり」
のレビュー(6598件)