【美しき天才!】進化を遂げたグザヴィエ・ドランが描きだす〈ある家族〉の〈愛の物語〉

2017.02.08
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

たかが世界の終わり1

2月11日(土)グザヴィエ・ドランの最新作、『たかが世界の終わり』が公開されます。2016年、ついにカンヌ国際映画祭のグランプリを獲得し、27歳という若さで全世界にその才能を見せつけた今作。

自らの死を告げるために12年ぶりに帰郷した男性と、彼を迎え入れる家族の〈ある1日〉をドランならではの映像表現とともに描かれています。

 

映画界の話題を席巻する美しき天才、グザヴィエ・ドラン

2009年、19歳での初監督作品『マイ・マザー』でのデビュー以降、美しき天才と呼ばれ、次々と人々を魅了する新作を生み出し続けるグザヴィエ・ドラン。

2010年『胸騒ぎの恋人』、2012年『わたしはロランス』、2013年『トム・アット・ザ・ファーム』と発表の度に国内外様々な映画祭で上映され、彼自身の経験や信念を反映したセンセーショナルなテーマや、アーティスティックな映像表現で瞬く間に映画界の注目の的となりました。

2014年には『Mommy/マミー』にて、巨匠ジャン=リュック・ゴダールと並んでカンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝き、その受賞スピーチで彼が語った「夢を捨てなければ、世界は変えられる」というメッセージは世界中のメディアが取り上げ、人々に深い感銘を与えました。

たかが世界の終わり2

  • ■心があたたかくなるわけでもない、悲しくなるわけでもない、切ないわけでもない、でも、観てよかった。観なかったわたしの人生はどうなってたんだろうという気持ちになった。グザヴィエ・ドラン!27歳!すごいよ!!(みわさん)

  • ■光をうまく取り込んだシーンを挟むことで重くなりすぎないで見続けることができました。今作ではピントと前後にずらすシーンが多く、またカメラで遊んでる!?と思って楽しく観れました(コマさん)

  • ■ピントとボケの使い方があまりにも巧妙で、音楽の入るタイミングから色味から、全てドランの作り出す唯一無二の世界観!(り さん)

《新たな挑戦!》グザヴィエ・ドランが本作で描いた愛の形とは?

これまで自身の作品において様々な愛の形を描いてきたグザヴィエ・ドランですが、その形は何かしら自分自身を投影した〈主人公〉と〈母親、恋人、友人、兄妹〉などの、二者の間での愛でした。

しかし、今回彼がテーマにしたのは〈家族の愛〉。主人公の男性を含め、彼を迎え入れる家族それぞれが不完全で、自身の在り方や家族への複雑な思い、様々な迷いや悩みを持ちながら生きています。

12年ぶりに集まった家族の、核心を避ける意味の無い会話や、ためらい、沈黙の時間、そして家族だからこそ起きてしまう激しい衝突。

現代の多様化する家族関係に於いて、誰もがどこか共感できるであろう複雑な家族の形がスクリーンに映し出されます

これまでの作品とは異なる、家族だからこそより複雑な愛の形をドランはどう描くのか彼の新しい挑戦を目撃することが出来る作品なのです。

たかが世界の終わり3

  • ■切っても切れない存在。とても寂しくて、冷たいやりとりの中で、各々がぶつけ合う感情だったり言葉だったりがすごく重かった。大きな事件なんか、何一つ起きてないのに、見離していい瞬間が一度もない(ChihiroTarumii さん)

  • ■沈黙と発話、兄と弟、情熱と冷静、様々な二つの間にある物なんて本来何も大したものではないはずなのに、何がそんな狭間を広げているんだろう。100分がとても短かった。感情のやりとりがここまで密だったからかな(和出善大朗 さん)

  • ■それぞれの嘘、秘密、葛藤、表情、沈黙は、全部愛だと理解できているのに、時に嫌悪感さえ抱いてしまった。けど同時にその人間らしさが愛おしくも感じるという奇妙な感覚に陥った。至近距離での撮影だからこそ捉えられ、映し出されたものだったから、本当に呼吸、まばたきすらも見逃せない(ヤマヒツジさん)

《今最注目の一流俳優が集結!》再び観たくなるほどの濃密あるやりとり

今作では様々な大作で主役を務める一流の俳優たちがドランの新作のために集まっています。

有名な作家として活躍しながらも家族に心を閉ざす主人公ルイを演じるのは『SAINT LAURENT/サンローラン』でセザール賞にノミネートされたギャスパー・ウリエル

兄に憧れる妹のシュザンヌに『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたレア・セドゥ。短気で暴力的な兄アントワーヌには『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル

口下手だが誠実なアントワーヌの妻カトリーヌには『エディット・ピアフ愛の讃歌』でアカデミー賞受賞のマリオン・コティヤール。そして家族を深く愛する故に過干渉気味の母マルティーヌには『わたしはロランス』に続いて二度目のドランとのタッグとなるナタリー・バイ

一流の俳優それぞれが演じる家族の中の一人としての演技は瞬きひとつにまで想いが込められ、言葉に出来ない感情がそれぞれの表情、動作から溢れ出し、どのシーンからも目が離せません

代わる代わる映し出される緊張感のあるやりとりは一度の鑑賞では全てを汲み取れない程の濃密さで観るたびに新しい感覚を感じる事が出来るかもしれません。

たかが世界の終わり4

  • ■映像美、音楽、演技力、どれもすごかった!表情や汗にフォーカスされていてこちらまで歯痒さと緊張感が伝わってくる。ドランのほこりを舞わせる演出が好き(mdayaka さん)

  • ■感情のぶつかり合い見事でした。思わず息を呑みます。楽曲のセンスも相変わらずで、とても心地良かったです(しょーた さん)

  • ■自分が後何年生きたらこんな感情を表現できるのだろうか。ドラン映画は絶対に名シーンってのを残してくれるよね。キャスト全員有名で演技最高だった(おち さん)

《90年代の懐かしい楽曲》偉大な音楽家との融合、印象的な音楽の効果

今作もこれまでのドランの作品同様、物語の進行において90年代の懐かしい楽曲と併せ、挿入される音楽が効果的に使われています

『トム・アット・ザ・ファーム』に続き二回目のタッグとなるガブリエル・ヤレドが作曲したワルツを聞いたドランは、すぐさまこの曲を最後のシーンで使いたいと思い、曲について以下のように述べています。

「すべての描きたい感情が見えたんだ。他人の言葉に耳を傾けることが出来ない人や、将来に起こることが予測できない人の無力さ、そして本来当たり前のようにある足下の地盤が思いもよらず崩れ落ちた時の気持ちだ」

たかが世界の終わり5

ドラン作品ではおなじみの色彩の効果や光の印象を駆使した独特の映像。そこに挿入された音楽、楽曲の効果によって言葉で説明するのは難しい人間の感覚や心情の揺らぎが見事に表現されています。

作中に流れる音楽がこの物語の中で何を語っているのかに注目して鑑賞しても面白いかもしれません。

◆映画『たかが世界の終わり』information

たかが世界の終わり

あらすじ:「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

上映時間:99分

〈2017年2月11日(土)全国ロードショー〉

▽公式サイト
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/[リンク
配給:ギャガ
(C)Shayne Laverdière, Sons of Manua

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • のむらなお
    3.9
    1時間半の短編を見ているような感覚だった あのつまってく感じも、光の感じも、 私は好き。 ドランもう、、はい、天才、、ってなりました ふう
  • なつ
    4.5
    ええすみません、ドラン教信者です。 おまけに今回のキャストが発表された時点で身悶えしながら公開を待ちわびておりました。なので観られただけで満足です。 テーマはオゾンの「ぼくを葬る(おくる)」とかぶるのですが、こっちの方がある意味現実味があって痛いです。ドラン作品の中に出てくるお母様像ではもしかすると今回のギラギラブルーなお母様像が最も好感が持てる...かもしれない...かも、ですが。 ドランが苦手な人には決してオススメしませんが、私は大満足でした。ただ、精神的にかなり余裕があるか、もしくは大変きつーーーーい時に観た方がいいと思います。相当イライラしますよ、多分(笑)
  • アキミツ
    -
    怒る人苦手なので拷問のようだった 将来のイメージ
  • NatsuhaWatanabe
    4.0
    終始胸が痛い。 こんなにも自分だけでいっぱいいっぱいになる人間が集まるのか。 最後に笑った主人公の気持ちが少しわかる
  • orange
    4.0
    ドラン観るのはこれで5作目。原作は戯曲だがたいへんドランらしい作品だと思いました。 映画が始まる前、劇場窓口の人にずっと怒鳴っている人がいて、何があったんだろう、窓口の人ははい、はいと反論もせずに聞き流していて、クレーマーにこういう態度ってよくあるし正解なんだろうけど、つらいなあと思った。途中で聞こえてきたのは、嫌なことがあったから映画を観て、良い映画だったからやっと気分が変わったのに、台無しにされた。そうか、それでこんなにずっと怒っているのか。半分以上は理不尽だと思う。でも、つらい。この人の気持ちは、たぶん伝わらない。 扉が閉じられてやっと怒鳴り声は聞こえなくなった。そんな気分のままこの映画を観た。 …… 兄のキャラ良いな。身近にいてほしくないどころかフィクションでもしんどいけど。 ドランはいつも選曲センスが良いというイメージあったけど、最初のあたりは曲の方が強すぎてMV状態だったし(カミーユ久し振りに聴いた、良い)、途中で出てきたあの曲には意表を突かれたよ~。世界的ヒットソングのあれ、たぶん日本以外でも同じようなイメージじゃないかな。EDもMobyってベタだけど世代が違うとまた違うのかな? 帰りに本屋に寄ったらちょうど麻生みことの『アレンとドラン』が平積みされていたので買って帰りました。
  • KATSU
    4.1
    イライラするしモヤモヤするけど、見終わってからしばらくずっと考えてしまう。
  • Mizuki
    3.2
    人間関係で唯一家族関係に悩みのない自分には、何一つ共感ができなかったけれど、ドラン最高って言ってる自分が好きだから、ドラン最高って思いました。
  • yeal
    3.5
    映画でしか出来ない表現を演技○な豪華キャストで。 誰にでもあるのかはわからないが、家族との距離というものは難しい。 自分を形成するほとんど全ては、結局家族によるものなのではないかと思う反面、家族にとって自分が異質なものであるかのような。 観る人にどう捉えるかは丸投げして、延々と主観をぶつけられる映像と音楽と演技にただただ魅せられた。 わかったような全くわからなかったような。
  • あゆみ
    -
    母親が終始ミーシャジャネットにしか見えなかった。 自分勝手の独りよがりだけど思ったことをそのまま相手にぶつけられるなんて幸せじゃんね。 この感情、わたしも知ってた。 ドランの映画の中でかなり好きな方だった
  • さくらっこ
    4.0
    音楽がさいこー!!見終わった今でもずっと頭の中でリピートしてる笑笑 1つ気になったのは最後まで死ぬってことを家族は分かっていたのかな?っていうこととお兄さんが良い人なのか、ただのやべぇ奴なのかがわからなかった笑、最後の方のみんなが言い合うところはすごく圧倒されました!あー、もう一回見たいなぁー…
  • しんたろー
    3.9
    音楽と映像が好き。
  • イワシ100ミリ
    3.5
    恵比寿ガーデンシネマにて 音楽はひたすらに素晴らしい。冒頭から引き込まれる。 話としては情報が物凄く少ない。伏線の様なものがちらほらあるけど明確に明かされるものはほとんどなく、読み取れやと投げ出される。もともと音楽と映像がめちゃくちゃいいけれど、構成もどんどんアーティスティックになってくんだなぁ、と。自分にはキツかった。面白くなってきた!と思ったら終わってしまった。まぁこれは自分の見方が悪かったんでしょう。。 所詮家族、されど家族。夫婦は別として、親子兄弟ってのは望んで関係を結んだ訳ではなく別に会いたくもないのにいざというときは会わなければいけないんですよね。もう10年も会ってないのに僕の何を知ってるんだ、と。「それでも私はあなたを愛してるわよ」なんてどーでも良い、と。 マザーでもそうだったけど家族を手放しで肯定しない考え方はすごく好きです。 フラッシュ全盛期に中高生だった自分はマイアヒーでどうしても耐えられず笑ってしまった懐かしいですね
  • まつり
    4.2
    フランスの戯曲が原作の映画。 与えられる情報量がとても多い映画だと感じた。しかし一方で、それらの情報がわかりやすく提示されているわけではなかった。乱雑に、無造作に視聴者へと託されている。受け止め方が委ねられていると言うべきか。 タイトルの「たかが世界の終わり」だが、私はこの作品を象徴している言葉だと感じた。 「世界の終わり」という絶望的な印象を受ける言葉に「たかが」という3文字を付け加えるだけで、ある種の救いのようなニュアンスが感じられるようになる。それこそが私たち人間である。物語の主人公のような善人はどこを探してもおらず、誰しもが何かしらが足りない。しかし、そこには確かに愛がある。それはおそらく、とても素敵なことではないか、と。
  • yuzuruki
    -
    記録
  • soma
    3.5
    感情芝居が凄かった 主人公の目も凄く良い
  • Chihiro
    -
    たしかマミーあたりのインタビューで、ドランが「初期は母を罰しようとしていたけど、最近はちがう」、母を応援しようとしたとかそういうことを言っていた(うろ覚え)。今回は愛ゆえの愚鈍さではなく、不可知ゆえの深い愛で驚いた。ドランの母はどんどん強くなる。
  • ちさちさ
    3.1
    映像が綺麗でした。 役者たちがずっとドアップで、言い合うシーンとか迫力がありました! そして切ない(TT)
  • yuri0113
    3.5
    ドラン監督作品はじめてみました。 とにかく俳優陣が豪華でそれだけでもとはとれたかな?私はやぱりレアセドゥが好き。 私と家族の関係はああいう感じではないけど、近しい人にああいう感じの人がチラホラいて共感出来るんだろうなぁ、と。 まあ私の弟も、ウリエル的なかんじなんだけれども。ウリエル気取りもむかつくけれども。 流せない、感じにするのが上手い映画。他のドラン作品もみたい。
  • タラコフスキー
    1.0
    ドランの映画は基本的に好きなんだけど、この映画はちょっといただけなかった。 なんでこの映画が気に入らなかったか考えてみたら、やっぱり登場人物がほとんど基地外じみてて騒がしく、同じ家族物の作品である(舞台が原作ではあるけど)夜への長い旅路や八月の家族たちと比べて感情移入し難いものがあったのが最大の要因かと思う。 あとほとんど登場人物の顔しか映さないカメラワークも単調で、これまでのドラン作品と比べても映像の面白味が少なかったのもつまらなかった。演劇的な映画にしたくなかったのかもしれないけど、だからこそヴァージニア・ウルフなんか怖くないでマイク・ニコルズやハスケル・ウェクスラーがやったように挑戦的な映像にしてほしかった。 これだけならただ大した映画じゃなかったな程度で済んだんだけど、こんな粗しかないものにカンヌで賞が与えられたという事実が腹立たしく(これはドランのせいではないとはいえ)、ジョージ・ミラーらの目は本当に節穴だなと一層強く感じた。
  • ととり
    3.5
    間を埋める空疎な会話と居心地の悪さ。
  • tulpen
    3.6
    余命わずかなルイが12年ぶりに里帰り。 その話を家族にするために…。 手土産も持たずに来るから会話はギスギスし、言い争いに発展し、過去の確執までほり返しとんでもないことになる。 人を喜ばす手土産は大切だということを思い知るw 舞い上がる母、ヒスを起こす妹、激情する兄、怯える義理姉。 これだけ巧い役者たちが それぞれちょっとずつ過剰なだけでこんなに鬱陶しいとは…。 ただ、ガブリエル・ヤレドの音楽はいい! 「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」はマスターピースです。
  • moviemachine1
    3.7
    あまり説明をせず、映像や流れている音楽で、状況を観客が判断するような演出だった。 初グサビエ・ドラン監督作品です。 バックに逃れる音楽にジミー・イート・ワールド、blink182やMoby他の曲を使っているのが、27歳の監督らしいです。 家族5人を演じる豪華なキャストによる、重い雰囲気で、常々言い争いをしている家族ドラマでした。
  • halna
    4.0
    レイトショーにて ある家族のある1日を”観せられている”様な感覚で、長いこと??という感覚が消えず…。でもだんだんとわかってくる。お母さんもお兄さんも、本当は理解したのだと。お母さんの、”元気そうで良かった”という言葉はエンドロールのあいだずっと頭の中をぐるぐるしてわたしを切なくさせた。でもそれと同じくらい、お兄さんの感情が溢れたあの瞬間は本当に切なく苦しかった。あのシーンでわたしの中の主人公はお兄さんになった。 今度、グザヴィエ・ドラン ナイトしよっと
  • たけばやし
    2.5
    映像美はすごいけれど救いがなくてとっても内輪的できつかった。お兄ちゃんがわたしは好きになった。あと、主人公の元恋人の回想は美しくて好き。
  • makkkism
    3.5
    映像の美しさが素敵だった。ただ、家族だからこその苦しさを感じ、胸を締め付けられる思いで、映画館でなければ最後まで観れたかどうか…。そういう意味でも、この監督の作品はとても映画館向きだと思う。
  • Vega
    3.6
    かなりあざとい演出も堂々と披露されたらそれをドランと呼ぶしかなくなる。 大好きとは言えぬがとても気になるグザヴィエ・ドラン。 はぁ〜〜〜。窒息死するかと思ったよーーー。しんどかった。 ここに救いがあるとしたら、母の「次は大丈夫」という祈りにも似たことば。 兄のアントワーヌが不器用すぎて、ルイよりもずっと不憫で、息絶えた鳥はまるでアントワーヌのように思えた。
  • メイ
    4.0
    家の中で誰かが喧嘩してる時のあの感じ。 いつもいつもどうでもいいことで喧嘩ばかりしてるのに、それで家族の形を保ってる 喧嘩に関わってない自分は他人のような気がしてる、家族なのに、、、 他人が家のことを理解できないのは当たり前だと思う 自分も全部理解してる訳じゃないし、どちらかというと居心地は悪いから一緒にいたくない。 大事な局面になって関係修復しようとするのに結局みんな不器用でうまくいかない。 今度はうまくいくからっていうルイの母の言葉。 みんなそう思ってるけど、うまくいかず終わる家族の方が多いんだろーな。。。 ずっとモヤモヤしてることを映画にしてくれてありがとうと思った。。。 余韻がすごい。家にモヤモヤを抱えてる人は見たら共感するはず。
  • KENNYBOY
    3.0
    ある家族、12年ぶりに帰郷する息子。波風立てずに、コンプレックスを押し殺しながら絶妙に保っていた家族のバランスは、1日で音を立てて崩れ落ちる。ドラン史上最も狭きドラマ。兄があまりにも面倒臭いが、熟考すれば納得もできる。ギャスパー・ウリエルとマリオン・コティヤールの絶妙な距離感が巧み。あの、家族、これからどうするんだ。
  • メイ
    3.2
    これはどんな人でも、いえるとおもうのだけど、たいていは「狭い世界」に生きている。仕事場だとか、趣味とか。ほんとうの世界は限りなく広いものだけど、世界ってのは知っている範囲でができあがっていくものなんだと。。そりゃそうだよって思うけれど、案外忘れちゃってるもので。 この方たちにとっての世界は家族だったのだろうなぁ。 車に乗っててもそとの景色がぼやぼやでなんも見えなかったり、密閉されてて重かった。海底みたいな圧もあった。 時計の住人がパタリ、っていうのにはゾッとした。時間も世界に共通するところがあるなぁ、と。 ドラン、台所で踊らせるの好きなのかな。。 日本テイストなかんじもあったような。 「たかが」の使い方が巧みでした。
  • Yuyアイアムア主人公
    3.7
    エネルギーの高い映画。凄いものを見たという感じ。 ルイと家族関係を軽視しがちな自分がリンクして凄く心が痛かった。家族を思いやって居たいけど心の奥では、たかが家族って思ってしまう。実家の居心地の悪さ、でも切り離し切れない、捨て切れない家族という関係。ひしひしと伝わってきた。 ただ、それが自分だけじゃなくて、家族みんな、それぞれが、どこかで、理解されず、共感されず、不満を持って生活していて、全て含めて家族という関係が構築されているということに改めて気付かされた。 音楽が映画の一部になっている、どのシーンも美しくどこか儚さをまとっている、常に感覚を刺激され続けた作品。 居心地の良い不幸より幸福を…
「たかが世界の終わり」
のレビュー(7314件)