【★4.0の話題作】『かもめ食堂』の荻上直子監督・第二章! 性別、血縁を超えた家族の“普通の日常”に心揺さぶられる傑作邦画完成

2017.02.17
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

トランスジェンダーの女性とその彼、母が家出した孤独な少女。この3人の共同生活を描いた映画『彼らが本気で編むときは、』。『かもめ食堂』の荻上直子監督が5年ぶりに撮った最新作で、生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じたことでも話題の作品です。Filmarksユーザー限定の試写会も行われ、★4.0と好評! その見どころは?

kareamu1_2

荻上監督の新境地! さまざまな家族のカタチや、血の繋がり以上に強い結びつきがあることを気付かせてくれる映画

小5のトモは母ヒロミと2人で暮らしていたが、男を追ってヒロミが家を出てしまい叔父のマキオの家へ行くことに。しかしそこにはマキオの彼女でトランスジェンダーのリンコがいて……。最初は戸惑いつつも、家庭的で愛情あふれるリンコに心を寄せていくトモ。次第に家族のようになっていく3人だったが……。

孤独だったトモが徐々に家庭の温かさを知っていく姿、トモやマキオに愛情を注ぐリンコ、すべて受け止めるマキオ。性別を超え、そして血の繋がりも超えた家族の姿を考えさせられる映画です。

また、監督自身が「“荻上直子・第二章”の始まりです」と公言する通り、『かもめ食堂』のような“癒し系”とはまったく違う作品に仕上がっていることにも注目!

kareamu2_2

■かもめ食堂の監督がトランスジェンダーを題材にした映画とのことで少し嫌な予感がした。でも映画をみてその心配はすぐに払拭された。(norurunさん)
■わかりやすい御涙頂戴ものという感じではなく、監督独特の演出というか、美しくて自然で、時に笑いもあり、色々と考えさせられました。(sakaki0214さん)
■全体的に愛と優しさにあふれていて、すべてのシーンが映像効果や感情描写にきれいに繋がっていて、丁寧なのに無駄がない、とても美しい映画だと思いました。(makiko226さん)

丁寧に描かれたバックグラウンドにとらわれない、どこにでもある日常が胸に刺さる

劇中では、セクシュアル・マイノリティであるリンコへの差別や、育児に積極的ではない母親に育てられたトモの、愛情に飢えた悲しみも描かれています。そのため、セクシュアル・マイノリティの人たちへの差別意識やうまく関係が作れない親子の問題など日本にある社会問題を感じることのできる作品でもあります。でもそれ以上に伝わってくるのは、どこにでもある日常

リンコはどこにでもいる女性と同じように仕事をし、恋をして、子供がいる温かい家庭を作ることを望み、マキオはそんなリンコの中にある清らかさを愛し、トモはリンコの母性に惹かれ素直に愛情を求めていきます。

そんな彼らのバックグラウンドにとらわれない“普通の生活”が丁寧に描かれ、そこにある愛情や家族の姿が強く胸に刺さる映画になっています!

kareamu3_2

■とにかく暖かくも心に突き刺さり観た人の性別年齢関係なく必ず誰かに感情が移入できると思います。(norurunさん)
■誰もが大切な人を想うがゆえに、誰かを傷つけてしまうこともある。だけど現代では他者と違う人達が堪えなければいけないことが多い。考えさせられるテーマでした。(sakurabassさん)
■この映画のテーマは解決しづらいことなのに、すごく穏やかな気持ちにさせてくれる映画。(あずたんさん)

彼らが本気で編む“煩悩”も物語のアクセントに!

リンコが悔しい思いをしたとき、“煩悩”を放つためにするのが編み物。でもそのモチーフは実は意外なもの……。何を編んでいるのかは劇場で!

そしてリンコはある目標のために、その“煩悩”を編み続けます。目標達成のために一緒に作り出すトモとマキオ。この“彼らが本気で編む”姿がタイトルに繋がり、そして映画に込められた意味を理解する手がかりに!

kareamu4_2

■タイトルが変わっているなと思いましたが物語が進むにつれて段々理解していき、深く込められた思いもラストで静かにわかりました。(kitamitsuさん)
■トモを優しく包むリンコさんとマキオ、編み物に願をかけながら3人の関係をも紡いでいくなかで溢れる思いやりが胸に沁みました。(ひなたさん)
■複雑だけど題名の意味がわかると涙がとまらない(なつこさん)

難しい役を演じた俳優陣の演技も必見!

リンコには生田斗真、マキオには桐谷健太、トモには本作で映画本格デビューとなる柿原りんかそれぞれ心に葛藤を抱える難しい役を自然に演じているところはぜひ注目してほしいポイントです! ほかにもミムラ小池栄子門脇麦りりィ田中美佐子といった実力派俳優が出演しているのもお見逃しなく。

kareamu5

■女性の心を持つ男性の母性愛を演じる生田斗真さんの演技が光りました。子役の柿原りんかちゃんも演技が光ってました。(じゅうじゅうさん)
■子役ちゃん、スゴく良かった!『すげ〜』のリフレインが耳に残ってる。(mewさん)
■登場人物それぞれの強さと弱さが丁寧に、丁寧に描かれていて、きれいすぎて怖いくらい美しかった どうかこの映画がもっと多くのひとに届きますように………(NatsukiFukayamaさん)

◆映画『彼らが本気で編むときは、』 information

kareamu1_2

第67回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門、ジェネレーション部門 正式出品作品
文部科学省選定作品(少年向き・青年向き・成人向き)

あらすじ:優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。
小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

上映時間:127分

2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:http://kareamu.com/

配給:スールキートス

(c)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

※本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年2月6日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Ruu
    4.0
    リンコさんの女子力ハンパない 仕草ひとつとってもそこらの女より女らしい 全国の女よ、見習え 心揺すぶられいろんな感情が沸き起こり終始泣きっぱなし 自分自身が身体の突貫工事の仕方の知識あるだけにリンコさんの説明がものすごく簡潔で分かりやすかった。今度誰かに説明するときそのまま引用させてもらう
  • ウエ
    3.5
    2017・03.11 TOHOシネマズ日本橋 「チョコレート・ドーナツ」を明るくした感じの話だった。 予告見た時は面白そう!って思ったけど、それほどでもなかったな。 この監督のいつもの感じ。優しくてゆっくりで少し退屈な。 でもとてもいい映画だったと思う。 乗り越える、とか勝つ、とかじゃなくて「受け止めて飲み込む」っていうスルーの仕方が現実的で良かった。 だって劇中に起きた問題って何も解決してないもんな。 何も解決してない、過ぎゆく日常の一部を切り取った、退屈だけど良い映画だった。
  • いっしゅー
    2.7
    トランスジェンダーを主役にした映画を全国公開したこと、 俳優含む製作陣の求める理想を完璧に映せたこと、 LGBTがどこにでもいることを伝えたかったという監督の意図は評価したい。 それはそれとして、 出てくるのはシスジェンダーで恐らく異性愛者の監督が思い描く、または知る「トランスジェンダー」で、実際はそれが全てじゃない。 ゲイのキャラクター描写がステレオタイプ。(好きなサッカー少年の先輩もゲイだったなんていう設定でもなかった) リンコはトランスジェンダーの異性愛者でマキオの性的指向も異性愛者なので、「指向には口を出さないけど」という姉の台詞は誤解を招く。 など、つつき始めればキリがないのだけど。 非当事者が「分かってます」と当事者の声を代弁してしまうのはとても危険なので、その辺の意識が監督にはなかったのも残念。 トランスジェンダーが抱える苦労を伝えてはいた。
  • ysk
    3.5
    生田斗真美人すぎる。 切ないけれど現実的な物語だった。それぞれの気持ち、決断がどれも理解でき(娘を置き去りは除く)たため少々複雑な気持ちになった。
  • RCP90
    4.2
    母性を得る物語。淡々と進む日常の時間が丁寧に撮影されていた。 回想シーンで、中学生の頃のリンコさんを演じていた子役の演技が秀逸。
  • Tzuhsin0724
    3.6
    ちょっと長い でも、良いテーマです!
  • さな
    4.0
    みんなに観てほしい作品。 リンコさんきれい。
  • 学者
    3.0
    備忘録
  • shocoohyama
    -
    今更ですがレビューを。と思ったのですが、とにかく観て欲しい!それに尽きます。 大きなテーマは、やっぱり“母性”なんだろうな。リンコさんの、なんというか、“トランスジェンダージョーク”がまたセンス良くって一気に距離を縮めてくれる。そして美しい。 母性といえば、『チョコレートドーナツ』が記憶に新しい。レビューでもチョコドナのこと書いてる方、多いですね。 どちらも深い母の愛を感じる作品。
  • えんさん
    2.5
    11歳のトモは母親との二人暮らし。しかし、男にだらしない母親はトモの育児を放棄し、男を追って家を出てしまう。行き場に迷ったトモは困ったときに頼りにしている叔父マキオを訪ねる。いつもはマキオとともに母の帰りを待つトモだったが、そのときマキオはある人との同棲をしていた。それはトランスジェンダーのリンコ。母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコの存在に最初は戸惑いながらも、三人での奇妙な共同生活が始まっていく。。「めがね」のç直子監督が5年ぶりに撮り上げた人間ドラマ。 「かもめ食堂」や「めがね」など、ちょっとおかしな世界でマトモなことを描いていた萩上監督の5年ぶりの作品。まぁ、この萩上監督の姿勢を見ていれば、本作のようなアプローチをしてくるのは分からなくはないという感じの作品になっています。家庭の問題を抱えているトモが、いつも頼りにしていたマキオを頼ると、彼の家にいたのは女性の格好をしている男性のような存在の人。最初は奇妙な変人を見るような目をしてしまうトモだったが、女性よりも女性らしいリンコを素直に受け入れていくというお話。ただ、僕は、このトランスジェンダーであるリンコなり、彼女と同居をするようなマキオをおかしな世界感という小さな箱に閉じ込めてしまうのは、あまりにセンシティブというか、問題をタブー視しているように逆に感じてしまうのです。いわゆるLGBTの問題は社会がオープンになってきているとはいえ、扱うのは非常に難しいところではあるかなと思うのです。いい作品であるとは思うんですけどね。 例えば、本作に登場するリンコを普通の女性とした場合、お話としてはすごく面白みに欠ける作品になるのです。トモが頼ったマキオの家には同居し始めた女性がいて、その女性に母親意識が芽生えると、産みの母親との対立劇になっていく。すごくまともで、特に映画にする要素はない。やはり、本作はリンコをトランスジェンダーとして扱うことで、そのことにフォーカスさせてしまう作品になってしまうのです。だったら逆に、熱演している生田斗真には悪いのですが、リンコを役柄上はトランスジェンダーでも、役者としては普通の女性に演じさせたほうがよかった。そのほうが作品としてのズレの面白さというところが出て、より萩上監督らしさが出るかなと感じるのです。 主演である生田斗真には悪いのですが、彼が熱演を見せるほど、作品的にはより奇異に映ってしまったかなと思います。ただ、マキオを演じた桐谷健太はとても静かな演技で、作品をしっかり支えて好印象でした。
  • ryohei
    4.1
    生田斗真が途中から本当に女に見えてきてすごかった。一般的なお母さんよりもきっとお母さんってのが本当にこの世にあるんだろうなって考えさせられた。 子役の子よかったので、これからも是非活躍してほしいです。 若いうちから、こういう映画みてほしいな。 (もちろん泣いてます笑)
  • ヤマモト
    4.0
    記録
  • ChiakiNinomiya
    4.3
    トランスジェンダーという、難しいテーマをぐいっと胸ぐら捕まれた感じ。差別してるつもりがなくても、関わりたくない人ほどそういう人達を傷つけてたのかも。見てよかった。中学生から見て欲しい。
  • しろくま
    4.2
    記録
  • 蜜柑
    4.5
    久し振りに劇場で泣きながら観た作品 毎日を丁寧に生きたくなった 記録:劇場
  • コリ
    4.0
    母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。 クスッと笑えてて優しい気持ちに溢れた映画! 映画「チョコレートドーナツ」のような感じです。 生田斗真さんのトランスジェンダー役が素晴らしい演技力! 3人で毛糸を編む姿や、桜並木を自転車で走るシーンは微笑ましい♪ 「ビールを発明した人にノーベル賞をあげたい!」の提案には大賛成です!(^^)
  • いくみ
    4.2
    自分にちんちん生えてたりヒゲ生えてきたり腕毛ボーボーだったりしたらすごくつらい。と思ったらなんて過酷な人生なんだろうと思った。りんこさんの強さ、周囲の優しさに泣けた 生田斗真がきれい、子役が天才
  • ともこ
    4.0
    記録用
  • TakeruI
    3.8
    記録
  • Utsumingosu
    3.7
    荻上直子といえば、わたしが美大を目指す前それこそ一般大で腐っていた頃「星ノくん夢ノくん」に夢をみせていただき「バーバー吉野」に希望を見出したのはもう10年以上も前の話。なのだが、ここまで考えさせる映画を撮る人だったのか。最近の文化庁助成金この手の作品多いね。なにより役者の演技は抜群に良いのに、彼女の演出と肌と合わなくなってきた。 なにも考えなくて良い、感じろ!的な映画の人じゃなかったけ。いまだに謎に脳内でもたいまさこが「どんとしんく。ふぃぃぃるぅう」て言ってきてるんだけど、どうしたらいい?気持ちは「かもめ食堂」でお越ししてるのに「湯を沸かすほどの〜」並みに重い。そして生田斗真が女性なんてずるい。橋口亮輔「恋人たち」みたいに本業俳優じゃない人たちで本作を観たら、また違った印象だったであろう。
  • ユキ
    -
    2017 9本目
  • MaiUmegae
    5.0
    大好きなテンポ。映像。そして斗真。笑 ドラマティックではないけど、深く考え、涙を流さずにはいられない。 いろんなこと、考える映画だった。
  • KentaHanaue
    3.9
    ひたすらに男性自身を108個編み続けるという話。 まだまだ虐げられるイメージのマイノリティですが、徐々に虐げる側の肩身が狭くなって来たように感じるのは、日本も徐々に他人に寛容な国になって来たという事なのでしょうか。 そうである事を願います。
  • ちぃ
    4.0
    記録 17-10
  • 宮沢茉珠
    4.0
    生田斗真さんの1つ1つの所作や言葉や音程が女性で、メイクでも男らしい顔立ちを消していたのがすごい。 "リリーのすべて"では、エディさんのメイクが邪魔して女性に見えづらかったが、"彼らほんきで編むときは"では、メイクも完璧で、リンコさんに違和感を覚えなかった。 ストーリーも凝っていて、昨今LGBT問題に取り組み始めている日本にはジャストタイミングな作品かと思われる。
  • くにかね
    3.8
    とてもよかった。 こういう映画にジャニーズが出るくらいの世の中になったんだなって思った。 たまにくる下ネタが微笑ましかった。 編み物っていいなぁ。
  • kaori
    4.0
    今や、テレビでもオネエの皆さんが活躍されているし、昔ほど偏見は無いのだろうが。 でも、テレビでもおもしろキャラとしての存在が際立ち、仕事も夜のお仕事についているようなイメージがあるのは否めない。 そうではなく、男性として、女性として、普通に暮らしていけるようになるには、もう少し時間がかかるのだろうか? 「オネエ」というキャラではなく普通に…だが、普通に生きている彼らのほうが偏見を持たれるのか…リンコのように。 トモのクラスで…それにしても黒板に書くのが好きなガキどもだなぁとは思ったが… 「変態家族」と書かれてしまったトモって…これはもう、いくらリンコのことを思って慕って理解していても、正直負ける気がする。 子供って学校がすべてじゃないか?ここでうまく生きていけないと、もう終わりな気がしてしまう。だからすぐ死んじゃうし。 ここでは、さらっと流されたが、本当は「変態家族」で、この生活は終わりな気がする。 この後、トモが学校生活をどんなふうに過ごしていたかが描かれていないが… でもね。実は今の子供たちって、もっといろんなことに理解があると思うのだ…大人よりも。 私の子供が…20代前半の子供だが、小学生、中学生の時、同級生にもうハッキリとトランスジェンダーな子がいたのだよ。 心が男で身体が女、心が女で身体が男、どちらもいたのだよ。 心が女の子の子は、普通に女の子と混じってキャピキャピしていたらしい。 心が男の子の子は中学ではソフト部だったけど、高校は野球の強いところに行ったのだ。より男に磨きがかかっていたっけ… うちの子供の子供時代でも、これだけ理解…というか、普通に子供同士接していたわけだから、むしろ、親である私らのほうが「へーー、ほぉーー」と度肝を抜かれるやら感心するやらでして。 だからきっと、この映画のように悲しいこと…トモがからかわれたり、児童相談所に通報されたり…そんなことは実際には起きないのだ…と信じたい。小池栄子みたいな人はいないのだ…と信じたい。 性教育映画として、小学校、中学校で上映したらいいなぁーと思っていたが、むしろ大人が勉強すべきことなのかもしれぬ。 自分の子供がトランスジェンダーだったら…ブラジャーに詰め物をしてやれるだろうか…考えさせられる。 美しいリンコ、リンコを自然に好きになることができるマキオ、そこにトモが加わって…本当に家族になれたら良かったのに。そうならないことは分かっていたけど…辛かった。 適度な下ネタも微笑ましく… チンコを編み、チンコを投げ合い、チンコを燃やし…こう書くと、適度な下ネタに見えないが… リンコさんのチンコはリサイクルされ、中身を取って裏返して作った穴に貼ったんだと… 「スゲー、スゲー、スゲー」 トモがリフレインしていたが、私の心の中では今でもリフレインしているよ。 この映画を観て、泣いてしまったが…泣かなくていいようになればいいなぁ。 リンコさんが泣かないでいい…そんな風になればいいなぁ。 悲しく切なかったけど…いろいろ勉強になりました。
  • hana
    4.6
    涙も鼻水も止まらず、こういうの弱い。映画館で見れてよかった。 トランスジェンダーの映画というだけじゃなくって愛に溢れていた。みんな間違っていなくて、葛藤していて。近い未来に色んなものの在り方が変わるかもって思わせられた 大切なものは目に見えないのかなと思わせる表現もあって、だけどカタチが全てを規定してしまうこともあって。 とにかく生田斗真に主演女優賞をあげたい。
  • たの
    -
    子役の子凄かった
「彼らが本気で編むときは、」
のレビュー(3391件)