マイケル・ファスベンダーと初対面の斎藤工「空前絶後の喜び!」【取材レポート】

2017.02.17
記者会見・プレミア

Filmarks編集部

フィルマーくま

アサシン クリード

3月3日(金)に公開される映画『アサシン クリード』の舞台挨拶が先日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、主演のマイケル・ファスベンダーが登壇しました。

ファスベンダーが日本で一般向けのイベントに登場するのは今回が初。「コンバンハ。トウキョウ!」と日本語であいさつすると、会場につめかけたたくさんのファンは、盛大な拍手と歓声で迎えました。

実は昨年の10月に初来日していたというファスベンダーは、すっかり日本が気に入った様子で、「早く帰ってきたかった」とコメント。イタリアンと並んで日本食が一番好きな料理とあかし、「建築やデザインも気に入ったけど、みんなフレンドリーで規律を重んじる風潮や他人に対するリスペクトがすばらしい」と満面の笑みを浮かべていました。

アサシン クリード

本作『アサシン クリード』を“愛の結晶”と語るファスベンダー。「映画化の話が出たのは6年も前のことで、今日ようやくここまでたどり着きました」と想いを明かしました。

全世界で大人気のゲームをアクション映画として昇華させた本作でファスベンダーは、「パルクール」というアクションにも挑戦。“忍者スポーツ”とも呼ばれており、走る・跳ぶ・登るなどの動作が複合されていますが、このパルクールについてファスベンダーは、「38歳ではじめるのは年を取りすぎていたけど、子どもの頃から走ったり木に登ったりするのが好きだったから、自分には合っていると思った」と言います。CGなしで挑むパルクールアクションにも注目ですね。

アサシン クリード

今回の舞台あいさつには、ファスベンダー演じる主人公カラム・リンチの日本語吹き替えを担当した斎藤工も登壇。

ファスベンダーの大ファンだという斎藤は「あまりにも魅力的な笑顔で悩殺されそうです。たまらないです」と興奮をおさえられない様子。「とにかく今日は邪魔しないように、お吸い物のような気持ちで同席させていただきます。失礼します」と笑いを取りながらも控えめなコメントをすると、「とてもいいネタだったから僕も使わせてもらうよ(笑)」とファスベンダーの高評価をもらいました。

アサシン クリード

斎藤が登場するなり息ぴったりのかけあいを見せた二人は、ときおり言葉なく見つめ合うシーンも。共演の可能性についてファスベンダーは、「兄弟の役や『アサシン クリード2』でもいいね。可能性は無限にあるよ」とコメント。

これに対し斎藤は、「リップサービスもあると思うんで、実現させるためにはどうすればいいのかを考えながら、日々目の前にある仕事をがんばっていきたいと思います」と意気込みました。

アサシン クリード

『アサシン クリード』は3月3日(金)、全国ロードショー。

アサシン クリード

(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

配給:20世紀フォックス映画

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • そねしん
    3.3
    何年も前から楽しみにしてきたアサシンクリードゲームシリーズの実写版。最新作シンジケートを除く、全シリーズプレイ済みの自分にとって、過去編(スペイン15世紀、異端審問時代)はスピード感のある爽快なアクションで、最高でした!アサシン教団の信条(アサシンクリード)、「真実は無く、許されぬことなどない(Nothing is true, Everything is permitted.)」のセリフが出た時は痺れました。しかし、原作ファンですら現代編に関しては訳がわからなかったです。まず、原作シリーズと世界観が違う事がちょっと残念でした。あんまり詳しく言えませんがラストも中途半端でスッキリしませんでした。「流入現象」で起こる幻覚や幻聴の表現はリアルでしたが、原作シリーズを未プレイの方には訳がわからないことだろうと思います。「流入現象」のみならず、「リンゴ」「エデンの果実」「アニムス」「テンプル騎士団」「アサシン教団」「アブスターゴ」などあらゆる単語が平然と出てます。ただ面白そうっていう理由だけで見たら確実に困惑するでしょう。ちゃんと鑑賞者層ターゲットを絞って欲しかったです。原作ファンのための映画なら、現代編を原作シリーズと繋げて欲しかったです。 もしくは映画なら過去編だけでも十分楽しめるのでは。マイケルファスベンダー主演で期待値高かったので、ちょっとショックです。
  • カジノ愛
    2.5
    PCゲームの本作が大好きなので、興味本位で鑑賞。 しかし、ゲーム経験者でさえも難解なシーンが多く、カタイ映画になってしまっていたのが残念。 盛り上がるようで盛り上がらない惜しい映画でした。 舞台が中世ヨーロッパと最高なのだから、現代のシーンは極力省いたほうが息苦しさがなくなると思う。 アクションシーンも、大胆なバトルではなく、アサシンらしい汗握る静けさが欲しかった。
  • エマ
    2.3
    映画の予告がかっこよくて期待高すぎた感じ アクションシーンはかっこいいけど、え、これで終わり?って思うくらいにはつまらなかった。
  • NATSUNATSU改
    3.8
    バトルかっこよかった!
  • 109
    2.6
    中世のシーンは最高だったけど、現代のシーンのテンポが…
  • かつお
    3.2
    原作のアクションを結構再現してるけど、説明シーンが多くて間延びしている印象。 今回でがっつり説明したから二作目が出るならアクションシーン満載で楽しくなりそう。 風景はリアルできれいでした。
  • ポリポリ
    2.8
    コンシューマ版は全タイトルをプレイしているほどのアサクリファンですが、そんな私ですら、なんだかよく分からず、その分からない部分も「まぁいっか」と思って観てしまうほど退屈でした シリーズをプレイしていてもそんな感じなのだから、これ、プレイしてない人からすると拷問でしょうね笑 なんだかよく分からない団体とたまーにバトルして、現代と過去行き来してる意味も曖昧で、なんかすべてがどうでもいいやってなりそう笑 何が悪いって、現代をやりすぎなんですよ 過去のシーンでバトルとパルクールをとりあえずこれでもかって見せつけて、謎みたいのは後回し(続編)にしたら良かったんです なんだよあのデカイアニムス とはいえですよ、 イーグルダイブ、フードの尖り、アサシンブレードの際の薬指等々、細かなところも忠実に再現してくれてるので、アサクリファンなら少しはオススメします、少しね
  • マッサージ屋
    2.0
    原作はゲームらしいがゲーマーではないので一切知らないです(^_^;) 祖先とリンクして祖先の時代で秘宝を奪う。 間違いなく映像は迫力あります! あのマシンで360度動けるのか?という疑問はさておいてもバトルシーンもかっこいい! でもストーリー的にイマイチよく分からないし、その世界観が理解しづらい。 ゲームをしてたら分かるのでしょうか?! 映像は凄いのに眠くて仕方なかったです( ̄▽ ̄) 【TOHOシネマズ モレラ岐阜】
  • まーちょん
    3.8
    いやもう厨二心がくすぐられっぱなし。
  • まな
    -
    記録
  • こがわもっこし
    3.3
    内容が微妙
  • マサ
    3.0
    500年以上前から続く禁断の果実をめぐるテンプル騎士団とアサシン教団の対立。どうするかわからないけどその果実を使えば暴力がなくなるのだ!続く気配…。
  • かおりるん
    3.0
    ゲームの元ネタ知識ゼロで鑑賞 当然だけどゲームを熟知した人間が製作してるわけなんだろけども、ワガママな私から言わせてもらうともうちょいと知らない人の立場になって作って欲しかった 主人公側目線で映画を観るからもちろんそっちが正義と思い込む(まぁ設定で敵は悪い奴なんだろうけど) 鑑賞後考えてみると、正しいのはどっちやねん?だからそれなんやねん?と湧き上がる疑問 そしたら案の定続編漂わせて終了 モヤっとした謎は次回でわかるんだろうね もう映画の終わり方じゃなく連続ドラマかーい! そんなこんなで高スコアは出ませんが、 なかなか渋めのアクションで立ち居振る舞いなんかはカッコよくて好き よくわからんかったが、よくわかりたいから続編に期待 観るんかーい 笑
  • oto
    2.2
    よくわかんなかった難しす
  • 花々
    3.0
    アクション激しいしファスもとってもカッコよかった!! でも結局機械つけてピョコピョコ飛んでるだけでは…と思ってしまい、あまり話に入り込めなかった。 続編に期待。
  • N
    3.0
    アクションがよかったと思うくらいだった。
  • tommy
    2.0
    寝落ちした。
  • rai
    -
    17/03/27(m)
  • A
    -
    記録
  • Gyoo
    3.2
    記録用 原作ゲームは未プレイで鑑賞. 幼少期:現在:大昔が1:4:5くらいの割合で話が進む. 先祖についての説明がさらっと終わってしまうため、時代と教団のことが事前に把握できてないと多少置いてけぼりを食らうかも. しかしその分アクションで満足できるようになっていると思う. そしてマイケル・ファスベンダーが格好良すぎる. ラストは続編匂わせと捉えて良いのだろうか...
  • 黒蜜きな子
    3.1
    建造物や、フリーランなどゲームに忠実でワクワクさせられ、CGではないイーグルダイブも良かった。音楽、映像◎ しかし主人公がアニムスに入っているシーン、そこから繰り広げるアクションが残念..。 過去の部分を重点に観たかった。 機械で記憶を再現している格闘モーションがちょくちょく入りすぎて記憶の中のアクションシーンがシラケる。 ストーリーは原作ファンではない人にとっては説明不足に感じる。 アクション映画として観るには少し小難しいと思う。
  • 霧島
    3.2
    いい意味でゲームっぽさ満載で良かった!あと5年早かったらマッツがアサシンでも良かったかな〜とも思いましたがふぁすかっこよかったよ。
  • かきのみ
    3.0
    映像やアクションはすごく綺麗、動きがゲームそのままでよかった。話はあまりよくない、が自分で主人公を動かしたかった。
  • なつき
    4.0
    実写版というのは大抵原作を知らない人もわかるように作られ、結果原作ファンの反感を買うという流れがテンプレ。なのに潔く原作ファン向けに作ったその姿勢、嫌いじゃありません。 ゲームだけでなく、その時代のスペインの状況を理解していなければ、ゲーム経験者でも難しいかもしれない。 過去の時代設定である1492年は、当時まで数百年間海を渡りモロッコからやって来たイスラム教徒からキリスト教徒がスペインを取り戻した年。金銭的に余裕ができ始め、女王がコロンブスに援助をしてアメリカ大陸が発見された年でもあります。 国を1つの宗教で統一するため、キリスト教徒らしくない行い、もしくは異教徒は告発され、異端審問にかけられ処刑されました。作品内ではまだイスラム教徒最後の拠点であるグラナダはまだ取り返せていないので、レコンキスタと呼ばれるこの再征服はまだ終わっていません。 アサシン教団とテンプル騎士団は数世紀もの間ずっと戦いを繰り広げていました。人類の秘密などが隠された秘宝たちをがテンプル騎士団の手に渡らないようにです。主人公はそのアサシン教団の団員の一人を先祖として持ち、秘宝を探しためその先祖の記憶の中へと入って行ったのです。 ゲーム内のように過去の記憶の中でミッションをこなす要素が少なく、重点が現実世界に置かれていたのが新鮮でした(自分的にはもっと記憶の中での行動を見せてもらいたかったけれど)。15世紀後半の街並みの再現がとても素晴らしく、現代の施設もまたいい感じにSF感出てました。スタッフロールの長さにも納得するくらい、たくさんの人が関わっていたのでしょう。 原作ファンは素直に楽しめますし、そうでない人でも多少の予備知識を得てから観れば同じく楽しめると思います。 続編ができそうな終わり方だったので、第2作を楽しみにしています。
  • 鈴木ゆ
    3.3
    続編があるといいです
  • ひが
    3.5
    ゲームの内容を知っていないと難しいと思った。マイケルファスベンダーがかっこよかった。
  • wyzbar
    3.0
    □物 語 ★★★★★ ★ □配 役 ★★★★★ ★★ □演 出 ★★★★★ ・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ・喜怒哀楽 ☆☆☆☆ ・ドキドキ ☆☆☆☆ ・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆ ・エンディング ☆☆☆☆ □映 像 ★★★★★ ★★ □音 楽 ★★★★★
「アサシン クリード」
のレビュー(2769件)