映画初日満足度ランキング(2月第4週)発表!《Filmarks調べ》

2017.02.27
編集企画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年2月第4週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(2月第4週上映スタート作品)

※2017年2月27日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『ラ・ラ・ランド』の評価・レビュー

lalaland_p

映画を観ているだけで踊りたいような気分になったのは初めて。音楽や映像をまた観たいからもう一度行こうかな(20代・男性)
・この作品を鑑賞した人はとてもとてもとてもラッキーだと思う。きっと10年後20年後30年後も映画館で観たことを忘れないし自慢できる映画。すごくすごく素敵な時間でした(30代・男性)
この映画大好き!最高に楽しくて、ロマンティックで、映画愛に満ちあふれ!ライアン・ゴズリングの困り顔が胸に焼きついて離れない。号泣!(50代・女性)

こちらもあわせてご覧ください!

【絶賛の声多数!】全ての人の心に鋭く優しく突き刺さる映画『ラ・ラ・ランド』

▼その他のレビューはこちら

■2位:『彼らが本気で編むときは、』の評価・レビュー

彼らが本気で編むときは、ポスター

一昔前と比べるとこういった題材の作品が多くなり、世間一般的にもこういった考え方が浸透してきているのかなと思えます。(30代・男性)
2時間の中に沢山のものが詰め込まれていて、この感動は観た人にしかわからない(20代・男性)
たくさんの人に観てほしい。興味ないとか関係なく。勉強もしてきたけど、実際自分の周りにいた時に、自分の子どもがそうだった時に、りんこのお母さんみたいに振る舞えるのかなって、苦しくなった(20代・女性)

こちらもあわせてご覧ください!

【★4.0の話題作】『かもめ食堂』の荻上直子監督・第二章! 性別、血縁を超えた家族の“普通の日常”に心揺さぶられる傑作邦画完成

▼その他のレビューはこちら

■3位:『バンコクナイツ』の評価・レビュー

バンコクナイツ

タイは楽園。それが良くわかる映画だった(50代・女性)
この映画が素晴らしいのは、日本人の趣味の悪さを描くだけでなく、現地の人間の視点から見た、彼ら自身の生活や働く目的、さらには幸せの追求までをも映し出している点(20代・男性)
東南アジアのタイでの「女・薬・銃」という3つの裏経済を知るのには良い作品だったと思います(30代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■4位:『トリプルX 再起動

トリプルX 再起動

■5位:『素晴らしきかな、人生

素晴らしきかな、人生

こちらもあわせてご覧ください!

ただ頑張るだけでは乗り越えられない壁もある。そんな大人になったいま『プラダを着た悪魔』の監督最新作が新バイブルに!

■6位:『クリミナル 2人の記憶を持つ男

クリミナル

こちらもあわせてご覧ください!

このキャストの顔ぶれだけでも観る価値あり!ケヴィン・コスナーが史上最恐の死刑囚を怪演

■7位:『バッドガイズ!!

バッドガイズ!!

■8位:『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」

■9位:『きょうのキラ君

きょうのキラ君

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年2月27日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会(C)Bangkok Nites Partners 2016 (C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC (C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved. (C)Reprisal Films / The British Film Institute 2015 (C)本郷あきよし・東映アニメーション (C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS