登場人物ゼロの中で「不在の在」と対話する−映画『人類遺産』での非日常体験

2017.03.03
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

3月4日(土)より、ニコラウス・ゲイハルター監督最新作品『人類遺産』が公開されます。

 

日本で約10万人を動員した大ヒット作『いのちの食べかた』(2005)が記憶に新しいゲイハルター監督。本作では朽ちゆく“廃墟”にフォーカスしていますが、撮影期間になんと4年もの歳月を費やし、世界70か所以上(!!)に及ぶ廃墟にカメラを向け続けたといいます。

日本でも空前の「廃墟ブーム」が訪れている昨今。映画のロケ地としても有名な長崎県・端島(軍艦島)をはじめ、実際に廃墟へ足を運ぶマニアは後を絶ちません。この映画はそういった“廃墟”の魅力に取り憑かれてしまった人にとって、まさに「垂涎モノ」な映像のオンパレードとなっています。

人類遺産

無音楽・無ナレーションで繰り広げられる数々のドラマ

しかし誤解してはならないのは、この『人類遺産』が単なる「美しい廃墟の映像集」ではないということです。

この作品の最大の特徴は、無駄な音が一切省かれているということ。

センチメンタルな音楽が流れることもなければ、余計な説明をダラダラと述べるナレーションがつくこともありません。鑑賞者である私たちは、微かに聞こえてくる雨粒の音や風の音に耳を澄ませ、廃墟に僅かに残された息遣いや、何かの気配に、全神経を集中させることができるのです。

人類遺産

ドキュメンタリー映画『いのちの食べかた』でも「無音楽・無ナレーション」という斬新な手法をとっていたゲイハルター監督。しかし『人類遺産』において新たな試みであった点は、「人間が一切登場しない」ということでした。彼はなぜ、今回のような静物的な作品においても、あえて同様の演出をとることとなったのでしょうか。それは、この作品が単なる「ドキュメンタリー」の枠を超越していることに起因します。

かつて人間が作り出し、何らかの事情によって放置されることとなった廃墟たち。私たちはこの映画を通し、数多の廃墟から様々な「ドラマ」を感じることになります。

各々の事情をその廃墟の姿から感じ取るうえで、感情的な演出は邪魔なものにほかなりません。実際、監督は制作にあたり「人間が出す人工的な音を加えたくなかった」と述べています。私たちは廃墟に潜むコンテキストを、視覚的なヒントを頼りに必死で探りよせなければならないのです。

登場するそれぞれの廃墟について、この映画から何か具体的な情報を得られるわけではないため、その意味ではドキュメンタリーの役割を果たしていないと言われるかも知れません。同じ廃墟の映像を観ていても、その場所のエピソードをすでに知っている人は、残酷さや切なさを感じるかもしれません。一方で背景を何も知らない人にとっては、その建物や場所が廃れるまでのノスタルジックなイメージを想起させるでしょう。

もちろん、その場所が辿ってきた具体的なストーリーに興味を持たせることも、監督の制作意図の一つではありますが、それ以上に「廃墟の風景と向き合い、対話をする」ことこそが、この映画の目的であり意義となっています。

『人類遺産』はドキュメンタリーというよりもむしろ、まるで私たちを一枚のファンタジックな絵画と対峙させるかのような、フィクション的側面をもった作品なのです。

映像から感じる「廃墟」になる前の時代の息遣い

人類遺産

そもそもなぜ人は廃墟に惹かれるのでしょうか。

例えば、作中では荒廃したジェットコースターが海辺に佇む様子や、人・車の影がまったく見えない道路などが次々と登場します。まるで世界の終わりが訪れたかのような荒廃ぶりに、人々はホラー、ファンタジー、アクションなど多種多様なストーリーを重ねることでしょう。

本来であればその場所に人々の往来があったにも関わらず、今や人間の姿はありません。なかには草木に覆われていたり、壁面が崩れているものもあります。

しかし、そこに建物が存在しているということは、かつて多くの人がその場所を訪れていて、様々な営みや、ドラマを繰り広げていたという証拠になります。私たちは廃墟を通し、「そこに確かに存在した」人間たちの姿と向き合うことになるのです。そういった「不在の在」の息遣いを感じ取ることが、廃墟の最大の魅力ではないでしょうか。

そして『人類遺産』は、「不在の在」が遺していった痕跡を、余計な演出を排除することで浮かび上がらせる作品なのです。

『人類遺産』をスクリーンで観ずにどこで観る?

実は、日本にも多くの廃墟が存在します。バブル時代に隆盛を極めたリゾートホテルや、使われなくなった工場などなど。“いわくつき”のホラースポットとして語られることもあれば、観光地として話題となる場所もあります。しかし、廃墟の中には足場が崩れかけているような危険な場所もあり、軍艦島のように観光地として整備されているスポット以外は、実際に訪れるのは非常に難しいのです(無断で立ち入ると不法侵入罪に問われることも)。

この作品では、映画館にいながらにして、世界中のありとあらゆる廃墟の姿を一度に堪能することができます。しかも、実際にそこに自分が立っているような臨場感を得られるのです。

スクリーンいっぱいに広がる廃墟の美しさと永久的に感じられる静けさ。これほど映画館で観ることに意義がある映画はありません。

人類遺産

映画『人類遺産』は、3月4日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。非日常的な世界観にドキドキしたい方、また既存のドラマチックな展開に飽きた方に強くおすすめしたい映画です。ぜひお見逃しなく!

映画『人類遺産』information

人類遺産

日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督最新作撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集。 放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。 “彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か? いま、時空を超えた人類遺産との対話が始まる―

上映時間:94分

〈2017年3月4日(土)全国順次ロードショー〉

公式サイト:http://jinruiisan.espace-sarou.com/[リンク
配給:エスパース・サロウ
(C)2016 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • myusha
    3.0
    人類遺産 何とも不思議な映画。人の生活音って実は凄く耳障りなのかも。人っ子一人無いそこには自然の発する音だけで心地よすぎて気持ちをしっかり持っていないと魂飛んでしまいそうだった。 様々な廃墟が引きで撮られ、水や風鳥や虫草や砂波の美しい音だけがする。皮肉の込められた作品なのかも。
  • カク
    3.8
    シンメトリーに切り取られた廃墟群の映像と、水の音が美しい。雨が降る福島は、まるでどこか知らない外国の町のように見えました。
  • Genya
    3.7
    静止画のような動画
  • ユーリ
    1.5
    読書中に流していたい穏やかさ
  • lisa
    3.6
    廃墟好きには堪らない。廃墟(静)X一定の視点(静)だから、背後で揺れ動く雲の流れとか鳩の動きとか風の抜け方(動)に集中できる。音もすごく良くて写真では味わえない臨場感がある。廃墟好きだけど実際にその場に行くのって難しいからこういうの待ってた。 ただ、これって映画なの?と問われたらちょっと分かんない笑。同じことをやり続けるにしても、ちょっと工夫すれば94分で観客の感情をもう少し動かせたんじゃないかなあと思う。ほんとにただの映像集って感じ。でも途中から気持ち良さそうな寝息が聞こえてきてなんかどうでも良くなった。
  • 紫色部
    3.0
    2017.4.20 イメージフォーラム 人間を描かずして人間を描くある種極北のような映画で、ワンカットにして経年変化を思わせる断片的なショットにおける奥行きのある構図や、無機質ながら運動感の伴うリズミカルな各シーンごとの連なりは素晴らしいし、後半部においてルーティーンのように画面のちょうど中央を通る地平線や水平線により分断された構図をベースとしながら自然のダイナミックで流動的な動きを捉えたショットも凄まじいが、90分強でもかなり長く感じられてしまう程にコンセプチュアルさが先行した演出スタイルには鑑賞中どうしても退屈してしまうものがあったし、特に中盤はミンリャンの「郊遊」ぶりに意識が朦朧としかけてしまった。
  • エイ
    -
    何回か寝ないわけにはいかないんだけど、それでもかなり考えさせられるもの つまらないとか写真でいいとかを語る前に製作者がなんでこんなことをしたのか探る方が
  • とみたい
    1.8
    マ・ジ・で、100分近く廃墟(朽ちた人工物)の様子を一定時間流すだけ。 いや、写真集でいいじゃん…。 僕は、ドキュメンタリーにはある程度作為的な演出や、写した人の主張など、 何らかの作った側の意図が伝わるようなものであるべきだと思っています。 だからこそ監督の作品なのであって、共感や批判が生まれるから。 今作に関しては、なんというか、カメラを定点で置いて写しただけ、という最早手抜きにも思える、演出とも呼べない一貫したものが流れるだけ。 もちろん、いろいろな場所に足を運んで、撮影して居る監督の「労力」はあるのかもしれないし、 静止画だと味わえない音とか微細な動きとかの魅力はあるのかもしれない。 (実際、鳥籠の連なった謎のオブジェのようなものとか、 奥の方から徐々に日が照っていく荒野とか、鳥の声の響く廃墟とか、 「おぉ」と思わせるカットも確かにあった) でも、これに1800円の値が付くってちょっと信じられない。 どちらかっていうとロケ場所参考映像って感じ。 それくらい監督の「意図」や「主張」の観えない作品だと思いました。 確かに、起こった事象をただ淡々と写し、伝えていくタイプのドキュメンタリー映画もあります。 それだからこそ名作たり得るドキュメンタリーもたくさんあります。 同監督の「いのちのたべかた」なんかもまさにその典型ですよね。 でも、そういう作品だって「その事象を撮る」と決めたスタンスそのものが制作者の意図になるんですよね。 社会派な作品? 福島が写っているから? 珍しいものが写っているから? だったら場所や時期を明確に記すべきでしょう。 目で見た情報な訳ですから、パンフレットや監督の言葉を聞かなければ、ネットでそれが何処だったかなんて、違う国の人たちは調べる術すら無い訳です。 ポスターとか、予告編の情報抜きでこれを見て、パンフレットが欲しいとまで思える人がどれほど居るものでしょうか。 内容や手法まで全然違うけど、 ハンガリーの「ハックル」という作品を連想しました。 あっちの方が断然作品としてレベル高いと思うけど。 前述したけど、まだ写真の展覧会として見せてもらった方が色々考えることがあったかもしれない。 何がダメって、写真に限らず、美術展とか展示とかって時間を強制するようなものじゃないじゃないですか。 でもこの映像の場合、観るスタンスとか時間制限まで設けている。 それで能動的に何かを感じろって、何をそんなに偉そうなスタンスで構えてるわけ? 発表方法によっては名作になり得たかもしれないのに、これを映画という手段で公開したことに憤りすら感じます。 正直、これを「映画」とも呼びたくない。 不愉快な作品でした。 もし将来僕がコールドスリープされる機会があったとして、 目が覚めてたときに「外の世界はこうなっています」とこれを見せられたら、 一生トラウマモノのある種の名作になっていたかも。
  • シオダ
    -
    人間との関わりが切れて、新しい存在に生まれ変わったものを、カメラと監督が再び関わり直す
  • ぽに
    3.0
    廃墟が人の死体に見えた。ってことは、今まで気付かないところで建物を擬人化して見ていたのかもしれない。人が通わない建物は死体と一緒。使われなければ死んでいるのと同じ。もし人が、建物を遺産として残そうとしようとしていても自然が最後には勝利するから、そんな遺産なんてのは人間のエゴなのかもしれない。死体沢山見たから凄く怖かったです。埃のダンスだけ、ユーモアあったな。
  • ちさえ
    1.2
    めちゃめちゃ寝たんだけど(笑)、吹き抜けのある天井を鳩がバタバタキューキューいいながら飛び回るのとか、工場みたいなところで上から吊りさがった工具がタシタシいいながら触れ合うのとか、忘れられない映像もあった。 キャッチフレーズ?を観終わってから読んでめちゃめちゃ怖くなる。
  • T
    3.7
    色々な作品の参考資料に使われてそうな風景の連続で、見てるだけでわくわくする。 綺麗に片付けることなくそのまま放置していることに地球に対しての罪悪感も感じつつ、ドキドキしてしまう。 そして、終わり方が好き。
  • ナガタ(成人)
    4.8
    ちょうど良さがすごい
  • わあ
    4.0
    正直寝たんだけど。 空気が侵食されていくかの如く、身体を些細な音や光に浸らせる気持ち良さ。 まさに、映画ではなくエンターテイメント。暫く旅行行かなくて良いやと思っちゃった。 ロケ地の情報があまり出てないのも良いよねぇ
  • wke
    -
    記録
  • RinaKitaura
    3.6
    音声は現地の自然の音のみ。BGMもナレーションも字幕も説明も一切なし。全ては目に見えたものを、見た者がどう受け止めるか。全ては感覚でどう受け止めるかで決まる映画です。わたしはタブン20回くらい寝落ちしましたが、ひたすら描が流れているだけに考えること、思うことがたくさんありました。
  • watsipec
    4.0
    Hace falta tener un buen rato para "digerir" la peli... 実は鳩が主役。ホラーより怖い。
  • Saitoist
    4.5
    ナレーション、音楽、字幕、全てを排した定点カメラによる映像、環境音だけの映画。 監督も言っていたがそれでもこれはドキュメンタリーではなく、エンターテイメントとしての映画になっている。 私たちには馴染み深いありきたりな日本の街並み、そこに添えられた違和感。 やがて壮大になっていく映像、だけれどそのための演出はなにも成されない。観る者の心情が自然とクライマックスに導く。 響く鳥の羽音、虫の音、雨音、轟く風、全てが耳目を通して胸の奥を揺さぶる感覚。プリミティブな感情を撫ぜられる。 人が在った場所。だが今は人の無い場所。 その違和感が脳を痺れさせる。 定点カメラ越しに人の存在を一切感じさせない、カメラの視点は人の視点ではなく、ただ物としてそこにある。ここまで感情や自身を排して撮影できる、監督のストイックさ。 劇場でしか味わえないだろう感覚だった。
  • wataco
    5.0
    気配 虚無 音 孤独 美 強烈 静寂 など(途中寝ました)
  • masaakib
    3.6
    作為的に作られた風景というわけでもないのに、打ち捨てられたものの配置が何とも絶妙で。 以前は多くの人で賑わっていたことを想起させる光景は、人間の文明が終焉した世界を前もって見せられているようで。
  • tdswordsworks
    4.0
    もはや珍しくもなくなった廃墟の写真集と決定的に異なるのが、これが映像であり、廃墟に流れる時間を同じスピードで感じられる点。 わざわざスクリーンで観る価値あるかなと思って二の足踏んでましたが、その価値はじゅうぶんにあります。
  • かささた
    3.0
    世界70箇所の廃墟のみを撮ったこの映画、音楽もナレーションもなくカメラも殆ど動かない。その上人間が一切出てこないのでまるで廃墟の写真集を見ている気持ちになります。だいたい1カット20秒から30秒ほどなのですが、ならばなぜ監督は写真集を出版せずに映画を撮ることを選んだのでしょうか。 昔の話ですが、自分の部屋で熱いコーヒーを飲みかけていて何かの時間に追われてコーヒーをそのままにして部屋を後にしたことがありました。忘れ物をしてすぐに部屋に戻ったのですが、そこで見た光景は誰もいない僕の部屋の真ん中で湯気をたて続けているコーヒーでした。変な感じがしました。「僕が見ていないところでも時間はちゃんと流れている」事を実感したという感じでしょうか。 ニコラウス・ゲイハルターというこの監督がなぜ映画でこうしたことをしたのか。廃墟が廃墟になるまで人間の目に触れないまま長い時間が必要になるのですが、映っている映像の中に各個とした時間が流れていることを感じてもらいたかったからではないでしょうか。それが20年の内の20秒ほどであったとしても。 僕は映画を観ながらこんなことも思いました「今こうして映画を観ている間もあの廃墟はどこかにあり続けて、そこでずっと時間が流れているのだ。誰一人として人間が見ていなくても」
  • kyaname
    4.1
    廃墟の写真は今や珍しいものでもなくなったけど、これは映像ってのがポイント。 カメラが動かないからこそ、空気の動きが意識される。風や水の流れが、鳥の鳴き声が、止まった時間を浮き彫りにする。 止まった時間と流れる自然は相容れないかのように見えるけど、確かに変化は存在する。流れない時の流れがそこに見える。単純に廃墟の美しさだけでも楽しめるけど、そうしたことにも気づかせてくれる作品だった。原題の"Homo Sapiens"が地球に与えてきた爪痕の大きさを語るようにも見えるし、逆に止まった人類の時間をよそに生き続ける自然の大きさを語るようにも見えて面白い。 初っ端が浪江町だったので最初は異なる印象を抱いたけど、全体としてはそんな感じ。 20170317鑑賞
  • KANAMINAKAYAMA
    -
    なんの説明もなく、かつてそこに人が居た形跡だけ遺された廃墟の佇まいと、風や動物や植物がたてる音だけを90分眺めてると、だんだんもう人類は滅んでいて、かつて人間はどんな生活を送ってたのかを調べる宇宙人みたいな気分になってくる。
  • モミヂラミミヂ
    3.0
    THE 瞑想映画。 廃墟が好きじゃないと苦痛だと思うし、好きでも途中寝るかもしれない。 淡々と廃墟だけを見せ続けること90分。 正直、途中ダレる。 しかし、もうここまで来たら面白いとかどうでもよく、それでいい。 撮影地が気になるのに一切説明なし、不親切だが想像力を掻き立てられる。 廃墟と遺跡の境目がドンドンわからなくなり、人間の足跡とはこうやって時の彼方に埋もれていくのだな… そして廃墟として打ち捨てられた途端、自然がめざましく街を飲み込んでいく姿は、たとえ福島やチェルノブイリの街だとしてもたくましさを感じざるを得ない。
  • nama
    3.4
    原題はHOMO SAPIENS、なのに人間は一人も登場しない。途中、人間「だけ」が登場しないんだ、と気づいた時に、ただの傍観者(鑑賞者)ではいられなくなった。 その直後に現れた屠殺場の廃墟の映像は、20年以上前に訪れたアウシュビッツの生き写しで、背筋が凍る思いをした。 こんなに静謐な観客を見たのは初めて(ひょっとして寝てた?)。 何もかも、が、異例。
  • konomo
    3.7
    ナレーションも音楽もテロップもなく、淡々と世界の廃墟映像を映す映画。その場の音がそのまま聴けるので、生々しくてなんだかどきどきした。鳥の声、羽ばたき、虫の羽音、風がたてる色んな音、水音、波や雨の音…。 どこがどの、どんな場所か分からないので(パンフにも一部しか載ってない)、資料的なものも欲しい。分かってからまた観たら、別の気持ちになりそう。
  • さやさん
    -
    夏に軍艦島行けなかったこと思い出してしょんぼり 洞窟みたいなとこのクルマ、病院、マック、劇場、講堂
  • 舞台の中
    -
    ぎりぎりのところ。瀬戸際。惹かれてしまう。
  • チェさん
    3.4
    何ヶ月分も撮りためた音のソノリティーを、休日に一息に観たような感じ…の心地よい眠気 映像の作りは素晴らしいし、自然と人工物の奏でる音は微かながら豊か だから眠いが見る価値あり 原題は『ホモ・サピエンス』のくせして、人はまるで登場せずひたすらに廃墟を映す 人間の遺物から人間の営みが見えてくる、そういう意味で人類遺産というタイトルだったのかー(な?
「人類遺産」
のレビュー(218件)