登場人物ゼロの中で「不在の在」と対話する−映画『人類遺産』での非日常体験

2017.03.03
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

3月4日(土)より、ニコラウス・ゲイハルター監督最新作品『人類遺産』が公開されます。

 

日本で約10万人を動員した大ヒット作『いのちの食べかた』(2005)が記憶に新しいゲイハルター監督。本作では朽ちゆく“廃墟”にフォーカスしていますが、撮影期間になんと4年もの歳月を費やし、世界70か所以上(!!)に及ぶ廃墟にカメラを向け続けたといいます。

日本でも空前の「廃墟ブーム」が訪れている昨今。映画のロケ地としても有名な長崎県・端島(軍艦島)をはじめ、実際に廃墟へ足を運ぶマニアは後を絶ちません。この映画はそういった“廃墟”の魅力に取り憑かれてしまった人にとって、まさに「垂涎モノ」な映像のオンパレードとなっています。

人類遺産

無音楽・無ナレーションで繰り広げられる数々のドラマ

しかし誤解してはならないのは、この『人類遺産』が単なる「美しい廃墟の映像集」ではないということです。

この作品の最大の特徴は、無駄な音が一切省かれているということ。

センチメンタルな音楽が流れることもなければ、余計な説明をダラダラと述べるナレーションがつくこともありません。鑑賞者である私たちは、微かに聞こえてくる雨粒の音や風の音に耳を澄ませ、廃墟に僅かに残された息遣いや、何かの気配に、全神経を集中させることができるのです。

人類遺産

ドキュメンタリー映画『いのちの食べかた』でも「無音楽・無ナレーション」という斬新な手法をとっていたゲイハルター監督。しかし『人類遺産』において新たな試みであった点は、「人間が一切登場しない」ということでした。彼はなぜ、今回のような静物的な作品においても、あえて同様の演出をとることとなったのでしょうか。それは、この作品が単なる「ドキュメンタリー」の枠を超越していることに起因します。

かつて人間が作り出し、何らかの事情によって放置されることとなった廃墟たち。私たちはこの映画を通し、数多の廃墟から様々な「ドラマ」を感じることになります。

各々の事情をその廃墟の姿から感じ取るうえで、感情的な演出は邪魔なものにほかなりません。実際、監督は制作にあたり「人間が出す人工的な音を加えたくなかった」と述べています。私たちは廃墟に潜むコンテキストを、視覚的なヒントを頼りに必死で探りよせなければならないのです。

登場するそれぞれの廃墟について、この映画から何か具体的な情報を得られるわけではないため、その意味ではドキュメンタリーの役割を果たしていないと言われるかも知れません。同じ廃墟の映像を観ていても、その場所のエピソードをすでに知っている人は、残酷さや切なさを感じるかもしれません。一方で背景を何も知らない人にとっては、その建物や場所が廃れるまでのノスタルジックなイメージを想起させるでしょう。

もちろん、その場所が辿ってきた具体的なストーリーに興味を持たせることも、監督の制作意図の一つではありますが、それ以上に「廃墟の風景と向き合い、対話をする」ことこそが、この映画の目的であり意義となっています。

『人類遺産』はドキュメンタリーというよりもむしろ、まるで私たちを一枚のファンタジックな絵画と対峙させるかのような、フィクション的側面をもった作品なのです。

映像から感じる「廃墟」になる前の時代の息遣い

人類遺産

そもそもなぜ人は廃墟に惹かれるのでしょうか。

例えば、作中では荒廃したジェットコースターが海辺に佇む様子や、人・車の影がまったく見えない道路などが次々と登場します。まるで世界の終わりが訪れたかのような荒廃ぶりに、人々はホラー、ファンタジー、アクションなど多種多様なストーリーを重ねることでしょう。

本来であればその場所に人々の往来があったにも関わらず、今や人間の姿はありません。なかには草木に覆われていたり、壁面が崩れているものもあります。

しかし、そこに建物が存在しているということは、かつて多くの人がその場所を訪れていて、様々な営みや、ドラマを繰り広げていたという証拠になります。私たちは廃墟を通し、「そこに確かに存在した」人間たちの姿と向き合うことになるのです。そういった「不在の在」の息遣いを感じ取ることが、廃墟の最大の魅力ではないでしょうか。

そして『人類遺産』は、「不在の在」が遺していった痕跡を、余計な演出を排除することで浮かび上がらせる作品なのです。

『人類遺産』をスクリーンで観ずにどこで観る?

実は、日本にも多くの廃墟が存在します。バブル時代に隆盛を極めたリゾートホテルや、使われなくなった工場などなど。“いわくつき”のホラースポットとして語られることもあれば、観光地として話題となる場所もあります。しかし、廃墟の中には足場が崩れかけているような危険な場所もあり、軍艦島のように観光地として整備されているスポット以外は、実際に訪れるのは非常に難しいのです(無断で立ち入ると不法侵入罪に問われることも)。

この作品では、映画館にいながらにして、世界中のありとあらゆる廃墟の姿を一度に堪能することができます。しかも、実際にそこに自分が立っているような臨場感を得られるのです。

スクリーンいっぱいに広がる廃墟の美しさと永久的に感じられる静けさ。これほど映画館で観ることに意義がある映画はありません。

人類遺産

映画『人類遺産』は、3月4日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。非日常的な世界観にドキドキしたい方、また既存のドラマチックな展開に飽きた方に強くおすすめしたい映画です。ぜひお見逃しなく!

映画『人類遺産』information

人類遺産

日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督最新作撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集。 放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。 “彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か? いま、時空を超えた人類遺産との対話が始まる―

上映時間:94分

〈2017年3月4日(土)全国順次ロードショー〉

公式サイト:http://jinruiisan.espace-sarou.com/[リンク
配給:エスパース・サロウ
(C)2016 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • チェさん
    3.4
    何ヶ月分も撮りためた音のソノリティーを、休日に一息に観たような感じ…の心地よい眠気 映像の作りは素晴らしいし、自然と人工物の奏でる音は微かながら豊か だから眠いが見る価値あり 原題は『ホモ・サピエンス』のくせして、人はまるで登場せずひたすらに廃墟を映す 人間の遺物から人間の営みが見えてくる、そういう意味で人類遺産というタイトルだったのかー(な?
  • 3.5
    廃墟は行ってみたくても危ないし怖くて行けないので、あたたかい映画館で世界各地の廃墟の映像(めっちゃ寒そう、行くまでが大変そう、靴がびしゃびしゃになる)が見られて良かった 左右対称の構図が多くて目の幸せだった 途中のロッカールームで三匹のほこりが追いかけっこしていてかわいかった 紙テープがヒラヒラしたり、椅子や棄てられた機材の位置がキマっていたけどキマる様に置き直したりしたのかな
  • めんたい
    3.8
    監督ならではの表現が光っている。 とくに最後のシーンは圧巻、美しい。 ただしあまりにも心地良い自然音に包まれ、序盤から寝落ちしてしまった。 スクリーンセイバーのように自宅で再生していたいような…? きちんと観ようという方は、睡眠たっぷりとって挑んでください!
  • さき
    3.8
    人類遺産。 世界中の廃墟を固定カメラで記録。 人が立ち入らなくなり朽ちていった場所は哀しく、そして美しい。 いのちの食べかたが好きな人はぜひ。
  • ナカノ
    -
    時間調整の為、なんとなく鑑賞。 この映画には人類の姿も映らなければ声も流れない。人類の遺産となったものが自然に還り行くその姿が記録されている。 かつて人類が自然から奪い建てたものが人の手を離れ廃墟となり再び自然に還る。鳥や虫達の住処となる。廃墟とは。 映画というよりは記録映像。監督へこの映像を世に残してくれてありがとうと伝えたい。 割と寝たけどね。
  • かおり
    3.0
    印象的だったのは水の音、風の音、鳥の声。 殺し合い、奪い合っても、飾り立てても、一時の繁栄があっても、全ては無常であり、繰り返し私達が忘れてきた何かを、言葉ではない何かで訴えてきているような映画でした。 一目で解る有名な廃墟の他には、同じような廃墟を何ヶ所か合わせているシーンもあるようです(という記事を読みました)。
  • 田中槌恵
    3.7
    機材もそのまま投げ捨てられて朽ち果てたCLUB、新しい機器が放置されたままの病院、水没している映画館、波打ち際に立つローラーコースター。 その場の音をそのまま録音しているので、聞こえてくるのは滴る水や今の住人たちである虫や鳥の声。 ナレーションはもとより、場所の説明すらなく淡々と映像が流れる。この監督らしい見せ方。美しい記録。 ずっと観ていると、夢の中のような気になった。
  • vana
    3.5
    人類の遺産など自然には無用なのだ。 人の手を離れた建造物が時間を経て侵食されていく。その光景はまさに「浄化」。
  • DaigoHoshino
    3.0
    世界各地の廃墟を淡々と定点映像で切り取っていく。廃虚好き垂涎の映画。音楽、セリフ、テロップ一切なし。あるのは風、虫、鳥の声と人工物が発する奇妙な音のみ。だが、それがいい。 普段写真で見る廃墟は音がないので死んでいるように見えるけど、動画で見る廃墟はちゃんと荒廃の中で自然と共に生きている。ずーっと見てるうちに人類絶滅後の世界に取り残されたような不思議な感覚に陥る。 軍艦島、ブルガリア共産党ホール、チェルノブイリなどスター廃墟からマイナー廃墟まで70スポット。個人的にはドイツのザック・ヒューゴ炭鉱の尋常じゃない数の吊るし鳥カゴが揺れる風景の異様さにグッときた。
  • MikiSato
    4.3
    フィルマークスを見ていておもしろそうな映画を発見。鑑賞。 映像、美しかった。 全部の廃墟の説明ほしい、と思ったけれど、それを伝えることが目的ではないんだろうなと思った。 知りたければ調べればいい。 与える情報は必要最低限。 シンプル。 何を感じ、何を考え、どう動くかは観た人次第。 私は何を感じたか。 最初のほうの、おそらく原発の立ち入り禁止区域の、マックとかゲオとか本屋とか、の映像が強く印象に残った。 人の息、笑い声、話し声が今にも聞こえてきそうで、生々しかった。 場所によって、人の息遣いが聞こえそうなところと、ただの建造物、というところがあった。 前者にひかれた。 タイトルは、「人類遺産」、原題は「HOMO SAPIENS」 人類とは何か、なぜ私たちは存在するのか、文明とは何か、私たちは何を残せるのか。 私はこの映画を観て、これが悲しい未来の姿だとは思わなかったし、人類はなんて愚かなんだとも思わなかった。 すべての形あるものはやがてこうなると、人類は皆わかっている。 永久に残る建造物など存在しないと。 けれども、いや、だからこそ、造りたくなってしまうのだろう。 やがて朽ち果てていくとわかっていながら。 それが、人類の愚かで、かつ、愛らしい矛盾点なんだろうと思う。 そうして最後には自然に抱きかかえられて土に還っていく。 人類も自然の一部なんだと、人類の営みはすべて自然の中で巡っているんだと、圧倒的に魅了された。 自然は、偉大だ。
  • miosium2
    -
    一瞬たりとも、人類は映らない。けれどもどこか、誰かの生きた跡が残る景色を眺め続ける事ができます。 これは、映画館で観ないと意味ない。 映画館で寝ないと意味ない。
  • 喃々
    3.5
    廃墟を見つめた先に、何があるのか… 廃墟が大好きな人にはたまらない 挑戦的で美しい映画だった 自然の音と映像が心地よく リラックスする感覚で眠気が訪れる
  • じゅん
    4.8
    廃墟好きにはたまらない映画だなと。すごいです。 字幕・ナレーション・BGM一切無し。人も一切出てこない。唯一の音は環境音のみ。とても静かな映画です。なので人によってはとても退屈に感じてしまうと思います…でも、BGMがなく環境音のみ、という所が余計にその廃墟の静けさを感じさせて、とても効果的な演出だと思いました。あと一つ一つの撮り方・魅せ方に強いこだわりを感じました。 人がいないのに、これほどまでに人の存在を感じさせるのはなぜか。それは、そこに残された一つ一つの「モノ」が、かつての「生活」を物語っているからなんじゃないかなと感じました。すごいです。ほんとに。だから廃墟って異様なのにこんなにも美しいんだなぁ……。
  • cinefeel
    3.7
    音楽もナレーションもなく、静かな映画。どのショットも、構図、色、光の加減が計算されているように美しい。映画じゃなくて写真展ができると思う。 ヒトがつくった建造物から、ヒトがいなくなって、自然が侵食すると廃墟が完成する。 冒頭の建造物が雪に埋もれて真っ白になるエンディングがとても良い。
  • ぢゃまだん
    3.6
    自ら「創造」した「神」の地位を手に入れた「ホモ・サピエンス(映画原題)」 神により「創造」された世界のうえになお「創造(破壊)」を繰り返す。 そして「神」から「天罰」が下る。
  • harumo
    3.6
    たまらなく眠くなる。実際に一瞬落ちたし。 ただ、この作品を産み出した静かなる情熱に敬意を表します。
  • じーこ
    3.5
    人も台詞も音楽も無く、ただただ色んな場所の廃墟が次々と映し出される映画。なぜか廃墟に惹かれる私は、数十秒映されるうちに見逃すまいと隅々まで廃れ具合を観て楽しんだよ。一切場所の説明が出てこないけど、きっとこんな場所だったんだなって想像しながら。 さすがにラスト30分くらいは考え事をし始めちゃったけど。。もう少し大きいスクリーンだったらもっと良かっただろうな。 実際に行った時も思ったけどやっぱり軍艦島は興味をそそられる。。
  • Hiii
    2.5
    ただただ無になって見られる映画。 雨の音、風の音、 いつもは、聞き流している音が この映画のなかでは重大な役目を果たしている。 無になって見ていたはずなのに 気がついたら色々考えていたり。 寝ている人もちらほらいたけれど、それはそれで問題なし。 人の気配を感じるような、感じないような… その曖昧さが、不思議と心地よい。
  • YukaMori
    3.8
    よかった 音楽もセリフも人も登場しないのに 飽きない たまに想像で人が見えた瞬間ぞくぞくした
  • イゴールマコチャンチン
    3.5
    世界中の廃墟にカメラを向けたドキュメンタリー。 固定カメラを設置し撮影した映像を、ナレーションも字幕も音楽もなしに映画として編集した作品である。脈絡のない荒廃した場所を撮った映像集という内容で、アイドルのイメージビデオに近い。なので廃墟萌えの人でないと上映時間90分が厳しいかもしれない。休日だけあって劇場はなかなか混んでいたが、場内で寝息をたてている人がかなり多かった。 人間の手を離れ廃墟となった土地には『アイアムレジェンド』とか『風の谷のナウシカ』のような寂寞たるディストピアが広がっていて、取り残された人工物はその形を保とうと抗いながら風化し朽ちて自然へと取り込まれてゆく。人の作ったものは人が手を掛けなければ死んでゆくのだ。その様は侘しくはあるが、惨めではない。“自然”と“人為”双方の尊大さを感じる。 画面に映し出される人不在の空間のなかに野性の生き物の鳴き声が聞こえる度に安堵してしまった。こんな死んだ場所に生が根付いているのだと思うと、だだもう…それだけで愛おしい。 映し出される場所にも我々の世界と同じように日が登って沈んでを繰り返し、雨が降り、雪が降り、風が吹いては、波が打ち寄せている。そんな当たり前のことが信じられなかった。
  • 小一郎
    3.6
    4年をかけ固定カメラで撮影した世界70ヶ所以上にも及ぶ廃墟のシーンを、一切の言葉(音声および字幕)、音楽・効果音なく、10数秒ずつ(私の体感です)次々に映し出していく。 はじめのうち、当然のごとくナニコレ感が強く、寝るか考えるかしないと時間がもたない。写真や絵画の構図の勉強になるなあとか、ワンシーンをかなり長時間撮って、自然の音とか、風による動きとか、鳥の姿とか、動きがあるシーンをつないでいるんだろうなあ、とか考えつつ、やっぱり少し寝落ち。 それでも、次第に人類が滅亡した後の世界ってこうやって変わっていくのでは?という気がしてくる。まだ生活のにおいを感じる廃墟から次第に古びた感じになり、最後には…。 途中、戦いの爪痕みたいな廃墟もでてきて、廃墟の理由を暗示しているかのよう。ラストはなんとなくこうなるのだろうなあと思った通りだったかも。 廃墟を見て回ることが好きな人にはたまらないだろうし、そういう趣味のない自分にとっても廃墟から漂う雰囲気にはそれなりに感じるところがある。ただ、ピンポイントすぎる尖り方をしたこの作品は、凡庸な自分にはちと荷が重かったかも。 構図はよく考えられていると思うし、映像も美しい。人類が滅亡した後の世界を疑似体験するには良いかもしれない作品。
  • ken
    3.5
    睡魔との戦い! でも不思議と90分長く感じなかった。 エンドロールでVFXの項目があったけどなんでだ?! とにかく見に行ってよかった。
  • sanoseina
    4.6
    人類が生み出して人類が置き去りにした建造物たち、そこに1人放り出されるような臨場感。 そこの上にも雲は変わらず流れ、寄り添うのはかつて人類によって踏みにじられた動植物であり風であり雨であり光。 シーン間の黒、続く環境音が、今この瞬間も建造物たちは息をしているということを感じさせる。 言ってしまえばただの廃れた風景なのに、気付けばかつての賑わい、そして寂れていく様子を想像している。美しくも残酷なカットの連続で泣きそうだった。 教会すらも置き去りにする人類、恐ろしい。 もっともっと大きいスクリーンで観たかったな。これは映画館で観てこそ。
  • taka
    3.5
    衰えるものだけがが放つ魅力。この映画を見る前と見た後では目の前の風景が異なってくるだろう。それが美しいか、儚いかは人それぞれだと思うけど。あの場所では今も雨が降り、砂が舞い、雪が積もっているだろう。そして、廃墟は遺産へ変わっていく。
  • ひろ
    4.0
    スライドショーのように静かに繰り返される廃墟映像。 目を凝らして観るとその短い間にいくつものドラマがあって。 人の気配は無いのに、そこに居た人の痕跡と息づかいを感じる。 そして、建物も未だ生きていることを。 人工物と自然の一体化ってなんでこんなにも美しいんだろう。 悔やまれるのはお昼食べたあとに観たこと。 目が冴えている時にもう一度くまなく観てみたい!
  • EiMatsuda
    3.6
    (˘ω˘)スヤァ 寝ちゃったよ。 よかったよ!
  • たま
    4.0
    この睡魔には1mmも勝てるスキがありません。ので、日本の風景は後にして欲しかったなあ。最初こそ映像に感じ入って思考を馳せ巡らせていたけれど10分もすれば弛緩の極致。ぼーっとウトウトと、雨音や波音、風の音に揺り起こされながらの無我の境地。たぶん見方としては間違ってない。
  • かじやん
    3.0
    20170318視聴。BGMやナレーション、場所の説明なし。あるのは風や雨の音、鳥や虫の鳴き声や羽音。人類没後の世界を、廃墟や雪原、砂丘などで表したかったのか。世界観は悪くないのだが、なぜにその場所なのか、他に幾らでも絵になる廃墟があるのに、と思った。日本も軍艦島や福島のような街並みが出てくる。枯れ寺院でのシーンで、蝿の羽音が読経のように聞こえたのには驚いた。
  • 和田
    2.7
    BGMが小鳥の囀りとか水の音とかで、 気持ちよく寝れた。 寝ちゃうだろうなって思ったけどやっぱり寝てた。 共産党ホール二回出たのが印象的。
  • みゆ
    4.0
    ゆったりとしたリズムで 淡々と撮し出される映像の揺かごに 一緒に見に行った妹は 開始10分で深い眠りの中に、、、。 たしかに、 タルコフスキーのノスタルジアに負けず劣らずの 安眠映画だったかもしれない。 とかくなんでもかんでも知りたがる、 知らないと不安になる (知っていることは義務である、と強迫観念に迫られている) 私(たち)にとって この映画は、なんのセリフも説明も、無いものですから。 不安の渦中、まさにそのそれ。 この答えのない映画を見ている時間は アートを鑑賞するときのように 見ているものは作品かもしれないけれど 向き合っているのは、自分自身の思考だったりする、 そういう時間でした。 見ることによって考えてゆくためのきっかけを得る、 サン・マルコ修道院のフレスコ画のよう。 つい、美しいと感じてしまう瞬間があって。 映画の原題 はじめは 「some day」 だったところ 最終的には 「HOMO SAPIENS」 となったそうです。 たしかに「some day」だと タイトルに、 撮るにあたって意図されたことの方向性が明確に出てしまいますもんね。 実際に付いたタイトル 「HOMO SAPIENS」 のような懐の深さはなかったかもしれません。 この映画には、 一切のホモ・サピエンスは出てこないのですが その中で共通しているのが 人がいなくなったあとの建物や場所には 必ず自然が侵食してくるということ。 ああ、わたしたちは、この場所を 自然からお借りしていたんだ。 そのように思いました。 自然の一部でもあり、この自然環境の破壊や廃墟化に加担している一部でもある HOMO SAPIENS の所業すら自然の摂理なのか、と。 わたしは廃墟好きということもあって 名前や場所、その廃墟の持つ経緯を知っているものも いくつか出て来ましたが いろんな時代にいろんな場所、いろんな目的で作られ利用され 同じくいろいろな要因や都合で棄てられ放置され朽ちてゆく廃墟を前に その本質を考えるにあたっては それぞれの場所がどこであるのか ということは必要は無いのだなと思いました。 -- 人間がいたことを示す痕跡と それをかき消す風化のプロセス。 かつての社会や人々の希望や欲望の産物であった建物や物の廃墟化は それらが過去と化したことを物語る。 風景はただそこにあり、 私たちはそこに対峙することで自らを省みて考えを巡らす。 そこに美を見るのも無常を見るのも、人間の勝手で そんな感傷は所詮、やがて廃墟になる建造物を作り 荒廃させていく人間の気まぐれの変奏にすぎない。 本作品でゲイハルター監督が描く「廃墟」とは、 実際のところ、我々が「過去」とすることも「未来」とすることも出来ずにいる 「現在」そのもの。 我々の文明が必然的に、あるいは不回避的にたどり着いた 「現在」の光景以外の何者でもない。 つまり私たちは、実は廃墟と同じ地平に生きている。 この宙ぶらりんにされた”現在=廃墟”を留保し続けることでしか、 もはや我々”人類”は存続できないのだと。 -- ”棄てられ、朽ちてゆく場所には 人間の過去の物語が内包されている。” だから、廃墟に魅せられてしまうんだろうか。 ”人間がいなくとも鳥たちは鳴き 風は窓を割って吹きさらし、 雨は屋根を貫いてやがて植物は建物を侵犯する。” そのような事実に、ほっと胸を撫で下ろす。 ドキュメンタリーというジャンルに分類され ありのままの状態を撮っているように見えるかもしれない (そういう映像もあるかもしれない) けれども、これは 手を加えられている箇所があることに気がつくと思います。 それは、環境音だったり、風だったり、 舞う紙くずや埃だったりするのですが それは映画における、SEだったり、俳優だったりするわけです。 境界が曖昧になり、価値判断、分類方法がぐらつく 何かと何かの狭間を垣間見ている そんな瞬間が、確かに 廃墟を探索している時にも 確かにあって、 あの感覚を映画に中に封じ込めた監督の力量に感無量です。
「人類遺産」
のレビュー(154件)