【この春大人が観たいファンタジーアニメ】いつも寝てばかりの普通の女子高生が夢と現実を冒険して気づいた“愛”とは?

2017.03.13
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

「夢」をモチーフにした、この春注目の映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』が3月18日(土)より公開されます。この作品は『東のエデン』や『攻殻機動隊S.A.C.』などSFやファンタジーを得意とする神山健治監督が自ら原作・脚本を担った初の劇場オリジナルアニメーション。高畑充希など実力派俳優陣が声優として出演していることでも話題。大人の胸に響くポイントが詰まった映画なんです!

hirunehime1

 

事件に巻き込まれた父を救うために夢と現実を旅する娘が辿り着いた驚きの真相とは?

岡山県倉敷市で自動車の改造に明け暮れている父・モモタローと二人暮らしをしている高校生の森川ココネ。何の取り柄もないけど昼寝が得意な女の子。でも最近、眠ると同じ夢ばかり見るようになる。そんな最中の東京オリンピックの3日前。突然モモタローが警察に逮捕されて東京に連行されてしまう。それと同時に森川家にあったタブレットとココネを狙う謎の人物が……。

ココネはこの事件を解決するため、幼馴染の大学生・モリオを連れ、東京へ向かう決意をする。そこで自分が見ている夢と現実がリンクしていることに気づく。夢と現実を行き来する不思議な大冒険の末に見つけた小さな真実とは……? 

hikrune2

物語はさまざまな謎や伏線が散りばめられているのですが、それが最後にはきれいにつながるところも見どころ! またファンタジーの要素も取り入れながらそこに描かれている父と娘の愛に思わず胸が熱くなる感動作でもあるんです。

普通の女の子と無愛想な父の不器用だけど熱い親子愛の物語

主人公のココネはどこにでもいるような普通の女の子。でも無愛想で無口な父・モモタローの事件をきっかけに行動を起こしたことで、いつもは自分に無関心だと思っていた父からどれだけ愛されていたのかココネがようやく理解していきます。伝え方は不器用だけど熱い父の愛情を娘が実感していく姿を丁寧に描いているのがこの物語のキーポイント。

この作品を手がけたのは「プロデューサーから『自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだろう』と声をかけられたのがきっかけ」と語る神山監督。それだけに、親子の愛情が通じ合っているシーンでは思わず涙が。胸を打たれる要素もあふれている映画です。

またココネとモモタローの父と娘の絆だけではなく、母と父、そしてさらにその親との関係……それぞれの世代の愛の物語も描かれています。それはどんなものか、劇場でお確かめください!

hirune3

SFファンタジー、謎解きミステリー、家族のドラマ、そして最後には素敵なラブストーリーに……

『攻殻機動隊S.A.C.』『東のエデン』を手がけてきた神山健治監督。夢と現実を行き来するココネの物語は、神山作品ならではの壮大なSFファンタジーでありながら、謎が謎を呼ぶミステリーもあり、そして、家族の絆を描くドラマでもあります。

なので、父だけでなくもちろん母のエピソードも登場します。ココネの母・イクミはココネが小さい頃に亡くなっているため、彼女のことをココネはほとんど知らずに育ってきました。しかし東京へ向かう中、母はどんな人物だったのかが徐々にわかってきます。そして、父と母にも、自分が知らない大きな物語があったことに気づくのです

またココネが幼い頃、モモタローが創作してよく語ってくれた「魔法を使えるお姫様」の物語もストーリーを読み解く重要な鍵に。この物語をモモタローは何度も娘に語り続けていましたが、その理由が明らかになった時、夢世界の物語は、素敵なラブストーリーに姿を変えるのです。

感動的なエンドロールまでしっかりお楽しみください!

そして、すべてのヒミツを知った後には、きっともう一度観たくなるはず!?

hirune4

また、動画配信サービスHuluでは、映画本編では描かれなかったエピソードが描かれるもうひとつの物語、「エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~」が配信中。ココネの夢の中に現れるもうひとりの主人公・エンシェンの冒険を描いた物語。映画も観る前でも見たあとでも楽しめる作品になっているので、要チェックです!

詳細は公式HPへ:http://hulu-japan.jp/aamt/[リンク

hirune5

アニメーションの美しい景色や豪華声優の声、映画の世界観を投影した主題歌を味わうのも○!

舞台である倉敷の海や木々などの自然と、それに合った家並の景色だけでなく、ココネの旅の行き先である大阪・道頓堀や東京・お台場も緻密に描かれています。ほかにもココネの夢に出てくる架空の都市・ハートランドの整った街の姿など、物語を彩る美しい景色や背景も必見

そして主人公のココネには高畑充希、幼馴染・モリオに満島真之介、ココネの父親・モモタローには江口洋介、謎の男・渡辺一郎に古田新太、巨大自動車会社社長・志島一心に高橋英樹声優陣も実力派ぞろい。

また高畑充希が森川ココネとしてカバーした名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」が主題歌に! 物語そのままの世界観を持った歌詞にも注目です

アニメーションによる美しい景色や声優陣の声、そして主題歌もぜひ味わってみてください!

hirune6

◆映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』 information

hirune7

あらすじ:岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

上映時間:110分

3月18日(土)ロードショー

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/[リンク

配給:ワーナー・ブラザース映画

(c)2017 ひるね姫製作委員会
(c)2017 エンシェンと魔法のタブレット製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS