『天使のはらわた 赤い教室』〜オトナになったあなたにすすめたい映画〜

2017.04.05
邦画

"DON’T TRY"

ロハ

妖艶で甘美でドラマチック。そんな「大人の映画」がある……

大人ってなんだろうか? 

タバコが吸えるようになったら? 恋をしたら? 二十歳になったら……様々な大人の定義があると思う。15歳で元服して大人になった時代もあった、今は18歳で投票権があるのだから18歳から大人だという意見もあるだろう。大人って一体いつからだろうか……。

申し遅れました。ロハと申します。今回よりここ、FILMAGAで「大人の映画」を紹介していくことになりました。基本的には日活ロマンポルノ作品の紹介と年齢制限のある官能的で映像美が美しい作品を紹介していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

今回紹介するのは天使のはらわた 赤い教室』(1979)

天使のはらわた

日活ロマンポルノ作品の中でも名作と名高い一本。原作が石井隆、監督が曽根中生蟹江敬三水原ゆう紀が出演している。3月30日は蟹江敬三の命日。この作品でも蟹江敬三の名演を見ることができる。

アダルト雑誌の編集をしている村木(蟹江)はある日、ブルーフィルム(当時の無音声のアダルトビデオのようなもの)の上映会で作品を見ていた。そこに出演していた名美(水原)のリアリティのある妖艶な姿に釘付けとなる。村木は名美を探し見つけ出す。しかし、あのブルーフィルムは実際のレイプ映像で、勝手に撮られ勝手に売買され上映されている事実を村木は知る。名美はその事件以来、男を、自分の人生を憎むようになっていた……。

蟹江敬三の異質な魅力

蟹江敬三と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、今の人はやはり「あまちゃん」のじっちゃんだろうか、それとも「ガイアの夜明け」のナレーションか。今ではあまりイメージはないが、当時は蟹江敬三と言えば悪役だったという。この作品でも、村木という役柄は一筋縄ではいかない男だ。女性と不倫関係にあったり、職業はアダルト雑誌の編集者。佇まいも少しヤクザな感じが漂っている。

冒頭で、彼と不倫関係にある女性との絡みのシーンがあるのだが、とても野生的で印象的だ。しかしどこか彼自身が傷ついている。そんな芯の部分の人間らしさと表面上の野生感の両端が、この作品で村木というキャラクターを際立たせている。蟹江敬三の魅力もおそらくその両極端な部分なのだと思う。表面上の野生的な激しさと内面の人間的な優しさ。その二つがぶつかり合って一人の人間の中にあることこそが、多くの人がスクリーンで彼の姿を追ってしまう理由なのではないだろうか。

幸せなセックスは、描かれない

今回この作品を観ていて一番に思ったことが、一つも幸せなセックスが描かれていないということだ。

日活ロマンポルノは経営が危ぶまれた日活が、起死回生の一手として始めたと言われている。やはりエロというものは強くて、多くの人に需要がある。特に男性に。しかしこの作品には、男が一般的に望むようなセックスは描かれない。村木は不倫している女性と、仕方なく、凶暴的にセックスをするし、名美は男に復讐するように、自分を自分で堕とすかのようにセックスをする。

単純に絡みのシーンを楽しむことができない演出になっている。エロを単純に楽しめないのだ。そういう意味ではポルノ作品として疑問が残る。しかしそこが、名作である所以でもある。

堕ちていく女。それに引きずられ堕ちていく男たち。そんな男女の悲哀がこの作品には確かに収められている。ストーリーは幸せな結末を迎えない。名美は堕ちるところに堕ちていくし、村木はそれを救おうとするのだが、救うことができない。名美が村木の救いの手を掴めば、あるいは幸せな結末を迎えることができたのかもしれない。しかし、そう単純ではないのだ。

大人ってのは難しい生き物だ。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • べし
    4.0
    男の人が主人公のロマンポルノを初めてみた。ロマンポルノは男女関係の虚しさとかやるせない関係をよく描きがちだけど、本作はラブロマンスだった。本当にラブロマンス。なんでこんな生き方しか出来ないのか、虚しいラブロマンス。
  • まこー
    -
    世間の評判ほど好きではない。断然淫画派。
  • むっち
    5.0
    今まで観たロマンポルノでいちばん面白かった。カメラ位置が天才すぎませんか。脚の間から顔が飛び出してくるし、脚の間から見える汗ばむ頬の一部とそこに張り付く髪がエロい。なぜか傘も持たずにずぶ濡れになって待つ女とか色々最高。
  • やなせゆうき
    3.5
    来る?あんたが。
  • UsuKi
    3.6
    完成度の割に惹かれず
「天使のはらわた 赤い教室」
のレビュー(270件)