初代TCPグランプリに輝いた中江和仁『嘘を愛する女』がついに製作開始!

2017.04.03
邦画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

嘘を愛する女

カルチュア・エンタテインメント株式会社と株式会社TSUTAYAが主催する、映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(TCP)」にて2015年、初代グランプリに輝いた中江和仁監督の作品『嘘を愛する女』の製作が、このたびついに始動! 主要キャストが発表されました。

大企業で働くキャリアウーマンでありながら、恋人の大きな嘘に翻弄されていくヒロインに長澤まさみ、その恋人に高橋一生、ヒロイン・由加利の協力者となる私立探偵に吉田鋼太郎という実力派俳優が顔をそろえ、すでに3月12日より撮影がスタートしています。

嘘を愛する女

「TCP」は2015年からスタート。新星クリエイターに「映像企画」の提案の場や、製作の機会を提供し、未来の映画業界を担う新しい才能を支援するプログラム。記念すべき第1回でグランプリに輝いた中江監督は、CM界の若き才能と呼ばれ、「ゆうちょ銀行」「住友生命」「シーブリーズ」のCMに代表されるエモーショナルな作風と個性的な映像美が高く評価され、ネクスト中島哲也と目される、次世代の映画界を担う逸材です。

FILMAGAでも過去、TCPグランプリ受賞直後の中江監督にインタビューを敢行しています。

【中江監督TCPグランプリ受賞インタビュー】

TSUTAYAが選ぶ「本当に観たい映像作品」とは?TCP受賞者インタビュー(1)

そんな中江監督が満を持して、初の長編映画に挑みます。

監督の印象を長澤は、「中江監督の作る現場はとても穏やかで居心地がいいんです。監督への信頼があり、とてもリラックスして現場に居られるので、丁寧に役と向き合えたらと思います」と語っています。

また、高橋は中江監督の描く脚本について「脚本を読ませていただいた最初の感想は『素敵!』でした。 この作品は“嘘”というものを人間の本質は越えられるのか、という根源的な愛情に対する問いかけが描かれていると感じました。この作品に参加出来る事が素直に嬉しいです」とコメントしています。

『嘘を愛する女』は2018年全国ロードショー。

嘘を愛する女

その姿は世の女性が憧れる理想像。飲料メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。「一体、彼は誰ですか?」 くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証はすべ て偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。 騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・ 海原匠(吉田鋼太郎)を頼ることに。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つか る。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に......。なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ShuntaAsano
    4.1
    試写会にて。 キャストとあらすじ見ると女性向けかなって思うけど、男性にもおすすめ。
  • なつき
    4.3
    完成披露試写会にて。
  • Inagaquilala
    4.0
    2011年3月11日の東日本大震災の日に知り合った川原由加利(長澤まさみ)と小出桔平(高橋一生)。混乱の群衆のなかで、ハイヒールで歩いていた由加利に、自分は靴下だけになり、そっとスニーカーを差し出す桔平。この出会いのシーンはなんとも印象的だ。 その桔平と同棲5年目を迎えていた由加利だが、彼女のもとに突然、警官が訪ねてくる。くも膜下出血で倒れていたところを発見された桔平だが、彼の所持していた運転免許証も医師免許もすべて偽造で、彼がいったい何者であるか一切不明だったのだ。 「あなたは誰?」というキャッチで劇場予告も流されていて、ミステリー的導入で作品は幕を開けるが、その意識不明の桔平が、分厚い小説の原稿を残していたことから、物語は別な展開を始める。「ウーマン・オブ・ジ・イヤー」に選ばれるくらいのキャリアウーマンの由加利だったが、自分の愛した相手がいったい何者だったのかという疑問は大きく、ショックで仕事も手につかず、彼が残した小説をもとに、医師だと言っていた彼のほんとうの姿を探し求める。 企画は、監督の中江和仁が「TSUTAYA CREATOR’S PROGRAM 2015」に応募して、グランプリを受賞したオリジナル。中江監督があるエッセイからヒントを得て、10年間温めていたものだった。この企画をもとに新たに脚本を書き下ろし、映像化につなげた。 このところ、コミック原作の若者向け作品が目立つ中で、これは大人の観客に向けた、純粋にオリジナルな脚本をもとにした作品。かなり当初の企画から物語は練り込まれており、ミステリー的な趣向は、途中から徐々に転換されていき、最後は愛の物語へと行き着く。 主人公の由加利は、桔平が残した小説を頼りに、ほんとうの彼の姿を探し求めて瀬戸内の島々を彷徨うのだが、それは彼女の心の旅でもあった。桔平を演じる高橋一生が、このミステリアスな男を見事に演じている。最近では「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」でも、自殺してしまう謎の男を好演していたが、この作品でも、彼の演技での貢献度は高い。とりあえず、ひさしぶりにオリジナル脚本の素晴らしい大人の作品に出会った気がする。
  • ゆりか
    4.7
    完成披露試写会にて鑑賞してきました🎥💓💓 映像が綺麗で、瀬戸内を旅したくなりました✨✨ 一生さんステキ過ぎ♡♡ いいシーンを知った上で、再度鑑賞したいです☺️💕 そして松たか子さんの主題歌が秀逸✨✨ 映画の世界観にぴったりでした💓
  • なおちん
    3.0
    舞台挨拶付きの完成披露試写会に行ってきました。 いつもなんの下調べもせず映画行きます。嘘って…女の方が嘘をつくのかと思っていたら違うんですね 焦 映画の始めの方は出会いとかで、ちょっと羨ましくなるようなキュンとくるとこがあったけど、急展開後は、話が進むにつれ…重くなる。怖いとこもあった。 しまなみ海道~海辺とかとてもキレイで、長閑で…行ってみたくなりました。
「嘘を愛する女」
のレビュー(48件)