心が震える爆音!「バンドやりて〜!」と思えるロック映画4選

2017.05.24
洋画

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

こんにちは。突然ですが「バンドやりたい」なんて思ったことありませんか?
バンドをやればモテる!(たぶん)なんて思ってバンドを組んでみるのもよくあること! 今日はそんな音楽少年がついつい「音楽ってサイコーだぜ! バンドやりたい!」なんて思えるような作品を紹介していきましょう!

俺達はただただただただKISSが観たいだけなの! そんだけ! 『デトロイト・ロック・シティ』

DRC

KISS(キッス)のコンサートが観たくて観たくて仕方ない高校生4人組がコンサートに辿り着くまでのロードムービー。チケットがないのにコンサート会場に着いて、なんとしてでもチケットを手に入れようとするその姿は、観ているこっちもハラハラものです。冒頭の下手くそすぎる4人の「ロックンロール・オールナイト」の演奏を観ていると、「バンドっていいな〜! ロックって最高だよな〜!」なんて思い返す人も多いはず! ちなみに、お金がない主人公がダフ屋に言われた一言

「このコンサートを見ないなら家に帰ってレコードでも聴いてろ」

は名言中の名言です。

ヘイ! ホー! レッツ・ゴー! 『ロックンロール・ハイスクール』

ロックンロール・ハイスクール

ジャック・ブラック主演の『スクール・オブ・ロック』ではないです。
なんとパンクバンドのラモーンズが最初で最後の映画出演(ドキュメンタリーを除く)。びっくりするくらいの大根演技を見せてくれます。ロックが禁止されたハイスクールにラモーンズが乗り込む、なんてハチャメチャなストーリー、そしてとんでもないクライマックスが……! ちなみにこの映画の名言はストーリー当初は厳格だった音楽の先生がハジけて

「ロックンロールに命を捧ごう!」

と絶叫したシーン。うーーーん、今思い出してもグッとくる。

ジャック・ブラックってなんでこんなにダサカッコイイんだろう『スクール・オブ・ロック』

SOR

はい。そしてこの映画も忘れちゃだめですね『スクール・オブ・ロック』。ご存知ジャック・ブラックの代表作です。
ストーリーはひょんなことから偽教師に就任したジャック・ブラックがロックンロールを知らない生徒達へロックを教える、という話なのですが、クライマックスに待っているライブシーンは秀逸そのもの。楽曲のクオリティの高さも相成り嬉しくなってずっと半笑いで劇場にいたことを思い出します。(※ギター弾いてた子役……たぶん僕よりギター上手い……汗)

俺、君が好きだから、ちょっと今からバンド組んでくるわ!『シング・ストリート』

SS

昨年公開されたジョン・カーニー監督の『シング・ストリート』。この映画がどれだけ最高か、ずるいくらいの黄金パターンにその秘密があります。

「ボンクラ青春時代」

「好きな娘ができた」

「あの娘を落としたいからバンド組もう」

これぞ昔の読売巨人軍で言うなら槇原→齋藤→桑田の3本柱黄金リレーを成立した1994.10.8決戦を彷彿させると思いませんか?(え? 古い?)

また、クライマックスも希望に満ち溢れた主人公の表情で終わるんです。「モテたい」からバンド組む、って馬鹿らしいけど夢がありますよね〜。ジョン・カーニー監督、素晴らしい映画をありがとうございます!

いや〜。バンド組みたくなってきましたね〜! 「観たら◯◯したくなる映画」って、これぞ映画のマジックですよね。
以上バンド組みたくなる4作でした! ではまた〜!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • zazie
    4.2
    何だろう。ほんと下らないけど胸熱が止まらないロック少年映画(笑) いや、もうおっさんだけどね。なんかあの頃を思い出す位の興奮と爆笑で楽しめた! たまたまKiss好きの(素敵な)人からCD借りてたから「ロックンロール オールナイト」も「デトロイト ロックシティ」も大合唱(笑) フジファブリックの志村が15の時に富士qでの民生のライブに潜り込んだ話を思い出した。そしてフジフジ富士qをね。 Kissから回ってフジファブリックな週末の夜です(くそ中2風)
  • KAZU
    3.9
    『超私的音楽映画特集2017夏』 夏フェスシーズンに合わせて、音楽ムービー特集してましたが、行ってきましたよ!フジロック。久々ということもあり最高のフェス旅でした。今だに体の節々が痛い.. 今作品、C級カルトホラーの名作「チレラマ」のアダムリフキン監督ということで、随所にB級っぽさを織り込みセンスが良い。ストーリーはKISSに憧れる田舎の高校生が、デトロイトにやってくる彼らのLiveを見るため、ドタバタ身に降りかかるトラブルを乗り越えながらライブを目指すというロードムービーだが、正直ストーリーは薄い。けど、このバカっぷりもKISSがメチャ好きでコピバンやってる高校生っていう設定も安直でいいじゃないか。この薄さもバカさもロックだ! 追記 作品中の90年代のUS kidsのロックファッション、今見るとメチャイケてる。 『超私的音楽映画特集2017』 ☑︎EDEN (2015年)3.9 ☑︎ダフトパンク エレクトロマ(2006年)1.0 ☑︎デトロイト ロックシティー(1999年)3.9 ◽︎ ◽︎Woodstock 3Days of peace of music
  • mikoyan358
    3.5
    2008/11/15鑑賞(鑑賞メーターより転載) 現実味などこれっぽっちもなく勢いだけで突っ走るおバカ映画だが、意外なほど面白かった。コンサートに行くというある意味どうでもいいけど、でもこの年代ならすべてに優先する事のためにあらゆる手を尽くすガキども達が憎めない。わずか1時間くらいで登場人物がみんな成長しているし、そう来るとは思わなかったラストの展開とコンサートの熱狂っぷりも良いし、観終わってスッキリ出来る映画。自分はここまで顕著ではなかった(普通そうだろうが)までも、何かあの若気の至りっぷりは少し懐かしさすら感じてしまった。
  • ほほえみデブ
    3.8
    青くてバカで必死で、真剣まんけんな映画に弱い。これはキッスの名曲にのせて青いバカが詰まってる。青くさいラブも沁みる。
  • 海杜
    4.8
    最強で最高のバンドKISSのライブを見るために、奮闘する少年たちが馬鹿でかっこいい。 男って馬鹿だし、高校生って馬鹿。 でも、全力だし、楽しそうだし、かっこいい。 最後の最後にもったいぶって出てきたKISSがめっちゃかっこよかった。 かっこいいしか言ってないな 笑 でもかっこよかった。
「デトロイト・ロック・シティ」
のレビュー(501件)