グザヴィエ・ドランこそ映画界の大谷翔平だ!いや大谷翔平こそ野球界のグサヴィエ・ドランだ!どっちでもいいや!

2017.05.18
女優・俳優

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

近年、映画界を騒がす話題のグザヴィエ・ドラン、彼こそ映画界の日本ハム・ファイターズ大谷翔平そのものである。

「おいおいロックス、お前何言ってんだよ? 野球選手と映画監督だぞ」なんて思わないでください。今日は、二人の若き天才を比較してみましょう!

若い。とにかく若い。

富む

「若き天才」なんてすでに言っちゃってますがまずここです。
グザヴィエ・ドランはわずか二十歳にして「マイ・マザー」にて監督・脚本デビュー、作品は第62回カンヌ国際映画祭にて上映。ここから彼の快進撃が始まります。その後「胸騒ぎの恋人」、「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」、「Mommy/マミー」、「たかが世界の終わり」と立て続けに作品を発表。そして2017年現在、いまだ28歳。

大谷翔平は高校卒業時点でメジャー挑戦かプロ野球入団かの選択がありました。そして紆余曲折があり日本ハムファイターズへ入団。昨年はNPB史上初の投手と野手でベストナイン、そしてパ・リーグMVPを受賞という破竹の活躍。2018年にはメジャーへの移籍という噂も流れています。そして現在22歳。

ちなみに僕は高校卒業時点で普通に大学受験をしながら映画を観ていて、22歳の頃はようやく大学を卒業して社会の波に呑まれてアタフタ映画を観ていて、28歳の頃はようやく社会人にも慣れて30歳を手前に映画ばっか観てました。これが凡人と天才の違いです。あれ、なんか書いてて泣けてきた。なんでだろう。

イケメン

マイ・マザー

いや〜二人共悔しいくらいのイケメンですよね〜。天は二物を与えすぎです。ずるいよ神様。
悔しくなってきたのでこの項目はこれくらいにしておきます。
 

主演/監督、打者/投手 何よりも二刀流

ドラン

むしろこれが言いたかったからこの記事書いているようなものかもしれませんが、二人共二刀流。
グザヴィエ・ドランは監督のみならず脚本、編集、そして主演も努めます。
そして大谷翔平はご存知二刀流。打者としては3割、二桁本塁打、投手としては史上最速の球速165kmを達成。
御両人共、凄まじい活躍を見せています。

世界広しといえどここまで活躍をしているのはなかなか類を見ることはできません。
というわけで皆さん、これからはグザヴィエ・ドランといえば「映画界の大谷翔平」と覚えましょう。
ん? 大谷くんが「野球界のグザヴィエ・ドラン」なのか? どっちでもいいや!

2人共すごい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • msan
    4.7
    個人的な感情移入ができる映画。 この監督は自分の世界観を強く押し出しているので、嵌まれば楽しめます!独特でオシャレな衣装、セット、奇抜な映像効果、一昔前のアメリカ(カナダ)音楽… 主演の男の子もいい。監督作品の中では比較的ストーリーが明確なので万人ウケすると思います。 発達障害に関してや、話の展開に多少無理やおかしな点はあります。なのでストーリー重視の方には辛いかも? 私の様に雰囲気と感覚重視の方にはオススメ。
  • しみ
    -
    記録
  • mememama
    4.2
    母親のダイアン、15歳の息子スティーヴ、隣人のカイラ…それぞれの心模様をとても丁寧に描いた、至極の作品。 観ている間中も観終わってからも感情が揺さぶられ続けた… 「愛があれば、困難も乗り越えられる!」そんな希望に満ちた単純な映画ではなかった… 愛あればこそそれがどれだけ壮絶で、どれだけ苦しいのか、痛いほど伝わって来た。 最初、スクエアの画面にとても違和感を感じていた。視界が窮屈で狭苦しい感じ… それがフルスクリーンに変わった時の解放感! それはスティーヴの心の開放、希望の表現なのだろうか? そしてもう一度フルスクリーンに変わったのは、母ダイアンの空想の世界… 母ダイアンが空想した幸せな世界が本当のものであって欲しかった… 母親はどんな状況にあっても、子どもと一緒に幸せの夢を持ち続ける… きっと大丈夫、きっと大丈夫と 私もおなじ いつも思うきっと大丈夫と… 息子との別れの後のカイラとの別れは切な過ぎた……。
  • やこぺってぃ
    4.3
    映像がきれい。スケボーのシーンと、ショッピングカートをぐるぐる回すところがすき。 スティーブの役者の演技がすごい。お母さんにギフトだよって贈り物を渡すところがなんとも切ない。あとは、スティーブがお父さんとの写真を飾るところと、カイラとお母さんとの写真を貼るところがめちゃくちゃよかった。それと、あの思い出の曲で踊るところ。すてきだった。ほほえんでしまった。 ただ、なんでADHDをはじめとする発達障害をかかえる人を、精神病院に入れるのかがわからない。もともと精神病ではないはずでは?あれ?それなら病院ではなく療育施設とかの設定の方がしっくりくるけど…まぁでも映画的にそっちのほうがある意味やりやすいのかも。 そのへんがなんだか突っ込みたい所だったけど… 素敵な映画だった。すばらしかった。
  • saki
    3.6
    一瞬一瞬がただただ美しい。 母は大きな愛情で子供を守り包み込む。 人生は簡単ではないけど、だからこそ頑張る価値があるのかな、そんな風に考えさせてくれる映画でした。 観て明るくなるような作品では決してないけど、観て後悔する作品でも決してないです。
「Mommy/マミー」
のレビュー(21612件)