【FilmarksのFan!数(日本人俳優部門)第1位】菅田将暉の歴代出演作まとめ《マトリクスチャート・リスト付》

2017.05.10
女優・俳優

エンタメ大好き妖怪

tsuyu

テイイチ

(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社 

こんにちは。出演俳優目当てで、観る映画を決めがちなミーハーです。

先月公開された『帝一の國』で主演を務めた菅田将暉も、そんな目当ての俳優のひとり。

作品で演じる役柄によって、髪型・ファッションだけでなく話し方のトーンや口調、立ち振る舞いまでをも変幻自在に操り、見かける度に印象が変わる…その姿はまるでカメレオンのよう!

ちなみに映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」には、お気に入りの俳優を登録すると出演作をお知らせしてくれる、Fan!機能というものがありますが、

菅田将暉のFan!数はなんと10,721人(2017年5月7日現在)。日本人俳優部門ダントツの第1位です。

今回は、そんなFilmarksユーザーも大注目の「カメレオン俳優」菅田将暉の歴代出演作をご紹介します!

「菅田将暉の歴代出演作まとめ

★まずは、出演映画マトリクスチャート

左側の「●役柄の属性」は、陽気で良い奴〜根っからのクズまで、演じているキャラで分類しています。

右側の「●映画の要素」では、ラブコメ〜重く暴力的な作品まで、出演したジャンルを俯瞰することができます。

演じている役柄だけでなく、その映画のジャンルまで本当に幅広く出演されています。目安として「Filmarks(フィルマークス)」での平均Mark数とスコアも入れているので、もしまだ見たことのない役柄の一面や映画のジャンルがあれば、鑑賞判断のご参考にどうぞ。

菅田将暉チャート2
※画像をクリックして拡大してご覧ください

★もうひとつは、出演映画リスト

先のマトリクスチャートで紹介した、作品ごとの出番や役柄の設定、個人的な推しポイントをまとめています。(出演俳優目当てで、ついつい観る映画を決めがちな方にも、ピン!とくる共演者がいるかもしれません。)

菅田将暉チャート1
※画像をクリックして拡大してご覧ください

今回は『帝一の國』の公開を記念して、2009年〜2017年5月現在までの歴代出演作をご紹介しましたが、2017年はまだまだ始まったばかり!

7月の『銀魂』から、11月の『火花』まで、これから5作もの公開ラインナップが予定されています。

 
今後もますます目が離せない俳優の菅田将暉、まずは歴代出演作も要チェックです!
 
なお、チャート内で紹介した菅田将暉出演作まとめは、Filmarksアプリ上のTrend(注目映画)の「菅田将暉」タブ上でもご覧いただけます。気になる映画はそちらでClip! しましょう。
 

トレンド菅田将暉

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ゆい
    4.5
    1月17日
  • ひつじ
    4.2
    俳優って本当に凄いなと思った映画。 挿入歌もばきばきにかっこいいしクリープもすごく良かった。 これは面白い映画。
  • plantseeds
    4.2
    『学園覇権争奪コメディ開幕!』 <主人公赤場帝一は、総理大臣になる夢を掲げ、その最短ルート1位、超名門海帝高校へ入学。 そして野望を実現するために、将来の内閣入り確実、その高校のトップ「生徒会長」の座を射止めるべく奔走する。 しかし、その座を狙うものはもちろん帝一、一人ではなかった… 帝一の野望の行く末は果たして⁉> 話題性もあり、試し半分で見てみてみましたが、お、面白かった(笑) wowowぷらすとの、2017年ベストを決めるもので、TIFFの作品選定ディレクターの矢田部氏も帝一の國を押していた。 結構コメディとして面白いのですが、帝一がどうしてそこまでの野望を持つようになったのか、が非常にわかりやすく描かれていて、「映画」を見ている気分に非常になりました。 さらに、学園内での闘争構図が普段の日常で見るようなこととリンクしたりもして面白かった。 全体的に人間的な部分も濃く感じられ、エンタメ×映画、のバランスが良かった!
  • Mari
    3.0
    記録
  • うめきちんぽ
    4.2
    わろた
「帝一の國」
のレビュー(20513件)