世界の映画祭で話題の『たたら侍』青柳翔×AKIRAが生み出した「JAPAN PRIDE」の可能性【インタビュー】

2017.05.19
インタビュー

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

日本のエンターテインメントをけん引する存在となったLDHグループが新たに送り出すのは「JAPAN PRIDE」を掲げた映画『たたら侍』だ。戦国時代の島根県奥出雲を舞台に、唯一無二の刀をつくるための鉄・玉鋼(たまはがね)による技術の「たたら吹き」の伝統をとみに大切にする村で、侍になりたいと憧れる伍介(青柳翔)と、村を守る存在の武士・尼子真之介(AKIRA)の関係性や心模様を、日本の原風景に乗せて雄大に、ときに甘美ささえ宿す映像で綴る。約3カ月、撮影地の島根に入り、みっちり役作りを行った主演の青柳と、撮影中、そんな青柳を支え、武士の中の武士を表現したAKIRAに、作品に懸ける思いを聞いた。

たたら侍

――村を守るために武芸を磨く伍介を、青柳さんはどのように演じようと思いましたか?

青柳:伍介はそんなに台詞が多くはない人物です。例えば、挫折を経験して歩いている場面などでは、どういう気持ちで歩いているのかなど、行動について考えていました。特に、伍介がラストで取った行動に向けては、そこまでの気持ちの流れをすごく重要視しないといけないなと思い、台本を読んでいましたね。

――台詞が少なく表情で見せていく演技については、最初からイメージができていたんですか?

青柳:いや、全然できていなかったです。1シーン、1シーン積み重ねていくことで作っていけた感じです。もちろん、錦織(良成)監督やスタッフさんと、現場でいろいろ相談させてもらいました。

たたら侍

――AKIRAさんは『たたら侍』のオファーを聞いたときのことを覚えていますか?

AKIRA:はい。LDH PICTURESが企画している作品でしたが、身内だからどうこうっていうわけでもなく、こんな作品は最近ないんじゃないかなと思うくらい、スケールが大きいと感じました。名だたる映画俳優の方々が出演されることもあり、なかなかそんなチャンスはないので、こればかりは一緒に映画作りに携わりたいし、身近で触れてみたいと思いましたね。

――作品の内容自体はもちろんのこと、出演者にもすごく魅力を感じていらしたんですね。

AKIRA:そうですね。あと、映画のアプローチは様々な形があると思うんですけど、「島根から世界へ」というキャッチコピーを掲げながら、「JAPAN PRIDE」という自分たちのタイトルを胸に映画作りに挑めたことも大きかったです。実際に、この映画をしっかり作って、島根のよさや、自分たちから見た日本の視点の素晴らしさを世界に届けるという夢もありながら、そのタイトルを掲げて映画作りをすることは、日本人の誇りとして奮い立つものがありました。熱いスタッフの方々もいて、チーム一丸で有言実行と言いますか、いろいろな映画祭にも出品させてもらえて、貴重な経験だと感じています。

たたら侍

――確かに、「第40回モントリオール世界映画祭」(カナダ)では最優秀芸術賞を、「ディレクターズ・フォートナイト・コルカタ」(インド)ではグランプリを受賞されています。現地では、どのような言葉をかけられましたか?

青柳:「日本の景色は美しいね」、「映像がすごくキレイだ」は一番多く言われました。日本の古きよき分化や伝統、人を思いやる気持ちも、すごく褒められた気がしたのでうれしかったです。映画祭で賞をいただけたことで、日本でもたくさんの方に観てもらえるきっかけのひとつになれればいいなと思っています。

たたら侍

――逆に意外だった言葉とかはありましたか?

青柳:「何で血が出ないの?」とか……。

AKIRA:確かに(笑)。あまり血を使っていないからね。

青柳:ポジション、ポジションでは(血も)使ったりはしていたんですけど。前半の合戦のときとかでも、そこまで飛び出るようなシーンはないですよね。血については、すごく言われたりしました。錦織監督はたくさんの方に観ていただきたいという思いがあるので、そうしたのかと。あと、玉鋼で作った刀はものすごく純度が高く切れ味が鋭いので、切った瞬間に血が出るというよりも、後々出てくるというお話を、ちらっと聞いたりもしました。

――たたらで製鉄を行う「たたら吹き」は劇中で本当にやられているんですよね?

青柳:そうです。

AKIRA:青柳がやっているシーン、本当にあのままなんですよ! 何℃あるんだっけ?

青柳:1000……。

――1000ですか!?

AKIRA:直接だと1000℃以上にもなるんですよ。映画の中で青柳がバーッと入れているやつが……。

青柳:砂鉄を入れています。

AKIRA:仰いだりしているんですけど、あの中が50℃以上あるのかな?

青柳:もっとあったような……。

AKIRA:息をすると熱いでしょう?

青柳:熱かったです(笑)。

AKIRA:あのシーンは、やばいですね。僕、あそこじゃなくてよかったなって(笑)。

青柳:(笑)。

――青柳さん、壮絶な現場だったと思うんですが「たたら吹き」のポイントはありましたか?

青柳:村下に、「どうやったら、たたら吹きがうまくなれますか?」、「どうやったら、よく見えますか?」、「どうやったら、この熱さに耐えられますか?」と聞いたら、結果、「気合いでしかない!」と。

――(笑)。

青柳:気合いかあ……、みたいな(笑)。

AKIRA:(笑)。

青柳:いろいろお話は聞かせていただいたんですけど、まとめると結果、気合いということだったので、とりあえず立ち向かいました(笑)。

――お二人が共演されている「HiGH&LOW」シリーズではAKIRAさんが中心にいらして、『たたら侍』では青柳さんが座長でしたが、AKIRAさんの目にはどう映っていましたか?

たたら侍

AKIRA:青柳は本当に何カ月も島根に入っていて、自分が入ったときにはチームがすでにできあがっていました。座長として青柳が現場に立っている姿は、別にこれといって偉そうにしていたり、仕切っているとかではないんです。もちろん錦織監督の人柄や素晴らしさもありつつ、周りのベテランの映画スタッフさんたちを目の前にして、本当にきちんとコミュニケーションを取っていて。僕はそんなに語れるわけではないですけど、映画を撮影するときに、自分もこういうスタンスでありたいなと思えるような居方の座長でした。自分も安心して、どっぷりと青柳組で勝負させてもらえました。自分の役に集中できましたし、ものすごく楽しませてもらいました。

――総合すると、100点満点ということですね。

AKIRA:120点くらいですね!

青柳:全然そんなことないっす(笑)。けど、ありがとうございます!

たたら侍

(取材・文:赤山恭子/撮影:市川沙希/スタイリスト(青柳):松川総(TRON)/スタイリスト(AKIRA):橋本敦(KiKi inc.)/ヘアメイク(青柳):鵜飼雄輔(TRON)/ヘアメイク(AKIRA):水野明美(H.M.C))

映画『たたら侍』は5月20日(土)より全国にて公開。

たたら侍

AKIRA:(デニムジャケット¥96,000、デニム ¥60,000、セーター ¥120,000、ベルト ¥36,000、シューズ 参考商品 問い合わせ=ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)Tel 0120-3274-20)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やまおか
    1.0
    今まで観た映画の中でワースト1 お金かかってた
  • トムトム
    1.3
    個人的に思いがけぬヒットだった「HIGH&LOW THE MOVIE」のエグザイルが今度は時代劇を作ると言っていたので期待していたが大きく裏切られた。 こういうのをエグザイルには求めていない。織田軍二万の前に傾奇者や南蛮の黒人侍たちが馬や神輿に乗ってテーマ曲に乗って集結して欲しかった。 爽快感が皆無なのが1番の問題だし現代的な思考をしすぎる登場人物による戦国時代に対する否定や説教的なセリフには辟易する。 平和な村が外敵からの侵略の脅威論だけで武装し武装した粗暴なよそ者を村に招き入れ防衛してもらうという現代の日本をたたら村に比して描こうとしているのだがあまりに直接的な比喩でしかもそれをほぼセリフで説明する為見ていてこちらが恥ずかしくなる。 自然を切り拓いて武器の材料の鋼を作る製鉄の民が自然に逆らわずなすがままが1番という思想を語るダブルスタンダードはヒドイし現代へのメッセージとしても無責任すぎる。 最後に仇を斬らないという選択はいいがその前にAKIRAは助けてやれよとは思う。 自らの蒔いた種による戦闘を救ってくれている味方を助ける為にさえ手を汚さないというのは現代日本に対する比喩的なメッセージだとしたらヒドイ。 血の全く出ない殺陣の出来がヒドイ。そこで戦さの残酷さを見せないと後の説教が響かない。 エグザイルのメンバーのアクションやツラ構え、画面のルックは良かった。 雑兵からの視点なのでどことどこが戦っているのかわからないカオス感は良かった。 歴史好きなら旗印でわかるしいちいちセリフで説明しない潔さもいい。
  • たろし丸
    1.4
    終始主人公のクズっぷりにイライラします、 様々な事件が起こりますが主人公は成長しません、 映画は2時間ほどですが5時間ぐらいに感じます、ある意味有意義な時間を過ごせるかもしれませんね、 途中までのシナリオはよかったので1.4です。
  • JAmmyWAng
    1.2
    「スッゲーいいカメラ使ってますね!!!ウェーーーイwwwww」という感じ。 この素晴らしいカメラが持つ広いダイナミックレンジによって、溶解する鋼が放つ強烈な輝きや、空の色彩の豊かな階調がとても美しく再現されているし、発色性も良いから臙脂(えんじ)や藍色の着物が鮮やかに写り込んでいるし、解像度も高いので草や葉や波のディテールがバッチリ捉えられていてもうとにかく文句無しにエクセレント。 言い換えれば、美術だろうが風景だろうがスクリーンはことごとくカメラの特性を強調する被写体で埋め尽くされており、Panavisionフィルムカメラのデモ映像としては大変良くできているなあと感心致しました。 そうしたカメラの性能によって純視覚的には目を奪われるほどに凄いのだけれど、それ以外はもうなんだか目も当てられないほどに酷い。何というか常軌を逸していると思う。 カットの繋ぎも台詞も間も脚本も人物造形も、驚くほどに平然と中身が無いというか、何かこう、すべてにおいて生気が感じられず、確かに登場人物達は何かを喋っていたのだけれどその内容は一切思い出せないし、物語は語られていたのかもしれないけれど正直ほとんど記憶に無い。 これはもちろん僕の妄想に過ぎないのだけれど、とにかくエンドロールに至るまでカメラのデモ映像を撮り続けたその執着性から想像すると、この人はカメラの性能に翻弄されていつの間にか自我を喪失してしまったのではないか。ガンダムWで言えばゼロシステムによって暴走したカトルみたいなものなのではないか。 そういうワケでモントリオールなんとか賞はPanavisionにあげたらいいと思うし、ヒイロ・ユイ風に言えばもう「自爆スイッチを押せ」と思った次第でありました。
  • たゆっち
    2.3
    タタラといえば大好きなもののけ姫のタタラ場じゃん!てことで観た。 なんか、もののけが一切出てこないもののけ姫って感じ。てか、キャストEXILE率高くて笑った。なにこれ、総合プロデューサーがHIROだからですね。わしの他に見にきてたのが、ジジババと三代目好きそうな女(偏見)だけだったわ、どうりで。 ジコ坊みたいな怪しい商人出てきたり、石火矢衆みたく火縄銃で村を自警しようとしてたり、もののけ姫かよ!って思ってしまったが、それは同じくらいの時代を描いてるから似るのは仕方ないのか! 正直、中だるみしてたし盛り上がりにかけるしあんまり面白いとはいえなかった。士農工商決められる前の話だろうし、当時の農民?工民?は侍になりたいと思えばなれるまだ自由ギリあったんだな〜この時代はってゆうのがわかった。 なんか賞とったらしいけど、外人は時代劇センサーどうせユルユルだから、この映画みて安易に黒澤明感じたんだろうなって思った。でも日本人がこれ見ても黒澤明までの深さは感じないと思う。時代劇センサー鍛えられてっから。 なんか全体的に軽い!津川雅彦も7割くらいの実力しか出してないよね、この映画で実力出してもしゃーないか!爆笑したわ!!!
「たたら侍」
のレビュー(225件)