ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.06.13
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

今年の話題作、『ラ・ラ・ランド』で主演しているライアン・ゴズリングと、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が記憶に新しいミシェル・ウィリアムズが夫婦を演じ、切なくも印象深く残る作品『ブルーバレンタイン』。
楽しさと喜び、そして不安を乗り越えた恋人時代、永遠の愛を誓ったはずの夫婦のすれ違い。キラキラとまばゆい光を放つ過去と、お互いの存在があるだけで心がすり減っていく現在が、切り替わりながら進むストーリーは、観ているこちらも胸を締め付けられ、心を揺さぶられます。

今日紹介するのは、そんな『ブルーバレンタイン』をテーマに、甘くスパイシーで儚いレシピです。

口どけスパイシーバレンタイン

ブルーバレンタイン

【材料】
薄力粉 170g
粉糖 105g
アーモンドプードル 70g
ココナッツオイル 110g
シナモン 1g
チリパウダー 1g
ライムの皮すりおろし 1/2個
ライム汁 1/2個


【作り方】
1 薄力粉をフライパンで混ぜながら炒め、全体的にきな粉色になったらすぐに別の容器に移して冷まします。

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

2 柔らかくなったココナッツオイルに粉糖を加え、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜる。
3 炒めた薄力粉、アーモンドプードルを振るい、2に一気に加えシナモン、チリパウダー、ライムの皮のすりおろし、ライム汁を加えます。全体がしっとりするまで固まりを潰すように切り混ぜる。全体がそぼろのようになってきます。
4 ポリ袋に入れまとめ、常温で1時間ほど休めます。
5 オーブンを140℃に予熱。
6 生地を1cmの厚さに延ばす。どうしてもやりにくければ手で丸めても大丈夫です。
7 3cmの丸型で型を抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べ25分焼きます。
※お好みで粉糖をかけてください。

レシピの経緯

スペインの郷土菓子「ポルボロン」。
口の中に入れて「ポルボロン」と3回言えたら幸せになると言われている、ほろっと崩れる独特の食感です。だんだん崩れて行く二人の関係と甘いだけじゃない愛を、チリペッパーを加えピリッと舌に残る刺激で表現してみました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • MK
    3.5
    夫婦が倦怠期を迎えてすれ違っていく様と、青春時代を交互に描いて、人の気持ちの移り変わりを伝えているお話。 わかる。女の人って、一回ダメになったらもうダメだよね。それはわかる。 でもそれにしてもライアンが可哀想だけど。 人の感情の揺れを細かく描いている映画です。
  • こーじ
    3.0
    どんなに美しい恋愛映画も5年後の現実はこうだ、と突きつけられたようで、もんにょり気分。現在のシンディの疲れきった愛のない表情がリアルで怖すぎる。過去と現在を交錯して映すが、ライアンの頭のお陰で混乱はないw 映像の濃厚さは好み。
  • まみテス
    3.6
    結婚恐怖症ブルブルになります🤴🏻🥓🥓 最後の花火でハートブレイク🏹🎈
  • privetaxi
    -
    記録
  • 0i7
    4.0
    関係が壊れていく様を精緻に描いていて、切なくて苦しいけれど良い映画でした 作品名をググると恋人や夫婦で一緒に見てはいけないというまとめサイトがヒットしますが、 それほど、ここまで精緻で丹念に描いている作品は稀有かと思うし、 ありそうでなかったとても良い映画だと思います 失恋はどこか甘美な響きも伴うけれど、 愛が壊れて家族が保たれなくなっていくのは本当にしんどいと思います 2人が子供のために模索する創設家族としての選択肢も、それぞれの出生家族へのトラウマのため異なっていて、 ディーンは両親がそろっているべきだと思う一方、シンディは仮面夫婦を子供に見せるくらいなら別れるべきだと思う、2人の意見の隔絶がまた虚しかったです 『Smoke gets in your eyes』はジャズナンバーのなかでも好きな曲の1 つのですが 、歌詞がぴったりで切なかったです あのラストからのエンドロールがまたもの悲しかったです
「ブルーバレンタイン」
のレビュー(13757件)