【イラスト図解】ウルヴァリンって何だ?クズリって何だ?!

2017.06.06
映画

映画は「1スジ2ヌケ3動作」by牧野省三

ウラケン・ボルボックス

『ウルヴァリン SAMURAI』6/9(金)地上波初放送!

ウルヴァリン SAMURAI

今週(6/9)の「金曜ロードSHOW!」は、いま何かと話題のあの男ウルヴァリンことローガンが日本にやってくるお話。ウルヴァリン: SAMURAIです!アメコミ映画ファンじゃなくても手からシャキーン!! と、鉤爪出すヒゲのおじさん見たことないですか? あの人です。あのウルヴァリンさんがジャパンにやってくるのです。

ウルヴァリンって何だ? クズリって何だ?!

いや、ちょっと待て。その前にその「ウルヴァリン」て何だよって人も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。なんせ、『X-メン第1作はもう17年も前のお話。僕は高校生でした…高校生て!! まじか!! あれからもうそんなに経つのか!そ らナウでヤングな中学、高校生は「ウルバ…何て?」だわ! と、いうわけでザクッとご説明いたしましょう。

X-MEN

ウルヴァリンは、MARVELコミックスのアメコミ「X-MEN」の人気キャラクターの名前であり、ローガンのコードネームです。原作では、黄色と黒のピタピタのスーツ&青いパンツ、手袋、ブーツ着用でマスクを被った小柄なおじさんです。文章で書くとだいぶヤバい人ですね。因みに英語で書くと“Wolverine”

「いや、名前は知ってる。そもそもウルヴァリンの意味がわからん。」って人の方が多いかも。というわけで図書館行きました。あと、ググりました。その結果がコチラ↓

クズリ

出典:http://ulaken.exblog.jp/26899198/

ウルヴァリンってのはヨーロッパ・アジア・北米大陸の北部にいる最強のイタチ科です。イタチの仲間の中ではかなり大型で、オオカミの餌を横取りしたりクマだって撃退しちゃいます。自分より5倍は大きいヘラジカだって襲っちゃいます。とにかく獰猛且つ超凶暴。「小さな悪魔」と呼ばれてるそうです。日本にはいませんが、和名を「クズリ」と言います

日本にローガンを呼び寄せたヤシダ爺さんが当たり前のように彼を「おぉ…クズリ…クズリ…」と呼んでましたが、こんなメジャーじゃない動物をよく知ってるなと。ヤシダの爺さんは動物マニアで間違いないでしょう。

クズリ

【ざっくりあらすじ】

前作『X-MEN:ファイナル ディシジョン』で愛するジーンを自らの手で(爪で)殺してしまった主人公ローガン。いや、殺すしかなかったローガン。でも、そんなジーンが夜な夜な夢に出る! もうずりずりにトラウマ引きずりまくってる訳です。

そんなローガン(ウルヴァリン)が、真っ赤な髪した特徴的なご尊顔の日本人女性に「あんたに会いたがってる人がいるから一緒に日本に来て」と誘われ、渋々日本に連れてこられるというお話。X-MENの本筋とはほとんど関係ないのでX-MENシリーズを全く見たことない人でもお気楽に鑑賞できます。

誰かと見よう!

今月は金曜も土曜も割と地上波映画放送が多めです。僕は地上波で映画をやってない週末は、お家で毎週映画を垂れ流しにすることを#ご自宅洋画劇場とか言って推奨しているのですが、今月はそれを金曜も土曜もTVがやってくれるのです! ご自宅洋画祭りなのです!

ご自宅洋画劇場

お家で映画を見るときの楽しみ方は人それぞれ! 一人でじっくり、恋人とまったり、親子でのんびり等々色々ありますが、このウルヴァリン: SAMURAIほど友達3、4人家に呼んで酒飲みながらワイワイ見たくなる映画はありません。え?  映画見てる時に喋んな?  はい、わかります。僕も家で映画を観る時は基本的に黙っていますが、この作品に関しては別です。この映画、日本人ならまず間違いなく誰かと喋りたくなる映画です。というか、誰かに何か言いたくなる映画なのです。(異論反論大歓迎です)

そんな映画が金曜の夜に地上波初放送!こ れはもう友達呼ぶしかないじゃないですか!  友達がいない?  僕らにはツイッターがあるじゃないか!!

※この先、ややネタバレがあります↓

あふれ出る「とんでもジャパン」!

先方の自家用ジェットでサントリー響を飲みながら日本に着いたローガンなのですが、こっからが問題です。

この日本! 僕らが知ってる日本と違う!!

日本を舞台にしたハリウッド映画はいくつかありますが、いつも感じるあの違和感。「何じゃこの日本は? というか日本なのかここは?」あれです。最近ではレジェンダリーGODZILLA ゴジラで感じたあれです。俗に言う「とんでもジャパン」というヤツです。

このウルヴァリン: SAMURAI、そんなとんでもジャパンがこれでもかとあふれ出すのです。前半思い出すだけでも、

  • ●畳と襖の部屋に置かれてる集中治療室、
  • ●女中さんにデッキブラシ的なものでゴシゴシやられるローガン、
  • ●増上寺かと思ったら中身はタイっぽいお寺、
  • ●屋根に隠れてるつもりがバレバレの忍者(忍者て!)、
  • ●襲撃のタイミングでわざわざ上半身裸になりゴリゴリの刺青を披露するヤクザ集団。
  • などなど…

ヤクザさんたちはこの後ウルヴァリンを「外人!外人!」と連呼しながらマシンガン片手に秋葉原、高田馬場周辺を駆け回ります。そして遂には走行中の新幹線の屋根にへばりついて、最強ミュータントのウルヴァリンとドス一本で渡り合うのです! 非常に気合いの入ったヤクザさんなのです!

しかもこの新幹線パッと見N700系っぽいんですが、謎の赤いラインが入ってて座席の上に窓があるんです。座席の上に窓て! 何見るんだ! 電線か! パンタグラフか! ていうか、上野発の新幹線に乗って割とすぐバトルが始まり案の定アダマンチウムの爪で車体に穴開けちゃって、その後すぐ下車する! それってどこの駅なんだ! もしかしてまだ品川なんじゃないのか??!

とまぁ、始終こんなノリでシーンが変わるごとに「とんでもジャパン」がスパークします! ワクワクしますね! こんなもん友達とビール飲むしかないですね! 誰かつまみ買ってきて!!

カットは多めだけど案外良いかも!

出てくる日本人の倫理観がどいつもこいつもどこか壊れてたり、そもそもストーリーがアレだったり、この先まだまだとんでもジャパンがスパークしたりしますが、それは是非実際に放送をご覧ください。ただ126分の映画が2時間の放送枠に収まってる! これはもうかなりカットしてあります。さっき話したとんでもジャパンもバッサリいかれてるかもしれません !でも、ぶっちゃけそのくらいサクサク進む方が面白いかもしれないって映画だったりもします。

というか、本来映画はお金払って映画館で見るものであり、その後はブルーレイ買ったりレンタルしたり有料じゃないと見られないものなので、それをタダで放送してくれてるTV局は(地上波映画番組枠がどんどん削られていってる中)映画ファンにとって感謝こそすれ叩く相手ではないハズ。まぁ、あのエンドロール最高なのに! とか、あのシーン切っちゃうのかよぁお〜〜!という気持ちはわかりますけどね! 僕もネタバレテロップとかはどうかと思います。でも、多分一番そう思ってるのは実際カットしてる編集の人です。

さぁ! 締めが長くなりました!というわけで、 今週のフライデーナイトは友達ご家族お誘い合わせの上、ビール片手にとんでもジャパンをエンジョイするのはいかがですか?! そんで隣の人が「クズリって何?」って発言をしたら、したり顔でさっきのウンチクを披露してください!!

BTTF_mlmg8

出典:http://ulaken.exblog.jp/26812741/

いやぁー映画って本当に面白いものですね! それでは、またお会いしましょう! サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Buntem
    2.6
    スピンオフ。
  • mika
    2.0
    記録用。
  • べにし
    3.6
    X-MENシリーズ第6弾、スピンオフシリーズ第2弾の作品です。 やっぱりウルヴァリンカッコいいな〜! ◾️ストーリー 時系列としてはX-MENシリーズ第3弾、ファイナルディシジョン(2006)後のウルヴァリンの物語を描いています。 第二次世界大戦の最中、長崎にて一人の兵士・矢志田(やしだ)を助けるところからストーリーは始まります。数十年の時が過ぎ、老いて病に苦しむ矢志田が感謝を伝えたいとローガンを日本に呼び出します。その裏にはウルヴァリンの治癒能力を奪い取るための思惑があったのでした…。一方で戦後巨額の富を築いた矢志田財閥内では相続問題が矢志田の孫・マリコに降りかかります。ミュータント、日本のヤクザ、忍者etc…様々なキャラクターに阻まれながらもローガンは矢志田の孫、マリコに惹かれ、守り抜いていく… ◾️キャラクター ウルヴァリン:ヒュー・ジャックマン! もうウルヴァリンといえば他に考えられないですね!今回も鍛えられた肉体美に惚れ惚れしました…💪✨ X-MENが解散し、目的を失うことで意味もなく毎日を過ごす一方で、正義感からギャングを制裁するなど、ヒーローとしての複雑な心境が印象的に描かれていました! 長崎のシーンでご飯を食べるシーンでのいただきますのたどたどしさと、着物がうまく着れず苦戦しているシーンが萌えポイントでした!☺️笑 また、ほんの一瞬と小川直也さんと戦う?倒す?シーンもありました、やっぱり日本人との共演があると嬉しいですね〜! マリコ:TAOさん 今回が初めての女優デビューだったみたいですが、クールで淑やかで所々優しさも見えてすごく好きでした! DCEUの「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(2016)にも出演されているみたいですね! ユキオ(雪緒):福島リラさん デッドプール2(2018)では忽那汐里さんが演じたユキオですが、マリコとは違うミステリアスさ、ローガンやマリコを本当に大切に守ろうと奮闘するいい役でした! 設定はコミックと異なるようですが…。 テラフォーマーズ(2016)やゴーストインザシェル(2017)にも出演されてるのか…気になる! ジーン・グレイ:ファムケ・ヤンセン ファイナルディシジョンのジーン(フェニックス)が怖くて、今回も顔見ただけでヒヤッとしました😨笑 他にもラストサムライにも出演された(観れていないですが)真田広之さんも矢志田の息子・信玄として登場します。 ◾️その他 日本の描写については賛否両論あるみたいですが、(剣道の稽古でぴょんぴょん飛び跳ねたり、新幹線に天窓があったり、などなど…)その辺は少し寛容に観れました! 逆に日本語でのやりとりのシーンがぎこちないというか、不自然というか違和感を感じました(うまく言えないですが…💦
  • よーぐると
    3.4
    お風呂のシーンはお茶目です笑 寺の上の忍者は報道陣からどう見えているのか…笑 日本に住んでるからこそのツッコミどころはたくさんあります…笑 話がゆっくりと進んでいきますので見やすかったですがもう少し引き込んでほしかった感はありました。 そしてMARVELお決まりのラストですがそこが1番惹きつけられました笑
  • mayu
    -
    記録
「ウルヴァリン: SAMURAI」
のレビュー(14417件)