43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!

2017.06.12
洋画

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

43歳、オタク、女性経験ナシの大男フーシ初めての恋に奮闘するのがアイスランド映画好きにならずにいられないです。北欧の映画賞で主演男優賞を総ナメしているだけあって、主役のフーシのインパクトがすごいんですよ。

ジオラマが好き(第二次世界大戦ゲームという謎のゲーム)で、ラジオのリクエスト番組の常連リスナーで、会社ではちょっと(いや、かなり)いじめられていて、金曜の夜は1人でタイ料理を食べる、というのがフーシの毎日。

フーシを見ていると「初めての恋、頑張って!応援するよ!」と思わず上から目線で見てしまいそうになるんですが、実はそんじょそこらの男では敵わないくらいに男らしかった!

そんなアイスランドの妖精(?)フーシの隠された男らしさを紹介しますよ。どうぞ!

 

s1

 

s2

 

s3

 

s4

 

s5

 

s6

 

 

フーシは寡黙で外界との接点を絶っているかのように見えるけど、引っ越して来たばかりで友達のいない女の子にせがまれて車に乗せてドライブに連れて行ってあげるほどに心根が優しいのです(その後、幼女誘拐容疑で警察に連行)。

おそらく傷つくことばかりで心を閉ざしてしまったのでしょうけど、初めての恋に出会ってから積極的に動き始めます。しかし思わず暴走しちゃって、出会ってすぐにエジプト旅行を2人分予約して来ちゃったもんだから彼女の方は恐怖。怖いよ、そりゃ。

しかも彼女は心に闇を抱えた女性でした。感情の振り幅がだいぶ大きめの女性です。自分も生きることが上手ではないけど自分よりもっと苦しそうな彼女を助けたいとフーシは思って、できる限りを尽くしていきます。

…が、初めての恋にしては難問すぎてなかなかビターな展開に……。

ネタバレになりますから全てをイラストにはできませんでしたが、他にも「そんなこと普通できないよ!」って思えることを彼女のために淡々と実行します。その姿に観てるこちらも心揺さぶられます。これが無償の愛というヤツか、と。

確実に僕なんかよりも男らしいフーシ。心の中では「フーシ先生」と呼んでいます。

グッと来るラストシーンも含めてぜひ観ていただきたい映画です。

 

北欧でヒゲで大男と言えばそれはほとんどサンタクロース。あなたにもぜひ〝フーシ〟サンタからの素敵なプレゼントが届きますように!(いま、6月)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • こちんだ
    3.4
    アイスランドの中年肥満男性フーシを描いた映画。 普段は空港で荷物係として働いているフーシ。彼は40代だが、結婚していない。見かねた母は彼にダンススクールのクーポンを与えて、しぶしぶフーシはダンススクールへ行くが、そこである1人の女性に出会う… 静かな雰囲気のある作品 自分も40代になっても未婚はやだなー。また、フーシが結婚出来ない理由の一つにはお母さんの存在があるような…そんな状況の中で頑張って一歩踏み出そうとするフーシは立派。
  • ok
    -
    2017/08/14
  • TOMO
    3.7
    物静かな43歳、初めての恋愛 原題は"Fúsi"…なぜこの邦題に?? あ、"フーシを"好きにならずにいられないってことか! これはミニチュアをこよなく愛する43歳独身の大男フーシの物語 コミュ力高めな人には退屈になりかねない映画なのかも… 無口で、無表情で、オタクで、大っきくて…いかにも警察に職質されそうな外見 しかしその心にはあらゆる人を包み込む優しさがあるんです 物語は地味〜に進んでいきます フーシの鬱々とした浮かばれなすぎる日常… けどフーシの一挙一動、目線の動きとか、見ていると少しむずがゆくなったり…私もコミュ障なとこあるので少なからず共感したり…何だか目が離せません! そんなコミュ障みあふれる彼なのに、意外や意外、とっても男らしい! 「ここではこうしないと!!」 って思うと必ずその通りにしてくれる めっちゃいい奴じゃないか! だからこそあの女がなんか気にくわない… フーシには絶対に幸せになってもらわないと!! フーシ応援隊を作りたい。
  • あや
    3.4
    お母さんといっしょに暮らし、オタク、引きこもりがち、コミュ障、童貞、太ってるフーシ。誕生日の朝、母親の彼氏からもらったダンススクールの券を手にするがなかなか教室に入れない。外は吹雪で車から教室を眺めていると、生徒の女性シェヴンに「家まで乗せてほしい」と頼まれる フーシはすごく優しい。 優しいけど人の愛し方を知らないから、知り合って間もないシェヴンに急に海外旅行に誘ったり彼女のアパートまで行ったり、愛し方が不器用すぎて心配になるけど観てるうちに「フーシ、幸せになってほしい…」と願っていく。 鬱病のシェヴンを少しずつ愛していくことで、それまでフーシの優しさにつけこんでいじめてきた同僚に向かって立ち上がったり、“再出発”をあらわすラストでようやく希望がみえる。 恋愛がテーマなだけでなく、人生も飛行機みたいに進路を変えていっていいのだ、と優しく背中を押してくれるような映画だった。 花が好きなシェヴンの部屋のインテリアがかわいかった。ゴチャゴチャしてるように見えるのに花と緑がオシャレに配置されてて良い
  • bluemomday0105
    3.7
    去年観たアイスランド映画。 「40歳の童貞男」的なコメディかと思いきや、なかなか刺さるストーリーだった。 ジオラマとヘビメタを愛する43歳童貞おじさんに訪れた新しい世界の扉の話は、色々見につまされたり。恋愛弱者が迫害され振り回されるのは、アイスランドも日本も同じですね。 ささやかな幸せや趣味を糧に生きてきた人間の前に、こんなことが思いがけなく起きたら舞い上がるよね。犬だって一度肉の味を覚えたら、ドッグフード食べなくなるんだぜ(´;ω;`)ブワッ あとお母さんが何気に追い詰めつつ束縛するタイプの親なんだな…歳を重ねても恋愛を謳歌する親と自分の世界に閉じこもる息子。 レイキャビクの都会の中が舞台だから、アイスランドの雄大さや神々しさがあまり写ってなかったのが残念。 主人公のフーシみたいに、えらくなくても正しく生きてる人が少しでも報われる世の中でありますように。
「好きにならずにいられない」
のレビュー(1563件)