ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.07.15
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

かもめ食堂

かもめ食堂

2005年製作の映画『かもめ食堂』。

フィンランドの首都ヘルシンキで「かもめ食堂」という日本食の食堂を営むサチエさん。
登場人物が個性的でシンプルなストーリーに彩りを与えています。

「ハラゴシラエして歩くのだ」がキャッチフレーズの今作は、観ているだけでほっこりお腹が空いてきます。そんなときに優しく染み入る彩りあざやかなレシピをご紹介します。

ノルディックライスサラダ

かもめ食堂

【材料】
お米 1/2カップ
大麦 1/2カップ
刺身用サーモン 100g
アボカド 1個
種無しオリーブ 10個
ケッパー 大さじ2
クランベリー ひとつかみ

ードレッシングー
塩 少々
黒胡椒 少々
マスタード 小さじ2
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ディルみじん切り 1本分

ー飾り付けー
ミント

【作り方】
1 お米と大麦を通常のご飯の時同様に炊飯器で炊きます。
2 ドレッシングの材料を合わせておき、刺身用のサーモンとアボカドは一口大にカットします。
3 1が炊き上がり冷ましたあと、サーモン、アボカド、種無しオリーブ、ケッパー、クランベリーを一つのボールに入れドレッシングを絡めます。塩胡椒(分量外)で味を整えて、お皿に盛りミントを飾り付けたら出来上がりです。

レシピの経緯

サチエさんが日本とフィンランドの共通点を「サーモン」として、フィンランドでならお店を営むことができると話していたシーンから、このレシピが生まれました。

【あわせて読みたい】
ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】
誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』
5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • マ子
    -
    とてもすてき。 映画なのにめちゃめちゃ小説の間合いがあるなぁと思いながら観ていました。 小説も、小説で、読みたい。
  • ふみな
    -
    記録
  • TakahiroMiyashita
    3.8
    フィンランドで食堂を開いた女性の物語。 最初は全然客がこない店。 それでも信念を曲げず、誰でもふらっと立ち寄れる食堂を目指して自分のペースで店を育てていく。 その甲斐あって少しずつ客が増え、客との繋がりがまた店を育てていく。 個人的にこういう夢を追いかける話には弱いわ。何より小林聡美が強く逞しい。やりたいことをやってる人って映画の中でも美しい。 キャスト通り登場人物は素朴でありながらインパクト大。個人的にはちょうどよかった。 フィンランドの街並み素敵やな。いつか行きたい。あわよくば住みたい。コスケンコルヴァ。
  • JonghunKim
    3.4
    記録
  • sonokokiyohara
    4.0
    これは良いグルメ映画! メタルとムーミンが共存する国フィンランドで、おにぎりメインの食堂を開くおばちゃんたちの話。 おにぎりのシーンでおにぎりが食べたくなって、映画止めておにぎり作って、巻き戻してわざわざ同じタイミングで食べました。そのくらいの威力がこの映画にはある。
「かもめ食堂」
のレビュー(18624件)