『パワーレンジャー』日英美女対談!ナオミ・スコット×広瀬アリス「似ている私たち♥」【インタビュー】

2017.07.14
映画

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

世界中に熱狂的なファンを生み出した『アベンジャーズ』や『トランスフォーマー』など、いわゆるヒーローもののブロックバスター作品に、またひとつ新たなシリーズ『パワーレンジャー』が参入した。全米ではオープニング興収4000万ドル以上という大台を叩き出し、すでにムーブメントを起こしている本作が、いよいよ日本でお目見えする。

小さな町エンジェル・グローブに住むティーンエイジャー5人が、ある日、強靭なパワーを手にすることになり……と物語を紹介すれば荒唐無稽にも思われそうだが、劇中では5人がスーツを身に纏うまでの葛藤やいきさつがきちんと描かれており、アクション映画であると同時に、エモーショナルな人間ドラマとしても楽しめる。

物語に厚みを与えたピンクレンジャー(キンバリー・ハート)を熱演したナオミ・スコットが、このほど来日。日本語吹替版を務めた広瀬アリスと、ふたりで和気あいあいと単独インタビューに応じてくれた。

パワーレンジャー

――おふたりは、LAのワールドプレミアでお会いしているんですよね?

ナオミ:そうです。こんなにキレイな方、忘れられないもの。

広瀬:いえいえ、いえいえ(笑)!

ナオミ:またお会いできてうれしい。

広瀬:私もです! 日本で初めての取材ですか?

ナオミ:そうなんです!

広瀬:わ! 一番最初だ!

――ナオミさんはこの役が決まったときの気持ちを、広瀬さんは初の日本語吹替版への挑戦をおうかがいしたく、いかがでしたか?

ナオミ:すごくうれしかったです。私も子供のときに「パワーレンジャー」を観て育って、そのときからキンバリーというキャラクターにすごく惹かれていました。キンバリーは少し意地悪なことをしてしまって、そのことを後悔していて、それに向き合わなければいけないというキャラクターなので、普通のヒーロー作品とは少し違った描かれ方をしているから珍しいと思ったんです。スーパーヒーローという面でも魅力的だけど、とにかくキンバリーという女の子を演じたいなと思いました。

広瀬:私は上に兄がいるので、元々戦隊ものは小さい頃から自然と観ていました。大人になってから『パワーレンジャー』に携わることができて、しかも初めての声優だったので、すごくうれしくて。私もですけど、特に兄が喜んでいて(笑)。ジャパンプレミア(※この日の取材の夜に行われた)にも来るんですけど、楽しみすぎて前乗りしてきちゃって。兄がいろいろな人に自慢しています(笑)。

ナオミ:ワオ、会いたいわ!

パワーレンジャー

――おふたりは、キンバリーと近しい点はありますか?

ナオミ:性格的には全然違います。

広瀬:へえ~。

ナオミ:どちらかと言うと、イエローレンジャーのトリニー(ベッキー・G)のほうに近いですね。面白いのが、(実際の性格は)ベッキーのほうがキンバリーに似ているんです。いつも、ふざけて「逆よね」って言っていました(笑)。

広瀬:私も自分の性格とは違います。ただ、キンバリーが起こしてしまう女の子同士のいさかいみたいなことは、すごく日本にありそうですよね。同世代としては、理解できる部分はいっぱいあるなと思いました。そこからキンバリーが自分と向き合っていく姿というのは、尊敬します。こういう時間って、きっかけはどうであれ大事な時間なので。

パワーレンジャー

――冒頭で、キンバリーが自分で髪をバッサリ切りますよね。あの所作が彼女の強い意志を表していたと思いました。

ナオミ:本当にその通り! でも、アリスさんは切らなくてよかったね(笑)。

広瀬:えっ、本当に自分の髪を切ったんですか?

ナオミ:お尻くらいまであった髪を切りました。しかも、1回だけのテイクで。

広瀬:ええー!

ナオミ:あとは、いろいろな角度から撮るので、ウィッグをつけて3回切りました。全部で4テイク撮ったんですけど、皮肉なことに、自分の髪を切ったテイクは使ってもらえなかったの(笑)。

広瀬:えええー!

ナオミ:切り方は教わったから、かなり出来はよかったはずなんですけどね(笑)。

パワーレンジャー

――ヘアカットも挑戦のひとつだったと思いますが、スーツを着ることもなかなかない経験ですよね?

ナオミ:今言われて、どれだけスーパーヒーローを演じられることが幸運だったのか、特別なことなのかを思い出しました。でも物理的には、すごくつらかった(笑)!

広瀬:辛いですよね!? 着るのにどれくらいかかるんですか?

ナオミ:最終的には1時間半まで短縮したんですけど、あのスーツ、何層にも分かれていたんです。そのうち1層がかなりタイトで、その上に装甲をつけるんです。動きが制限されて、動けなくなるし、何より重い! だから、スーツを着ているときは、映画とは違って動きが鈍くなってしまうっていう(笑)。本当にスタントマンたちがすごくて、私やベッキーがロボットのようにしか歩けないなか、彼らは素早く演じていて「すごい!」って興奮していました。

広瀬:あと、日本の戦隊モノってフルフェイスが多いですけど、この作品は顔が見えますよね。そこもすごく大事な気がしました。

ナオミ:アリスさんの言う通りで、ティーンエイジャーたちが戦っているというのをわかってほしいから、顔が見えるのは大事ですよね。この作品のメタファーは「自分のマスクを取ろう、本当の自分を見せよう」ということだと思うので、顔が見えることにも通じていますよね。

――アクションも人間ドラマも両面楽しめる作品だからこそ、世界で大ヒットしています。ナオミさんの知名度もググッと上がったと思いますが、そのあたりはいかがですか?

ナオミ:私の場合、「この作品で世界の方に知っていただける」というような考え方は、あまりしないんです。ただ、特別なチャンスだったことは間違いなくて。世界のいろいろな人が私が役者であること、自分の仕事を知ってくれる。女優として、自分の演技を知ってもらえることほどうれしいことはないですよね。だから、日本でアリスさんと『パワーレンジャー』のプロモーションをできることは特別なことです。

広瀬:うれしい……!

――広瀬さん、ハリウッド進出はいかがですか?

ナオミ:絶対活躍できると思う!

広瀬:本当ですか(笑)!? いつかはしてみたいなとは思います。このあいだ、ワールドプレミアに出させていただいて、日本ではないところでの空気感の違いをすごく感じました。だから、「いつかまた行きたい」と思いました。

ナオミ:うん、うん!

広瀬:超頑張ります!

パワーレンジャー

――おふたりは息がぴったりで、共通点が多そうですよね。

ナオミ:もしかして、私と一緒で家にいるのが好きなタイプ?

広瀬:大好き。漫画も!

ナオミ:私も大好き! すごくいいわよね。あと、私は業界にたくさん友達がいるタイプじゃないんですけど。

広瀬:一緒、一緒! 数じゃなくて、質だと思うんです。

ナオミ:本当にその通り! 何となく、やっぱり(広瀬さんと)似ているような気がするの(笑)。だから、私たちが、この役をやったのよね!(取材・文:赤山恭子/撮影:市川沙希)パワーレンジャー

パワーレンジャー』は7月15日(土)より全国にて公開。

パワーレンジャー

【あわせて読みたい】
 5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ
 5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ
 大人でも子供でもない「コドナ」な窪塚洋介×降谷建志が放つ『アリーキャット』ふたりで奏でた「運命」【インタビュー】
 星野源、ロッチ、篠原信一…声優に見出す才、アニメーションに懸ける想い―湯浅政明監督【インタビュー】
 誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Tomato
    3.7
    あとで書く
  • ひば
    3.8
    ヒーロー願望というのは、自分の生まれ変わりが根元にあると思う。小さな田舎町うんざりする毎日と自分。それが変わるきっかけを掴めたら。隣に誰かが立ってくれたら。バンド練習のように鍛錬に励み、ライブ公演のようにヒーロー活動に勤しむ。そんな5人を愛せずにはいられない。 何が面白いって、変身するの終盤なんですよ。しかも採掘場が舞台なもんだから愛が熱い!盛り上がりはそこなんだろうけど、でもそこまでの過程というか学園生活がまぁ~~~面白いのなんの!覆面してないどこにでもいるティーンがどこにでもある悩みと向き合ってる。それのどこが面白いのかって思うじゃん、まぁ見てみてよ。ヒーローっていうのは人間なんだ。隣にいるかもしれない。つまり、ヒーローというのは誰がなるかはわからない、でも誰にでもなれる可能性があるんだよ。そう、これは『レミーの美味しいレストラン』で学んだよね? こんな良きジュブナイルを単作で終わらす気?ヘイ、続編あるだろ、出して。出すんだ…出せ…
  • JunichiroNkdt
    2.3
    説明多いのになんか説得力なかった、やはりヒーローものは力
  • ベルサイユ製麺
    4.3
    ものっ すごっく …イイっ! 戦隊モノは子供の頃、普通に見てましたが、パワーレンジャーに関してはよく分かってません。 コレは…映画だからこういう作りなのでしょうか?とにかく人間ドラマが秀逸! 5人のレンジャーは… ⚫︎スポーツエリートから一転、やり過ぎなイタズラから事故。警察の世話になりスポーツも出来ない身体に。 ⚫︎最愛の父を亡くした自閉症のいじめられっ子。 ⚫︎利己的な行動で人を傷付け、スクールカーストのトップを追われた元チア。 ⚫︎トレーラーで病気の母と暮らすアジア人。 ⚫︎両親から問題児として疎まれるレズビアン(?)の少女。 皆それぞれの問題を抱えて、落ちこぼれ/変わり者コースを生きていました。たまたま居合わせた採掘場(!)での、共通のある出来事によってヒーロー(候補)になった5人は時に反発しあい、そして助け合い、心の傷を晒しながら心身共に成長していきます。彼等はそもそも精神の未熟さ故に変身すら出来ず、物語の七割ぐらいは人間的な成長を描く事に費やされます。この辺りが退屈に感じた方には全く合わないかもしれません。個人的には寧ろこのパートが好きで堪らなかった。共通の秘密を持つという事は、お互いの一番弱い部分を見せ合うという事は、なんと魅力的な事なのでしょう。もうおまえら、バンドやっちゃえよ! さて、パワーレンジャーたるヒーロー&メカ活躍のクライマックスですが、コレもバッチリです。雷おこしみたいなザコ敵をバリバリ砕く肉弾戦も、『パシリム』を更にバカっぽくしたようなロボット操縦も最高です!ロボ獣たちが並んで駆けるシーンで流れる「♪power ranger~♪」はテレビ版のファン大盛り上がりなんでしょうね。ズルイ! いくらなんでも待たされ過ぎた、という気持ちも分かりますが、例えば『GTO』とか見てたら最終回だけ巨体メカのバトルになった!…とすれば、コレは超お得じゃないですか⁇好みの問題?…おお、ダイバーシティ! なんかラストに、凄く布石ぽいのが打たれてましたし、もう完全に次回作を待っちゃいますね。いや、寧ろ自分が採掘場に行くべきか?…自分にヒーローが勤まるだろうか?(哀れな最期を遂げる自警団ヒーローの誕生である!)
  • SEINA
    4.0
    元ネタ知らなかったけど好き!! スーパーパワーをいきなり得る様子とか観てるとほんと羨ましくなるw
「パワーレンジャー」
のレビュー(4713件)