【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

独身は禁止であり、独身のままだと動物に変えられる世界を描いたシュールなコメディ映画がロブスターコリン・ファレル主演で、第89回アカデミー賞脚本賞候補にもなった隠れた名作ですよ。

独身者は施設に入れられて、そこで45日以内に新たなパートナー探しをしなければなりません。失敗したときに変身させられる動物は自分で選ぶことができます。大抵の人は犬を選ぶので世界に犬が増えている、とのことです。

セクシースターのコリン・ファレルがお腹ポッコリの非モテ中年に扮して、妻と別れてこの施設に入れられ新たなパートナーを探すべく奮闘する姿が悲しくも可笑しい

意中の相手に近づくためいろんな技を駆使しますが、どれも裏目に出そうなものばかり…。 やりがちな失敗例の数々が羅列されていますので、恋愛下手男子のフリ見て我がフリ直していきましょう!

1.無理して相手に合わせちゃう

r1

最初はいいけど、あとで無理が生じて破綻をきたしますからね。

 

2.タイプじゃない人は雑に扱っちゃう

r2

たぶんモテ男って誰に対しても優しくできるんでしょ。石田純一さんみたいに。

 

 

3.いつも男友達といる

r3

漫画「東京タラレバ娘」にもありましたね。〝もし結婚したいなら〟女子会をちょっと減らしたほうがいいんじゃない? と。

 

4.相手が興味のない話をずっとする

r4

これは気をつけたい…。好きな映画聞かれて「『ラースと、その彼女です。え、知らないんですか?主人公がダッチワイフに恋する話で…」とか延々と喋っちゃいけなかったんだ…。

【あわせて読みたい】

ライアン・ゴズリングが人形と恋する? ハートフルコメディ映画『ラースと、その彼女』を紹介!

【まとめと注意】

人気英国俳優のベン・ウィショーが〝足の悪い男〟という役名で出ていますよ。モテモテ俳優だけにすぐにパートナー見つけますが、鼻血がウソだとバレたらヤバイ(コリン・ファレルはそのウソを知っている…)。

そこにキングコング: 髑髏島の巨神で影の主役だったジョン・C・ライリー(役名:滑舌の悪い男)が加わり、コリン・ファレルと3人で結託しつつもそれぞれの思惑がぶつかり合ってサスペンスな展開に…。

こんなことやっておきながらなんとラストには深い深い愛の物語になるという、本当に異色のシュールコメディです!

突飛な設定のようですが、現実でも独身者は肩身狭いですしね。ある意味脅迫のように結婚を勧められるわけですから現実もこの映画とさして変わらないのでは?

ちなみに「なんか恋愛映画らしいょ♪」ってカップルでこの映画を観たらすごく変な空気になると思うので是非そうしてください。ただ、R-15ですので決して家族団欒のときに観たりしないように!

あわせて読みたい

43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!
『ドント・ブリーズ』プロデューサーが放つ戦慄ホラーをオンライン映画館で
今週公開/新作レンタルおすすめ映画10選 《人気漫画の実写化公開他》
作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?
【DVDプレゼント】『ラ・ラ・ランド』他各国で評価の高い映画をご紹介!Filmarks×映画美食宣言

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 黒木結
    3.5
    極端な世界なんだけど、ほんとにほんとに最後のシーンでやっと極端なところから主人公が抜け出せた気がして、あの映画の中にはもうどこにも行けるところはないかもしれないけど、人間としてロブスターのように生きるんだろうなと思った。 全力で世界から逃げてほしい。
  • Semb
    4.1
    当ホテルのルール ①45日以内に恋人を作ること ②独身は罪 ③捕まれば動物になる(恋人ができなかった場合も) まずこのアイデア、発想からもうめちゃめちゃワクワクする!!てっきり最初は社会が定めた理不尽なルールに縛られた主人公が反抗していく、例えば「1984('56)」「未来世紀ブラジル('85)」のようなディストピア映画だと思ってましたよ。違うのね。これはコメディなのね。映画でこんな笑ったの初めてかもしれない。邦画だけど、「散歩する侵略者(黒沢清 '17)」を思い出した。 冷静に見ると相当緊迫した状況ですよ。彼女いない奴は45日間ホテルに閉じ込めて婚活させるんだけど、不毛な存在だから動物に変えちゃえ!(ちなみに主人公はロブスターになりたいという)っていう命がかかった(?)極限状態。だけど社会的生物の性なのか、必死なんだけど社交的にコミュニケーションを取っていく様子がすごい笑えるんですよ。必死なほど笑える。だから驚嘆すべきは箱庭的にこの世界を見下ろしている監督の視点、発想なんですよね。ディストピアものにひとひねり加えている。設定が本当によくできてるんですよね。設定が噛み合ってるからキャラクターが綺麗に動くんだな、と。 その後主人公はホテルから途中で逃げ出して、反体制のレジスタンス勢力(森に潜んでる)に身を寄せるんだけど、そこはそこで恋愛、セックス禁止のモテない=共通項の集団。どこにいけどこの箱庭から逃げられないんですよね。しまいには逃亡した主人公カップルが最後に生み出そうとした共通項へのアプローチがおぞましいんですよ。水槽のようにガラス張りになったレストランの窓が虚しいんです。ロブスターだからね。 監督は今年度アカデミー「女王陛下のお気に入り('18)」のヨルゴス・ランティモス。超鬼才。天才。「禁じられた遊び」が劇中でてくる場面も直球。笑えます。 主演はコリン・ファレルに「女王陛下のお気に入り」で続投したレイチェル・ワイズとオリヴィア・コールマン(アカデミー主演女優賞受賞!!)。そしてベン・ウィショー、ジョン・C・ライリー。レジスタンスのリーダーレア・セドゥは「スペクター」で見てから大好きです。 天才!な608本目。
  • MasayukiHirai
    3.5
    やれと言われたらやりたくなくなり、 ダメと言われたらやりたくなる人間の心理。 そして自由を求めながらも固定観念やルールから完全に自由にはなれない不自由さ。 いやーホントに意地が悪い。 褒めてます。 僕は動物になるなら鹿になって奈良公園でオヤツをたくさんもらって生きていきます。
  • hana
    4.0
    「不条理」の一言に尽きる映画。 「独身者は一定の期間でパートナーを見つけなければ動物にさせられる」という謎の世界で繰り広げられる人間劇。 皮肉なことに、パートナーを探している時は自分に合う相手が見つからず、独り身しか許されない環境ではすんなりと相手が見つかるんですね。不条理でしかない世界における恋愛関係の描かれ方は、視聴者が共感できる部分が多いです。 ルールから外れた者は処罰されるという恐怖により自分の感情を押し殺すか立ち向かうか。選択肢は一つに見えるが、見方を変えれば複数残されてるかも。 ヨーゴス・ランティモス監督の思惑通りなのでしょうが、観賞後は色々考えさせられます。
「ロブスター」
のレビュー(9947件)