酸いも甘いもある人生のようなかき揚げ『歩いても歩いても』【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.08.10
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

歩いても 歩いても

歩いても歩いても

おばあちゃんの家で過ごすある一家の夏休み。なんでもない日常の風景のはずなのにどこかノスタルジックな感情を抱く方も多いのではないでしょうか?

思い出の品や思い出の会話、ふとした時に両親の老いを感じるシーンなどとてもリアルに描かれています。映画『歩いても 歩いてもの中には、たくさんのおいしそうなごちそうが登場しますが、その中でも夏に試して頂きたいレシピをご紹介します。

苦味と辛味のとうもろこしのかき揚げ

歩いても歩いても

【材料】
<A 具材>
ともろこし 1本
ゴーヤ 1/2本
玉ねぎ 1/4個
パクチー 5本(苦手な方はなくてもOK)

<B てんぷらの衣>
薄力粉 40g
片栗粉 10g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
水 60g
塩 ひとつまみ
揚げ油 適量

<C カレー塩>
塩 小さじ1
カレー粉 小さじ2

【作り方】
1 Aの具材を用意します。とうもろこしは芯から実を手でほぐします。ゴーヤは1cm角にカットします。玉ねぎは薄切りにします。パクチーはざく切りにします。
2 揚げ油を180℃に温めておきます。その間にBのてんぷらの衣を作ります。ボールにBのすべての材料を入れ混ぜ合わせます。
3 揚げ油が温まったらAの具材とBのてんぷらの衣を絡ませ、テーブルスプーンですくい、揚げ油の中に落としていきます。油がはねないように気をつけながら行っていきましょう。
4 ほんのりきつね色になったら取り出し、お皿に盛りつけます。カレー塩を添えて出来上がりです。

レシピの経緯

劇中にも登場するとうもろこしのかき揚げ。子どもや孫にたくさんの料理でもてなすおばあちゃんが作る料理はどれもお腹が空いてきます。その中でも印象的なシーンがこの「とうもろこしのかき揚げ」をつくるシーンですが、人生ってとうもろこしみたいに甘いだけではありませんね。ゴーヤの苦味とカレー塩のスパイシーさがアクセントの夏の味を提案しました。

【あわせて読みたい】

 大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 【映画ファンのための真夏の祭典】カリコレ2017公開作品をオンライン映画館で
 作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • NINNIN
    3.8
    生きてる時にはなんもできんもんだなぁと思った。
  • PORK
    3.8
    「結婚できない男」の両人が夫婦役で出てる。夏川結衣って田中賢介に見えてくるね。 お話は非常に地味でした。表層では何も起こっていないというか、バイタルサインモニターが安定している感じというか。でも皮を剥ぐと不和だとか狂気が垣間見えて、「結局家族って他人の集合体じゃん」と思わず思わざるを得ない。ただ何だろうな、こういうどうにもできない負債や問題を抱えてこそ家族のあるべき姿なのかなと1周してきた感じでした。 なんだかんだで最も感性が理解できるのは原田芳雄なんすよね。息子には冷たいけど、孫のあやし方もそれなりに解ってる。威厳を大切にしようとしてるけど、自分の弱さにも気づいてる。非常に可愛らしいキャラクターでした。 ところであの船ってどういう意味があるんすかね
  • モモモ
    4.3
    家族の「本音」の物語。 例え家族でも言えない本音がある。 その中には棘が、憎しみが、悲しみが、妬みが、愛が混ざっている。 母には言えない本音が、父には言えない本音が、兄妹には言えない本音がある。 その逆も然り、母にしか、父にしか、兄妹にしか言えない本音もある。 生また時からの家族、結婚による新たな家族、家族にも様々な形がある。 その丁寧で生々しい描写に、離れて暮らす自分の両親を想ってしまった。 何気ない日常が、会話が、気付けば自分の血肉となる。 「誰から聞いたの?」「誰だったかな」
  • miki
    4.0
    平凡な家族の中にも、家族間の確執やら問題やらそういうのがチクっと。是枝監督は本当に日常を写すのが上手。
「歩いても 歩いても」
のレビュー(5070件)