人生の岐路に立つ全ての人に『カーズ/クロスロード』〜楢﨑正剛〜

2017.07.23
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

楢﨑正剛さん

大人にこそ観てほしい。誰もが自分に置き換えて、共感できる映画です

 

プロサッカー選手 楢﨑 正剛さん

Jリーグ・名古屋グランパス所属のゴールキーパー。1976年奈良県生まれ。奈良育英高校から95年に横浜フリューゲルスに入団。99年から名古屋グランパスに移籍。日本代表としても活躍。

人生の岐路に立つ全ての人に――。夢の続きを求めるのか、それとも新たな道に進むのか?

カーズ/クロスロード2

マックィーンの姿と自分を重ね合わせて

カーズ/クロスロード』の主人公マックィーンは、ベテランのスターレーサー。そんなマックィーンの姿には、自分と重なる部分もありました。次世代の若いレーサー、ストームの登場によって苦戦を強いられますが、僕もかつてはストームのようだったと思うし、それがマックィーンの立場になり、これからは……。

今まで全くそんなことは考えずにきていますが、いつかはマックィーンを支えるピットクルーのような立場になる日がくるのかも知れない。 ずっと第一線で活躍し続けることが難しいのは、レース界もサッカー界も同じ。さまざまな武器を持った若い選手の姿を見ては、「僕も負けてはいられない」という焦りから余計なプレーをしてしまうことも往々にしてあります。

ただ、積み重ねてきた経験や試合感覚はベテランならではの武器。そこに新たなチャレンジを採り入れ、自分をアップデートさせ続けることが勝利に貢献するためには必要だと思っています。 特に印象的だったのは、悩んだマックィーンが、師であるドックを知るレース界のレジェンドの元にヒントを得にいったシーン。僕も人に頼りたいと思うことがありますから。そんな時は日本代表で共に戦い、今はコーチや解説者になっている人たちと話すとホッと心が落ち着きますね。

新たなトレーナーとしてマックィーンを支えるクルーズは、僕にとってはチームメートやスタッフですね。最初はすれ違いもあったふたりが徐々に心を通わせていくシーンは見どころのひとつです。

カーズ/クロスロード3

人生に迷う大人に響く。運命の決断には驚きも

マックィーンは、復活か引退かという人生の岐路に立たされた重要なレースに出場しますが、ここで彼は意外な行動に出ます。勇気ある決断に驚きました。でも、人生の岐路に立った時、その先を自分で決められるのは幸せなことだと思います。僕らは契約してもらえなければそれで終わりですから。

サッカーに限らず、どんな仕事でも、仕事をしていなくても、自分よりも若い世代が脅威になったり、進むべき方向に迷ったりと、この映画で描かれているものは誰の人生にもあり得るシチュエーションです。誰もがマックィーンに自分を置き換えて共感できると思います。アニメーションなので、子どもと一緒に見ないといけないのかなという先入観がありましたが、大人ひとりでも十分に楽しめる映画です。レースシーンは本物の車と見間違えるほどの迫力。ぜひ、映画館で観てもらいたいですね。(談)

カーズ/クロスロード4

※本記事は2017年7月22日の朝日新聞東京本社版夕刊の特集を転載しています。

カーズ

STORY:華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”は、これからも走り続けると信じていた。しかし、彼を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か? “人生の岐路”に立つマックィーンの運命を左右するのは、レーサーに憧れ夢を諦めた過去を持つトレーナー、新たな相棒クルーズだった……。

配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン

大ヒット上映中!

Disney.jp/Cars-CR
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【あわせて読みたい】

人生の岐路に立つ全ての人に『カーズ/クロスロード』〜村田諒太〜

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ooochiakiooo
    3.5
    久々にアニメで泣きそうになった。一作目、二作目は子供に向けてるディズニーらしさがあってよかったが、これは大人が見てジーンとくるものがあった。 最後のシーンで我が家では拍手喝采だった
  • ねぎお
    4.0
    息子二人と。 小3はカーズをずっと観てきて、家にブルーレイ、車にDVD置いてるくらい好きだったのに「つまんなかった」と。 中3は「こんな話なんだね」だって。肯定的なニュアンスで。 すぐにシリーズ化し、柳の下のどじょうを根こそぎ奪う現状・・。ディズニーに買われたピクサースタッフ・・。彼らはルーカスが、スターウォーズが蝕まれて行く様を見て、「自分たちが生み出した作品は自分たちが葬る。引退の時期は自分が決める」とでも考えたのでしょうか。彼らの意地だったんでしょうか。 現実社会においては残酷は当たり前。しかし子供達が観に来ることはわかっているのに、彼らにこれを突き付けるとは驚きでした。ウルトラセブンのように年月を重ねてから再評価されるのかな? 一部砂浜やハイウェイ、ダートトラックなど、風景は実写?原点回帰?
  • M
    4.0
    記録
  • KouheiNakamura
    3.8
    陽炎を目指して。 すっかりピクサーの人気シリーズの一つになった「カーズ」の最新作であり完結作。 相変わらず映像表現の凄まじさ(特にオフロードカーコンテストの場面)、綺麗にまとまった脚本の妙で飽きさせない。 ただ、個人的には結末を含めて予想の範囲内に留まっていて突き抜けたエモーションは感じなかった。ピクサーはいつも上手いけれど、ここ最近は枠をはみ出すほどの熱はあまり感じられなくなっている気がする。カールじいさんの冒頭やトイストーリー3のゴミ処理場の場面に匹敵するような激しいエモーションに満ちたピクサー作品がまた観たい…。
  • Arisa
    -
    12.6 DVD
「カーズ/クロスロード」
のレビュー(5101件)