大ヒット間違いなし!『散歩する侵略者』黒沢清監督のあの“ダークファンタジー”を復習しようよ!

2017.09.11
映画

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

c1

黒沢清監督の新作映画『散歩する侵略者が9月9日(土)より公開されています。オールスターキャストによる侵略SFということで大ヒットが期待される話題作です。

黒沢清のヒット作と言えば2016年公開のクリーピー 偽りの隣人』。実在の一家殺人事件をイメージさせる小説原作を黒沢清らしい自由さで映画化したものです。今回はこの映画を紹介します。

監督もインタビューで答えていますが、この映画はダークファンタジーです。実際の事件をリアルに描写したものではなく、緻密で長大な原作を大胆にカットして登場人物の紹介も最低限に抑えられています。ただただ変な人たちがもっと変な人に引き込まれて廃人になっていくという映画です。それでも「隣が何をやっているのか知らない」現代の住宅事情において、自分が巻き込まれかねない事件であるという恐怖に満ちているのです。

香川照之以外もみんなオカシイ……

香川照之クリーピー 偽りの隣人では本物のサイコパスを演じていますが、他の人たちも実はみんなオカシイんです。

西島秀俊(大学教授/元刑事)
西島秀俊は香川照之と対立する役柄ですが、この人もだいぶサイコパスだと思います。犯罪心理学の教授であり、人の心理状態をすぐに分類したがるくせに自分の妻の心の闇を見抜けずにいます。自分を正義だと信じて川口春奈演じる事件被害者を追い詰めるシーンはまさしく狂人。それでいて妻(竹内結子)に「君を全力で守る!」なんて白々しいセリフを腹式発声で言い放つんだから結構気持ち悪い。

東出昌大(刑事)
原作では女癖が悪いなどの背景が描かれたキャラクターだったのにバッサリ切られて、事件に取り憑かれた刑事を目をギョロギョロさせて演じています。謎の借金があったようだし描かれていない部分が多いだけに不気味。

竹内結子(西島秀俊の妻)
料理上手の美人妻だけど、「ご近所づきあい」への執着の強さが怖い。笑顔で有能な妻を演じながら実は今の生活に不満だらけというスタンスが恐怖。こういう人いるでしょ、いっぱい。

川口春奈(事件被害者)
事件のことを思い出して語る時、すんごい動き回る。全然椅子に座っててくれないから、西島秀俊も興奮して追い詰めちゃって結構乱暴なシーンに。西島秀俊の狂気を引き出す役目だけに、この子自身もちょっと変。

マックス(犬)
西島秀俊と竹内結子が飼っている大型犬。どういうわけだか香川照之に懐いていて、香川照之は残忍な行為をした後でも尻尾降って喜んで近寄っちゃう。犬なんだからもうちょっと野生の勘みたいなもので香川照之の殺気を感じてくれないと……。

c2

 

ダークファンタジーらしい描写

実在の事件を想起させるものだったり「隣人」という現実性の高いモチーフの映画ですが、黒沢清特有の“違和感”は各所にあります。この映画にサイコミステリーの枠に収まり切らない魅力を感じるのはこの演出のおかげでしょう。

c3

 

今回の記事では香川照之には触れませんでしたが、ニューヨークタイムズで「第89回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされるべき5人」の中にトム・ハンクスらと共に名を連ねたほどの世界レベルの怪演ですので、ぜひ観てくださいね。

【あわせて読みたい】
 【全然ワンダーじゃないウーマンに共感!】自分と重なるキャラだからこそ励まされる。
 【カップルで観ちゃいけない映画!?】男らしさの崩壊!危機的状況で現れる男の本性とは?
 【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴
 『散歩する侵略者』が描く“未知の”侵略…大切な人が侵略者に体を奪われた、そのとき妻はー
 Filmarks期待度No.1!ノーランがノーランを超えた究極の映像体験『ダンケルク』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Misaki
    3.0
    最後が納得いかな過ぎる
  • ちゃんにき
    -
    ビビりなので怖すぎて何も考えられなかった 暗いのと明るいのと半々
  • どや
    3.3
    Amazonプライム・ビデオで鑑賞。 うーん、なんとも微妙、、、。 「あの人お父さんじゃありません。全然知らない人です。」 予告で見たこのセリフと、西島秀俊・香川照之出演ということから、面白いだろうなと思ってた。 まず、西島秀俊さんの演技、あんなに下手だったっけ?笑 そういえばこの人が出てる作品あんま観たことないなと思ったけど、それにしても今作の言葉の浮き方が半端なく感じた。 それに対して香川照之さんの不気味さ、ナチュラルさが凄かった。あんなに自然に、どこにでもいそうなのにゾッとさせる雰囲気が素晴らしい故に、主演2人の間の緊張感みたいなのがあまり感じれなかった。 話が進む中で、途中までその撮り方というか、不気味さという点では中々すごいなと思った。『シャイニング』と似てて、いつ急な驚きがあるのか分からない緊張感が続く感じが怖く、好きだなと思った。 それ故に個人的には終わり方が勿体なく感じた。も少し色々な伏線に対しての解説があっても良かったんじゃないかな? 何でそもそも西野はそんなことを始めたのか? 西野の娘(名前忘れた)のコロコロと変わる言動 薬や埋めた遺体の詳細などなど ただ、"creepy"=「気味の悪い」というそのままの意味で映画全体を捉えれば、全てがモヤモヤしたままの終わりでもいいのかなということで自分の中で納得させた。 全ての謎が明かされないこと、明らかに夏の情景なのに、青空を見せない「冷たさ」を感じさせること、BGMだけではなく、風や木々のざわめき、時には無音で表情のこわばりによって恐怖心を煽られる作りが全体にあって、そういう点では中々面白かった。
  • Smmr70keyYu10
    1.0
    ストーリーをそのまま追うと、ほとんど理解できないし、つまらない。犯罪心理学を勉強したことがある人とか、ある程度のバックボーンのある人が見ると、高度なところで腑に落ちる内容なのかもしれないが、私には難しすぎた。 観終わったあとのモヤモヤから、思考を紡ぎ合わせていくのが好きな人は観ても良いかもしれないが、そうでない人は要注意。
  • チアキ
    2.2
    香川さんが 怖すぎて…怖すぎて… 身近な感じのは怖いですけど なんか後は…はい?って感じでした。。。 あの薬はなんだろ???
「クリーピー 偽りの隣人」
のレビュー(23343件)