なぜCGなしにこだわったのか?アカデミー賞最有力作『ダンケルク』で語るクリストファー・ノーラン監督 「これは人類史上最高の物語のひとつ」 【インタビュー】

2017.09.07
インタビュー

Filmarks編集部

フィルマーくま

全世界で興行収入5億ドル突破を目前。2018年アカデミー賞最有力として、トロント国際映画祭での出品も決定し、賞レースへの参戦も本格的にスタート。9月のFilmarks期待度ランキングNo.1、レビュー★4.1(2017年9月7日現在)の高得点を獲得するなど、いま話題の映画『ダンケルク』が遂に日本で公開!

Filmarksでは米公開前に一足早く、クリストファー・ノーラン監督へのインタビューを敢行。360°全方位から迫るタイムサスペンス、究極の映像体験『ダンケルク』はいかにして生まれたのか? 8月には、『インセプション』以来7年ぶりの来日を果たし、未来のクリエイターたちとの交流も楽しんでいたクリストファー・ノーラン監督のスペシャル・インタビューをお届けします!

クリストファー・ノーラン

クリストファー・ノーラン

 

若きクリエーターたちよ、心して聞け!クリストファー・ノーラン監督が学生の質問に回答

――『ダンケルク』はご自身初となる実話を基にした作品ですが、歴史上のできごとを映画にしようと思ったきっかけはどういったことだったのでしょうか。

アイデアが芽生えたのは、25年前の旅行だったと思います。妻のエマ(本作のプロデューサー)と一緒に、友人が所有していた小さな船であの海峡を渡ったときに思いつきました。

私は、ダンケルクの物語に魅了されてきました。イギリス人はその話とともに成長し、骨まで染み込み、神話のように文化の一部になっているんです。私たちは逆境立たされたとき、敵の優勢について語るとき、“ダンケルク・スピリット”のことを話します。それにこの物語は、近代映画で描かれていない。そこがとても魅力的でした。映画監督は常に大衆文化のギャップを探している。いまだに語られず、すでに語られているべきものを探す。この物語は人類史上最高の物語のひとつです。

ダンケルク

――究極の映画体験となる作品です。これまでの映画にはなかった革新性とは、どんなところでしょう。

革新的な部分は多くあります。「ダンケルクの戦い」という実際の出来事はあまり知られておらず、ほとんど映画化されていません。またこの歴史的出来事の核は、“戦い”ではなく“撤退”、サスペンスに溢れているという点もとてもユニークだと思います。だからこそ、『ダンケルク』を説明するにあたって「サスペンス」と「スリル」という言葉を使うことにしました。ストーリーも、単なる史実ではなく、可能な限り登場する人物の視点から描くよう試みました。戦争をテーマとする映画としては、新しい描き方ではないかと思います。

ダンケルク

――これまでの作品でもCGを極力使用しないというのが監督の作品のひとつの特徴でしたが、今作も大掛かりな撮影だったのでしょうか。

ダンケルク』の舞台のほとんどは屋外です。撮影は実際の場所で行うのがベストだと感じていました。ダンケルクの地理はとてもユニークです。今でも1940年当時の様子を残す部分が多くあります。ロケシーンのほとんどが、海と海岸だったので、実際のダンケルクで撮影しました。

本物の防波堤も、大半が当時のまま残っており、それを基にセットを作りました。撮影には、空には本物の戦闘機も飛ばし、実際に使われた軍用艦艇、1940年に本当にダンケルクで活躍した多数の船を、撮影のために再びダンケルクへ呼び戻しました。このように限りなくリアルな環境を提供出来たことは、俳優たちの演技にも影響を与えることができた思います。

撮影の時点で“本物”をカメラで捉えられれば、ポスト・プロダクションで加工する必要が減り、よりリアルで新鮮な映像をつくりだすことが可能になるのです。

――フィン・ホワイトヘッドやハリー・スタイルズなど役者経験のないキャストを起用した理由を教えてください。

作品や観客にとって、主人公には新鮮な顔ぶれが必要だったので、キャスティングには時間をかけました。ザ・ハリウッド流のように、35歳の俳優が18歳の役に演じるような配役をしたくはありませんでした。オーディションで募集し、演劇学校へも出向き、そこで学ぶ新人俳優たちと会いました。しかし本当に重要だったのは、新鮮な顔ぶれのアンサンブルキャストをまとめることでした。

ダンケルク

――ケネス・ブラナー、マーク・ライランスといったベテランキャストが顔を揃える中で、物語の語り部を若い兵士にしたことにも理由があるのでしょうか。

この物語で観客の心を打つのは、若者たちが、当時本当に、この壮絶な戦いと向き合ったという事実です。だからこそ私は、本物の18歳、19歳の俳優の起用を希望し、リアルな“未熟さ”をもつ新人俳優たち配役する事にしました。

――作品を拝見した側からも、その壮絶な撮影現場が想像できましたが、彼らの取り組みはいかがでしたか?

素晴らしいものでした。撮影は身体的にも厳しかったと思います。若い俳優たちの中には演技経験が少ない者もいましたが、厳しい環境に身を置くことで、演技という束縛から解放され、リアルに振る舞う様子が撮影出来たと確信しています。

ダンケルク

映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国ロードショー
公式サイト:dunkirk.jp
映画公式ツイッター:@dunkirkjp #ダンケルク
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【あわせて読みたい】
 9月9日公開!ノーラン監督セレクトの11作品から、新作『ダンケルク』の全貌を徹底予想!
 若きクリエーターたちよ、心して聞け!クリストファー・ノーラン監督が学生の質問に回答
 【芸術の秋に観たい映画はコレ!】9月上映 映画期待度ランキングTOP20
 Filmarks期待度No.1!ノーランがノーランを超えた究極の映像体験『ダンケルク』
 『散歩する侵略者』が描く“未知の”侵略…大切な人が侵略者に体を奪われた、そのとき妻はー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うしじま
    4.5
    ホントに自分が戦場にいるみたいな臨場感。 ノーラン監督大好きすぎる。
  • shiho
    3.7
    今私たちが住んでいる世界はとても静か
  • kai蔵
    4.0
    ジャムパン
  • chapppp
    -
    力強い、かっこいい 音が普段よりでかく感じたのはそうゆう仕様なのか?? 自分が好きと公言しているジャンルではないもののこんなに面白く観ることができたとは! やっぱり映画好きやわぁ〜 セリフがとても少なく映像だけでひたすら魅せつづける手法に圧巻された。セリフ少ないのに一瞬たりともダレなかった。 インターステラーやインセプションとはまた違ったノーランを観れた気がした。インターステラーのような起承転結のしっかりしたストーリーではなくひたすら起起起!って感じやった!銃撃戦が急に始まったり、どの船乗っても次から次へと襲われたり、さらには劇中ずっと時計のカチカチって音が鳴り響いてるんやから心臓バクバクで休む暇ない。 プロット自体はありきたりでも、それをどんなストーリーでどう演出するかによって映画って全然違うものになるんやな。 ノーランにハズレなしだ。
  • maomei
    4.3
    私はクリストファー・ノーラン作品が好きだ。最終的には観客に解釈を委ねる所、言葉に頼らずふとした瞬間のカットに数多の深い感情を込める所。お得意の時間軸操作や圧倒的な映像表現はもちろんだけれど、そういう細かい部分の書き込み方(静かな熱の入れ方)がとても好きだ。 そういうわけでダンケルク。戦争映画が大の苦手な私は「戦場に放り込まれたような体験型映画」と聞いて正直ビビりまくり、今回ばかりは敬遠かなぁと残念に思っていたのだけれど、事前鑑賞組の評判を聞いて己を奮い立たせて映画館へ。観てよかった。血なまぐさい描写をせずとも伝わってくるキリキリした緊張感。ハンス・ジマーのスコア(というより効果音…)が切れ味抜群。確かに怖いのだけれど、残酷さで視覚的に訴える怖さとは違う怖さで、私が苦手とする戦争映画とは異なるアプローチだったのがまず嬉しい驚きだった。 撤退作戦に放り込まれたような、肌で感じるダンケルク。1週間・1日・1時間の時間軸操作も比較的安易で、頭で考えるより感じてほしいという意図があるように思った。 戦争には正義と悪がない。ダンケルク撤退作戦は奇跡の感動物語ではなく、戦争の一コマであり、人の「運命を左右する」のが戦争だという点を俯瞰的に描いた所も好きだ。奇跡の脱出劇から安寧の故郷へ…そんなシーンをあの目の表情でカットするセンスですよ。 ノーラン厨でごめん。でもリアルタイムで作品みられる世代に生まれてよかったと思う位好き。
「ダンケルク」
のレビュー(17083件)