新作観る前にサラッとおさらい!『ブレードランナー』初心者のザックリ相関図!!

2017.10.26
映画

映画は「1スジ2ヌケ3動作」by牧野省三

ウラケン

僕は、『ブレードランナー』ビギナーです。

ブレードランナー

映画雑誌を読むと、SF映画の金字塔として一般常識レベルで頻出する『ブレードランナー』。1982年公開、これ以降のSFの元ネタは全部ココにあると言われてる映画ですが……

あんまし、覚えてません。

FILMAGAでコラム書いてる奴がこんなんですみません。中学か高校の頃になんか有名な映画らしいから映画好きとしては一応観ておかねばと、ビデオ(懐かしい響き!)をレンタルして一度観ました。しかし、覚えてるのは暗い画面と、雨と、ユニコーンのスローモーションと……えーと?

そうです。僕、ブレードランナービギナーなんです。

でも、そんなブレードランナービギナー(BRB)が実は結構いるんじゃないかと! そして、続編公開は気になるけど観返す時間ない!って方もいるんじゃないかと!  ……てなわけで、そんな方々のために『ブレードランナー』(ファイナルカット版)をBRBなりに超ザックリまとめてみました。

当然、ネタバレ有りです!

【時に、西暦2019年ー】

この時代、人類(のリッチピーポー)は宇宙に移住して地球はだいぶ荒廃。環境汚染が進み、都市部には高層ビルがギュウギュウ。もちろん車だって浮いちゃいます。

【レプリカント】

宇宙での奴隷労働や植民地建設に使われている人造人間。映画はいきなりこのレプリカントの説明から始まります。「21世紀はじめ、タイレル社はロボット開発をネクサス段階へと進めた 彼らは人間そっくりでレプリカントと呼ばれた。ネクサス6型……」

ブレードランナー
出典:http://ulaken.exblog.jp/27477974/

【ネクサス6型】・・・タイレル社製のレプリカント。体力、びんしょう性に優れ、知能も彼らを作った遺伝子技術者に匹敵。反乱を起こしたため地球上での存在は非合法され死刑が宣告された。6名が脱走し地球に潜伏。

【ブレードランナー】

「脱走したレプリカントを発見したら殺せ」という命令が下っている特別捜査班。それは処刑ではなく解任と呼ばれている。

ブレードランナー
出典:http://ulaken.exblog.jp/27477974/

【デッカード】・・・ハリソン・フォード(このとき40代半ば)が演じる本作の主人公。ブレードランナーを一度退職しているが、ロイ・バッティのグループがロサンゼルスに潜伏したため呼び出された。

【だいたいこんなストーリー】

感情に目覚めたロイ・バッティ率いるレプリカントグループが、宇宙から逃亡しロサンゼルスに潜伏。退職していたデッカードが引っ張り出される。開発者のタイレル博士の元に捜査に赴き、秘書のレイチェルがレプリカントであることに気づく。長生きしたいロイはタイレル博士接触までこぎつけるも、4年の寿命を伸ばすことは技術的に不可能と宣告され博士を殺害し逃亡。

レイチェルと恋に落ちたデッカード、ロイグループの解任を命からがら成し遂げレプリカントである彼女と共に逃亡。

【ブレードランナーざっくり相関図】

ブレードランナー
出典:http://ulaken.exblog.jp/27477974/

ザックリなので、描いてない人(J・F・セバスチャンとか)もいますが大体こんな感じかと。レプリカントの特別捜査班の物語なのでレプリカントがいなきゃこの映画は始まりません。レプリカントがこの映画の肝です。

【反乱を起こす要素が揃いすぎてる!】

ネクサス6型のスペック

・簡単に人を殺せる程の身体能力
・彼らを作った遺伝子技術者に匹敵するほどの知能
・製造後数年で憎悪、恐怖、嫉妬心などの感情を示す
・安全対策で寿命は4年

反乱を起こす要素が揃い過ぎてる! こんなもん作ってんじゃないよ! 製造後数年で感情を示すて! こう言っちゃなんだけど、奴隷として労働させようと思ってるならソレ欠陥じゃない!? ムチャクチャ強くて頭いい人が強制労働させられてて憎悪の感情に目覚めたらそりゃ反乱するでしょ!

【ブレードランナー←超汚れ仕事】

15年?ぶりに観返した感想です。やるせないです。レプリカント生きたかっただけだし。脱走時に何人も殺してるけど、そらひどい扱い受けてたら反乱もするわ。しかも、そんな脱走レプリカントを処刑するのが仕事て……超汚れ仕事じゃないすか。そりゃ退職したくもなるわ。そして愛する彼女もレプリカント……やるせない! やるせないよ!

ブレードランナー

関わったものはみんな映画作りが嫌いになったほど制作現場が混乱していたと言われる『ブレードランナー』。そして、10月27日公開の続編はデッカードがレイチェルと逃亡して30年後。ポスターのコピーは、「知る覚悟はあるかー。」一体どんな真実が明かされるのか……今からもうやるせない気持ちでいっぱいです。

【あわせて読みたい】
 ドゥニ・ヴィルヌーヴは何故、SFを語り始めたのか?【フィルムメーカー列伝 第九回】
 【芸術の秋に観たい映画は?】10月上映 映画期待度ランキングTOP20
 【イラスト図解】ウルヴァリンって何だ?クズリって何だ?!
 あの頃のトム・クルーズがふたたび!破天荒シズルほとばしる実話『バリー・シール/アメリカをはめた男』
 X-MENが生んだヒーローの壮絶な最期を描く『LOGAN ローガン』 そしてX-MEN初のTVシリーズ「レギオン」

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハル
    4.0
    21世紀初頭、遺伝子工学の発展は、人間にそっくりな合成人間「レプリカント」の生成を可能にした。折しも、宇宙では、環境破壊に伴う植民地開発が進んでおり、レプリカントは人類の奴隷として、過酷な労働や戦闘に従事させられた。しかし、彼らの中には、時間の経過とともに感情が芽生え、人類に反旗を翻す者が少なくなかった。このため、一定の時間が経つと死ぬように寿命が設けられたが、これを不服とした彼らは次々と脱走を企て人間社会に紛れ込もうとするのだった。これら造反者を見つけ出し射殺するのが、専任捜査官たる「ブレードランナー」の任務である。 そして、2019年。ロイ・バッティを頭目とする4名のネクサス6型レプリカントが人類に反乱を起こし、スペースシャトルを奪って地球へと帰還した。彼らを排除するため、職を退いていたリック・デッカードが再び呼び出される。かくして、退廃の匂い漂うディストピアは、追う者と追われる者たちによる闘いの舞台へと変貌したのだった。 SFの歴史を変えたと言われる傑作である。この映画の登場によって、それまで華々しいイメージを持たれがちだった未来社会に、無国籍で退廃的な匂いを含むディストピア(理想郷の反対)としての顔が加わった。アニメでは「AKIRA」や「攻殻機動隊」、ゲームでは「ファイナルファンタジー7」などが、その世界観を色濃くまとっている。 専任捜査官「ブレードランナー」が主人公だが、どちらかと言えば、追われる者たち(レプリカント)の方に感情移入させられてしまう。人間そっくりに作られながら人間として生きることを許されなかった彼らの哀しみが根底に流れているからだ。 「俺はお前たち人間には信じられない光景を見てきた。オリオン座の近くで炎を上げる戦闘艦。暗黒に沈むタンホイザー・ゲートのそばで瞬くCビーム。そういった記憶も時と共に消えるのだ。雨の中の涙のようにな。俺も死ぬ時が来た」 ロイ・バッティが吐くこの台詞は、虐げられた者たちの哀しみを見事に代弁している。実際、レプリカントが単なる敵役、反逆者にとどまらなかったのは、この言葉が観る者に強烈な印象を残したからである。 今でも、ふとした時に、ロイのこの台詞が頭の中に甦ることがある。そんな時、この作品を再び手に取ってしまう。センチメントな気分に浸りたいからではなく、ただ虐げられた者たちの声を無視できないだけである。
  • カール
    3.7
    久しぶりに鑑賞。来年この舞台の年になる、楽しみです。 いい意味で、スターウォーズとターミネーターとバックトゥーザフューチャーの要素を合わせたみたいな作品だと感じた。ガラスに突っ込むスローモーションや階段の下からの撮影、明暗の使い分けなど、CGじゃない部分が基本的に好みだった。 今となってみると、時代が進んでいる部分とあまり進んでいると感じない部分があり、答え合わせ的な感覚で面白かった。 白塗りの人とかロイは殺したいのか遊びたいのかよくわからなかった。ロイはなぜ裸になって、右手に釘さしたのだろう。寿命がわかっていて、今を生きていると言う感覚を痛みから受けるためだったのだろうか。それとも楽しむためのハンデみたいなもので、だから指を折った右手と同じ右手を使え無くしたのだろうか。説明が足りなくてよくわからないかった。逆に最後のシーンは折り紙が置いていることで、全てが理解できたのに、余計な説明は無い方がいいと思った。 ハリソン・フォードの銃の持ち方がレーザー銃のそれで、行動などを見てもけして凄腕の殺し屋とは到底思えなかった。
  • ワタリ
    4.5
    近未来、街はネオンとゴミに包まれていて人が溢れかえり、緑は見えず雨が降り続いている、退廃した世界。雰囲気、設定、音楽とかすごく好み。
  • MotoYama
    4.0
    レイチェルは言わずもがな、 レプリカントたちの純粋さはとても美しい。そして常に哀しみがつきまとっている。
「ブレードランナー ファイナル・カット」
のレビュー(13553件)