映画好きなら知っておきたい「難民映画祭」!過去作をオンラインとリアルで鑑賞できるのはココだけ

2017.10.25
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

デジタルスクリーン

都内の一部でしか上映されることがないようなミニシアター系のインディペンデントの最新映画や、日本初公開の映画、今話題になっている映画に注目している映画好きの方にオススメのオンライン映画館デジタルスクリーン

今回は、上映されている作品の中から注目の映画や特集上映をピックアップ!

いまなら「第12回国連UNHCR難民映画祭2017」応援企画として、「難民映画祭スクリーン」を開催中! 過去に映画祭で上映された『トゥーマスト ~ギターとカラシニコフの狭間で~』をオンライン公開中。また、同作と『セバスチャン・サルガド地球へのラブレター』の無料上映会実施などにもご注目ください。

【あわせて読みたい】

【映画好き必見!】最新ミニシアター作品をオンライン上で鑑賞できるサービスとは?

自由のための戦い。武器は音楽。

『トゥーマスト ~ギターとカラシニコフの狭間で~』

デジタルスクリーン

サハラ砂漠西部。インディゴで染めた真っ青な布で全身を覆った青衣の遊牧民、トゥアレグ族のバンド「トゥーマスト」。バンドを率いる元レジスタンス兵士のムーサは、兵士としての訓練を受けに行った。彼がそこで手に入れたものは、カラシニコフとギター。トゥアレグ族のアイデンティティ、そして支配と反乱の歴史を塗り替えるために闘う彼らを追ったドキュメンタリー! 絶賛公開中。

鑑賞はこちら

小さな町に隠された秘密がいま明かされる…

『トライアングル』

デジタルスクリーン
(C)RAGNAROK LLC.

3人の若い映画監督が共通の友人から受け取った一通のはがき。興味本位でカメラを持ち、友人の住む人里はなれた小さな町を訪ねる。そこは若い人たちばかりがすんでいる奇妙な町だった。小さな町に隠された大きな秘密がいま明かされる……想像を絶するミステリー! 絶賛公開中。

鑑賞はこちら

“デブゴン”サモ・ハン・キンポーד痩せ虎”カール・マッカ!爆笑アクション・コメディ!!

『痩せ虎とデブゴン』

デジタルスクリーン
(C)MATV

「動けるデブ」サモ・ハン・キンポーと香港の名プロデューサー、カール・マッカ共演によるアクションコメディ。麻薬組織を潰そうとする刑事コンビが派手なアクションで大活躍! サモ・ハン・キンポーによるブルース・リーのモノマネも必見! 「デブゴン」シリーズ幻の傑作。ラウ・カーウィン監督作品。絶賛公開中。 

鑑賞はこちら

ブリジット・リン×ジョイ・ウォン2大女優競演の人気SFXアクション!

『スウォーズマン 女神復活の章』

デジタルスクリーン
(C)MATV

中国の有名な武侠小説家・金庸の原作をもとに映画化。前作『スウォーズマン 女神伝説の章』のラストで死んだかに見えた東方不敗、すなわち“女神”が甦える! ブリジット・リン扮する東方不敗の人気もあり大好評だった前作を受けて急遽製作された。ジョイ・ウォンの官能的なシーンも話題沸騰。製作・脚本:ツイ・ハーク、監督:チン・シウトン。絶賛公開中。 

鑑賞はこちら

『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』無料上映会開催!

『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』

デジタルスクリーン
(C)Sebastião Salgado (C)Donata Wenders (C)Sara Rangel (C)Juliano Ribeiro Salgado

“難民映画祭2017”応援企画として、昨年第11回国連UNHCR難民映画祭で上映された『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』の無料上映会を開催します。
日時:2017年10月30日(月) 19:30 - 21:50
場所:東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル7F

詳細はこちら

難民映画祭スクリーン&『トゥーマスト 〜ギターとカラシニコフの狭間で〜』無料上映会開催!

オンライン上の映画館デジタルスクリーンでは、2017年9月30日〜11月12日まで開催される「第12回国連UNHCR難民映画祭2017」を応援しています。そこでデジタルスクリーンでは関連作品の無料上映会を行います! 第一弾の『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』に続き、第二弾は『トゥーマスト ~ギターとカラシニコフの狭間で~』の無料上映会を開催します。
日時:2017年11月10日(金) 19:30 - 21:30
場所:東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル7F

詳細はこちら

オンライン映画館「デジタルスクリーン」とは?

デジタルスクリーン2

デジタルスクリーンは、インディペンデント作品を中心に、最近では映画館で上映される機会が少なくなった地域・内容の作品を、オンライン上映として早期に期間限定でご覧いただける、まったく新しいコンセプトのサービスです。

すでに映画館で上映している新作映画や国内初公開作品、過去に劇場公開された名作などのリバイバル上映など、年間100作品以上を上映予定! あなたの好きな場所、好きな時間に映画館にアクセスして気になる映画をチェックできます。 会員登録は無料! まったく新しいタイプの映画館デジタルスクリーンで、ぜひ映画の世界に浸ってください!

公式サイト:https://digitalscreen.jp/
提供:デジタルスクリーン
(C) DIGITAL SCREEN. All Rights Reserved.

※記事中でご紹介した鑑賞・特集ページのリンク先は、現在PCのみで閲覧可能です

【あわせて読みたい】

【デジタルスクリーン×Filmarks】オンライン映画館だけで観られる作品を一挙ご紹介!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 片腕ファルコン
    3.1
    サハラ砂漠の遊牧民によるバンド[トゥーマスト]のドキュメンタリー!!一旦、彼らの厳しい環境事情は置いておいて(←置くな!)、純粋に音楽がカッコよかったです。全編通して彼らの曲なんですかねぇ、序盤のダヴ感強めの音楽が良かったんです。気になるね。 画像左の男性は元レジスタンス兵士で、リビアでの兵士訓練の時に手に入れたものは カラシニコフという銃 と ギターでした。 銃では世界を変える事ができないと悟った彼は、ギターを武器に音楽でメッセージを発信。サハラではそういう活動ができない(カセットテープを持ってるだけで逮捕されるらしい)ので、フランスに拠点を置いて活動。 政府が隠したがっている遊牧民にしてきた現状を見事に世界に伝える事に成功しているわけですよ。 終盤にヨーロッパのフェスの様子も流れてますが、民族衣装に身を包むビジュアル含めてパフォーマンスがスゴイ!!もっとバンドの部分を見せてほしかったなぁと思いました。 せっかく音楽こそが武器って言ってるくらいですから、いっその事ライブ映画にしてくれても良いくらい!!!
  • Osamu
    -
    今日は個人的な「映画の日」でした。たまたま打合せも何も予定が丸一日入っていなかったので、仕事を一日休むことに。折角なので、朝から晩まで映画三昧ということで。 1本目! 虐げられた砂漠の遊牧民トゥアレグ族のドキュメンタリー。 自由を取り戻すための闘いの武器を銃(カラシニコフ)から音楽(ギター)に変える。 彼らの音楽はトランス音楽だというので、期待に胸を膨らませて観に行きました。 結果、、、寝ました。あらら。 アップリンクの座席が気持ち良すぎるんです。後ろにかなり傾斜していて体を思いっきり預けて座るタイプ。しかも前後にゆりかごのように揺れるんですよね。岩波ホールの座席ではどんなにつまらない映画でも眠れませんが、アップリンクの座席ならどんなにおもしろい映画でも寝ちゃいそうです。 休みの日だからリラックスし過ぎちゃいました。 トゥアレグ族は女性が大きな役割を担っていると言ってたように女性の歌声や演奏が印象的でした。 結構寝てしまったのでスコアは無しで。
  • smmt705
    -
    生活に音楽が馴染んでいる
  • Vega
    3.3
    トゥアレグ音楽ってトランスなのだね。 砂漠の砂を蹴るダンス観てたら、魂抜けそうになった。
  • ucchang
    -
    世界中の音楽が聴けて世界中の映画が観れることに感謝したくなる。
「トゥーマスト ギターとカラシニコフの狭間で」
のレビュー(26件)