絵を描くって大変だ!わずか30分の上映に5年半をかけたアニメーション作品『木を植えた男』

アニメの風通しがもっと良くなりますように

ネジムラ89

すごく、根本的な話なのですが、アニメーションを作るって大変ですよね

アニメーションといえば、最近はデジタル化により作業の簡略化もできるようになってきましたが、いまだに登場人物を少し動かすために何十枚、何百枚もの絵を用いている作品が多数存在する手法です。

ゴッホ~最期の手紙~

そんな作品の例が2017年11月3日より公開のゴッホ~最期の手紙~です。油絵を用いてアニメーション制作を行っているというのだからビックリです。日常でこそ見る機会の限られている油絵ですが、そんな絵が動き出すさまは、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」といったTVアニメ作品や人気の高いジブリのアニメ作品とはまた違った感触が得られる作品であることは間違いないでしょう。この映画を作るために作られた油絵の数はなんと6万枚以上と言うのだからこれまた恐ろしい話です。

さて、その6万枚の絵も油絵師が複数人で制作したものなのですが、かつて、2万枚を超える作画作業の大半を一人でこなした恐るべきアニメーション作家がいたのはご存知でしょうか。今回はそんなアニメーション作家と、その人の作品を紹介します。

アニメーション作家、フレデリック・バック

2万枚を超える作画作業をこなしたアニメーション作家、それがフレデリック・バックです。世界的に著名なアニメーション作家の方で、惜しくも2013年に亡くなられてしまいました。そんなフレデリック・バックの手によって生まれた代表的な作品といえるのが、30分ほどの中編アニメーション木を植えた男です。

木を植えた男

木を植えた男はもともと、1953年にフランスの作家ジャン・ジオノが書いた短編小説です。この小説を原作に、フレデリック・バックは監督、脚本そしてその作画作業のほとんどを務め、1987年に公開されました。2017年でなんと30周年を迎える作品です。

木を植えた男はそんな30年以上前の作品でありながら、作品の古さを感じさせません。色鉛筆で描いたスケッチ風のアニメーションは、流行とは別の普遍的な美しさを感じさせてくれます。

失明しても止めないアニメーション制作

この木を植えた男の完成には5年半もの月日がかかっています。それもそのはず、前述した2万枚の作画作業とは、この木を植えた男というアニメーション1つの完成にかかった枚数だからです。5年半もの時をかけて、たった一人でそれだけの数の作画をこなすのは、よっぽどの根気がないと不可能でしょう。

しかも、さらに驚くべき逸話が木を植えた男の制作過程にはあります。フレデリック・バックはこのアニメーション制作の過程で、スプレーが目に入ってしまうアクシデントに見舞われ、右目を失明してしまいました。ですが、そんな状態でありながらもフレデリック・バックはアニメーション制作を止めることはありませんでした。残る左目のみを駆使して、制作を続けついに木を植えた男を完成させるに至ったのです。木を植えた男はまさにフレデリック・バックのアニメーションにかける情熱が注がれた作品と言えます。

どうしても「アニメ」というとTVアニメ作品だったり、キャラクター作品がピックアップされがちですが、これらの作品を観れば、アニメーションにはこんな広がりを持った作品もあるんだ、という発見ができるはずです。『ゴッホ~最期の手紙~』木を植えた男などで、絵が動くということへの感動を改めて感じてみるのはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい】
 【最新作はDCとコラボ!】予算と戦う画期的アニメ映画!劇場版「秘密結社鷹の爪」シリーズ
 スマーフって何者?知れば知るほどかわいくてしかたない!スマーフ初心者講座
 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
 62450枚の絵画から生まれた珠玉のアートサスペンス!ゴッホの死の真相がいま動き出す
 “リベンジャーズ”結成!?最高傑作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が98%大絶賛のワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • べらし
    3.9
    大したものだ…じつに大したものだ…
  • ぐるりのリリー
    4.3
    とても密度の濃い映画。 空間、時間、人間の存在が目の前に現れるような感覚。 アニメーションでここまで表現してしまうとは、圧巻としか出てこない…。 語り手の声、自然の音も、ナチュナルで、人物のセリフが一切無くても言葉が伝わってくる。 画も言葉のように語りかけてくるような、そんな趣きがあって素晴らしかった。 木を植えた男、人知れず黙々と木を植える姿は、業と果報の塊。 身近にこんな人が居たら、絶対尊敬する。
  • ツナ
    4.3
    かぐや姫の物語を1人で作っちゃったみたいな荘厳さ 動く 動く アニメーションという命を与える技術と、たった1人で木を植え続けやがて枯れ果てた大地に緑を蘇らせた老人は同じ 人間が唯一、神になれる方法が、こんなにも厳しく尊いものだとは かぐや姫のときも同じことを思ったが、ここまで執念深くアニメートを追求されるとそこには動く・動かす楽しみを超えた何かが宿る。 それこそ作中の木を植えた男が求めたものであり、作者が手に入れたかった永遠だろう
  • もちー
    3.4
    トンコハウス映画祭にて。 しみじみと良い語りで、優しいタッチの絵。 自分にできることをこつこつ続けて、名声も狙わず驕らず、淡々と。
  • ピカデリー猪瀬
    3.8
    素敵な話。誰かに顧みられようとせず、ただもくもくと世のため人のために行動する男。男のおかけだったということがみんな知らないところが素敵。
「木を植えた男」
のレビュー(389件)