『レミーのおいしいレストラン』カミナリで焼いたキノコのタルティーヌ【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.11.28
映画

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン

芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋……。でもやっぱり、食欲の秋も欠かせませんよね?

今回ご紹介するのは、食欲の秋にぴったりのピクサー映画作品『レミーのおいしいレストラン』です。レストランから忌み嫌われるネズミ。でも主人公のネズミ・レミーはただのネズミではありません。天才的な味覚を持つ“料理のできる”ネズミなのです。「誰でも名シェフに!!」さて、ネズミのレミーは立派なシェフになれるのでしょうか!?

キノコタルティーヌの雷仕立て

レミーのおいしいレストラン

【材料】
マッシュルーム 4〜5個
塩 少々
胡椒 少々
オリーブオイル 大さじ11
ローズマリー(みじん切り) ひとつまみ
チェダーチーズ 3枚
バケット 3切れ
ブロッコリースプラウト 少々

【作り方】
1. マッシュルームをスライスして、みじん切りのローズマリー、塩、胡椒、大さじ1のオリーブオイルで味付けをします。
2. バケットに1の具材を半量のせ、その上にチェダーチーズをのせてトースターでチーズが溶けるまで加熱します。

レミーのおいしいレストラン
3. 残りのマッシュルームの具材をのせ、ブロッコリースプラウトで飾りつけたら出来上がりです。

レシピの経緯

レミーとその兄のエミールとが煙突から昇る煙でキノコを調理していたシーンから。
突然の雷により焦げてしまったキノコとチーズの串焼きが美味しくでき、レミーが大騒ぎしている場面から、手軽に楽しめるフレンチの前菜タルティーヌを思いつきました。

【あわせて読みたい】
 【グルメ×映画】食欲の秋だからこそ見たい!美味しそうな食事が魅力的な映画5選
 まるで極上の絵画!美しさにうっとりする芸術の秋におすすめの映画7選
 【人肌恋しい秋の夜長におすすめの映画まとめ】センチメンタルにどっぷり浸れる6作品
 【シリーズ史上最高に面白い】『探偵はBARにいる3』極上のエンターテインメント作を見逃すな
 【史上最も恐ろしいホラー】『エクソシスト』がTVシリーズになって蘇る!ファン必見の魅力を解説!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • akane
    5.0
    アントンイーゴの批評を読むたびに鳥肌が。 もはや全く子ども向け作品ではないっす。 偏見や理不尽な事柄を劇的に変えていく魔法のようなストーリーではなく、別れや失敗を経験しながら、自分を認めてくれる人と絆を深めてきちんと手を取って歩んでいく描写が好き。 ひとつの事柄において(ここでは料理)、誰にでも才能があるわけではないけれど、どんな人が突出した才能を持っているかは分からない。 だから周りの人が固定観念だけで可能性を潰してはならない。 子育てをする時に教訓にしたい価値観です。 なぜか涙が溢れてしまうお話です。 再鑑賞 2018年62本目
  • こまゆ
    3.2
    きろく
  • kikibear
    4.5
    ふぉぉぉぉ(´;ω;`) ラストに感動✨
  • まちとりえんぜる
    3.0
    人間とネズミのアッサンブラージュが度々矛盾にぶつかりながらそれを乗り越えていく。
  • IKKO
    3.5
    記録
「レミーのおいしいレストラン」
のレビュー(54402件)