ストップモーション好きは必読!今こそ知っておきたいスゴいアニメーションスタジオLAIKA

アニメの風通しがもっと良くなりますように

ネジムラ89

皆さんはアニメーションの制作スタジオといえばどこを思い浮かべますか?

日本でも広く知られているスタジオといえば、国内であればスタジオジブリ、海外でいえばディズニー(厳密にここで挙げられるディズニーはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのこと)そして同じくディズニーの傘下のPIXARなどもご存知の方は多いでしょう。

今回はそこにもう1つ、「LAIKA」というアニメーションスタジオを覚えてもらいたいな、と思ってこの記事を書いています。このLAIKAの最新作KUBO/クボ 二本の弦の秘密が2017年11月18日に公開されるということで、話題としても非常にタイムリーなアニメーション映画スタジオLAIKAが一体どんな会社なのかを紹介します。

LAIKAのつくるアニメーションとは

アニメーション制作スタジオLAIKA(ライカ)は2005年に設立されたアメリカの会社です。LAIKAのアニメーションの特徴はなんといっても、ストップモーション・アニメーションを得意としている点です。ストップモーション・アニメーションとは、コマ撮りアニメーションとも呼ばれ、実際の人形を何度も動かしては撮影、動かしては撮影、と繰り返し、その画像を繋げて動画にすることで人形が自ら動いているかのように見せるアニメーションの制作技法です。

LAIKAはこれまで長編アニメーションを4作品制作してきましたが、そのいずれもがこのストップモーション・アニメーションなのです。

LAIKA作品のもう1つの特徴

LAIKA作品の特徴はそれだけではありません。LAIKAが制作する作品には必ずと言っていいほど、毎回ちょっぴり不気味なキャラクターが登場します

例えば、LAIKAの最初の長編作品であり代表作と言えるコララインとボタンの魔女にはタイトルの通り、魔女がキーキャラクターとして登場します。監督に『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ヘンリー・セリック氏を迎え、可愛さと不気味さを兼ね備えたキャラクター達による不思議な世界を舞台にしたホラーファンタジーとなっています。そしてそれを皮切りに、続く長編作品も毎回ホラーテイストの入ったキーキャラクターが登場します。

コララインとボタンの魔女パラノーマン ブライス・ホローの謎

続く、パラノーマン ブライス・ホローの謎では幽霊やゾンビといったキャラクターが物語の大きな鍵として登場します。2017年時点では日本未公開作品となっているLAIKAの長編作品3作目ボックストロールでもトロールという怪物がメインキャラクターとなり活躍します。そして4作目となる『KUBO/クボ二本の弦の秘密』ももちろん、例外ではありません。作品の舞台となる日本を生かした、日本ならではの“怪物”達が複数登場し、少年クボの前に立ちはだかります。ちょっと不気味なテイストが好きという人には、LAIKA作品はまさにオススメなのです。

世界的にも高い評価を得るLAIKA

LAIKAは、日本ではあまり知られていませんが、アニメーション業界では世界的にも大きな評価を得ている、名のあるスタジオです。

2016年度における海外の長編アニメーション部門の賞レースでは、『ズートピア』『ファインディング・ドリー』『モアナと伝説の海』といったディズニーの長編作品が複数エントリーしており、ディズニーにとってかなり有利な状態となっていました。そんな中、ディズニーのそれらの作品に負けない複数の受賞やノミネートを映画賞で獲得していたのが、他でもないLAIKAの『KUBO/クボ二本の弦の秘密』だったのです。受賞数は30近く、ノミネート数に関しては80以上を獲得しました。世界的には3DCGアニメーションを用いた作品が主流になってきている中、ストップモーション・アニメーションという古くからある手法で、LAIKAはディズニーの作品達と単身渡り合ったのです。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密ズートピア

このようにLAIKAはまだまだ若いアニメーション制作会社でありながら、目覚ましい活躍を見せています。LAIKAの作品を観てみて是非そのスゴさを体験してみてはいかがでしょうか。そして今後もLAIKAという名前を覚えておきましょう。きっと損はないはずですよ。

【あわせて読みたい】
 「ちょっと映画が見たくなった」そんな時に!90分で見られるオススメ映画10選
 【日本が世界に誇る】意外と見ていない人が多い!?傑作ジャパニメーション映画5選
 【天空の城ラピュタふわふわ考察】飛行石では飛行できない?事前すり合わせなしで「バルス」が言える謎!?
 12月15日を手ぶらで迎える気!?アルティメットなアイテムを手に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を楽しもう!
 【★4.0の青春映画】『キングス・オブ・サマー』をオンラインで観るチャンス!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • みんたろう
    4.6
    2020年71本目 圧巻の美術と緻密に計算された物語。 ほんとすごい… 物語のキーである三味線から、折り紙、灯籠流しなど、日本的要素の取り入れ方がいいね! 冒頭の魔法を使った物語りシーンでグッと心が引き寄せられ、そこからクボの語る冒険譚へと自然と導かれる。 アクションから家族愛までしっかり詰まった冒険活劇は全く隙がなかった。 語られることで繋がっていく物語・人生の不死性は、永遠の命に勝る魔法。 その素晴らしさを、子供から大人まで、それぞれの立場で感じ取れるような作品でした。 「2本の弦」の魅せ方!
  • taylorblaze
    3.2
    これがストップモーションだとはなかなか気付かない。 写真のようなリアルな絵みたいに、技術と根気が物を言う表現方法だなと思います。 エンドロールでチラッと見せていた作業風景を見てると、ストップモーションの大変さがとても良くわかりますね。 子供の頃、クレイアニメや当時の教育テレビのストップモーションに多かった「のっぺりとした肌」が怖かったんですが、 クボを見ているとその時のことを思い出してしまい、最後まで可愛いとは思えませんでした。 それを抜きにしても、それぞれのキャラクターに愛着を持てるほどのストーリー展開ではなく、ただただ映像の綺麗さだけが印象に残りました。 折り紙が動く様子はとてもいいし、風景も凝っている。 キャラだけが、これといって可愛くもなければ深みもない。 ルーニー・マーラ目当てでしたが、そこはとても満足です。
  • a
    4.2
    映像のクオリティが高すぎる。 いみわからん。ストップモーションなのにあの自然な表情や髪のなびきや折り紙の表現はどういうことなの、、、 街とか世界観のデザインもすごい。 とにかくこれがストップモーションなのが信じられない。
  • Soichfork
    3.7
    これ、ストップモーション…? すごすぎ。 観終わった後にメイキング見て震えた。 海外で描かれる日本って日本人からしたら、???ってものが多いんだけど、違和感なかったし寧ろ日本の好きな部分が描かれてたな〜。あの鬼武者っぽい雰囲気とか好きだったし、まるでゲームの世界に入り込んでるようだった。いや〜世界観。 そしてWhile My Guitar Gently Weeps。
  • まさみ
    4.5
    好きだった〜ストップモーション好きがちだわ私…。 全く別物だし同じストップモーションってだけで『アノマリサ』思い出した、また観たいなぁ。 こんなに日本へのリスペクトを感じられる作品とはおもってなくて、想像以上に感動しちゃった。 色もキャラクターも繊細で美しくて、外国人が思う、日本人にとっては「ん?」ってなるような違和感もなく、すごく世界観にスッと入っていける映画だった…。すごいよ…。 この間『リメンバーミー』も観たし、死者を忘れないことの大切さを訴えられてる気がする。先祖は大事に。
「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」
のレビュー(9854件)