賞レース常連女優ジェシカ・チャステインが『ユダヤ人を救った動物園』で演じた、愛と信念で戦うヒロイン像を語る!【インタビュー】

2017.12.14
映画

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

2000年代、『トゥームレイダー』のアンジェリーナ・ジョリーや、『チャーリーズ・エンジェル』のキャメロン・ディアスに代表されるように、長い手足でバシバシと輩たちをスタイリッシュに投げ飛ばすような、強い女を演じられる女優たちがハリウッドで脚光を浴びた。2010年代では、屈強さに知性も光るような新たな強い女像へと群衆は憧れをアップデートし、『ゼロ・ダーク・サーティ』でCIA女性のマヤを演じ、その年の米アカデミー主演女優賞ノミネートほか、数々の女優賞で話題をさらったジェシカ・チャステインこそ、新世代のそれとなった。

ジェシカ・チャステイン
撮影奥野和彦

タフな女像を多く寄せられることについて、自身と照らし合わせたジェシカは「実際の私は『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』で演じたアントニーナと、『ゼロ・ダーク・サーティ』のマヤとのちょうど間くらい」と、チャーミングにインタビューで語った。実在した非凡な女性アントニーナの誇り高き精神を胸に演じた最新作『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』では、腕っぷしの強さとは異なる、深い愛が現実を動かすという表現に挑戦している。初来日したジェシカに、まるで天国だと語った撮影現場での出来事にくわえ、演技をする上での信条、現在ハリウッドで浮かび上がる問題まで、様々なことを聞いた。

――ジェシカが演じたアントニーナは、自分や家族を危険なところに置いてでも、ユダヤ人を守ろうとする高潔さを感じる女性でした。どのように演じていこうと考えましたか?

アントニーナが愛と思いやりを持っていたからこそ、演じたいと思いました。メディアは、人の命を救うような剣を持ったヒーローイズムばかりにフォーカスを当ててしまうときがあるけれども、彼女は愛と思いやりをツールとして戦ったわけです。そこに、すごくインスピレーションを受けたことと、歴史に忘れ去られた彼女を祝福したい思いがありました。だって、とてもフェミニンな力で戦うことができた人物ですからね。

彼女のような素晴らしい人物を演じるとなるには、やはりリスペクトの気持ちは大きくて、ワルシャワや舞台となった動物園にも行きましたし、彼女が住んでいた家にも行きました。娘のテレサさんにお話を伺えたのも大きかったです。原作ももちろん読み込みましたし、できることは何でもしました。

ユダヤ人を救った動物園

――出演したことで、何か新たに発見したことはありますか?

発見したことといえば、アントニーナは毎日生き物をケアしているわけだから、ズボンを履いていたり男性のような格好をしているものだろうと勝手に想像していたのですが、彼女がそのような格好をしたことは一度だってなかったそうです。正直すごく驚きました。強さを持った女性=男らしいスタイルというステレオタイプなイメージが私の中にあったので、真っ向から違うところがすごくワクワクしました。こんな偉業を成し遂げた女性なのに、そこまでの柔らかさを持ち、フェミニンな女性だったなんて、ね。アントニーナはマニキュアも口紅も好きだし、ドレスもとにかく好きだったそうなんです。女性的な柔らかさや感受性の豊かさみたいなものを持ちながら、強くもあれるというキャラクターになったと思っています。

――フェミニンさはとても感じるところで、ジェシカのこれまでのイメージとはまたガラリと変わっていますよね。

そうよね。例えば、『ゼロ・ダーク・サーティ』(マヤ役)とも、『女神の見えざる手』(エリザベス役)とも、今回演じたアントニーナとは違うタイプの女性像でした。強いて挙げるなら、『ツリー・オブ・ライフ』(のオブライエン夫人役)が愛や品にあふれたキャラクターだったので、同じようなところからアントニーナを模索していきました。彼女の品格、人としてのすばらしさにつながりを見出すことで、キャラクターの柔らかい部分も見つけていくことができました。

ユダヤ人を救った動物園

――ご自身のタイプは、どれかに当てはまります?

正直なところ、私はあまりアグレッシブなタイプの人間ではないんです。アントニーナとマヤとのちょうど間くらいじゃないかなって(笑)。

私ね、脚本を読むとき、自分の人生の中で実際に目にする女性像に近い女性に惹かれる傾向があるみたいなんです。だって、映画業界で描かれる女性像は「え、本当にこんな人……いる(苦笑)?」みたいに、ちょっと取り違えているところもあるし、残念ながらステレオタイプもとても多い。だけど、今回のキャラクターのような、フェミニンなヒーローイズムみたいなものは、とても惹かれます。映画に関わる上で、古風な女性、女性とはこうあるべきみたいなイメージを覆していく原動力になるような、現実に即した女性が描かれるようになればいいと思っています。

――本作では動物園が舞台なので、動物との演技も注目していて、百戦錬磨のジェシカにとっても初めての体験があったりしました?

It was in heaven for me(まるで天国にいるようだったわ)!! 生き物が大好きなんです。毎日、生き物たちと仕事ができるのは、贈り物のように感じました。

ユダヤ人を救った動物園

――動物と一緒にフレームに収まるためのポイントもありますか?

人と一緒で強制してはいけないことでしょうか。撮影前から、かなり時間をかけて仲良くなって、「自分といても安心していいのよ、決して傷つけないから」ということを知ってもらいました。彼らが自分に対して好奇心を持ってくれるのであれば、好きにさせてまず自分を知ってもらう。決して彼らのスペースに、こちらから侵入していってしまったり、何かエネルギーを押し付けることで怖がらせたり、絶対にしないように気をつけました。

動物たちとは、ゲームもたくさんやりましたよ。例えば、象のお産のシーンでは、産まれたての子象は実はお人形なんです。母親象のリリーは、人形には興味を持ってくれないんですよ。リリーはリンゴが大好きだから、私のアイデアで、リンゴをたくさん持ちこんで子象の人形のあちこちに隠したんです。そうすると、リンゴを探して子象に鼻を絡ませたりして、とてもいいシーンになったわ。リリーとはすごく仲良くなって、あるときなんか鼻で顔中を触られて、私はスライム(※鼻水)まみれでベッタベタになっちゃったの(笑)。でも、すごく貴重な経験でした。

――本作ではプロデュースにも参加されていますよね。なぜでしょうか?

1930年代のジェンダーの力学に興味がありました。夫婦の立場で見ると、物語の最初ではアントニーナの夫ヤンがすべての選択をし、彼女は指示を待っているようなところがありました。互いに危険を伴うそれぞれの役割を果たし始めたときに、当然ヤンは家を離れて外にいるので、アントニーナが家でかくまっている人々をケアしている。もし見つかれば、子供も含めて全員殺されてしまうという危険に、彼女は身をさらしていたんです。ほどなくして、ヤンとアントニーナは喧嘩をします。ヤンが「僕が毎日どんなことを経験しているか知らないだろう!?」と怒鳴ると、彼女は「あなたこそ!」と言い返す。私、あそこがすごく好きなシーンなの。あの場面を機に、物語の最後では、ふたりは平等な立場になります。また、アントニーナが子供のように指示を待っているだけの立場から、夫と平等な立場になることが、むしろ関係性をより健全なものに、素晴らしいものにしてくれるんだと学んでいく過程も、とても好きなんです。

ユダヤ人を救った動物園

――演技の信条にしていることがあれば、教えてください。

この業界に身を置くということは、共感力を身に着けるエクササイズとしても、本当に素晴らしいと感じています。いろいろな人物を演じることで、その人の人生、その人自身というものを知ることができる。そういう職業ってあまりなくて……、あ! もしかして記者のあなたもそうかもしれないわよね? ほかの人を取材して、その人の人生を知っていくんだから。

――ありがとうございます。そうでありたいと願います。

そうすることで、共感力が身に着いていくのではないかと思うから、人の経験、夢、希望、欲望、何を恐れているかを知ることができる。共感力を身に着けられることが素晴らしいと思っているからこそ、同じキャラクターではなく、いろいろなキャラクターを演じたいんです。たくさんの人生というものを知りたいから、共感力も得られると思う。それが映画界の素晴らしいところでもあると思います。

――最後に。今、ハリウッドではハーヴェイ・ワインスタインの記事に端を発し、セクハラ問題が明るみになっています。大きな変化が訪れる兆しなどを感じていますか?

おっしゃる通り、今、変化の兆しを感じてワクワクしています。ハリウッドに限らず、政治、ビジネスの世界でも同様なことが起きていますし。ひとつ思うのは、男性層が女性層の上にボスとしてあるという構造から、こうした権力だったり、セクハラやパワハラが産まれてくるんだと思います。それに対する施策として、女性層をよりリーダー的ポジションに置くのが有効なんじゃないかなと。自分たちは変わっていない、人間は学ばない部分を認識するというのが、まず第一歩ですよね。

今回の作品がいい例ですが、私がプロデュース兼主演、監督はニキ・カーロ(※女性)ですし、脚本家、原作者、スタントコーディネーターも女性だったんです。それでいて、現場は男性も女性もみんなハッピーだった。もしかしたら、職場も男性と女性の比率を平等にしていくと、みんながハッピーになるのかもしれないですね。(インタビュー・文:赤山恭子)

映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は、12月15日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほかロードショー。

ユダヤ人を救った動物園
(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

【あわせて読みたい】
※ 政府を影で動かす“ロビイスト”の逆転に次ぐ逆転劇を圧倒的スリルで描き、したたかに先を読むヒロインに魅せられる『女神の見えざる手』
※ え、これ実話なの?フィクションよりも興味深い「事実を元にした映画」10選
※ 子供のためにあきらめない!『ルーム』とあわせて観たい強い母親たちの映画5選
※ 【12歳版『(500)日のサマー』!?】小悪魔女子と落ちこぼれ男子の小さな恋に心動かされる!フランスのハートフルコメディがついに公開
※ 【中川翔子】私たち世代もリアルタイムで「スター・ウォーズ」を体験ができるのがうれしい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • erika
    3.0
    「杉原千畝」と同じく、第二次世界大戦下にユダヤ人を救った夫婦の実話です。 杉原千畝はドイツにとって同盟国の外交官であったため、ユダヤ人を逃がしている疑いをかけられたとしても警告ですみました。 しかし、この映画に出てくるアントニーナとヤンの夫婦はポーランドの一市民であり、状況はドイツの占領下でもあります。ユダヤ人を匿っていることが悟られれば、匿った人達諸とも射殺されてしまう...そんなリスクを背負ってでも罪のない人々の為に行動した素晴らしい方です。 困難の中にあっても正しいと思ったことのために戦う、人の意思の強さと優しさに感動しました。 ドイツ人の動物学者のヘックは夫婦の友人でしたが、ドイツがポーランドを占領すると園の支配者として登場します。 戦争は人の醜さを剥き出しにさせます。 平時であれば、知性的で優しく動物の研究に情熱を燃やせるような人物です。 そんな人が銃を持ちユダヤ人を探し家を荒らす様は、見ていて恐ろしくも悲しかったです。
  • のり
    3.0
    冒頭、自由に走り回る動物達、颯爽と自転車で駆け抜けるアントニーナ、お客様もカラフルなファッション、こんな日々が続くはずだったのに、、、 気になったのは、ヘックとアントニーナの関係、旦那様にも、あの男との戯れ、微妙な駆け引き、と、責められる 観てる私にもそう写ってしまう 正しいことをしたい、その思いだけなのに、自分が、嫌でたまらない、どうすればいいのか?と、気丈な彼女が泣くなんて、複雑な女心か?どう解釈しようか迷ってしまった😓 実話だけに、描いていい部分と、ダメな部分がある、そこは、微妙なだけに、さらりと流してほしかったかな。反対に 300人助けたユダヤ人は、どうして選ばれたのか? 隠れている時の閉塞感、恐怖、そして、わずかな喜び、を描いてほしかった。 映画は、誰でもが観れる、そして、理解しやすい、歴史を知る貴重な資料でもあるはずだから🤔
  • naco
    5.0
    1)2018.10.20
  • セキシオ
    4.0
    恐るべしノンフィクション…辛すぎて目を背けたくなる事柄が多かったのだけれど、夫妻と動物に何度も救われた…夫妻の愛と勇気、そして純真無垢な動物に乾杯。奪う人間と奪われる人間、それを救う人間、、人間はとてつもなく恐ろしいけれど、美しくもある。動物を絡めた戦争ものだったので、より一層人間の自分勝手な様相が浮き彫りになっていた気がする。だからこそ命を愛する強さを持ったアントニーナが女神のように輝いて見えた。ちなみに可愛いグランプリは、りんごを食べるカバに贈りたい、、あぁでもライオンもうさぎもみんな可愛いすぎた…
  • あみ
    3.8
    ワルシャワ動物園行きたくなる そうだ、人間ってこんなに強いんだった
「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」
のレビュー(2158件)