健太郎、ハタチになった特別な1年をすべて捧げた『デメキン』への強い想い【インタビュー】

2017.12.05
映画

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

健太郎

現在公開中の映画『デメキン』は、福岡出身のお笑い芸人、バッドボーイズ・佐田正樹の不良時代を描いた実録自伝系の原作の映像化で、シリーズ累計180万部を誇る大人気作品だ。幼いころからデメキンと呼ばれて育った主人公が、強くなることを決意。喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす青春を送るが、やがて強大な敵が立ちはだかるストーリーだ。

その主人公・佐田正樹役を、いま人気急上昇中の若手俳優・健太郎が熱演! 長編映画の初主演にして暴走族の総長役、博多弁など、数々のチャレンジを経た健太郎だが、「仕事でもプライベートでも初めてのことがすごく多かったので、もまれもしました(笑)」と2017年を述懐する。『デメキン』と出会い、仕事への想いも強まったという健太郎に話を聞いた。

――原作がバッドボーイズの佐田正樹さんで、やんちゃだったことは知っていましたが、あまりにも壮絶な人生で驚いてしまいました(笑)

そうですね(笑)。もともと学生の頃に原作漫画とは出会っていて、佐田さんが原作者ということも知っていました。当時ヤンキー系のマンガが流行っていて、「デメキン」に関しては佐田さんの人生なので興味深くみていて、自分では想像しえない世界に暮らしているなあと思っていました。その原作を自分が映画で主役を務めることをうれしく思います。

デメキン

――また最近のご時世的に、主人公の正樹のようなかっこいい男も少なくなりました。

正樹もかっこつける男ではありますが、かっこいいと思って何かをやっているのではなく、自然とかっこよくなっているような感じですよね。正樹自身にとっても、そこに計算はなく、何も思っていないところがまたかっこよかったりする。モテたいけれど、これまた不器用で、そこがまたすごくかっこいい。そういう魅力がある男ですよね。

デメキン

――実在のモデルがいるということで、工夫などがいることも多そうな気がしましたが。

撮影現場で正樹としていることは特に大変なことではなく、そこでの自分の行動や言動は、それは正樹自身がしていることと自分の中では理解していました。監督もそれをいかしてくださって、僕自身の好きなように自由に演じさせてくれました。演じてはいるけれども、僕自身の想いとも重なっていたので、彼の気持ちに寄り添えたかなとも思います。

――さて今年は活躍の一年でしたが、大の映画ファンだそうで、ゆくゆくは監督業などに興味はありますか?

いまのいまはまったく考えられないですが、いずれは監督のような、そういうカタチで作品にかかわることも楽しいような気がしています。映画音楽がすごく好きで、挿入歌も含めて。『アルマゲドン』ならエアロスミスの曲とか、そういう曲を聞くと映画本編を思い出しますよね。だから映画音楽を考える仕事も素敵だなあと、漠然と思ってはいます。

健太郎

――2017年は、どういう一年でしたか? 『デメキン』の公開も大きな出来事ですが。

怒涛でした。それこそ2月は『デメキン』を撮っていて、初めて主演を務めた年でもあり、20歳になった年でもあり、初めてが多かった一年です。仕事でもプライベートでも初めてのことがすごく多かったので、もまれもしました(笑)。『デメキン』への思い入れが強かったのですが、情熱をもっと全部に捧げないといけないなと思っています。

デメキン

――このメモリアルな『デメキン』、どういう方々に観てほしいでしょうか?

性別や世代を限らず、皆さんに観てほしいです。女の人は男ってアホだなとか、反対にあこがれたり、男のこともわかってもらえると思うので、それは作った側としてもうれしいです。最近の男子もこういう世界を知らない子が多いだろうし、すごく新鮮でもあると思います。いろいろな愛がつまった作品なので、多くの方に観てもらいたいです。(取材・文:鴇田崇)

デメキン
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス秋田書店・ゆうはじめ (C)2017 映画『デメキン』製作委員会

【あわせて読みたい】
 迷ったオファー『鋼の錬金術師』を背負う山田涼介の強い信念「自分以外の俳優にやらせたくない思いが勝った」【インタビュー】
 中毒度MAXの80年代ミュージック!映画『アトミック・ブロンド』のサントラが話題《Spotifyで聴こう》
 不良もユルさも衝動も青春!青春映画を彩る音楽
 【シリーズ史上最高に面白い】『探偵はBARにいる3』極上のエンターテインメント作を見逃すな
 夢を追う若者と、夢を追ったかつての若者に捧ぐ全肯定の物語。ほとばしる熱量で、心を温める作品『火花』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • なっちゃん
    3.8
    山田裕貴さんと、ドラマで気になった健太郎くん目当てで鑑賞、原作未読。 やっぱり喧嘩ものというか不良映画がとても好きだ〜 殴って殴られてのシンプルな中にある友情とか信念などは作品によって様々あるのかもしれないけど、これは王道かな? 綺麗なところだけを集めた感じはあるがそれが気持ち良かったので満足。 音楽も合ってて楽しいし、不良たちが馬鹿やって喧嘩して友情育んでく青春が微笑ましい。 原作は未読だけどすんなり観れた(逆に言えば深さは無い) 映画としてはまとまってると思う。
  • ぽんた
    -
    残念。 今の時代では表現が難しい。 ゆえに良さなどは伝わらない。 あと演技が下手すぎるし、原作を無視してる感じが否めない。 佐田が監修している割に出来が悪い作品でしたね。
  • haconyan
    -
    記録
  • きっき
    3.0
    健太郎君が演じたのでギャップもありとても良かった!! 綺麗なところだけ見せた作品。
「デメキン」
のレビュー(117件)