【追悼】魅惑の悪夢創造主/ウェス・クレイブン監督の外せない必見作をまとめて紹介!

2015.09.05
監督

Why So Serious ?

侍功夫

 

『エルム街の悪夢』シリーズや『スクリーム』シリーズなど、ホラー映画の傑作を多く生み出したウェス・クレイブン監督が2015年8月30日にお亡くなりになりました。享年76歳です。ガン闘病は報じられていましたが、それでも早すぎる死に、多くのファンや関係者たちが死を悼んでいます。

本項ではウェス・クレイブン監督の代表作を振り返り、作品の魅力を詳らかにしていこうと思います。

ウェス・クレイブン 恐怖の代表作

ウェス・クレイブンを語る上で、どうしても外せない作品があります。デビュー作の『鮮血の美学』。シッチェス映画祭で審査員特別賞を受賞した『サランドラ』。フレディ・クルーガーを生んだ『エルム街の悪夢』。ティーン・スラッシャー・ホラーを復興させた『スクリーム』の、4作品です。

レイプ・リベンジ・ホラーの始祖『鮮血の美学』(1972)

senke

ウェス・クレイブンは『鮮血の美学』で監督デビューを果たします。少女をレイプして死に追いやった不良たちを、少女の両親が殺していく、というイングマール・ベルイマンの『処女の泉』に着想を得た物語で、後に量産される「レイプ・リベンジ」ジャンルの原型とも言える作品です。

不良たちを度し難く憎たらしく見せる演出や酸鼻を極める報復描写など、洩れて溢れる非凡さが初監督作品からすでに顕著に現れています。

劇中、か弱い少女をノリノリで犯し、悪びれることも無い不良たちですが、犯された少女が絶望のあまり入水自殺を図ろうと湖に入っていくと、一気にバツの悪い神妙な面持ちとなり、居心地の悪さを振り切るように彼女を撃ち殺してしまいます。

この、不良たちのバツの悪い瞬間が存在するおかげで、彼らは単に「悪役」という記号的存在から一歩踏み込んだ、人間らしさを纏わせます。この“人間らしさ”が逆に復讐され惨殺されても当然だと思える胸糞の悪い連中だと印象づけているのです。こういった通り一遍では生み出せない奇妙な発想は、クレイブンの本領発揮と言えるでしょう。

ちなみに、本作は初めてチェーンソーを人殺しの武器として使った映画だとされています。

ジョギリ・ショック!『サランドラ』(1977)

wesc02

『サランドラ』は、核開発競争時代に実験場として使用されていた砂漠のど真ん中で、車の故障により立ち往生した家族が謎の異形の一家に襲われる、という作品です。

ジーンズやジャケットといった現代的な服装を動物の革や骨で装飾した、現代と原始時代を合わせた様な異形の一家のいでたちは、『マッドマックス2』などポスト・アポカリプス物の始祖と言っても良いでしょう。

また、本作は日本だけで悪名高い作品となっています。

アメリカ公開から7年後の1984年になって突然日本公開を請け負った東宝東和は、劇中には登場しない「ジョギリ」なる蛮刀イラストを広告イメージのメインに据え、「警告! ご注意ください。あなたの眼が破れます。」という、今では考えられないコピーを添えた誇大広告を掲げます。

期待いっぱいに観賞した(筆者含む)ホラーファンたちは、正に狐につままれたような感覚を味わい、前時代的いかがわしい興行の世界を垣間見ることになったのです。

フレディ・クルーガー誕生!『エルム街の悪夢』(1984)

nightmare

夢の中に現れては高校生たちを殺していく殺人鬼、フレディ・クルーガーを描いた大人気シリーズ1作目です。このシリーズを支えたのは何と言ってもフレディのキャラクター性でしょう。

饒舌にイヤミを捲し立てて若者たちを精神的に追い詰めた末に、右手のツメで切り裂くというフレディのスタイルは、レザーフェイスや13金ジェイソン、マイケル・マイヤーズなど寡黙な殺人鬼スターたちの中において特出した存在となっています。

また、夢の中ということでフレディは腕を伸ばして逃げ道をさえぎったり、電話の受話器になって女の子の口をぺろぺろ舐めたりと、シュールレアリズムを思わせるイマジネーション豊かな姿で登場するのも見どころです。

若者たちを襲うごとに姿を変え、殺害方法もバラエティに富んだ『エルム街の悪夢』シリーズは観客に絶大な支持を得ます。その結果、製作したニュー・ライン・シネマを大儲けさせ、一流の製作会社へと押し上げるのです。

つまり、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『アイ・アム・サム』『マグノリア』などの傑作もフレディがいなければ作られていなかった…… かもしれないのです。

枯れた“恐怖”の水平思考!『スクリーム』(1996)

screem

オバケのハロウィン・マスクをかぶった殺人鬼による連続殺人を描きます。本作では、犯人と被害者にホラー映画ファンがいる、というのが肝になっています。

「セックスをしたら死ぬ」「すぐ戻る!と言って出て行った奴は死ぬ」「死んだ殺人鬼に近づくと起き上がる」などなど。スラッシャー・ホラー映画のお約束を踏まえた上で、裏切ったり、意外な展開を意図的に登場人物にさせるなど、遊び心を盛り込んだことで廃れかけたスラッシャー・ホラーに新風を吹き込みます。

本作のヒットで「安く、早く、そこそこ楽しく」作れるホラー映画は注目を集め、ティーン向けホラー映画ブームが再び巻き起こるのです。このブームは日本にも輸入され、ハロウィンシーズンになると本作のオバケマスクを量販店で見かけるほど、『スクリーム』はホラーファン以外にも広く浸透していていきました。

クリシェを破壊する悪夢の創造主

これらクレイブン監督代表作から見られる特徴は「クリシェの破壊による新たな恐怖の開拓」だと言えるでしょう。

胸糞の悪い加害者に対し、彼らを上回る凄惨なやり口で報復する被害者、という逆転した構造を持つ『鮮血の美学』。

アメリカの地方で訛りの激しい田舎っぺが襲ってくるホラー映画はありましたが、言葉が通じるかどうかもあやしい原始人じみた一家としてツイストを加えた『サランドラ』。

夢の中で殺人鬼に追われ、ハッと目覚めて救われる夢オチ映画はよくありましたが、逆に言えば、再び寝たらまた追われるハメになります。生きている以上寝ないワケにはいかないでので、死ぬまで追われ続ける、という正に悪夢のような設定を持った『エルム街の悪夢』。

そして、続編全てを自身で監督するほど愛着があり、遺作にもなった『スクリーム』シリーズはクレイブンの特徴を最も顕著に表しています。映画的な文脈を裏切り続けたあげく、最後の最後に素直になってみたり。裏切って裏切って、さすがに最後は…… と思わせてからヤッパリ裏切ったり。観客に安心させるヒマを与えない展開を見せます。

ホラーやサスペンス、スリラーなどのジャンル映画には、長い歴史の中で培われた「鉄板」と呼ばれる「お約束展開:クリシェ」が多く存在します。クレイブンはそれらを踏まえた上で、ひっくり返したり、裏切ったり、ズラしたりと、観客にいつも見なれていない展開や情景を突きつけ、不安を誘い、思いもよらなかった新しい恐怖を味あわせてくれたのです。

傑作ぞろいのフィルモグラフィ

上記した代表作以外でも、クレイブン監督作にはジャンル・ファンおなじみの傑作が揃っています。

テレビの電波に乗って襲ってくる殺人鬼を描いた『ショッカー』。ハイチ、ブードゥー教に伝わる死者を蘇らせる薬を追った『ゾンビ伝説』。脳死した少女の体にコンピューターを埋め込んで蘇生させる『デッドリー・フレンド』。奇妙な夫婦の住む家に隠されたトンデモない秘密『壁の中に誰かがいる』。狼男になった若者たちの青春を描き『トワイライト』の先駆けとも言える『カースド』、などなど、ここには書ききれないほどありますので各自ググってください! 

これらフィルモグラフィのほとんどをホラーやスリラーで埋めるクレイブンですが、2本だけ異色な作品があります。

moh

『ミュージック・オブ・ハート』はニューヨーク、ハーレムのダウンタウンにある小学校のヴァイオリン課外授業で多くの子供たちを救った、実在の音楽家ロベルタ・ガスパーリを描いた作品です。

主人公の教師は、なんとメリル・ストリープが演じており、公開年のアカデミー賞主演女優賞に本作でノミネートされています。クレイブンの作品としては珍しくモンスターも殺人鬼も登場しない作品ながら、素直で優れた感動作になっています。

pjj

『パリ、ジュテーム』はパリの18の区を舞台に18組の監督による、「愛」をテーマにしたオムニバス映画です。クレイブンはペール・ラシェーズ墓地を舞台に、幽霊が登場しはするものの、ロマンティックで愛らしい小品を作りあげています。

これら多くの作品で、我々をゆさぶり、心地よく裏切り、さまざまな形の恐怖を魅せてくれたことへの感謝と功績を称え、ウェス・クレイブン監督へ哀悼の意を捧げます。

R.I.P WES CRAVEN !  傑作をありがとうございました!良い夢を!

参考動画:生前交流のあったホラー監督ジョン・カーペンターが語るウェス・クレイブン。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぶたくんとお友達
    4.4
    ポスターのキャッチコピーが "気絶しないために、これは映画だ、映画に過ぎないんだ、と繰り返してください"とあるがはっきりいって気絶するようなシーンはありません。 ①ませた17歳のマリーはブラもつけずに友達と2人でライブに向かう。興味本位でヤクを買おうと男に声かけたが最後。監禁される。 ②監禁され車から降ろされるとそこは偶然にも自宅の真ん前、いたぶられ、友達とのレズプレイを強要されるも、友達が囮となり脱走。おっ、これ頑張れば家までたどりつけるじゃん!と思ったのも束の間直ぐに捕まり、レイプされ殺される。この殺害シーンが史上最もリアルな殺人場面と呼ばれています。(キャッチコピーの"気絶"とはこのシーンをさしているのか?いや、でも最近のキツイAVならこれ位朝飯前では?) ③身体を洗って着替え、脱獄犯達はパンクした車を修理してもらおうと近くの家を訪ねる。 はい、ここがマリーの家だったんですね。(おっとこの展開何処かで、、、あの時計じかけのオレンジと似ているな。これは偶然なのか?) 行方不明のマリーはこの男たちに殺されたんだ!気付いた夫婦の反撃が始まる。特に気に入ったのは色仕掛けで外へ男の1人を連れ出した奥さんがフェラとみせかけ噛みちぎってしまうところ。レイプ魔に然るべき制裁とはまさにこれ! (それかロボコップの股間撃ち) ここまで凄惨な映画が何故公開されたのか、それはベトナム戦争に由来があるらしく、それ以前の映画の殺害シーンは間接的ではっきりと描かれたことが少なく、ベトナム戦争の映像に感化された監督のウェスクレイヴンがリアルで真に迫った映画にしたいと志し、この映画が生まれたようです。 しかし、デビュー作でもあり、映画のノウハウが培われていない当時のウェスの作り方ははっきりいって杜撰で、 音楽の挿し方が適当で汚いとか。 レンズについているゴミが気になるとか。問題点も多いです。 が、ストーリーにそれなりのクオリティ、面白さ、があるので何とか映画としてのルックは保たれていると思います。 絵に描いたような役立たず警官2人組が1番死んでほしいほど苛々させられる やっぱり前半が凄い胸糞悪い 社会的地位もあり、娘想いの仲睦まじい夫婦が"復讐"という人道の外へと踏み外したことで凶悪な殺人犯と同等、もしくはそれ以上の凶行にはしる、とこの映画が最も伝えたい。この為につくられたのだと主張している。 救いようのないこの世の地獄をみせられたそんな残酷で悲惨なこの映画、一言でまとめるなら、 『スカッとジャパンという番組が本来在るべき姿とテーマを持った映画』です。 軽快なカントリー仕立てのエンディングはもはや狂気を越えた爽やかさを感じました。
  • yaano
    -
    記録
  • シンヤサイトー
    3.5
    グロ描写は少なめ。 悪役の存在感よし。 BGMのミスマッチひどい。
  • まなってぃ
    3.7
    よかった。 この映画で初めてチェーンソーが武器として使われたんだそうな。
  • あんそにーふぁろん
    3.5
    初見時中坊だったので、鬼畜のような展開は強烈なインパクトがあった。このような映画に当たるから、昔は深夜枠で映画を見る有り難みがあったなぁ。
  • tmadd
    4.7
    カルトクラシック! BGMのチョイス狂いすぎ。
  • 299
    3.8
    記録
  • 324
    4.3
    確かに「『処女の泉』じゃん!」と思って調べたら、『処女の泉』だった。見事に中身はないけど、泉へ入水する瞬間、時が止まる。そこだけは抜群に良い。
  • ゆっきー
    4.5
    クッソ面白い。 ベルイマンの『処女の泉』ごときで喜んでいる暇があったら、こっち見ろ! おっぱい丸出し美女がキチガイどもにレイプされぶち殺され、そいつらが、美女の家に間違えて泊まっちゃうもんだからさぁ大変!ご両親の復讐劇がはじまるよーーーって感じよ。 もう、家の中にホームアローン張りのトラップしかけるわ、奥さんが犯人を誘惑してチンコ噛み切るわ、チェンソーで刻むわ最高ですよ。 そして最高の森映画でもある。美女(17歳、おっぱい見れます)が撃ち殺され、川に沈んでいくシーンは、なんか反吐が出つつも神々しいという異様なエモーションが湧いてく! 音楽の使い方もヤヴァくて、美女二人が腹パンされてトランクに詰め込まれるシーンで、すげー明るい軽快なカントリー調のBGMって狂ってるわ。
  • はじめ
    -
    記録
  • 透明人間
    4.0
    邦題が格好良いのと、オープニングがすごく良い。 けどめちゃくちゃに胸糞悪い映画だった。 理不尽で残虐な暴力。そしてその報復としての暴力。 画質の荒さが、この映画で描かれる暴力とマッチしている。 残虐なシーンで、カントリー調の軽快な音楽がかかるあたり、かなり狂ってる。役に立たない警官たちが、コメディタッチで描かれるのもなんだか恐ろしい。 誘拐した女性の胸に、ナイフで自分の名前を書くシーンはほんとにきつかった。 トラウマになり得る、残酷な暴力映画。 そして、チェーンソーはやっぱり強い。 レイプリベンジバイオレンスという世にも恐ろしいジャンルが存在することを知った。
  • シュウ
    3.0
    記録
  • MYK
    3.1
    記録
  • ninjiro
    2.8
    【パッケージを開封せよ】 これ好きだ!とか、これ観たい!と勢い買ってはみたものの、買った時点で満足してしまって棚に並べて幾年月、というDVDやBlu-rayは多い。 しかし後生大事に取っておいたところで、明日をも知れぬ我が身、いずれは新品同様のまま他人の手によりブックオフへ、という運命。 そんな作品達のパッケージにかけられたビニール包装を自ら剥ぎ取り、気が進む進まぬに関わらず一応一度は観ておこうという勝手な誓いのもと、観たという事実を粛々と、簡単に記録します。 本作は、何で買ったのか自分でもよくわからない。 ただ、幾つかの意味で後のホラー映画に繋がる源流のような作品であり、そんな歴史的価値にのみ意義を感じたのだろう。 監督・脚本に昨年亡くなられたホラーの名匠、ウェス・クレイヴン、制作に「13日の金曜日」シリーズの産みの親、ショーン・S・カニンガム。 クレイヴンは本作がデビューとなるのだが、後の「エルム街の悪夢」や「スクリーム」などの作品に見られるような言ってみればウェルメイドな作風の欠片をここに見付けるのは難しい。 ただただ荒削りで、陰鬱・不快な作品である。 物語は大きく二つのパートに分かれる。 一つに、脱獄した凶悪犯達が若い二人の女の子を監禁し、ジワジワと痛めつけながらレイプし、殺害するまで。 二つに、どうしたことか、たまたま彼女らを殺した場所が彼女らのうちの一人の家の目と鼻の先だったことから、それを知らずにのうのうと一宿一飯を請うた犯人達が父母達にリベンジされる、というもの。 ベルイマンの「処女の泉」を下敷きとしているというが、それを聞き知ることにより、そこに尚更に病的な痕跡を見る。何故なら、本作はただその名作のプロットの暴力的な部分だけを抜き出して思うままに増幅し、結果誰にも何の救いも残さないという清々しい鬼畜ぶりが展開されているからだ。 ベルイマン?神?知ったことか!という凛々しい反骨と取るべきか、ただの若気の至りと取るべきか。 全編を覆うチープにして各シーンに全く噛み合わないBGMも気味の悪い異様さを増幅させる。 また本作の資料的価値としては、70年代に濫発された「レイプリベンジ」もの(正確には、凌辱された本人によるリベンジではない点をもって「狼よさらば」シリーズの系譜としても良いと思うが)の先駆けと言われる点、「悪魔のいけにえ」に先駆けてチェーンソーを殺人ツールとして史上初めて使用した点、ハーシェル・ゴードン・ルイスを起点とするエクスプロイテーションの枝葉の一つであったスプラッターの萌芽を後のブームに繋ぐ架け橋となった点等が挙げられるだろうか。 「簡単に」との前置きがあったにも関わらず、書いてみたらなんだかんだと長くなってしまったが、今日的な目で見ればスプラッターとしては致命的にエフェクトがお粗末であり、倫理的な破綻具合も物足りない。 結果、あんまり好きな映画ではない、ということが確認できた。
  • DiNOboi
    4.9
    人間の恐ろしさは時に美しくなるのかもしれない。新鮮な体験をさせて頂きました。
  • MAAI
    4.0
    コメディな部分と悲惨な部分が絶妙にマッチしてる。主人公のマリーが殺されるショットがなんとも格好良く素敵
  • はんぺん
    -
    残虐すぎる犯罪のBGMは何とも軽快な音楽。 食人族に通ずるような狂気を感じた。 おそらくそれを狙ってのものだろうから褒め言葉にもなるのかもしれないが、演出がこの上なく悪趣味だ。 そして警察の無能さにもイライラした。 殺人とその代償。 それは今の私にはまだ到底受け止めきれるものではなく、思わず目を逸らしてしまった部分もたくさんあった。 恨みの感情を育てても誰も幸せにはならない。分かってはいても、マリーの両親にこうする以外の道はなかったのだろうと思う。 世の中ほんと理不尽だな......
  • abdm
    4.0
    若者4人に強姦され蔑まされ挙句に惨殺されてしまった一人娘の両親がそれ以上の残虐な行為で復讐を果たす、胸糞悪いがどこか爽快感がある、過激なバイオレンスを無理矢理肯定したような暴力映画の傑作。 予算のためか少々荒い演出があるが十分に伝わる怖さ、胸糞悪さ、ストレス。 全映画共通で泣きながら懇願する弱者を嘲笑うかのように、というか嘲笑いながらあしらう圧倒的強者という構図が物凄い怖くて大嫌い。 映画で観る分には大好き。
  • こんちゃん
    4.3
    胸糞です(誉め言葉) 邦題のセンス。
  • ケロケロみん
    4.0
    元ネタがたしかベルイマンの「処女の泉」だったとおもう。 文句なしの爽快感。ネチネチしたヘス様がたまらない。
  • たかし
    -
    誰にでも暴力的な一面がある そしてそれをおちょくっているかの様な音楽、後味は悪いけど忘れられ無い作品
  • tammy
    2.8
    うむ…
  • コイズミ
    4.5
    内容的にもかなりハードな映画ではあるんだけど所々で挟まるダメ警官のオフビートな笑いもあったりで個人的に後味はあまり悪くなく結構笑って楽しく観れた まずアバンタイトルが素晴らしい そしてチェーンソーはやっぱり最強の武器だと改めて実感した まさに鮮血の美学
  • ニックネーム
    3.6
    映像と音楽、間に挟まれるほのぼのとした警察官の会話、水と油をかき混ぜて交わらないままにパッケージングしたような作品で間が抜けていて面白い。作家の捻くれた性分が存分に露呈されている。 小石につまずいた感じで人を殺していくので後味も◎。
  • おにぎ
    3.0
    冷静に復讐するところがリアルっぽくて良いです 人を殺したいときに半狂乱なったり高笑いするひとっているのかなあ実際 いたらごめんなさい
  • テレザ
    3.8
    明るいB級悪趣味映画だ〜 胸糞悪い陵辱シーンに被せられる明るいフュージョン?ロック?が趣深い。普通に考えればマッチングしないその能天気でイケてる音楽は「頭のおかしい」殺人狂が生きている世の摂理を表現したかのよう。彼らの頭には音楽が鳴り響いている。 愉快な陵辱、明るい殺し! そして奴等を懲らしめる人たちも、どこか愉快にしっぺ返しを遂行するほかない。 ジョン・ウォーターズの「ピンクフラミンゴ」を彷彿させる悪趣味ハッピー映画でした。 なんと同じ年(1972)につくられていた!
  • puppetman
    2.5
    後の「発情アニマル/悪魔のえじき」とかと同系統の “レイプしたら壮絶に復讐されました” …というどうしようもない物語。 デヴィッド・ヘスはレイパー役がよく似合うなぁ。 …ほいでまた、容姿や内容とは裏腹に彼の歌う牧歌的な曲の数々がまたいい曲なんだなぁ。 相性が悪いのか、個人的にはウェス・クレイヴン作品で「面白い!」と思った作品がない小生ですが、やっぱり本作も面白いとは思えません。 でも、なんだかんだで3回くらい観てるなぁ。
  • YuukiImazu
    3.7
    「平和の世代だと言うのに、何で血と暴力の時代になったんだ。」、的な台詞にあるように、70年代当時の混沌とした世相を内包した、若い女性がならず者に蹂躙される惨たらしい物語。 詩的な自然美と繊細で切なく響く音楽が作り出す幻想的な雰囲気が美しい。けれど、暴力は極めて残酷や。無慈悲な内容の割に警官2人組みのやり取りが、えらくほのぼのとした演出だったり、銃口を女の子達に向けながら物悲しい表情を浮かべる人間のクズ共にしろ、一貫性の無さに複雑な感情を覚える。なんとも得体の知れない作品やな。 最後の最後まで救いがない、後味の悪さがこれまた最高で、邦題のセンスも素晴らしい。
  • 渡邊雅紀
    4.1
    不快(褒め言葉) 娘の復讐のためならオチンチンも喰いちぎる肝っ玉母ちゃん 警官二人組みのエピソードはコメディ演出がされているけれど、意図したかは分からないがこれまた本当に不快。お前ら仕事しろ 全体的にスッとぼけたトーンなのがイヤだねー
  • Kino
    4.0
    『処女の泉』ベースのクレイヴン傑作 アイスピットといいレイプものには正直きついところあるけどこれは何度観ても歴史に刻まれた一作だと感じる 理由は明確にならないけどとても好き
「鮮血の美学」
のレビュー(191件)