『増山超能力師事務所』役になりきった4か月、バラエティでよくしゃべる田中直樹に浅香航大は「めちゃくちゃ違和感(笑)」【インタビュー】

2018.03.31
映画

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

2017年にytv系列で放送されたドラマ「増山超能力師事務所」は、超能力というSF的要素がリアリティとうまく融合し、独特な世界観に中毒者が続出した。そして、この春、劇場版……いや、“激情版”で帰ってくる……!

増山超能力師事務所

映画『増山超能力師事務所 〜激情版は恋の味〜』は、田中直樹演じる増山圭太郎の部下・高原篤志(浅香航大)が、お弁当屋の女子にほのかな想いを寄せる恋心を軸に展開され、ほろ苦い要素がふんだんに詰まった作品に仕上がっている。とはいえ、超能力で人助けをするというベースは変わらず、ドラマシリーズのファンはもちろん、初心者でも安心して楽しめる親切設計だ。

主演の田中&物語のカギを握る浅香に、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」にてインタビューを敢行。こだわりが詰まったキャラクター愛や、互いの印象、超能力について……ノンストップで語ってもらった。

増山超能力師事務所

――現場は気心が知れたというか、和気あいあいとした感じだったんでしょうか?

田中:そうだと思います。ドラマ版で12話やったんですけど、そもそも12話まであるってことが、今のクールの中ではなかなかないですよね。必然的に皆で会う機会も増えますし、本作もあったので……どれくらいの期間かな?

浅香:4か月ですよ。

田中:そう、4か月一緒だったもんね。まして、事務所で撮影するシーンが多かったので、本当に回を重ねるごとにチームワークができていったような印象でした。

――浅香さんは4か月ご一緒された田中さんの存在を、どう感じていましたか?

浅香:田中さんが不在のときに、不安で寂しくなってしまう、ぐらいの……。

田中:嘘でしょ? 聞いたことなかったよ(笑)。そんな素振り、一切感じんかったけどなあ~。取材で嘘はあかんからね?

浅香:いえ、もちろん本当ですよ(笑)! 田中さんがいらっしゃると、現場も和やかになりますし、引き締まるところもあるんです。やっぱり頼れる存在でした。ご飯とかにも連れて行っていただいて、皆で焼肉に行ったりして楽しかった……。失礼にあたるかもしれないですけど、すごく接しやすくて、友達に近いくらいの距離感でいてくださって、本当に優しさがにじみ出ている方です。

田中:あ、ありがとう(笑)。

増山超能力師事務所

――となると、お二方にとって『激情版』のお話はうれしかった?

田中:そうですね。まだ皆と一緒にいられる、というのがあって。本当にずーっとこのメンバーと一緒にいたいと思うぐらい素敵な方ばかりなので、お話はうれしかったですね。

――本作ではとうとう、と言いますか、浅香さん演じる高原篤志がメインです。

田中:篤志は、6年かかって、やっと二級(超能力師)の免許を取れて、でも、まだやることが上手くいかない男だったと思うんです。でも、その篤志が、ひとつ恋をすることによって、どんどん成長していくんですよね。ちょっとおっちょこちょいで、のんびりしていた篤志とは違う篤志が、この映画では観られます。男としても成長しているから……ちょっと僕、泣きましたからね。カッと胸が熱くなるものがあったので。

浅香:本当ですか? ありがとうございます。ドラマをこれだけやってこれたおかげで、役が動き出している感覚がすごくあったので、スッと入れました。ドラマ版とは違った篤志の部分が非常に濃かったので、やっていてすごく新鮮でしたし。

――浅香さんの篤志は、そもそも意外な配役でした。これまでシリアスなキャラクターが多かったイメージでしたが、振り切れた役もすごくお似合いになる。とても楽しんで演じていたんでしょうか?

浅香:ありがとうございます。僕もこの役を、すごく気に入っているんです。お芝居をしていても、何をやっても皆さんが受け止めてくださって。だから、「こうしてみよう」という発想がすごく浮かんできたような素敵な役でした。4か月間、篤志をやっていると、ふと「自分が篤志みたいに普段から振る舞えたら、どんなにいいだろう」という感覚になったりもしていて。

増山超能力師事務所

――篤志の真っ直ぐな気持ちは、男性としてわかりますか?

浅香:「真っ直ぐ生きる男っていいよな」「そう映ればいいな」と思って役作りをしてきたので、そう見えたことがまずうれしいですし、篤志のように生きられたらいいなと思う気持ちもあって。

田中:ストレートなのは、やっぱりいいですよね。篤志は分かりやすくて、真っ直ぐで、いい意味で馬鹿なのは男からみても可愛いし、そうありたいなとは思いますね。格好悪くても、自分を飾るよりもストレートに生きているほうがいいと思う部分はあります。

浅香:わかります。……僕からすると、増山所長はめちゃめちゃ格好良かったですけどね。

――「仕事人」という感じですよね。

田中:能力が本当に高かったのでね(笑)。すごくスマートに、サラッと、レベルの高いところで仕事がやれる人でしたよね、増山さんは。

――田中さん自身も同じですかね?

田中:全然違いますよ(笑)。すごい難しかったんですから、僕。いっつもバタバタしている役だったので(笑)、この役をいただいたとき、落ち着いて、いろいろなことに対処して、仕事もできて、モテて、という増山のような役をやったことがなかったので、すごく難しかったです。増山は一級の能力師なので、先々の展開も実は読めていたりするんですよね。だから、何が起こっても自分の中では想定内のことが多いので、感情をどんどん出していくこととは逆の作業になるんです。そこでの伝え方が難しいな、と思っていました。グッと自分の気持ちを押し殺して、その中で、物語をコントロールしていく感じと言いますか。

――役者の浅香さんからご覧になって、芸人さんならではの表現の幅の豊かさみたいなものを、田中さんから感じたりされたんでしょうか?

浅香:僕は今回、初めてご一緒させていただいたんです。だからなのか、田中さんには無口で、寡黙で……という増山さんのイメージのほうが強かったんです。けど、取材やバラエティ番組で一緒に出させていただいたとき、田中さんがすっごいしゃべられて。めちゃくちゃ違和感で。

田中:言ってたね(笑)!

浅香:「まあ、そうだよな」とは思いつつ(笑)。裏を返せば、それぐらい役として現場にはいらっしゃるんだな、と感じました。舞台挨拶もそうですけど、表に出たり、バラエティ番組に出られるときとかは、ガッとテンションが上がるじゃないですか。芸人さんは急にスイッチを入れられるので、あれって、どうしているんですか?

――浅香さんから質問がきました(笑)。

田中:おお……。しゃべる順番とかも、ほら、バラエティは決まっていないから……、そこを探っているんだと思うの。お芝居をやると、やっぱり皆でかけあって、自分の台詞をしゃべればいいけど、バラエティはそうじゃないからさ。だから、「どこでいこうか」っていうのをずっと探っているから、「ガッていかなきゃ」いけない状況なのかもしれないです。たぶん。特別に意識をしているわけじゃないんですけど、きっとそういうふうになっているんだろうなあ、と思います。答えになっているかな(笑)?

増山超能力師事務所

――劇中では様々な超能力が出てきますよね。人の心が見えてしまう能力に関しては、どのように思われましたか?

田中:うわ~。僕は怖いな。その能力はちょっと踏み込めないというか、ほしいと思えないかも。読めちゃうと、いろいろなことがガチガチになっちゃいそうで。いいことだけが聞こえてくる、みたいな、都合のいい能力がいいですね。

浅香:見えちゃうと、友達も減りそうじゃないですか? 「あいつといたら、全部読まれんだろ」って思われたら。だって、もし今の気持ちを全部読まれていると思ったら、僕、取材、嫌ですもん。

――(笑)。

田中:そうだよね(笑)。そら、そうやわな! 自分が言っていることを、そうだよね。

浅香:「読まれてんだな」と思ったら(笑)。

――逆に、「ここは読んでよ」と思うときはありますか?

田中:例えば、あくまでも僕のイメージですけど、吉本の話なんですけど……。他の事務所の方のところに台本が届いた次の日に、僕の手元に台本が届くことが多いような(笑)。「あれ? もう皆届いているのに、何で俺のとこ届いていないんやろ?」みたいなことがあるんですよ。

浅香:(笑)。

田中:吉本内の話なんですけどね。なので、例えば台詞を間違ったとしても、皆より到着が1~2日遅れているんだってことを理解していただけると……。浅香くん、ある?

浅香:台本はないですけど(笑)、「分かってほしいなあ」「読んでよ」というのは、うーん……主に女性関係であります。

――聞いて大丈夫そうでしょうか?

浅香:全然(笑)! 女性に限らず男性もですけど、僕、別に、本当に悪気はなくて。「ただ、こうなっちゃっているだけなんだよ」ということが結構あるんです。悪気はないことだけはわかってほしいです(笑)。(インタビュー・文:赤山恭子、写真:市川沙希)

映画『増山超能力師事務所 〜激情版は恋の味〜』は3月31日(土)よりシネ・リーブル池袋、大阪ステーションシティシネマほか全国順次ロードショー。

増山超能力師事務所
(C)増山超能力師事務所~激情版は恋の味~」製作委員会

【あわせて読みたい】
『おまグン』間宮祥太郎、「監督との打ち合わせの9割は変顔の話だった」【沖縄国際映画祭】
GACKT、ふたりの巨匠・浜野安宏&加納典明を「思い込みが激しい人」【沖縄国際映画祭】
衝撃の自虐作『おまえはまだグンマを知らない』間宮祥太朗×吉村界人、「股間を出して何やってるんだろう…」【インタビュー】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • りお
    1.5
    ドラマ版は鑑賞済み。原作は未読。 何となく観ていたからか映画化の情報は知らず、公開されてから知りました。 予告編見掛けなかったしそんなに宣伝するお金もなかったんでしょうね。 この枠(木曜深夜)のドラマはほどよいB級感が心地よく、隠れた名作も多い為毎クール視聴していますが、正直映画化には驚きました。 深夜のノリで観るとそこそこおもしろいのですが、劇場版になると途端につまらなくなる。 登場人物の紹介も雑だしドラマ観てなかった人や原作を知らない人に不親切な内容に思えました。 そもそもドラマ終了から劇場版公開までの間が空きすぎ。 ストーリー若干忘れかけてましたよ笑 また、登場人物の出番の偏りがすぎるなと。 中井(柄本時生)の出番少なすぎやろ。 篤志(浅香航大)ばかりじゃなくもっと悦子(中村ゆり)や明美ちゃん(ルウト)を出しなさいよ! ドラマ版は何だかんだ毎回全キャラクターに見せ場があったのに、劇場版はあまりにも篤志目線に片寄りすぎてて正直期待外れ。 エピソードもドラマ版に比べると弱い。 久しぶりにガッカリした劇場版でした。 この内容ならスペシャルドラマで十分。 増山(田中直樹)のエピソードに全く触れられていないのも気になった。 ドラマ版のラストの緊張感は何だったんだ。 もしかしてドラマ版二期の制作あるのかな?
  • つーちゃん
    3.3
    めちゃめちゃ安心して観れた! とりあえず恋の味でした😆 から揚げ食べたい!!
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
    3.4
    超能力が免許制度になった世界で、探偵事務所的な仕事をする能力者たちの物語。 TV版を観てなくても特に無問題。 代議士のドラ息子の誘拐事件を追うココリコ田中の所長と、能力を失った浅香航大の恋物語、二つのプロットが同時進行する。 実は浅香航大の恋の相手には秘密があって、一見関係ない二つの話は急速に収束する。 終盤の展開はそれぞれの葛藤に折り合いをつけ、お約束ではあるが、きちんと成長物語になっていて結構好き。 ただ、せっかくの激情版なんだから、他の所員にもそれぞれのスキルを生かした見せ場が欲しかったな。
  • にっきい
    2.5
    勤務中に弁当買いに行くのはサボり(笑) この作品は全然ノーマーク、と言うか、劇場のスケジュール見るまで知りませんでした(笑) で調べたら軽ーくSFコメディみたいだったので、観ようかなぁと(笑) 超能力で事件を解決する探偵ぽい人達の話し。 つまんなくはないんですよ、ただね、無駄なシーンが多過ぎる。 誘拐事件とラブストーリー同時に進行するのはいいけど、途中からラブストーリーがメインになって話し全然進まないやん! TVドラマ版のは知らんけど、別に深い設定あるわけやないし、激情(劇場)版単体でも楽しめると思うのに、肝心の超能力使った話しはちびっとで、いちゃいちゃがとまりません!(笑) おかげて、だれが主役かもぼやけちゃってます。 せっかく激情(劇場)版なんだし、もっと派手にやればいいのに、所詮TVドラマ程度の内容を85分もダラダラ観せられてもねぇ…。 最後の最後、「ごちそうさま」のシーンは必要やったのか? 劇場内の空調が暑いのと、寝不足とで途中からめちゃくちゃ体調悪くなってきたんですが、ガラガラの館内なのに何故か隣におっさんが座ってる。 しかも僕が席間違ってるかのように何度もこちら見る。 いやいや、僕が朝一席予約した時は両隣空いてましたよ?(笑) って、今作次の回で舞台挨拶あるのに、わざわざこの回観る人達って(笑) 僕はこの後の予定でこの回しか無理だったんだけど…。
  • ふぁみりあ
    3.5
    もともとドラマ見ていたからかどうかわからないけど、とっても面白かったよ!でも、昔の事柄がわかっていないとわかりづらいところあるかもしれない。 何が良いかと言うと、本当にありそうなストーリーにちょっと非現実な少し憧れがある超能力というものを絡めているので展開が読めないのに自然っていうダブルでいいことづくし!あとキャストも!いつもどうしてこんなにいいキャストを選んで来れるのかこんなにもフィットしていてキャスティングさんに感謝を伝えたい。 でも、やっぱりドラマのスピンオフ感が半端なくて特に映画館でみる必要性があったかと言われると少し疑問に思ってしまう。映画特有の深さは特になし余韻も少ないからこの評価です。 ドラマ見てからこれ見て欲しい!絶対に楽しめる!
「増山超能力師事務所 ~激情版は恋の味~」
のレビュー(16件)