<4コマでざっくり紹介>乙女心てんこ盛り映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

2018.04.04
映画

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

パシフィック・リム』で巨大ロボットと怪獣のプロレスを、ハリウッド映画でガチにやって全世界の「少年の心を持つ」層を大歓喜させたギレルモ・デル・トロ監督作品の最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』。今作では「人間と半魚人との禁じられた恋」という「乙女の心を持つ」層のハートを直撃です、さすがです。

大アマゾンの半魚人』の半魚人を幸せにしたくて作った作品ということで、ギレルモ監督の半魚人(不思議な生き物)への暖かい眼差しが全編に渡って感じられます。

そんなロマンティックな『シェイプ・オブ・ウォーター』をまだ観ていない方のために、大雑把ですがあらすじを4コマで描いてみました。

シェイプオブウォーター

いかがでしょう。劇中では「不思議な生き物」とイライザとの交流が丁寧に描かれていて「半魚人て見た目怖いしヌメっとしてそうだし、恋愛対象としてはちょっとなー」と思われてる方も、観たあとは「ちょっと卵茹でてくるわ」と言うこと請け合いです。『シェイプ・オブ・ウォーター』、現在大ヒット上映中なのでぜひご覧ください!

【あわせて読みたい】
※ 最高の名誉「アカデミー賞」&キャリアの汚点「ラジー賞」ノミネート作品一挙発表!
※ アカデミー賞最有力候補!ギレルモ・デル・トロ監督のおすすめ作品を紹介【日本から受けた影響・人物とは?】
※ これを観ずして映画は語れない?鬼才ギレルモ・デル・トロの魅惑の世界を徹底解剖!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kuma
    -
    世界観。
  • YUKI
    4.0
    完全にファンタジーの世界。異型のモノとの恋は完全に感情移入出来る訳じゃない所がいいのかもしれない。造形の美、色彩、映像、そして主人公イライザが完璧な美人じゃない事、スロースピードの展開、これらが合わさって美しかった。見る前は絶対好きじゃないと思っていたのにな。あのバスルームが魅力的に見えた。
  • AyaSakakibara
    4.3
    ファンタジー好きの私にはグッときた作品。作中の小さなモチーフに、これって…とか、もしかして…と想像力を書き立てられながら、まるで自分もずっと深い青の水の中をフワフワしている気持ちになる。
  • あーちゃん0508
    -
    レンタル
  • tag
    4.2
    すごく色彩がキレイな映画という印象。 異生物と人間の愛の物語。 異生物がなにを伝えたいのかが言葉じゃなくても伝わってくる不思議さもあった。 ラストも鑑賞後にそこからどうなるか、愛とは、みたいな語り合いもできるぐらいに謎めいていてそこもよかったと思う。
「シェイプ・オブ・ウォーター」
のレビュー(43654件)