<4コマでざっくり紹介>乙女心てんこ盛り映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

パシフィック・リム』で巨大ロボットと怪獣のプロレスを、ハリウッド映画でガチにやって全世界の「少年の心を持つ」層を大歓喜させたギレルモ・デル・トロ監督作品の最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』。今作では「人間と半魚人との禁じられた恋」という「乙女の心を持つ」層のハートを直撃です、さすがです。

大アマゾンの半魚人』の半魚人を幸せにしたくて作った作品ということで、ギレルモ監督の半魚人(不思議な生き物)への暖かい眼差しが全編に渡って感じられます。

そんなロマンティックな『シェイプ・オブ・ウォーター』をまだ観ていない方のために、大雑把ですがあらすじを4コマで描いてみました。

シェイプオブウォーター

いかがでしょう。劇中では「不思議な生き物」とイライザとの交流が丁寧に描かれていて「半魚人て見た目怖いしヌメっとしてそうだし、恋愛対象としてはちょっとなー」と思われてる方も、観たあとは「ちょっと卵茹でてくるわ」と言うこと請け合いです。『シェイプ・オブ・ウォーター』、現在大ヒット上映中なのでぜひご覧ください!

【あわせて読みたい】
※ 最高の名誉「アカデミー賞」&キャリアの汚点「ラジー賞」ノミネート作品一挙発表!
※ アカデミー賞最有力候補!ギレルモ・デル・トロ監督のおすすめ作品を紹介【日本から受けた影響・人物とは?】
※ これを観ずして映画は語れない?鬼才ギレルモ・デル・トロの魅惑の世界を徹底解剖!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • joze
    2.9
    『パンズラビリンス』で 自分の中で最低点を叩き出した 因縁のギレルモ監督作品 怖いもの見たさに手を出してしまった ほぉーら、やっぱりね もう、 グロダーク歴史的政治的暴力的ちょっぴり ファンタジーとでも名付けよう ホントこの世界観好きよなー監督 ブレてない 相変わらずなところは多々あるが、 主演女優サラ・ホーキンスの演技は素晴らしいものがあった。相手が誰だろうとかまわない、後先なんて考えない、躊躇なく愛へと走る姿は、見ていて綺麗だったなぁ 悔しいけど、ラストも秀逸 その先なんて、誰にもわからない
  • おくなこ
    3.0
    わたし的には、よくわからへん生物に恋するってゆうのがへんな感じでした
  • ゴンちゃん
    4.5
    「あなたには 決して分からない どれほど深く 私が想っているか」 半魚人との恋愛の物語って、、、 アホらし!が半分、 ちょっと興味があるよね〜が半分。 f^_^; 題名の通り、 水のシーンが多い。 印象的なのは、 イライザが出勤する際に乗るバスの車窓についた水滴が落ちていくシーンかな? まあ、水のカタチ、 そして、愛のカタチって感じでしょうかね〜? あと、 オクタヴィア・スペンサーさんは相変わらずイイ味出していますね❣️
  • おっぱい
    2.5
    最後びっくりだお
  • 5.0
    手話を用いてる点がとてもツボ。彼女が必死に彼への熱い思いを伝えてるあのシーンが忘れられない。
「シェイプ・オブ・ウォーター」
のレビュー(71286件)