【カンヌ映画祭パルム・ドール受賞!】映画『万引き家族』あらすじ・キャスト情報・予告編

2018.05.09
映画

トラウマ映画は「鳥」だけど焼き鳥大好き

taco

是枝裕和監督の長編14作目となる待望の新作『万引き家族​がリリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優樹木希林など豪華キャストを迎えて劇場公開される。犯罪でしかつながれなかった家族たちの “許されない絆”。人と人との関係が希薄な今の時代に、真の“つながり”とは何かを問う、心揺さぶる衝撃作だ。第71回カンヌ国際映画祭では、最高賞にあたるパルム・ドールを受賞した。

万引き家族

映画『万引き家族』あらすじ

万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)の夫婦、息子の祥太(城桧吏じょう・かいり)、信代の妹の亜紀(松岡茉優)の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母・初枝(樹木希林
)の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子・ゆり(佐々木みゆ)を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく……。

映画『万引き家族』キャスト

万引き家族

父・治役には『そして父になる』(13)で庶民的な父親を好演したリリー・フランキー。祖母・初枝役には『歩いても歩いても』(07)をはじめ、是枝作品の“家族”に欠かせない樹木希林。また、是枝作品に初参加となる安藤サクラが妻・信代役を、松岡茉優がその妹・亜紀役を演じる。実力派俳優が揃う中、オーディションで抜擢されたという2人の子役、息子・祥太役の城桧吏とゆり役・佐々木みゆの瑞々しい演技にも注目したい。

万引き家族

万引き家族

そして松岡茉優が働くJK見学店の常連客・4番さん役で、是枝組2度目となる池松壮亮。主人公一家の“仕事”を捜査する刑事役で、いずれも是枝組初参加の高良健吾池脇千鶴。一家の子供たちを見守る駄菓子屋の店主役に、柄本明。その他に、緒形直人森口瑤子らベテラン俳優陣に加え、若手俳優の中でもその実力が注目されている山田裕貴片山萌美など豪華俳優陣が集結した。

また、是枝監督とは初タッグとなる細野晴臣が本作の音楽を手掛ける。

池松壮亮コメント

とても嬉しく思いました。是枝監督には、何度でも作品作りに関わりたいと思わせてくれる作家性と力と人柄とユーモアがあります。非常に短い時間で名前もない言葉も発しないという役でしたが、いつまでもこのままいれたらと思ってしまうような豊かな時間をいただきました。是枝組はいつでも高尚な映画作りをされていて、とても安心します。

高良健吾コメント

この仕事を始めた頃から憧れてきた監督なので。いつかご一緒したいと思い俳優を続けてきたので、目標が叶い嬉しかったです。これが是枝組かという演出を経験でき、興奮しました。現場に入ると必ずある緊張感ともいい距離感で接する事ができたのは、是枝組の雰囲気のおかげだと思います。是枝組の子役の子達と芝居ができたのも自分の力を試されてる気がして、参加日数は少なかったのですが貴重な経験でした。

池脇千鶴コメント

以前から存じ上げている監督でしたので「あ、やっと会えるんだ」という喜びがわいてきました。監督は、現場で台詞を追加して、その台詞を他の俳優さんがアドリブで答えるという生の反応を欲しがる方なんだなと思いました。そしてそれをとても楽しんでやられていて、どう転んでも正解ということも分かった上で、すごく絶妙な質問を書かれたり、生きたお芝居を、各々が持っている感性を引き出されるのかなと思いました。現場の雰囲気は、監督が穏やかな方だから、空気としては穏やかな空気でした。監督と何度もご一緒している方々をはじめとして、どんな演出にも答えていける、対応できるような現場でしたね。

映画『万引き家族』監督

前作『三度目の殺人』(17)が日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか数々の賞で称えられ、国際的に高い評価を受ける是枝裕和監督。実際の子供置き去り事件を元に、過酷な状況下で生きる子供の姿を通して家族や社会の在り方を問いかけた誰も知らない』(04)、新生児取り違えという出来事に遭遇し、父としての葛藤と家族の絆を描いたそして父になる』(13)、湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の日常を切り取った吉田秋生原作の海街diary』(15)など、これまで様々な“家族のかたち”を描き続けてきた。そして本作『万引き家族』は、是枝裕和監督がこの10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身作。

是枝裕和監督コメント

この映画の企画がスタートした一年前から、僕の中でいろんなタイトルが浮かんでは消え、結局最初に付けたタイトルに戻りました。実は、万引きする人たちのお話であると同時に、万引きされた人たちの物語でもあるという二重の意味を込めたタイトルなのですが、そこは出来上がった映画を観て頂くとご理解頂けるのではないか、と思っています。

映画『万引き家族』特報

映画『万引き家族』作品情報

万引き家族

​2018年6月8日(金)公開
配給:ギャガ
公式サイト:http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/
(C)2018『万引き家族』製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Sho1004
    4.2
    例えば、駆け落ち。 彼らは許されぬ恋を実らせるために逃げまわる。 誰から?それは親や現在の二人をとりまく環境から。しかしそれはあくまでも物理的に、の話である。 実際は何から逃げなければならないのか。 彼らが本当に戦う相手は“法律”なのだ。 この国の一国民として生きている限り、我々は法によって守られ、法によって裁かれる。駆け落ちする二人の間にどれだけ愛があっても、法の前では無力で、“誘拐”へと名前を変えてしまう。 それは家族という集合体だとしても同じ。法によって形を定められ、そこを逸脱する集合体は家族として認められない。 たとえ個と個がどれだけ愛し合っていても。 この映画で描かれる家族は歪みきった愛を共有している。共有された愛は結びつきを強くする。しかし、この家族には致命的に秩序が欠落していた。 誰のものでもない個人が集まり、誰のものでもない商品を万引きして生計を立てる。 これは残念ながら幻想だ。 人にも商品にも所有者が存在する。 そこを愛の力だけで乗り切るには、今のこの国で駆け落ちを成功させるほど難しい。 愛には色々な形があって然るべきだが、その愛が本当にその人を幸せにするかは、誰にもわからない。
  • ZAIUS
    5.0
    まずはカンヌがどうとかは置いといて、これはすごい! 是枝監督の演技演出のうまさが光っている。 リリーさんもいつのまにか名俳優になっている。日本のベストな俳優が集結して、今最も凄い日本の監督が撮った名作。 是枝監督が何度も描いている血の繋がり、親子って何かというテーマ。徐々に明らかになっていく登場人物の関係。どうやってこの話は終わるんだろうと思いながら観てたけど、最後に大泣きしちゃった。 納得のパルムドールは「パルプ・フィクション」以来。
  • ayaka
    -
    祝、是枝監督。これは絶対劇場で見なければ。
  • TS
    4.6
    人間本来の幸せって何か 自分の居場所ってどこなのか 多くの問いかけがこの映画から アンビバレントに押し寄せてくる   自分の生活と向き合い 社会全体を見渡すと 自分の知らない幸せ 楽しさがまだまだ多く 満ち溢れている可能性を感じた   血縁のボーダーをとっぱらい まさに、カンヌから世界へ発信され 言葉ではない世界に通じる 最高の作品でした 一足先に鑑賞できて 本当に感謝します
  • ドロロンPA
    -
    また色々にと編集予定。 まだ未鑑賞であります。万引き家族 6月8日 金曜日より 2018年 5月19日〜20日 ロイヤルファミリー👨‍👨‍👧‍👦👨‍👨‍👧‍👦👨‍👨‍👧‍👦に、うつつを抜かし・奪われ・捕らわれ(捉われ)・幽閉がされたが為に、「万引き家族」のパルムドール賞 (受賞)と報道を見た際に...... 何だか ふ〜〜〜〜ん アッッッそうなんだ〜〜〜〜で終わっちゃいましたw ロイヤルファミリーの方が...... 是枝裕和監督様 申し訳ありませんm(._.)m m(_ _)m 全館100以上で公開予定!!!!! ムビチケが何だか可愛いらしい「万引き家族」★★★ムビチケ買うかも...... 恐らくは皆様方々よりよりもあと咲あと咲をするかも.......あと咲でスゴイとなるとは思う....... ロイヤルファミリーに偏りに偏り隔たりちゃってそれカツ6月に左上のサムネ(アイコンを変えようかな????と、思ってたりwww 他の事を考えてたりとしてたが為、「((冷淡))」な思い想いに陥っちゃいました万引き家族 是枝裕和監督 パルムドール受賞 片山萌美 リリー・フランキーさん 高良健吾 樹木希林などなど出演。 GAGA!!!!!! 2018年 (平成30年) 5月21日 月曜日付け
「万引き家族」
のレビュー(100件)