【発表】映画『ラッカは静かに虐殺されている』初日満足度ランキング1位獲得

2018.04.16
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、サービス内のデータに基づき「4月第2週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に高い評価を集めた、最新公開映画7作品がランクインしました。

Filmarks映画初日満足度ランキング(4月第2週)

■7位『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

[★★★☆☆3.53/5点]レビュー数:197件/人気アニメシリーズ「クレヨンしんちゃん」の劇場版26作目。伝説のカンフー「ぷにぷに拳」の修行に励むしんのすけたちカスカベ防衛隊が、街の平和を守るために謎のラーメン打倒に奮闘する“おバカンフー”アクション大作。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~シーン

■6位『パシフィック・リム アップライジング

パシフィック・リム アップライジング

[★★★☆☆3.60/5点]レビュー数:2,962件/SFアクション大作『パシフィック・リム』の続編。進化を遂げて再び出現した超巨大KAIJUと、新世代の若きパイロットが操る巨大ロボット・イェーガーとの戦いを描く。前作を手がけたギレルモ・デル・トロ監督が製作を務める。

パシフィック・リム アップライジングシーン

■5位『女は二度決断する

女は二度決断する

[★★★☆☆3.78/5点]レビュー数:169件/世界三大映画祭を制した名匠ファティ・アキン監督最新作。突然の爆発事件で夫と息子を失った主人公の女性が、憎しみと絶望の中で下す決断を描いたドラマ。主演ダイアン・クルーガーは、本作で2017年のカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。

女は二度決断するシーン

■4位『さよなら、僕のマンハッタン

さよなら、僕のマンハッタン

[★★★☆☆3.78/5点]レビュー数:346件/映画『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』を手がけたマーク・ウェブ監督最新作。サイモン&ガーファンクルの名曲に乗せ、隣人の中年男性や父の愛人との出会いを交えた、NYで暮らす青年の恋愛と成長を描いた青春ヒューマンドラマ。

さよなら、僕のマンハッタンシーン

■3位『心と体と

心と体と

[★★★★☆3.87/5点]レビュー数:119件/食肉処理場で働く若い女と、片手が不自由な上司の男。同じ「鹿の夢」を見たことで結びつく孤独な男女の恋を、幻想的かつリアルなタッチで描いたラブストーリー。2017年ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞をはじめ、4部門を受賞。

心と体とシーン

■2位『名探偵コナン ゼロの執行人

名探偵コナン ゼロの執行人

[★★★★☆3.91/5点]レビュー数:2,448件/青山剛昌原作の人気アニメ「名探偵コナン」劇場版第22作目。巨大サミット会場を狙った大規模爆破事件を発端に、“真実を暴く”コナンと“正義を貫く”警察庁の秘密組織「ゼロ」、ふたつの魂がぶつかり合う極秘任務ミステリー。

名探偵コナン ゼロの執行人シーン

■1位『ラッカは静かに虐殺されている

ラッカは静かに虐殺されている

[★★★★☆4.11/5点]レビュー数:66件/5年間の死亡者47万人、戦後最悪の人道危機と言われるシリア内戦に迫るドキュメンタリー。市民が結成したジャーナリスト集団RBSSは、スマホを武器に街の惨状をSNSで投稿するが、脅威を感じたイスラム国はやがてRBSSメンバーの暗殺計画に乗り出す。

ラッカは静かに虐殺されているシーン01

-----

圧倒的な緊迫感でシリアにおけるメディア戦争を描いたラッカは静かに虐殺されている』が、見事先週の初日満足度1位を獲得。「市民視点の生々しいリアルな映像には背筋が凍る」「とにかく一日も早く平和が戻って欲しい」「知るべき事実」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

邦画では、劇場版第22弾となる『名探偵コナン ゼロの執行人』が第1位という結果に。

以上全7作品、ぜひ映画館で!

ラッカは静かに虐殺されている02

本ランキングは、2018年4月第2週に公開された映画を対象に、公開日から2018年4月16日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※本ランキングは公開日から4月16日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から4月16日までのレビュー数(Mark!数)が30件以上の作品を対象としています。 ※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。 ※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018、(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.、(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH、2017(C(C)INFORG - M&M FILM、(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会、(C)2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

【あわせて読みたい】
新たな『パシフィック・リム:アップライジング』とは【監督インタビュー】
※ 超話題作が目白押し!GWにお得に映画を観られるオンラインチケット予約
『パシフィック・リム』最新作ほか、少年の心を持つあなたにおすすめの怪獣映画8本

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS