山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗がいるラブストーリーは笑えること以外のなにものでもない『50回目のファーストキス』福田雄一【インタビュー】

2018.05.30
映画

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

50回目のファーストキス

山田孝之×長澤まさみを主演に迎え、偶然の出会いを運命の恋にしたふたりの純愛を描く大人のラブストーリー『50回目のファーストキス』が誕生した。脚本・監督は、2017年ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、今もっとも多忙な監督・福田雄一。コメディの王者である福田監督が初めて、渾身のラブストーリーに挑戦したことでも話題の一作だ。

とはいえ、そこは福田作品。随所に福田ワールド炸裂の笑いを散りばめ、しっかり笑えてしっかり泣ける、本格的なラブコメディに。福田流のテイストを消さずに、ハリウッドの名作『50回目のファースト・キス』(アダム・サンドラー×ドリュー・バリモア主演/04)をどうやって映画化していったのか。本作に込めた想いをはじめ、さまざまな話を聞く。

福田雄一

ーー主演の山田さんのコメント「福田雄一に泣かされたことが少し納得いかない」という言葉通り、大多数の人がそう思う映画になりましたね。

うれしいですね。でも、途中までは福田組独特のノリで笑えると言ってくれる人も多くて、僕としてはそっちのほうもアピールしてほしい。だって途中、バカみたいにふざけていますから。最後は本当に泣けますけど。

ーーそのおふざけや笑いは、あえてなのですか?

そうです。僕の中では、途中に笑いがないと最後に泣けないだろうという思いがあって。ラブコメと言っている以上はコメのところが笑えないとしょうがないし、福田のラブコメのコメが笑えないと、この先お仕事が来なくなってしまう気がしたので。それで頑張りました。

福田雄一

ーーもともとアダム・サンドラーが主演の映画ですからね。

その力もあったかもしれないですが、言ってみれば病気の映画なのに、悲壮感が全然ないんですよ。主人公の女性をみんなでなんとかしたくて頑張っているけれど、でもその底辺に哀しみがまるでない。「一生治らない病気だから絶望だ」という表現がオリジナルの映画にもなく、そこがこの映画の愛されるゆえんだと思っていたので、だからこそ途中で笑うシーンが必要であると思っていました。

50回目のファーストキス

ーー悲壮感に全部シフトしていく選択肢は?

まったくなかったですね。仮にそっちに行ったとして、観る価値がないものになるなと思いました。ひとつの面白味としてはドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズのキャスト&スタッフが贈るラブストーリーなので、そうであれば「裸の銃を持つ男」をやるべきじゃないですか。山田くんも僕も、裏をかくようなことが好きなので、僕とのラブストーリーは「笑えますねー」と言っていて。その時点で「笑える」と言っていましたから、反対の方向に行くわけもなく。

ーーおっしゃるように“挑戦”の意味合いが、福田組ならでは、ですからね。

僕の中で山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗がいるラブストーリーは笑えること以外のなにものでもないので、やってみようよと。本当にいわゆるラブシーンは、そういう思いで撮ってはいますが、そういう思いで撮っている自分が面白いという視点も客観的にあって、山田くんの芝居を見てボロボロに泣いている自分も、それはそれで面白いという。

50回目のファーストキス

50回目のファーストキス

ーー実際に、真面目な部分のラブは、演出・撮影してみていかがでしたか?

実際にラブストーリーど真ん中って初めてで、いままではフリとして使ったことはあったんです。「勇者ヨシヒコ」なんかではフリとしてラブストーリーを使っていて、とんでもないオチが待っているフリとしてのラブですよね。だから、楽しくて仕方がなかったですね。

50回目のファーストキス

ーーそれにしてもしっかり笑えて、しっかり泣けるって、すごいですよね。過去の例はたいがい泣けはしますが、笑いの部分が完全に呑み込めないことも正直少なくなく、本作の完成度は高いと思いました。

そこなんですよね。重要なんです。それこそ僕にとっても挑戦で、笑って泣けるっていっぱいありましたけど、どこが笑えんねん!みたいなことですよね。こういうこと、書かないでくださいね。

福田雄一

ーーでも、いつもそういうインタビューですよ。

いやいや。どこが笑えるの?みたいなことはあるじゃないですか。だから、それはよろしくないないなあと思っていましたよ。洋画では成立していることが多かったですが、日本では難しいのかなと思いますね。

ーー山田さんのような喜劇もこなせる俳優の、絶対的な条件などはありますか?

それは努力で身につくものだとは思いますが、僕が思う絶対的な条件は、好きじゃないとダメですね、絶対。人を笑わすことが好きじゃないと、上手くはならない。それと笑わせる人と見ているだけで笑ってしまう人がいて、おそらく後者は最初から資質がある人ですね。この2パターンしか知らない。本当に真面目すぎるあまり滑稽になるということもありますが、これはなかなか珍しく、やっぱりコメディをする人間は笑いが好きであったほうがいい。技術的にいたってなくても、結果的に面白くなることもありますから。

ーーそういう意味で、いま注目の俳優はいますか?

まさしく太賀くんですよね、もともと面白い俳優だなと思っていて、今回実際に面白かったんですよ。だから太賀くんがこの映画でコメディ俳優としてハネたらいいなと思っています。最近、若い子でコメディをやりたいという人が多いから、頑張ってほしいですね。

50回目のファーストキス

ーーそう考えると、山田さんは凄まじいですよね。もともと演技派で確固たる実力と地位を得ていて、柔軟に立ち回れる才能に今回も驚きました。

彼の本当に面白いところは、今回も撮影中に僕のところにいきなりやってきて、「この秋、ミュージカル俳優になります!」と言ったんですよ。あなたナニ言ってるんですか急に、ということなんですけど、その後、実際山田くんと僕とでミュージカルをやることになりました。僕たちは話が早いことが取柄でもあって、それから10日間くらいで企画もまとまりました。確かに深夜ドラマではいろいろと遊び尽したし、映画も映画でいろいろな挑戦ができていましたが、その中での急にミュージカルスター発言。だから、好きなんですよね。好きだから人にも伝わるし、物事も動く。これが大事ですね。(取材・文・撮影=鴇田崇)

映画『50回目のファーストキス』は2018年6月1日(金)より、全国ロードショー。

50回目のファーストキス
(C)2018「50回目のファーストキス」製作委員会

【あわせて読みたい】
 「勇者ヨシヒコ」の生みの親・福田雄一が手がけた作品まとめ【映画・ドラマ】
 いま、深夜ドラマがアツい!笑って泣けるおすすめの10本を厳選
 ゆとりモンスターでブレイク 太賀、主演作に投じた愛「自分の青春映画の区切りになってもいい」【インタビュー】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぽん
    3.8
    お腹から笑って泣けた本作の楽しさを、誰かと一緒に観て、共感できたら良かったと思った。/ 日本橋
  • MONTBLANC
    4.0
    ストーリーはけっこうありきたり。 演者が、いい・・・!!! 長澤まさみ、山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗 × 福田雄一 という、どんな平凡なものもオモシロたのしくしちゃう組み合わせ。 もうストーリーなんてなくても面白くなるよね。 知らなかったけど、リメイクなんだね。
  • よっこ
    4.3
    超笑った!笑 出演者のキャラ濃い過ぎでしょ!笑 特にムロツヨシ&太賀…笑 ラブストーリーなのにめっちゃ笑ってしまった! 長澤まさみも可愛い。。
  • ゆか
    3.9
    まさみ!可愛いよまさみ!!! 長年のまさみ推し×ハワイからの帰りの飛行機の中での鑑賞=とても良き♡でした(*˘︶˘*)♪ 個人的にはセカチュー並にまさみの良さが出てたんじゃないかな?と思ったり! とにかく笑顔が可愛い!スタイル良い!ああなりたい!笑 最初の方のまさみはとても若い感じがしたのに、後半の方のまさみはいい具合に老けてる感じがして、やっぱりまさみは本当に可愛い上にすごいなと思いました。 相手の山田孝之さんとのツーショットでは、ちょっと身長差がなぁ…と思ったところもあったけど笑、ムロツヨシさんとの掛け合いとか結構アドリブ入ってるのかなと思うくらい、良い意味でしつこい面白さがあって、これは山田孝之さんじゃないとできなかったのかな?と思いました。 ハワイからの帰りの飛行機で鑑賞して、景色の綺麗さとかを思い出して、とても良かったな~~~としみじみ。 ビデオやプロポーズの場面などもすごく良かったです! このタイミングで観られて本当に良かったなと思いました( *´﹀` *)♡
  • rose
    4.0
    今年の夏特に何もしてないけど夏の思い出できた〜って感じになりました(笑) 面白くて好きな映画です まさみ可愛い
「50回目のファーストキス」
のレビュー(11278件)