「戦いのような撮影だった」入江悠監督、加藤諒、渡辺大知ーー『ギャングース』舞台挨拶【東京国際映画祭】

2018.11.02
東京国際映画祭

10月26日(金)から開催中の第31回東京国際映画祭にて1日(木)、映画『ギャングース』の舞台挨拶が行われ、メインキャストの加藤諒さん、渡辺大知さん、入江悠監督が登壇した。

ギャングース

肥谷圭介さん・鈴木大介の大人気マンガが原作の『ギャングース』は、職ナシ、学ナシ、犯罪歴アリ、親から虐待され、青春期を少年院で過ごした3人の少年を主人公に、社会に見放されながらも“タタキ”稼業で日々を生き抜く姿を描いた青春クライム・ストーリー。

これまでのイメージを覆す“モヒカン姿”を披露した加藤さんは、「よく僕を選んでくださったなという想いはありました。男らしいカズキに、オネエ疑惑のつきまとっている僕をよくキャスティングしてくださったなと(笑)」とコメント。「でも、観ていただければわかると思いますが、こっち(映画)が本当ですから!」と自信をのぞかせた。

ギャングース

タケオ役の渡辺さんは今回、主題歌「CRYBABY」の作詞・作曲・ボーカルも担当。曲に込めた想いについてこう明かす。「脚本を読んだ段階で想いが溢れてきて、実は(話をもらう前から)勝手に書いていた曲があったんです。それだけこの映画にイマジネーションを刺激されました」。

最終的には、撮影後に改めて書いた曲のほうが採用されたというが、それについて入江監督は、「戦いのような撮影だったから、渡辺大知くんという人間がそれをどのように感じたのかを見せてもらいたかった」と語る。「結果的に映画に沿った曲になっていて、主人公だけじゃなく悪い人たちの代弁になっていると思いました」と一同大満足の様子を見せた。

ギャングース

主人公たちのような少年や、劇中に登場する裏社会の組織は実際に存在しており、原作者の鈴木さんや入江監督の長きにわたる取材から本作は生まれた。

入江監督のもとにも、続々と反響の声が届いているという。「地元の埼玉県深谷市にある映画館の支配人から、『この作品を観て、いままで自分の見ていた世界がすごいちっぽけなものだったと目を開かせてもらった』と電話をいただいたんです。70歳の方に言っていただいたんですが、僕が原作を初めて読んだときと同じ感想だった。自分の身近なところで(主人公たちのような)生活をしている人がいるということを、この作品を通して知ってもらえたら」。

ギャングース

職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。

映画『ギャングース』は2018年11月23日(祝・金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • m
    1.0
    色々と何もかも酷くて面白くなかった。。。3人の背景も何もわからないしあの女の子もそうだけど全てがとってつけたようなエピソードで何にも感情移入できなかったしギャグのようなものもつまらなかった。。。
  • わこー
    4.0
    こんな上手く社会性と娯楽性を融合させちゃってしかもこのキャストでやれちゃう入江悠いよいよここまで来たか感あるしもっと盛り上がっていいのに。 般若金子ノブアキMIYAVIのトライアングルから発せられる圧が尋常じゃなく超楽しい。
  • 4.2
    冒頭の詐欺セミナー中の金子ノブアキ扮する加藤の長台詞が好きすぎて、というか加藤の台詞がいちいち好きすぎて笑っちゃったな。しびれた〜。 3人とも幸せになってほしいでしかない。 あ、エキストラが多めに出てくるシーンはわりとどこもすごく芝居感を感じたなぁ。なんだろ、自主映画みたいな芝居感。そこだけ残念。 あとミヤビって、大体エンドロールで「これミヤビだったんか!」ってなるのなんだろうな。気づけない。安達だった。
  • Iri17
    3.7
    日本の子供の7人に1人は貧困。 貧困率はOECDで最低レベル。 これが日本の現実だけど、多くの人はそんな事実には目も向けない中で、入江監督は社会性と娯楽性を絶妙に融合させた。 前澤が座興で1億配ってる間にも、住む家も食べる飯もない人が沢山いる。格差は是正しなければならない。国民がプロ奴隷カマしてる間に、日本は絶賛崩壊中。 中世ヨーロッパなら革命起きてるよ。危機感ばかりが募る。 映画の出来は素晴らしかった。
  • sk2
    -
    加藤諒くん見直しました 渡辺大知くん誰かわからんかった 高杉真宙くん映画では 繊細な役多い印象だったので意外な一面? 子役の伊東蒼ちゃんはいつもうまい
「ギャングース」
のレビュー(788件)