映画『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの最新作!】

2017年公開の映画『ラ・ラ・ランド』で、当時32歳にしてアカデミー賞監督賞をはじめとする多数の賞に輝いたデイミアン・チャゼル監督が、再びライアン・ゴズリングを主演に迎え製作した最新作『ファースト・マン』が、2019年2月8日(金)に公開される。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在のNASA宇宙飛行士ニール・アームストロングの、全人類の夢であり未来を切り開いた偉業と真実の姿を描き出す。

1125

すでにいくつかの映画祭に出品されている本作は、特にIMAX上映では視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声があがっており、海外の映画評論家から高い評価が集まっている。

アームストロングの息子兄弟や、原作者ジェイムズ・R・ハンセン、撮影に協力したアポロ15号の元NASA宇宙飛行士アル・ウォーデンらも、本作を大絶賛している。

1121

映画『ファースト・マン』あらすじ

1124

人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない未知の領域、月面着陸の任務を託された実在のNASA宇宙飛行士アームストロングの視点を通し、その偉業と真実の姿を描く。

月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの壮絶な飛行体験とその人生、生命に関わる重大な未知の計画だと理解していながらも、彼をそばで支える家族たちの闘いを、圧倒的なリアリティと臨場感のある映像で表現する。

映画『ファースト・マン』キャスト

1122

ニール・アームストロング/ライアン・ゴズリング

主人公ニール・アームストロングを演じるのは、チャゼル監督の前作『ラ・ラ・ランド』でもタッグを組んだ演技派ライアン・ゴズリング。子供向け番組「ミッキーマウス・クラブ」で子役としてキャリアをスタートさせ、『ラースと、その彼女』(07)や『ブルーバレンタイン』(10)など複数の作品でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。『ラ・ラ・ランド』で、悲願の受賞を果たした。

ジャネット・アームストロング/クレア・フォイ

アームストロングを支える妻ジャネットを、イギリス女優クレア・フォイが演じる。日本ではあまり馴染みのない彼女だが、「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』で主人公・リスベットにも大抜擢された、注目の女優だ。

映画『ファースト・マン』スタッフ

監督は、前作『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞監督賞を史上最年少で受賞したデイミアン・チャゼル。商業映画としては2013年の『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』に脚本家として携わる。翌年、監督・脚本を手がけた『セッション』が世界的ヒットを記録。サンダンス映画祭にて観客賞およびグランプリを獲得した。

脚本を、『スポット・ライト 世紀のスクープ』(15)でアカデミー賞脚本賞受賞、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(17)でゴールデングローブ賞脚本賞にノミネートされたジョシュ・シンガーが手がける。

映画『ファースト・マン』予告編

映画『ファースト・マン』原作

原作は、ニール・アームストロング公認の伝記である、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファースト・マン」。

映画『ファースト・マン』作品情報

ファースト・マン

2019年2月8日(金)公開
配給:東宝東和
公式サイト:https://firstman.jp/
(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures (C)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • マサモリ
    4.0
    なぜライアン・ゴズリング?と思ったが、この人でなければ、こういう作品にはならなかっただろう。 イカツイ男臭い人が主演だったら、どうなってたかな。 上映時間が長いのに、上品な短編小説を読んだ感じがする作品だった。
  • Akari
    3.7
    多くの宇宙系のNASAを舞台にした映画と比べてここが抜群!っていうところは特に見つからなかったけど心情の描写がひしひしと伝わる総じていい映画でした やはり宇宙という異空間に行くにはそれだけの犠牲と覚悟、家族の理解が必要なのだと学びました。 目の前に死にそうな人々がいるのになんで知らなくても生きていける宇宙研究に税金使うんだっていう講義は確かに...と思ったけど行って見なければわからないこと、続けることで何か大発見があるかもしれない未知の世界の研究が宇宙研究なんだなとかんじました。
  • 安崎ちひろ
    2.6
    チャゼルの好きなところって、夢を追う人の夢との向き合い方を描くのが秀逸なところだと思っている。 今回は実在の人物を描くということで、実際にあった出来事ややり取りを再現することに重点をあてたことからか、ドラマチックではなかった。 個人的には、子どもの髪を触るカットは、感触や匂いが伝わってくる、とてもいいカットだと思った。
  • てぶなん
    4.0
    映像が美しく、無駄のない音楽 とても良く作り込まれていてリアルで緊張する。 家族と月面探査とを綺麗に描いている。
  • adagiette
    5.0
    これって ............ 月に帰ったかぐや姫を追いかけて行った話 .....なの? らららに感動するには歳を取り過ぎていた私ですが、同じ チャゼル&ゴズとは思えないほど、泣けました。 薄幸男を演じたら右に出る者ナシ!のゴズリング。 今回は ”人類にとっては大きな一歩 の アームストロング船長ですから さすがに輝かしいんだろう!と思いきや、皆さんの評を見るとそういうことじゃなさそう .... 治療に苦しむ幼い娘を抱きあやす姿が めちゃめちゃ板についてて そこからもう涙涙、なのだが当のゴズは 娘を看取っても人前では感情を吐き出せない。 苦しみを隠すように仕事にのめり込んでいく。 この仕事がまた 生死の境を進むもので 事故で同僚を失い 自らも命からがらな 経験を重ねる。 こんな責務には「家族の支えが必要」というわけで、同僚家族が寄り集まって職場近くに暮らす。 「家族の支えが必要」? いや、効率のためでしょう........ 息が詰まるような小さな社会。 薄幸感て 責務・逃れられないタスク・宿命 そういうものの産物なのかなぁ........ 日本で薄幸というと 女性なわけだが ゴズの薄幸の原因は少しばかり色合いが違う? どうだろう?? さて ついに月に着いたあと。 ゴズは娘の形見を クレーターに葬るシーンがあるが 実のところはわからない。。原作を書いたジェイムス・ハンセンが ニール・アームストロングや彼の妻や肉親へのインタビューを通して ニールは”単独月面行動の11分”の間に 何か大切なものを月に残してきたのではないか?というインスピレーションを得ての場面、らしい。  https://www.thewrap.com/first-man-neil-armstrong-daughter-karen-bracelet-moon/ かぐや姫を追って ついに月までやってきた First Man だけれど やはり姫には会えなくて 永遠の別れを告げる .....そんな顔に見えてしまった。 いやいや、違う、 そういう話じゃありません、 じゃぁ 何が焦点だったのか? はっきりしない感じはあるんだけれど ”人生劇場”だなぁ ........
「ファースト・マン」
のレビュー(16528件)