映画好きが「面白すぎる…」と高評価!後味最悪バイオレンスからヒューマンドラマまで人気の韓国映画15本

2019.02.05
映画
映画ファンに人気の韓国映画『哭声 コクソン』『サニー 永遠の仲間たち』『オールド・ボーイ』など計15本を紹介。

涙なしでは観られないヒューマンドラマから、後味最悪なバイオレンス作品まで人気の韓国映画15本を紹介。

殺人の追憶』(2003)

殺人の追憶

1986年、ソウル近郊の農村で若い女性の死体が発見される。地元警察の刑事トゥマンとソウル市警の刑事テユンが組み捜査を開始する。次第に容疑者が浮上するのだが……。

韓国三大未解決事件の一つを題材にしたポン・ジュノ監督作品。事実を基に構成される脚本を緊張感溢れる映像で映しだす。救いのないラストシーンは韓国映画ならでは。

オールド・ボーイ』(2003)

オールド・ボーイ

ごく普通の男がある日誘拐され、15年の監禁生活の末、解放される。なぜ自分は誘拐されたのか。彼はその謎を明らかにするとともに復讐を心に決める。

土屋ガロン原作漫画をパク・チャヌク監督が実写化。得意の暴力描写が鮮烈な印象を与え、第57回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞。審査委員長のクエンティン・タランティーノが激賞した作品。

私の頭の中の消しゴム』(2004)

私の頭の中の消しゴム

工事現場で現場監督として働く無骨なチョルスと、建設会社社長令嬢のスジン。住む世界があまりにも違う二人が徐々に距離を縮めていく。しかしある日スジンが若年性アルツハイマー病に侵されていることが判明する……。

イ・ジェハン監督が紡ぐ感涙必死の純愛ラブストーリー。読売テレビ制作のテレビドラマ『Pure soul〜君が僕を忘れても〜』(01)が基になっている。チョン・ウソン、ソン・イェジン、演技派二人の共演もみどころ。

チェイサー』(2008)

チェイサー

元刑事ジュンホが経営するデリヘルから女たちが次々失踪し、街では連続猟奇殺人事件が発生する。デリヘル嬢たちの携帯電話の番号から一人の男性客を割り出すものの、証拠不十分で釈放となる。ジュンホは一人で彼女たちを守るため奔走するのだが……。

『哭声 コクソン』などのナ・ホンジン長編映画監督デビュー作。10ヶ月のうちに21人を殺害したユ・ヨンチョルによる実際の連続殺人事件がベースになっている。残虐な描写と、ラストに戦慄が走る。

息もできない』(2008)

息もできない

取り立て屋のサンフンは暴力を使うことも厭わない。社会の底辺に生きる彼が、ある日、女子高生のヨニと不思議な出逢いを果たす。境遇が似ていた二人は心を通わせていく……。

本作は韓国の俳優ヤン・イクチュンの長編映画監督デビュー作。資金難を乗り越え上映にこぎつけると、世界中から絶賛の声があがった。第38回ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワード受賞。

サニー 永遠の仲間たち』(2011)

サニー 永遠の仲間たち

偶然再会したかつての友人チュナが余命わずかだと知らされたナミは、高校時代の仲良しグループ「サニー」を集めることに。メンバーを探すうちにナミは輝いていた日々を思い出していく。

韓国で830万を動員した大ヒット作『過速スキャンダル』(08)のカン・ヒョンチョル監督が送る感動作。日本でも2018年に『SUNNY 強い気持ち・強い愛』のタイトルでリメイクされた。

嘆きのピエタ』(2012)

嘆きのピエタ

血も涙もない取り立て屋のイ・ガンドの前にある日、母だと名乗る謎の女が現れる。最初は信じようとしなかったガンドだが、次第に受け入れていく。天涯孤独に生きてきた男が初めて感じる母の愛とは……。

韓国映画界の巨匠キム・ギドク監督が放つサスペンス・ドラマ。第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。これによってギドクは3大映画祭最高賞受賞を果たし、韓国映画史上初の快挙を成し遂げた。

殺人の告白』(2012)

殺人の告白

15年前の連続殺人事件の犯人だと名乗り出たドゥソク。事件はすでに時効で無罪である彼は、本を出版する。残された遺族はドゥソクを法によって裁こうとするのだが……。

『殺人の追憶』(03)のモチーフとなった事件にインスピレーションを受けたチョン・ビョンギル監督作品。2017年には日本で『22年目の告白 私が殺人犯です』として、藤原竜也主演でリメイクされている。

ビューティー・インサイド』(2015)

ビューティー・インサイド

家具デザイナーのウジンは18歳の時から目が覚めると、心は変わらずに外見だけが老若男女問わずに変わるようになってしまった。そんな不思議な病気の彼が、ある日家具店の店員に恋をし、同じ姿でいるために3日間徹夜するが、眠気に勝てず……。

ユ・ヨンソク、イ・ジヌク、パク・シネ、コ・アソンら韓国の人気俳優たちが主人公ウジンをそれぞれ好演。日本からも上野樹里がウジン役として韓国映画初出演。韓国製ファンタジック・ラブストーリーは必見。

哭声 コクソン』(2016)

哭声

平和な田舎の村に謎の男がやって来ると、村人が自分の家族を次々殺害していくという事件が多発する。犯人には濁った目とただれた肌という共通点があり、謎の男の噂とともに、事件の謎が深まっていく……。

謎の男を國村準が怪演し注目を集めた。監督は『チェイサー』(08)などのナ・ホンジン。誰も想像できないラストへ向かうにつれ、観ているものを極限の不安に追い込む秀逸な韓国スリラー作品。

お嬢さん』(2016)

お嬢さん

舞台は日本統治下の朝鮮半島。スラム街で育った少女のスッキは「伯爵」と呼ばれている詐欺師の手先となって、町外れの豪邸に暮らす令嬢・秀子のメイドとして働き始めるのだが……。

『オールド・ボーイ』などのパク・チャヌク監督が描く究極のエロスとサスペンス。そのあまりの過激な描写に世界が騒然とした。本国・韓国では成人指定となるも、公開6日間で200万人動員を記録した。

新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)

新感染 ファイナル・エクスプレス

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXの車内で、突如謎のパンデミックが発生。疾走し続ける列車内は密室と化し、感染者は凶暴化する。はたして生存者は絶体絶命のサバイバルを乗り切ることが出来るのか。

韓国発サバイバル・ゾンビホラー。ヨン・サンホ監督作品。コン・ユ、マ・ドンソクら韓国の人気俳優が出演。様々なキャラクターの人間性にも注目したい。

アシュラ』(2016)

アシュラ

アンナム市の刑事ドギョンは、立場を利用して犯罪に手を染める市長・ソンベの後始末を引き受けていた。初めそれは末期がんの妻の治療費にあてるためであったが、ドギョン自身も次第に悪事に巻き込まれていく。

堂々の韓国製ノワール作品の誕生。本作のハードボイルドな世界に韓国映画界の巨匠たちから絶賛の声が次々あがる。壮絶なアクション・シーンは必見。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』(2016)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜

ソウルのタクシー運転手マンソプは、光州に行けば大金を払うというドイツ人記者ピーターの言葉につられて車を走らせる。民主化デモが行われている光州に時間通りに到着するものの、事態は悪化していく……。

平凡なタクシー運転手を演じるのは韓国映画界の名優ソン・ガンホ。ドイツ人記者役にトーマス・クレッチマン。1980年に起きた光州事件での実話を基に製作された作品。

悪女/AKUJO』(2017)

悪女/AKUJO

殺し屋として育てられたスクヒは、育ての親ジュンサンと恋仲になり結婚。幸せな新婚生活を送ろうとした矢先、敵対する犯罪組織にジュンサンが殺害されてしまう。復讐を遂げるが、今度は国家組織に拘束されてしまうスクヒだった……。

『殺人の告白』などのチョン・ビョンギル監督作品。ヒロインを演じるのはキム・オクビン。冒頭部分のスリリングな一人称視点のアクション・シーンは必見の見応え!

【文/チャーリー】

【あわせて読みたい】
※ 韓国三大未解決事件を基にしたノンフィクション映画3本
※ 観たら後悔する最恐ホラー映画15本
※ おすすめミュージカル映画15本〈『レ・ミゼラブル』『マンマ・ミーア!』など〉
※ 人気のおすすめ恋愛映画15本【洋画編】〈『ラ・ラ・ランド』『エターナル・サンシャイン』など〉

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS