映画『蜘蛛の巣を払う女』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【「ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作】

鬼才デヴィッド・フィンチャーによって2011年に製作された映画『ドラゴン・タトゥーの女』。そのシリーズ最新作となる『蜘蛛の巣を払う女』が、2019年1月11日(金)に公開される。

蜘蛛の巣を払う女

原作は、全世界で累計9,000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラーミステリーシリーズ「ミレニアム」。製作陣・キャストを新たに迎え、“今世紀最高のミステリー”の新章が再び幕を開ける。

映画蜘蛛の巣を払う女あらすじ

特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、パンク風の特異な風貌、そして背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主リスベットは、天涯孤独で、壮絶な過去を持つ。その過去が、あるキーパーソンによって明らかにされていく……。自らの裁きによって悪を正そうとするリスベットに対し、「皆を助けるのに、なぜあの時……私だけを助けてくれなかったの?」と意味深な言葉を彼女に投げかける謎の女カミラ。彼女もまた、凄惨な過去と秘密を背負っていた。二人の関係を紐解きながら、リスベットはジャーナリストのミカエルと再びタッグを組み、新たなる犯罪組織の陰謀に迫る。

映画『蜘蛛の巣を払う女キャスト

リスベット/クレア・フォイ

蜘蛛の巣を払う女

本作から主人公リスベットに抜擢されたのは、多彩な演技を見せるイギリスの実力派女優、クレア・フォイ。2019年2月に公開されるデイミアン・チャゼル監督最新作『ファースト・マン』では、ライアン・ゴズリング演じる主人公ニール・アームストロングを献身的に支える妻ジャネットを演じ、高い評価を得ている。

カミラ/シルヴィア・フークス

蜘蛛の巣を払う女

リスベットの過去の真相を知るカミラ役を演じるのは、『ブレードランナー 2049』(17)で世界中に強烈な印象を残す熱演をしたシルヴィア・フークス

映画蜘蛛の巣を払う女』監督

監督・脚本を手がけるのは『死霊のはらわた』(13)で長編デビューを果たし、2016年の映画『ドント・ブリーズ』(16)がスマッシュヒットを記録したフェデ・アルバレス。本作が長編3作目となる。

前作『ドラゴン・タトゥーの女』で監督を務めたデヴィッド・フィンチャーは、製作総指揮として本作に携わる。

映画『蜘蛛の巣を払う女』原作

映画『蜘蛛の巣を払う女』原作

映画『蜘蛛の巣を払う女』作品情報

蜘蛛の巣を払う女

2019年1月11日(金) 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト: http://www.girl-in-spidersweb.jp

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • hsmt
    4.5
    前作とキャスト、監督の総入れ替えが残念と思いつつも、別物と思いながら鑑賞。 今回はアクションシーンと、リスベットのダークな過去を紐解きながら進むサスペンス的ストーリーは観やすくも、とても引き込まれる内容でした。 賛否両論ありますが、ある意味期待を裏切っていない作品だと思います。
  • NutsForMovie
    1.0
    I remember was disappointed when knew it’s director and cast. The nightmare comes true...
  • totoruru
    3.4
    何か違う… 面白かったけど、何か違うんだよなぁ😅 ミレニアム3部作の続編としては、コレじゃない感がすごい… ただのスパイアクションになってんじゃん😅 キャストが一新してるから、余計に続編らしさもなくなってますしね。   ミカエルに至っては、このキャラ必要?誰でも良くね?と言いたくなるほど存在感がなくなってましたね😌 まぁ、あらすじを読んだ時から、イヤな予感はしてましたが… とは、言っても 湖?でのバイク、空港からの逃走、スナイパーの狙撃などワクワクするシーンはたくさんありました。 スパイアクションとして見ればテクニックやアクションもイケてたし、作品としての映像・演出も満足度は高い。 だが 敢えてもう一度言おう ミレニアムシリーズに求めてるのはコレじゃない   このままだと、続編が出来る度にリスベットが超人になっていくパターンですね😅 評価点は純粋に作品としての面白さです。 ミレニアムシリーズを考慮して加減した場合、マイナス0.4点の3.0点と言ったところですかね🤔
  • Nu:)
    3.3
    ストーリーは好きである。 前作も今作も、リズベッドの孤独が強調されるシーンで終わるのがなんともいえない。 いい描写です。 ...がしかし、前作のキャスティングと、 北欧の寒さが伝わる画が好きだったが故に、 物足りなかった。
  • k2
    2.6
    ーーリスベット サランデルーー 「悪を正す者」 「女を傷つける男を罰してくれる」 しかし、やはり前作と比べてしまいました。 ITならぬICTを駆使して前進していきますが。。。後半はアクション主体でしたね。。。 前作のルーニー マーラが表現したダニエル クレイグに対する 不器用だけど実直な想い。。。 に「せつなさ」や「もどかしさ」。。。 をひしひしと感じました。 天才的頭脳スキルの持ち主だからこそ、生身の人間に対する現実的なギャップを表現した前作を懐かしく思い出しています。
「蜘蛛の巣を払う女」
のレビュー(3320件)