ハロウィンにぴったり!人間とゾンビの恋愛を描いた異色ゾンビ映画はいかが?

2015.10.22
映画

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

好きな人に一途にアタックし続けても振り向いてもらえない。むしろとっくの昔に振られているのに這い上がっていくようなゾンビのような恋愛、身に覚えがありませんか?そう、まさしくゾンビ的恋愛

今月24日公開の『ゾンビ・ガール』もまさしくゾンビ的恋愛映画であり、ハロウィンの季節にはぴったり!そこで『ゾンビ・ガール』の紹介と合わせて、劇場公開前にDVDで見ておきたい異色のラブコメ「ゾンビ的恋愛」映画を2作ご紹介します。 

1.『ライフアフターベス』

ライフアフターベス3

コメディ映画『ハッカビーズ』の脚本を務めたジェフ・バエナ監督の作品。こちらはTSUTAYA限定でレンタル開始中!カリコレ上映作品でもありました。

物語としては、不慮の事故で彼女をなくし悲しくて仕方ない主人公のもとに死んだはずの彼女(ベス)が蘇って戻ってきます。けれど至って見た目は普通で、自分が死んだ事すらわかっていない。そんな彼女を彼は喪失感を埋めるように愛します。

変態主人公×ゾンビ彼女

この主人公なのですが、葬式の日に彼女へのお土産としてドラッグストアで黒のナプキンを探したり、死んだ彼女の使っていたストールをスリスリしたり、彼女が戻ってきてからは(ゾンビ状態の彼女と)日中一目を気にせずドライブ中に車からおりてその辺の公園の砂場でイチャイチャします。つまり正真正銘変態ということですね。

なので2人は割とうまくやっていたのですが、ベスが段々キレやすくなってきてついに彼も自分の身に危機感を覚えます。

変わりゆく彼女を愛し続けられるのか…?

そこで素敵な人間の少女エリカと出会い、いい感じになったとこをベスに見つかってしまいます。ベスは激怒、なんなのこのビッチは!と収集がつかない自体に。ついに彼はベスの親に止められていたにも関わらず彼女を墓場に連れて行き、彼女のお墓を見せた上で一度死んだ真実を伝えます。

果たして自分がゾンビであることを知ったベスは…そしてこの街には一体なにが起きているのか…映画のチラシにはラブコメと表記がありますが、後半から妙にハードなゾンビ映画に転換するところも必見です。

2.『ウォームボディーズ』

ウォームボディーズ3

『50/50 フィフティ・フィフティ』の監督としても知られるジョナサン・レヴィン監督の4作目の長編映画。時は未来。人間、ゾンビ、そしてガイコツが対立し合う世界。

人間の女の子にタジタジな草食系男子ゾンビがキュート!

ひょんなことから、人間の女の子に恋をしてしまうゾンビR。好きになった子を自分の住処に連れて帰ってしまいます。ゾンビなのに人間の女の子にタジタジな可愛いところも見所の1つです。

死んだはずのゾンビに人間性が…?

今までになかったゾンビ映画の設定として、Rの冷たい心臓が彼女にときめく度に波打つんです!まるで人間のように。しかしただでさえ障害の多い恋、2人の事を知ったガイコツ軍団は怒りに満ち人間に対して総攻撃を仕掛けてきます。それとは逆に、彼らを見て恋を思い出したゾンビ達も皆心臓が波打ちはじめて…。

障害に満ちた恋愛映画、人類の生存をかけた戦いを描いたゾンビ映画を見事に50/50で取り込んでいるこの映画は、私はまさにゾンビ映画の新境地とでもいえる映画ではないかと考えています。

『ゾンビ・ガール』

私の愛して病まない映画『メイフィールドの怪人たち』、『スモールソルジャーズ』、TVシリーズ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』、そして皆さんおなじみの『グレムリン』の監督ジョー・ダンテによる、これぞまさにゾンビ的恋愛映画!

蘇ってほしくない元カノが戻ってくる(男としての)恐怖

ホラー映画マニアのマックスは完璧ブロンド美女のエブリンと付き合っていて同棲もはじめます。しかし、あまりにも価値観が合わない上にソクバッキー彼女に耐えられず、別れを決意。ところがそんな彼女が目の前で交通事故に遭い亡くなってしまう。

その後マックスは、今度こそ価値観の合うホラー好き女子と恋に落ちます。さあ、そこでゾンビとなった元カノが戻ってきちゃうんですね。

このゾンビ彼女、肌も腐りかけ、一度死んだからかビッチィ具合に拍車がかかって手に負えません。果たして主人公は新たな恋のために蘇った恋人を撃退できるのでしょうか!エブリンは再びマックスの愛を勝ち取れるのでしょうか!…原題が『Burying the EX』(元カノを葬れ!)なのでそれは難しいかもしれませんね。

しかし悲しいです、永遠の愛を信じて蘇ってまで彼を追いかけるエブリン。男の子は追いかけすぎると逃げちゃう…女子の皆さん、ゾンビ的恋愛映画から多くを学べそうですね。

『ゾンビ・ガール』10月24日公開!

『ゾンビ・ガール』は10月24日からヒューマントラストシネマ渋谷をはじめ全国特定映画館で行われる「シッチェス映画祭 ファンタスティックセレクション2015」で上映されます。

是非劇場に足を運び、ハロウィンな恋を満喫してくださいね。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Kazuaki_Oishi
    3.4
    ゾンビアシュリーよりトワイライトのヴァンパイアシュリーがいい。ダダリオは安定のダダリオ
  • TakahashiKie
    -
    なかなか面白い設定。原題がBurying the Exなのに、なぜゾンビガールに???元カノを埋めろ!とかの方がいいのに
  • yuukun46
    3.2
    まさにB級でしたがとても面白かったです。最初は自己中の彼女とはっきりしない彼氏にモヤモヤしてましたが、彼女がゾンビになってからの展開が個人的に良かったです。
  • クスケイ
    3.0
    視聴記録として 恋愛コメディとしてのゾンビ映画 ゾンビ映画はカップルは食われるものとしての印象があったので、そういう意味では個人的には珍しい感じがしたり。 テンポの良く、サクサク見れました。 ただ、元カノが死んで主人公がガッツポーズしたりとかなくて、なんかアクが弱い感じがしますね。(まぁゲロシャワーとかありますけど)
  • oshi
    1.4
    自分がどんな時も一番正しいと思っている自己中のいたい性欲の塊、ゾンビのくせに無駄に人間らしく、ゾンビ特有の汚さがより汚く、性格も行動も見た目も不愉快の極みだった。謎のR15指定で無駄に期待した分、非常に残念な映画であった。 アブサン飲んでんのにこんなときめかないことないわ
「ゾンビ・ガール」
のレビュー(1430件)