MCUファンの監督が描く『キャプテン・マーベル』 はミステリー要素満載の女性ヒーロー映画【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

『スター・ウォーズ』や『ハリー・ポッター』超え、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』が、いよいよ日本でも公開に! マーベル初の女性ヒーロー単独主役である本作の主人公は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーローだ。すでに全世界では大ヒット中の本作について、共同して監督を務めたという異色形態のアンナ・ボーデン監督&ライアン・フレック監督を直撃! 『キャプテン・マーベル』が、ほかのMCU作品とは一味違う理由など、さまざま聞いた。

キャプテン・マーベル

ーー非常に期待を集める作品ですが、どういう内容になっているでしょうか?

ライアン・フレック監督 僕たちがキャプテン・マーベルと初めて出会う作品だけれど、この作品のなかの彼女は宇宙の戦士で、すでにスーパーパワーを持っている。彼女がたどる旅路は自分の過去であり、ミステリー的なところもあり、彼女が自分自身を発見していく物語でもあるわけだ。そしてMCU史上、もっともパワフルな女性を紹介する作品でもあるよ。

ーー演じるブリー・ラーソンの魅力が炸裂していますよね! どう演出したのですか?

アンナ・ボーデン監督 俳優たちとは、どの作品でも同じようなノウハウで入るけれど、プロセスとしてまずキャラクターの話をするわ。脚本の話もして、お互い一致した意見となるように意識のすりあわせをして、どういうキャラクターを表現したいかも話すのよ。

キャプテン・マーベル

ボーデン監督 いわゆる協力的な体験になるけれども、実際に撮影現場では俳優とともに探求をして、独自にやってもらうこともあれば、何か提案したりすることもあるの。

ーー劇中の時代設定で、90年代の映画ネタなど、世代にはたまらないものがありました!

フレック監督 僕自身、1990年代にブロックバスター(レンタルビデオショップ)で働いていた経験があったので、あのセットは頑張ったよ(笑)!

キャプテン・マーベル

ーーある大物スターの看板を打ち抜いてましたが、理由は???

フレック監督 当時はビデオであの作品がすごく人気だったからね。彼のアタマが吹っ飛んでいるのはたまたまさ(笑)! 当時の大きな作品だったので、ああいうオチにしただけでね!

ーーここで好きなMCU作品を教えてください!

フレック監督 僕は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のファンでね。とてもリアルで、パラノイア的なスリラーで、1970年代の作品へのトリビュートもいいよね。

キャプテン・マーベル

ボーデン監督 3本あるのよ(笑)。わたしも『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の大ファンで、あと『アイアンマン』の1作目を観た時に相当な衝撃を受けて、スーパーヒーロー作品でもこれだけ人間味ある作品が描けるということを知ったわ。スーパーヒーロー作品のとらえ方が、この映画で変わったの。それと『ブラックパンサー』よね。俳優たちがもたらす感情の深い表現がすばらしかったと思うわ。

ーーこれまでのマーベル作品と、『キャプテン・マーベル』が異なる要素があるとすれば、どういう点でしょうか? 

フレック監督 一般的にほかのヒーロー映画と比べて今作がユニークな点は、構成だよ。僕たちがこの映画をどのように構成したかという、そのやり方だ。彼女は映画の冒頭ですでにパワーを持っているから、ごく普通の人に出会って、それから何かが彼らに起きてパワーを得ることになり、映画の残りで、彼らの問題を乗り越えようとしないといけない、ということじゃないよね。彼女にとって今作は彼女が本当は何者なのかを知る、ということについての物語だから。

キャプテン・マーベル

フレック監督 その一部は、彼女がどのようにパワーを得たのか、ということ。 だから、核にあるのはミステリーでね。彼女がどのようにパワーを得たかということや、彼女が本当は何者なのかということに関係がある、ミステリーの要素を足すことはユニークだ。ヒーロー・ジャンルにとって、新鮮なことだとも思うよ。

ーー今日はありがとうございました! 日本の映画ファンへ向けては、どうおすすめしますか?

ボーデン監督 この作品はマーベル、スーパーヒーロー作品というよりも、このキャラクターが遂げる旅路が、素晴らしくわくわくするものです。みなさんが出会うキャプテン・マーベルという女性は彼女自身が発展を遂げて、彼女自身の人間味に触れ、彼女自身が鼓舞されていく。勇気づけられて、若い女性はとても感動すると思います。もちろん男子もね!(取材・文=鴇田崇)

キャプテン・マーベル

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)より全国公開中。

キャプテン・マーベル

監督:アンナ・ボーデン&ライアン・フレック
配給:ディズニー
公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html
(C)2019 MARVEL

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Ayami
    3.4
    I have nothing to prove to you. 最初のmarvel studioと出て来るところから泣かせにくる本作はマーベルファンのためのラストゲーム前章というところでしょうか。 お久しぶりです。ayamiです。 本作はアベンジャーズシリーズ最大の謎、フューリーの眼帯の奥が明かされます(違) 覚醒するところとユニフォームが格段にダサいけどカッコいいです、ブリー・ラーソン。 目光るって。 でも正直前回映画館で見たのがアクアマン(どストライクでタイプ)だったしアクション系ヒロインはワンダーウーマンやワスプの方がタイプなので、アベンジャーズありきのキャプテンマーベルの評価はこのくらいかなと。 ダンブルドア先生引っ張りだこですけど本作はめちゃめちゃダサめ(特に最後) 20
  • 田上
    4.4
    毎回思うんだけど、映画館ケチくない? ポップコーン買ったら濡れティッシュつけてほしい! だって…流した涙の跡を拭けないじゃない…✨ ということでキャプテン・マーベル大いにズヒズビして参りました。 興奮したー! 予告編集の段階で既に1回泣いたけど、終盤辺りの伏線がどんどん回収されていっていろんなものが繋がっていきだすと、もう毎シーン泣けた! 悲しい涙というよりポジティブな涙。 アベンジャーズ始まりの物語だし、最初のヒーローの話だし、ひとりの女性の原点をたどる話だし、話の軸がビタっと重なる瞬間はホントに感動した。 やっぱマーベルユニバースはただのヒーロー映画なんてもんじゃないって実感した。いろんな力を与えてくれる。 エンドゲームがどんなメッセージを我々に送ってくれるのか…! エンジン全開で楽しみになりました!!
  • dosage
    3.8
    グース笑 スクラル人は匂いで分かるのか、それとも猫=なのか?笑。 思ってたより面白かった。キャロルかっこいいし笑うと可愛くて強すぎる。 先の予測が結構ついちゃって、サスペンス要素は薄いというかそんなに興味を持てないという。 恋愛要素がゼロなのも潔くていいし、キャロルはエンドゲーム後のメインキャラで確定。
  • 137
    4.0
    ありがとうスタン・リー
  • てるる
    4.2
    ありがとうスタン・リー。 アメコミという枠にとらわれず、MCUという映画史に残る一大シリーズを残してくれて。 そもそもMCUに連なる作品はどれも一定以上の面白さは保証されてるけど、ここにきてまた面白い作品が産まれた。 もちろんシリーズを通して観てるから、「あのキャラがこんなとこに!」という楽しさがあってこそ。 しょっぱなから「ジャイモン・フンスー!!!(`・ω・´)フンスッ!」なりました。 まさにマーベル誕生・アベンジャーズ誕生の秘密が明らかになる。 更にはニック・フューリーやエージェント・コールソンの若かりし頃、4次元キューブの謎なども次々と出るわ出るわ。 何より「インフィニティ・ウォー」のラストからのエンドクレジットはテンション爆上げでしかない。 でもこれ単体で観たとしても十分に面白い。 アクション・シリアス・コメディのバランスも良い。 ヴァースとニックの掛け合いが楽しい。 ニックの猫好き、猫ちゃんの可愛さが味わえる。そして頼もしさも! フラーケーーーーン!!! 次ロケットと絡んでくれんかな。 ラストのマーベル無双も爽快です。 ブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルなのも観る前は不安だったけど、そんな心配吹き飛ばすくらいハマってました。 あと90年代に青春を過ごした人にもたまらないオマケ要素がいっぱい! レンタルビデオ店に落ちたもんだから、懐かしのタイトルがいっぱい並んでた! トゥルー・ライズとか笑うしかないでしょ。 他にもアーケードのストⅡとか、NIRVANAやHole(カート・コバーン繋がり?)、R.E.Mの曲、スマパンのポスターとか洋楽好きにも最高でしたわ。 あーもう早く「エンドゲーム」見せてくれー! というかエンドゲーム前に「インフィニティ・ウォー」を再上映してくれんかな。 出来れば応援上映とか行きたいな。
「キャプテン・マーベル」
のレビュー(8322件)