【映画好きなら知らなきゃ損】最強のVODサイト!?「MUBI」が熱い!

2015.10.15
雑学

Nobody's Perfect.

久保田和馬

先日日本に初上陸したNetfrixをはじめ、AmazonプライムビデオやHuluなど、最近は映画館でもレンタルビデオでもなくVOD(ビデオ・オン・デマンド)で映画を観るということが主流になってきました。

そんな中で、日本ではごく一部の映画ファンにしか浸透していないMUBIというVODサイトがあるのをご存知でしょうか。今回は、映画ファンなら問答無用で登録すべきMUBIの魅力についてご紹介いたします。

MUBIって何?

すくそ

MUBIは2007年に誕生した、VOD配信サイト/アプリケーションで、現在は世界中で700万人の映画ファンによって愛用されています。

VODによる映画の配信だけでなく、データベースとしての機能も充実しており、作品のレビューを投稿したり、好きな監督や作品のリストをまとめるだけでなく、自分の好きなテーマで映画作品リストを作成することも可能で、それを全世界に共有できるという、映画SNSとしての側面ももっております。

登録料は月々たったの600円。最初の30日は無料体験もできます。

映画ファン垂涎のラインナップ

他のVODサイトとの圧倒的な違いは2つあります。

随時見れる作品は30本のみ

1つは、観ることができる作品が随時30本しかないこと。1日1本ずつ追加され、30日後には観られなくなります。

「え?少なくない?」とか「それでは観たい映画が観られない」と思う方もいるかもしれませんが、1日1本映画を観る習慣をつけたいという向上心のある人や、とにかく色んな映画が観たいと思う人にとって、他のVODサイトのように膨大な作品の中から観たい映画を選ばなくてはいけないのはかなり骨の折れる作業。

毎日日替わりで良質な作品を提案してくれるので、どの映画がアップされるのか、毎日の更新がとても楽しみになります

日本では見るチャンスがない作品が充実

もう1つは、そのラインナップがとても充実していることです。

サイレント映画から往年の名作、日本に未上陸の新作や、長編短編国籍を問わず幅広い作品が日々更新され、その多くが日本では観ることができない、またほとんどみるチャンスがない貴重な作品ばかり。

すぐに観るのも、配信終了ギリギリに駆け込んで観るのもよしと、多様な楽しみ方ができます。もちろんスマートフォンでも視聴可能なので、短編作品は通勤通学の電車の中で気軽に楽しむことができます。

基本的に英語音声の作品には字幕はついておりませんが、それ以外の言語の時は英語字幕。時々日本語字幕がついている作品もありますので、とても親切です。

現在視聴可能なコンテンツ

現在(2015年10月13日時点)観ることができる30本の中から、何本か紹介しようと思います。

『ノーウェア』グレッグ・アラキ

あらき

出典:Wikipedia 

日本でも人気の高い、南カリフォルニア大学出身の日系人監督グレッグ・アラキ。98年に日本でも公開された本作は、そのあと国内ではソフトリリースされていません。

そもそも彼の作品でDVDで観られるのは『ドゥーム・ジェネレーション』のみで、素晴らしいデビュー作『途方にくれる三人の夜』など数本がレンタルVHSで観られるのみの現状。こちらは10月25日まで視聴可能です。

『ラ・ポワント・クールト』アニエス・ヴァルダ

ヌーヴェルヴァーグ唯一の女性作家アニエス・ヴァルダの長編デビュー作も、現在視聴可能(10月26日まで)。

この作品は、ヌーヴェルヴァーグ最初の長編劇映画として知られ、映画史的に極めて重要な作品です。海外ではクライテリオンを始めソフト化されておりますが、日本国内ではソフト化はおろか、上映機会すら全くない作品になっております。

編集を務めたのは昨年亡くなった『去年マリエンバートで』で知られるアラン・レネと、現在鑑賞機会のほとんどない幻のパルムドール受賞作『かくも長き不在』のアンリ・コルピという豪華な布陣です。

『その日』ラウル・ルイス

るいす

出典:Wikipedia

2011年に亡くなった南米映画界の鬼才ラウル・ルイス。100本以上の監督作がありながら、日本に上陸した作品はごく僅か。

DVDレンタルで観ることができるのも晩年の『クリムト』『ミステリーズ運命のリスボン』の2本だけというレアな存在でありながらも、各国を渡り歩き、名優たちとタッグを組んだ彼は映画界には極めて重要な作家であります。こちらは10月31日まで鑑賞可能です。

『ぼくのエリ、200歳の少女』トーマス・アルフレッドソン

ぼくえり

日本でも2010年に公開されヒットを記録し、ハリウッドリメイクもされた北欧スウェーデン製作の切ないヴァンパイア映画の秀作が11月1日まで配信中。

日本では物語の核心に触れるシーンの一部にボカシ修正が施されておりましたが、こちらで配信されているのは修正なしのオリジナル版。衝撃的なシーンではありますが、本作のファンの方は一度オリジナル版を観てみるのもいかがでしょうか。

『St.Nick』デヴィッド・ロウリー

昨年日本公開されるやいなや、批評家や映画ファンから絶大な評価を得た『セインツ –約束の果て–』のデヴィッド・ロウリー監督の長編デビュー作も11月4日まで配信中。

もちろん、日本には未上陸の貴重な作品です。ロウリー同様に、今後ブレイクが期待されるインディペンド系の作品をいち早く観ることができるのもこのサイトの魅力。以前は先日『マイティ・ソー3』の監督に抜擢されたタイカ・ワイティティの初期短編も配信されていたり、新進気鋭の映画作家を発見することができます。

MUBIでしか観られない今年最大の注目作

そして、10月9日より新たに配信されたのが、今年日本でも『インヒアレント・ヴァイス』が公開されたポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作『JUNUN』

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』以降のアンダーソン作品で音楽を務める、Radioheadのジョニー・グリーンウッドがイスラエルのミュージシャン、シャイ・ベン・ツールとのコラボレーションとなる楽曲のレコーディング風景を収めた55分のドキュメンタリーフィルム

これまで7本の長編フィルムを手がけているポール・トーマス・アンダーソンは、いくつかの短編を制作してきましたが、本作が初のドキュメンタリー映画。

冒頭の演奏シーンから一気に惹き込まれる秀逸なカメラワークに、全編通して流れ続ける優雅な民族音楽が魅力。是非とも自宅でヘッドフォンをして大音量で楽しんでいただきたい傑作です。しかも、台詞は少ないながらも、日本で登録したユーザーは日本語字幕で見ることができるのです。

 

紹介した作品以外にも、まだまだ多くの作品を楽しむことができるMUBI。VODを観たり、リストを制作したり、海外の映画ファンと交流したりと、様々な方法で楽しめます。映画好きの方、特に洋画が好きな方にはオススメです!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • バスターロイド
    5.0
    おもろい。 なが回しが好きだ
  • sprite
    4.5
    笑えるドラッグムービー。 キャラクター、音楽が良いね。
  • shoh323RA
    4.0
    🖇
  • まさ
    4.0
    わからないのが良い、みたいな時があるけど。これはさっぱりだね。ただキャラが良いい。
  • マツケン
    -
    探偵物なのに、ミステリーとしても、分かりやすいサスペンスとしても機能してないのがこの映画。 全てが行き当たりばったり。でも物凄く好きなんです。笑 終始何か不完全な雰囲気が漂っているんですが、主人公には僕にないものがあるし、独特の時間感覚があります。 今、普通に学校行ったり仕事したりしてる人にはないような。 それが、いいとか悪いとかではないしこの映画自体の解釈?も十人十色だと思います。 ただ僕はとても個性的で、それでいて実在感を感じさせる登場人物達がとても好きになって、これらの人々が生きた時代に物凄い憧れを抱きました。 最後の主人公の顔で、しかしこの時代はすでに失われてしまったことを痛感させられますが、少し悲しくなるとともにすぐもう1回観たい!って思った。 万人にオススメはできないですが好きですこの映画。 PTAすごい。
  • sy
    4.0
    記録
  • ぴろ
    3.3
    1970代ヒッピーの私立探偵と不動産王の失踪と元彼女を追うお話
  • KN
    3.5
    17/020◆
  • ふく
    3.4
    すごくcrazyな作品。ホアキン・フェニックスとジョシュ・ブローリンのコンビが最高すぎる。
  • mo
    -
    グルーヴィ
  • ひろ
    3.4
    製作・監督・脚本をポール・トーマス・アンダーソンが務めた2014年のアメリカ映画 ・ 1970年を舞台にヒッピーのジャンキー私立探偵が元恋人に依頼された事件を調べ始めるといった内容 ・ やはりポール・トーマス・アンダーソンは偉大だった! 彼の作品だと「ブギーナイツ」「マグノリア」の雰囲気が好きだけど、この作品のユーモアは好きな感じだった ・ レイモンド・チャンドラーの映画化作品の影響を受けてるらしいから、同じく影響を受けた松田優作の「探偵物語」にも似た雰囲気がある ・ ジャンキーのヒッピーの探偵という設定だけで笑えるのに、それをホアキン・フェニックスが演じてるから笑うしかない ・ 脇役もジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、ベニチオ・デル・トロといったナイスな顔ぶれ ・ なんの教訓もなく、むしろ教育上よろしくない、特に中身もない、そんな素敵な映画です
  • Maria
    -
    難しかった。
  • MASH
    3.5
    映画自体がドラッグを吸ったような映画だった。意味不明で何の脈絡もなく次々と色んなことが起こっていく。観れば観るほどどんどん深みにはまっていくような映画。面白かったけど、初めて観たから話を追うので精一杯だった。もう一度観たい。
  • 黒宮けいた
    -
    ホアキンフェニックス
  • b
    3.7
    PTA監督作。原作はトマス・チャンピンの『LAヴァイス』。物語は奇妙奇天烈で、登場人物はヤク中だらけ。60年代のヒッピー文化に浸りきったアンニュイな雰囲気の私立探偵ドック(ホアキン・フェニックス)が、かつての恋人からの依頼をきっかけに麻薬がらみの裏世界のゴタゴタに巻き込まれていく、といったお話。ドックを中心にあらゆる登場人物が次々と出てくるため、ちょっととらえどころがないようなお話ではある、が、そのとらえどころのなさがまたよい。物語それ自体が現実か非現実かわからないような極めて不安定な領域で揺れている感じが、同じくPTA監督作である『パンチドランク・ラブ』と共通しているように思える。もっと言えば、『マグノリア』や『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』においてもそうした「不安定さ」というのは彼の作品世界をより安定させる作用を持っていたようだった。ひょっとすると、この逆説はフィクションの世界では割と普遍的に通用する法則なのかもしれない。 ところで、本作のタイトル『インヒアレント・ヴァイス』というのは、作中でも説明があった通り、「内なる欠陥」という意味である。自分自身の抱える内なる欠陥は通常我々の知るところではないが、それは何かちょっとしたきっかけで表出しうる。…。などといってきましたが、個人的に本作の最大の魅力は白昼夢じみた雰囲気だと思っております。雰囲気映画です。でも、こんな妙な雰囲気、十人並みの映画監督にはとても作り出せないとも思います。 ところで、主演のホアキン・フェニックスの兄が故リヴァー・フェニックスであるという事実は、今回初めて知りました。
  • 記録
    -
    WOWOW
  • にんそく
    4.2
    なぜ最高かいまだによくわかってないんだけど最高。 結局よくわからん話なのに死ぬほど笑ってしまったりめちゃくちゃ切なくなったりしてしまう。 なんだかんだできっちり人助けをする主人公が好きだぜ! タイトルの出方最高映画。
  • 5.0
    チョット!金一郎‼︎ モット‼︎パンケーキ‼︎モット‼︎パンケーキ‼︎ だめだ、もう一回観なきゃ理解出来ないと思う…なんだろ、このモヤモヤ感…何で日本食屋でパンケーキなんだよ
  • じゃかば
    -
    もう何度か観ないことには評価はできないな〜〜
  • netfilms
    3.9
     ソルティレージュ(ジョアンナ・ニューサム)のナレーション、1970年カリフォルニア州ゴルディータ・ビーチ、オレンジ色の陽光が徐々に黒に染まる時刻、ラリー・“ドック”・スポーテッロ(ホアキン・フェニックス)はマリファナでハイになり、ソファーでうたた寝をしていた。そこへシャスタ・フェイ・ヘップワース(キャサリン・ウォーターストン)が突然現れる。それもホットパンツにサイケデリックなTシャツといういつもの風貌ではなく、何故か正装した彼女は長かった髪を10数cm切り、彼の寝顔を眺めながら微笑む。ドックはマリファナでラリった頭を抱えながら「幻覚なのか?」と彼女に問いただすが、女は一言「助けて欲しいのよ」と答える。数年前、共にマリファナを愛用するドックとシャスタはカリフォルニアの開放的な空の下で、蜜月関係にあった。だが突如、ドックの元を去る。愛する人が忘れられず、失意のどん底に落ちたドックはゴルディータ・ビーチの2Fに探偵事務所を構え、地方検事ペニー・キンボル(リース・ウィザースプーン)と新たな恋人関係にあった。シャスタはドックの元を去ってから、既婚者のミッキー・ウルフマン(エリック・ロバーツ)の愛人として暮らしていた。だがそのミッキーの命は危機に晒され、寄る辺もないシャスタは元恋人で私立探偵のドックに助けを求める。2人で缶ビールを吞み干し、車が停めてある所まで手を繋ぎながら急な坂道を降りる2人、やがてシャスタは強い余韻を残してカリフォルニアの闇へと消えて行く。その姿を呆然とした表情で見つめるドックの姿。CANの『Vitamin C』が大音量で流れ、緑色のネオン管で書かれたInherent Viceの文字が現れるいつも以上に痺れるような素晴らしい導入場面である。  ファム・ファタールのような元カノの誘いに乗り、主人公がやがて巨大な陰謀の渦に呑み込まれて行く展開はまさに正調フィルム・ノワールそのものと言っていい。不動産王で大富豪ミッキー・ウルフマンの情婦に落ちぶれたシャスタはドックに、カレの妻とその恋人の悪だくみを暴いてほしいと依頼する。だが、捜査に踏み出したドックはチャンネル・ビュー地区の風光明媚な場所にある「チック・プラネット・マッサージ」で頭を鈍器で殴られあっさりと気絶し、殺人の濡れ衣を着せられてしまう。同時に大富豪もシャスタも失踪し、ドックは巨額が動く土地開発に絡む、国際麻薬組織のきな臭い陰謀に引き寄せられていく。彼の運命を握るのはカリフォルニア市警察のクリスチャン・F・“ビッグフット”・ビョルンセン(ジョシュ・ブローリン)に他ならない。私立探偵と刑事として長年因縁のあるビッグフットは、最初から濡れ衣を背負わされたドックの犯罪ではないと察している。数年前、ビッグフットの相棒は鉤十字の刺青を入れた何者かの凶弾により、命を奪われた。当初は得体の知れない悪により、警察に差し出されたドックはマリファナやコカインでヘロヘロになりながら、偶然の因果により深い霧の奥へと分け入るのだ。映画はこれまでのPTAのフィルモグラフィのような張り詰めた人間関係は無く、全ては偶然の弾みでクライマックスへとただただ転がり続ける。その脈絡なき物語の脱線に注ぐ脱線はPTAの新境地となる。ドックが見るのは幻視者の夢なのか?それともドラッグでラリった男の妄想のような現実なのか?ビッグフットを筆頭に、ソンチョ・スマイラックス弁護士(ベニチオ・デル・トロ)やルーディ・ブラットノイド医師(マーティン・ショート)の怪演ぶりが物語に華を添える。  ではこれまでのPTA作品に通底するカリスマ的熟練者の失墜のモチーフはどこにあるのか?ドックにとって相棒となるビッグフットやソンチョのような人物は代わる代わる出てくるものの、彼を正しい方向へ導くメンターは一切登場しない。だがかつて愛したシャスタとその不倫相手であるミックの失踪事件の闇に迫ろうとしたドックは、そこでミック失踪事件に関連付けられた2つの主題を抱え込む。一つはホープ・ハーリンゲン(ジェナ・マローン)の殺された夫であるコーイ・ハーリンゲン(オーウェン・ウィルソン)の生の抹消からの救出作戦であり、もう一つは腐れ縁であるビッグフットの代理殺人(復讐)に他ならない。結論から申し上げれば、彼はシャスタから請け負い、フィルム・ノワールの本線とされたはずのミステリーの靄には一切手をつけられていない。云うなればミッキー・ウルフマンの存在は最初から「マクガフィン」として連想される。マリファナの白い煙に包まれた男の視界はただただ白く煙り、感覚的に捕まえ切れた2つの因果は偶然にも解決出来たにせよ、肝心要の物語は薄皮1枚のモヤで隠されたまま最後までヴェールを脱ぐことはない。トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』を原作にした物語は、アメリカを影で動かす巨悪の暗喩にPTA作品に通底するカリスマ的熟練者を用いる。黄金の牙とされるプリザーヴド号はそのシンボルとも言える。薄皮1枚で隠された恥部は、名もなき私立探偵にもカリフォルニア州警察にもFBIにもまったくどうすることも出来ないまま、クリスキロドン研究所で赤狩りの犠牲となったジョン・ガーフィールドのフィルムを一瞬だけ大写しにしながら、事件の真相をただただ誤魔化す。PTAは当時のカリフォルニアの自由な空気が、チャールズ・マンソン事件やオルタモントの悲劇などで「ラヴ&ピース」のヒッピー・ムーヴメントが死に絶え、ニクソン大統領の反体制狩りが跋扈する前夜を描写する。マリファナでラリったドックの描写は、カリフォルニアが永遠に失ってしまったあの頃の猥雑さを観客に追体験させる。
  • ばーとん
    4.3
    見はじめて20分で自分が認知症になったのかと疑ったが 我慢してあと20分みてたらハイになってきた 「インヒアレント・ヴァイス」 これ、物語乞食になっちまった僕らにはいい刺激だな…傑作!  
  • nc
    -
    記録
  • NAGI
    -
    登場人物めっちゃ多いし見慣れないクレイジーな光景ばっかだから一回では到底理解できなかった。ホアキンフェニックスのかっこよさと音楽はすごくよい。
  • TsukadaKoji
    4.0
    🚬🚬🚬🚬
  • たくみいとしろ
    4.7
    ロンググッバイ Cali ヒッピー 私立探偵 パヌケークもっと Love 70s おもろい
  • Member
    -
    2/12忘備録
  • Omake
    3.3
    よくわかんなかったけど、妙に惹かれる世界。
  • かま
    3.8
    良い大麻
  • morito
    4.0
    パラノイア
  • Ryoji
    3.0
    面白くて好きな感じだが、とにかく長い。。
「インヒアレント・ヴァイス」
のレビュー(3253件)