ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • のんさん
    3.5
    ティモシーの虚ろな目が完全にイッてる人のそれだった
  • hmc
    5.0
    「この映画を人に説教するものだとは思っていない」と言ったティミーが本当に素敵だとおもった。 ミレニアル世代のわたしは類も紛れず、ティモシーシャラメの虜です。
  • たまご
    -
    観た…レビュー👇 http://moviecelebgroupie.seesaa.net/article/468088823.html
  • tomoo1106
    3.6
    周りから見ていて幸せそうに見えても、彼にしかわからない孤独や苦悩が沢山あったと思う。 外から見えると愛されているとわかるのに、近くからだとわからない。愛されていないと思うのも辛いし、愛情が伝わらないのも辛い。 ニックが何度も何度もドラックの沼へ戻っていくよりも、そばで支え続けたお父さんが疲れ果てて行く姿が印象的。 疲れ果てて見捨てようと思っても、手を離すことができないのも愛だと思った。
  • ゆきみすん
    3.5
    ティモシーシャラメ目当て🤭 救いよう無し、、、 現実世界の彼が元気で脚本書いてることを知らずに観てたらもうちょっと落ち込んだかもしれない笑
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(6393件)