ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • BOUさん
    3.0
    ドラッグが目の前にあって、本人さえも認知できないだろう孤独がそこに存在していて‥‥、そういう場面に遭遇したら‥‥!? そんな息子が目の前にいたら‥‥!? また、宿題増えた( .. )
  • n
    4.5
    ティモシーシャラメの演技がやはりよかった
  • RioOgawa
    -
    世界と自分自身を知りすぎたシャラメ、何が必要かなんて分かっているけど必要なものすべてに疲れたしNirvanaは大人たちには聴こえない。
  • Kaz66
    3.8
    ブラッド・ピットの PLAN B と Amazon Studios の製作・配給。薬物中毒に悩む🇺🇸の青年を(主に)父親の視点から描いた、親子の二冊の原作(実話)に基づく映画化。 父親をコメディアン出身で「怪盗グルーの声優」や「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」で女子テニス選手:BJ・キングと戦うボビー・リッグスを演じたスティーブ・カレルが、ヤク中の息子を「君の名前で僕を呼んで」の美男子:ティモシー・シャラメが演じて、この2人の心の機微溢れる演技とそれを下支えする素晴らしい音楽とで『ドラッグ→更生→再発』を繰り返す“最悪な状態が普通にそこにある”アメリカの日常を美しく・淡々と綴っていきます。 当初はキャメロン・クロウが監督・脚本で参加?と報じられてたそうですが(そちらもソソられるが)、この素晴らしい音楽の使い方を観るとキャメロンより上では?と思っちゃうぐらい良かったです。特にNirvanaが車内で爆音でかかるシーンと、ジョン・レノン「Beautiful Boy」を父親が口遊むシーンは泣けます。 僕には子供がいないし、父を早くに亡くしたので、この2人の想いは正確には理解出来てないかもしれませんが、そこは監督のお陰でザワザワ出来ましたし、2人がハグして『everything』というところは本当にジーン!ときました。 女性も十分楽しめますが、男の子を持つ『父親』の人に特にオススメです。
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(5571件)