ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • y
    3.8
    恋人のティモシーとあれほど爽やかな大学生活を送ることのできる人生は、あと何度転生したらやってくるのでしょうか? それが無理ならせめてジャスパーかデイジーに生まれ変わりたい🌼 物語は自分の想定とは違う展開に話が進んだが、薬物中毒を描く作品としてはふさわしかったように思う。 父が自分の全てであった息子を救えないと伝える場面には項垂れた。しかし、救えないと分かっていながらも息子に寄り添い続ける父の愛。作品を通して父と息子の絆が丁寧に描かれている。 前半、時間軸をつかめずやや混乱した。
  • Tontontonkoke
    4.0
    子供と両親どちらもお互いを大事にしてるけど、子供にとってその愛情がなんなのかわからなくなって逃げ出したくなる気持ちを見てて感じた すべてって言葉が
  • SAYA
    4.4
    父親の愛とそれを裏切る薬物依存の恐怖。
  • ゆみたそ
    4.0
    依存を断ち切るって難しい。 一度ドラッグをやってしまうとしばらくクリーンでも、またやってしまう。 その快感を知ってしまうと、逃げ場が欲しい時などに手を出してしまうんだろうな。 そうやって何度も家族を裏切って突き放す言葉を発しても、最後は結局家族に頼ってしまう。 いなくなったニックを探して見つけて連れて帰ったり、子どもの頃のニックとの思い出を思い返すシーンを見て本当にニックを大切に思っていることが感じられる。 父の再婚相手のカレンも実の子ではないニックのことを心配して思っているし、母とその再婚相手も心配している。 カレンが車を走らせるシーンはなんだかこちらも辛くなってきてしまった。 愛されて恵まれているのに自ら悪い方向へといってしまうニック…。 信じてはいるが証拠がほしい、は矛盾しているがすごくこのストーリーに合う言葉だなと思った。 いろいろともどかしい。どれほど愛しているか伝わればいいのに。 なんといってもティモシー・シャラメが美しい。 彼の悲しそうな表情がすごく上手い。表情がどれも美しい。 家に帰りたい、と懇願する彼を見て、帰っておいでと言いたくなる。 父とニックのハグするシーンはとても好き 薬物の話なので結構重い部分もあるが、家族の愛を感られるし好きでした。
  • yasufour
    -
    救うことはできないけど守ることはできる
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(7917件)